バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒート優勝

ヒート優勝しましたね。

途中まで観て予想した15点差そのものでビックリしました。
まあ、あの試合の流れならこんなものだろうな、と思います。
それくらい、サンダーに逆転する兆しはありませんでしたし、ヒートにつけいる隙もありませんでした。

このシリーズを決めたのは全ゲームを通してはバティエ、GAME5に関してはそれプラス、ミラー。
つまりサブメンバーなんですよね。
BIG3の活躍は当たり前。
これはサンダー側もデュラントとウェストブロックの活躍は当たり前。
どちらもそれは計算済みです。
サンダーのサブメンバーで目立った選手はいませんでした。ハーデンは逆の意味でメッチャ目立ってましたが。

ハーデンは今日も抜けたプレーをしてました。
もうほとんど試合が決まってしまった、20点以上差がついた時点からスリーを連続で決めたり、フィッシャーがドフリーでボールを要求していたのに無視してボールを保持し続け最終的にシュートを外したり、第4クォーターの残り5:40くらいにフィッシャーが諦めずにルーズボールを争っているのにボーッと突っ立てたり。
試合がほぼ決まった時点からシュートを決めだしたり、ボールに対して強い執着心を持たなかったり…
これでは全然ダメですね。
若い選手ですから成長を期待しましょう。
現時点では無駄に得点能力があるが故に外しがたい面があるため、非常に使いにくい選手だと思います。
大事な場面で仕事が出来なさすぎる。でも、平時では活躍できるんですよね。

そして、レブロンは去年までこんな感じだったんですよね。
マーベリックスに負けた時、レブロン不要論まで出ていました。
ハーデンなど比較にならないほど能力が高いが故に、外すことは絶対に出来ない。でも、ファイナルであの様では…と言うことでした。
しかし、今年のファイナルではそのイメージを払拭。
負けたGAME1の終盤でもヘタレることはなかったですし、競ったGAME2でも重要なシュートを決めていました。
変わったのはセルティックスとのGAME6でしょうね。あの試合のレブロンは普通ではなかった。
あそこで精神的に一皮むけた感がありました。
去年までのレブロンなら、GAME6で活躍できずに敗退していたでしょう。

デュラントはスパーズとのGAME4で一皮むけました。
大事な場面でのシュートの精度が尋常ではなくなった。
だからスパーズを寄せ付けませんでした。
しかし、GAME2の最後のシュートを外してから、残念ながら元に戻りましたね。
それまで相当な自信に満ちあふれていたのが、普通の状態に戻ってしまった感じ。ヘタレたとはちょっと違いますけどね。
でも、それがGAME3でのフリースローすら確率が悪かったのに繋がったのでしょう。
ここでシリーズがほぼ決まってしまった。

サンダーはバティエ、ミラー、ジョーンズ、チャーマースの外を全く止められませんでしたね。
同じパターンをやられすぎで、もう少しなんとかならなかったのか、と思います。
また、シリーズを通してリバウンドやルーズボールに対する執着心がなさすぎで、フィッシャーとコリソンのみが奮闘していましたね。
せっかくレブロンやウェイドのシュートを外させても、リバウンドを取られて結局失点するシーンを何度見たか。
詰めが甘すぎです。

詰めが甘い、この言葉にこのファイナルのサンダーの全てが集約されるでしょう。
若いチームならではでしょうか。
だからこそ、フィッシャーやコリソンをもっと使うべきだったと思うんですけどね。
GAME1では彼らが若い選手を支えて勝利したわけですから。
GAME2以降は彼らの出場時間そのものが短かった気がしますし、使うタイミングも悪かった気がします。
また、落ち着きすぎでした。
どんな場面でもシステム的に試合を展開するのは悪いことではありません。
スパーズなどはそれで強豪であり続けているわけですから。
ですが、サンダーは若い選手が多いんですから、もう少し勢いに任せて攻める部分もあっていいと思うんです。
苦しみながらも自分たちのシステムを貫いて、残り30秒くらいで逆転し1点差を守りきって勝つ、なんてことができるチームにはまだなってません。
チャンピオン時代のスパーズはそんな感じでしたが、サンダーにはまだそこまでの老獪さやイヤらしさはない。
なら、システムを貫きつつも、特にデュラントはもう少し攻め気をだして俺が決めるんだ、と言う部分があっても良かったと思うんですよね。
システム通りに大事に攻めすぎてターンノーバーになったシーンがかなりあったと思います。
スーパースターは、時に俺が!と言う部分が必要なんです。
今年のレブロンはそれが的確でした。

これでヒートはノルマを達成しました。
偉業ではありません。ただのノルマです。
去年、BIG3を結成した時にレジー・ミラーが「三連覇して一つの優勝と同じ価値」と言ってましたし、わたしはそれに強く同意しました。
一皮むけて成長し、足を痛めても献身的なプレーしたのを見て、かなりレブロンを見直したんですが、それでも考えはかわりません。
ヒートは三連覇しない限り、優勝を讃える気はない。
最低限のノルマを達成した、当然の義務を果たしただけです。
良いことであっても、当たり前のことであれば、それで褒めてはもらえないのは社会人の常識。
だからおめでとうは言いません。
ただ、お疲れ様とは言いたい。
決して楽に優勝を決めたとは思いませんし、去年ノヴィツキーの体調不良を揶揄したようなふざけた態度も取りませんでした。
レギュラーシーズン中はウェイドの言動とかでなんだかんだありましたが、このプレーオフでヒートはチーム全体で一皮むけて成長したと思います。レブロンはそれが顕著でした。
ボッシュの離脱もありましたし、決して平坦な道のりではありませんでした。
ですが、それでも小学生の球技大会のように、俺たちで集まって最強チーム作ろうぜ、って経緯で作られたチームをわたしは認めたくない。
セルティックスのBIG3のように、選手の要求が飲まれた形ではあっても、トレードでできたチームであればまだいいんです。
ですが、ヒートのBIG3は全員がFAで、談合のような形でできたチームですからね。
プロでそれをするか、お友達チーム、談合チーム、との思いはチームが解体されるまでずっと変わらないでしょう。
だから、平坦な道ではなかった、楽に優勝したわけではない、レブロンを筆頭にチームが大きく成長したことは認めつつも、一回の優勝では讃えることは出来ません。
あくまで、お疲れ様。

これでもかなりヒートは見直したんですけどね。
GAME2が終わった時点では、ヒートが優勝したら来シーズン以降NBAは一生見ない、と考えていました。
それを宣言するブログ記事も用意してました。
ヒート優勝だけは絶対に受け入れられない、と思ったんですよね。
ですが、レブロンとヒートの成長を見て、受け入れることはできました。
ボッシュの存在も大きいです。元々彼は好きな選手でしたし、その彼が見せた闘志あふれるプレーは見ていて気持ちよかったです。
なので、NBAから離れることはなさそうです。

来シーズンのサンダー、そしてブルズの成長が楽しみです。
しかし、今後ヒートを倒すのはかなり難しいですよ。
チャンピオンの経験を手に入れてしまいましたからね。
もうチキングのヘタレブロンが発動することはないでしょう。
それをどのチームが倒すのか、が興味の一つになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


NBAファイナル GAME5

ただいま第2クォーターの半ばで、ヒートが12点リードしています。
今日は仕事の都合で、長くても第3クォーターの途中までしか観られませんし、今日の夜も明日もダメなので、結果を知るのは早くて日曜の朝になるでしょう。

なので、ここまでの感想を。

最初のデュラントのパスミスを見た時、あ、こりゃサンダーダメだ、と感じました。
その後は、サンダーも諦めることなく、縮こまることもなくプレーしてますが、空回りしてるようにも見えます。
逆にヒートは普段通り、優勝を意識することなくプレーしてます。
これはヒートの優勝で決まりでしょうね。おそらく15点以上差をつけてヒートが勝つ。

これを書いてる時点で少し試合が進んで、ウェイドが3ファール、ミラーが4ファールなので、これが大きく影響すればここまで点差はつかないでしょうが、それでもヒートが勝つと予想してます。

先日の試合で酷評したハーデンはここまで、ハッスルプレーをしています。これもやや空回りしていますが、今日のようなプレーを求められてたと思うんですよね。多少ミスをしても。
今日の前半の時点ではOKです。

サンダーは若いチームに似つかわしくない、落ち着きも見せていますが、それが悪い方向にいってる気もします。
危機感が感じられないと言うか、足りないと言うか…
スパーズのようなベテランチームだと、どんな状況でも落ち着いてプレーし、最後には勝ちをかっさらっていくことができるんですが、サンダーにそれができるとは思えない。
ここはもっともっとガツガツ行って、特にリバウンドやルーズボールには飛びかかる、味方からも奪い取るくらいの勢いで行っていいと思うんですけどね。
そういうのがサンダーの選手から、コリソン以外の選手から感じられない。
そこが敗因かな、と思います(まだ前半すら終わってませんが…)

また、コリソンとフィッシャーをもっと使って欲しい。
今日は使ってますが。
やはりファイナルは新進気鋭の若手よりもベテランですよ。
実際、GAME4までハーデンを使いすぎて失敗してますからね。
22歳のハーデンをあそこまで批判したのは正直やりすぎとも思っています。
コーチの責任でもあります。

去年のマーベリックスは、突然カーディナルを重要な繋ぎに使って成功しました。
ファイナルではやっぱりベテランが大事なんですよね。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


NBAファイナル GAME4

良い試合でした。
ヒートが勝ったのはむかつきますが、それでも帳消しにするくらい好ゲームでしたね。

そんな中、一人だけファイナルにふさわしくない寝ぼけたプレーをしている選手がいる。
髭男、ハーデン。

ミスや余計なファールを連発。
ディフェンスの時、誰にもつかずボーッとしてる時がある。
最終盤、ボールを持った時に、何をして良いのかオロオロしたシーンも見られた。
一人だけ好ゲームに水を差している。

これがGAME1とか、最悪GAME2ならまだわかるんですけどね。
GAME4にもなって、しかも追いつめられた状況でのGAME4に、何をやっているのか。
ハーデンのプレーは見ていてイライラする。
サンダーのbig3の一角とかって持ち上げられるほどの選手じゃないですよ。
得点能力はありますが、他の能力がお粗末すぎる。
ハッスルプレー? 単にバタバタしてるだけ。
ハーデンをあんな長時間使う、ましてやレブロンのディフェンスに当たらせる意味がわからない。いらんことしかしてない。ディフェンス能力は皆無に等しい。
コリソン使った方がチームの流れやバランス的にいいことは明白ですけどね。
コリソンがコートに立っている時間はインサイドのディフェンスが安定してます。余計なファールもしますが、コリソンのはハッスルプレー。価値がある。
今日、特に見ていて腹が立ったのは、第2クォーターにボールを持ったイバカだったかセフォローシャだったかが、レブロンとチャーマースに囲まれてボールを奪われそうになった時、一番近くにいたのに、もらいにも行かずにボーッと突っ立ってたシーン。ウェストブロックがパスを受けてターンノーバーにはなりませんでしたけどね。
やる気あんのか、あの髭。

今日はヒートの選手もサンダーの選手も、素晴らしいプレーを連発していました。
レブロン大嫌いなわたしでも、足を引きずりながらプレーしているのは心に響くものがありましたし、苦しみながらも点を取ったデュラント、デュラントがダメなら俺が、と奮闘したウェストブロック。
地味に好ディフェンスを連発したウェイド、重要なシュートを決めた終盤のチャーマースや序盤のコール、コリソンやイバカも地味に良かったです。フィッシャーは目立ってませんでしたが。
それにボッシュの雄叫びは良かった。ファイナルでは何よりああいう闘志が必要なんです。ファンもあれくらい熱いプレーを望んでる。

そんな中、一人だけレギュラーシーズンの捨て試合のようなプレーをしてた選手がいた。
非常に腹立たしい。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


NBAファイナル GAME3

これはヒート優勝かな、と感じました。
サンダーはヒートに比べると修正する点が多く、それが改善できれば寄せ付けないでしょうが、このシリーズ内にできるとはちょっと思えません。
デュラントがGAME2に続いてファールトラブルに陥ったのも少し情けない。
仕方のないファールではなく、余計なファールもしてましたからね。
また、ヘタレブロンが乗り移ったかのような、第4クォーターでの失速ぶり。
競ってる終盤でフリースローを二本とも外すなんて、デュラントタイプのエースは許されない。
あれが全てと言っても過言ではないでしょう。あそこでデュラントがフリースローを外したのが敗因です。

逆にレブロンは完全にチキングから脱却しましたね。
一番最後のフリースロー、一本目を外したところにややその気は残ってますが、一本決めればOKの場面だったので、二本目を決めて問題なし。
その前のフリースローは二本とも決めたのは、まさに脱却の証かもしれません。
チキングのヘタレブロンとはもう呼べないかもしれません。
以降の試合ではどうかわかりませんが。


サンダーは負け方がひどすぎました。
前半はせっかくブロックやナイスディフェンスをしても、リバウンドなどのフォローができない。
終盤は大事なところでシュートが入らないだけならいざしらず、プロと思えないミスを連発。
試合全体では、得意のフリースローがことごとく入らない。
フィッシャーとセフォローシャ以外、ろくなプレーをしてませんでしたね。
フィッシャーがあそこまで頑張らなければならないようでは話になりません。
彼らの献身的なプレーを見て、何かを感じ、奮起することができないようなら、デュラントもウェストブロックもハーデンもチャンピオンになる資格はない。

ハッキリ言ってヒートのバスケは面白みの欠片もない。
しょせんは個人能力を駆使したごり押しバスケだと、わたしは思うから。
こんなバスケに、チームに、絶対にチャンピオンになって欲しくない。
でも、チャンピオンのスピリットを持っているのは、今シーズンはヒートだと思う。
GAME2のなんとかなるさ感、GAME3の不甲斐なさ、これらを踏まえるとサンダーにまだチャンピオンリングは早い気がする。

大事なところでフリースローを決められないエースでは優勝には到達できません。
シャックのような規格外は別にして。
ここまでのレブロンがまさにそうでしたからね。
レブロンも大事なフリースローをいくつ落として、苦渋を舐めてきたか。
戦術、スリーの確率、ディフェンス、いろいろな要素が絡み合うでしょう。
ですが、それよりもなによりも、GAME4をサンダーが取ろうと思ったら、フリースローをキッチリ決めなければなりません。
どんなに難しいシュートをねじ込もうが、グッドディフェンスをしようが、しょせんはフリースローの入らないチームは勝てないのです。
普段の確率であれば、サンダーはフリースローであと5点は取れたはず。
それを積み重ねていれば試合展開はかなり変わったはずです。
逆にヒートは去年のファイナルなら、フリースローをあと7本くらい落としていたはず。
それを決めたから踏ん張れたわけですよね。

GAME4、フリースローが重要な鍵を握るでしょう。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


NBAファイナル GAME2

18-2、このスタートが全てでしたね。
いくら後半に追い込みをかけるスタイルとは言え、これはあまりにひどい。
この時点で勝負は決まったと見ていいでしょう。
後半、サンダーが逆転できる兆しもありましたが、それでもこの差が最後まで響いた形です。
せめて18-7くらいであれば、また違った展開を見せたでしょうけどね。

ややサンダーに慢心が見えた感じでした。
いや、慢心と言うと語弊がありますね。驕ってる、余裕かましてる、と言う意味ではないです。
前半に差をつけられても後半には逆転できるさーみたいな感じが、少しだけ見えたのです。
これは諦めない、とはちょっと違った感じで、何というか…悪い意味での、なんとかなるさ、感があった気がしたのです。

ヒートはレブロンがヘタレなかったのが良かったですね。
今までのレブロンなら4点差に突き放したフリースロー、少なくとも一本は外してたと思います。
で、スリーを決められて、負けて、叩かれる、と。
セルティックスとのGAME6から、こちらは良い意味で開き直った感じがします。
ヒートには、特にレブロンには絶対に優勝して欲しくないわたしにとっては悪い知らせですが、そんな感じがしました。

1勝1敗で迎えるGAME3はとても重要です。
ファイナルの長い歴史において、この試合を取ったチームは大半が優勝しているのです。(昨シーズンのヒートは極わずかの例外)
結果はもちろんですが、内容も今後に大きく影響するでしょう。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。