バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年最後の更新

無事、今日もNBAの全試合結果も更新でき、これで今年最後の更新となります。

喫茶店店長のブログでありながら、バスケのことばかり書いているこのブログを読んでくださっている方々に御礼申し上げます。
来年も店名を明記していながらもNBA中心のブログになると思いますが、よろしくお願いします。
できればもう少し店やコーヒーの事を書けたらな~とは思っているんですが、ブログではバスケ優先になるでしょうね(≧▽≦)

では、皆様、よいお年を~



スポンサーサイト

12/31 全試合結果

今日は9試合が行われました。



ヒート 68-97 マジック

ヒート(13勝17敗、3連敗)

 カポーノ
  15点


マジック(18勝14敗)

 ハワード
  18点(5/8)
  10リバウンド

 アリーザ
  16点(7/11)
  10リバウンド



ボブキャッツ 113-102 ペイサーズ

ボブキャッツ(9勝21敗)

 モリソン
  30点

 オカフォー
  19点
  14リバウンド
   5ブロック

 フェルトン
  19アシスト


ペイサーズ(17勝15敗)

 ジャーメイン
  27点
  12リバウンド
   4ブロック



ウルブズ 92-100 ネッツ

ウルブズ(13勝15敗)

 ガーネット
  17点
  11リバウンド

 デイビス
  18点
   3スティール


ネッツ(13勝18敗)

 モーア
  20点(9/9)
   8リバウンド

 キッド
  19点(6/9)
   8アシスト

 ジェファーソン
  23点



ラプターズ 104-110 グリズリーズ

ラプターズ(13勝18敗)

 ガルバホサ
  15点
   4スティール

 マーティン
  10アシスト


グリズリーズ(7勝24敗)

 ガソル
  22点
  11リバウンド

 ミラー
  27点(スリー7/12)

 スウィフト
  15点
  14リバウンド

 アトキンス
  16点
   9アシスト



キャブス 96-103 ブルズ

キャブス(17勝12敗)

 レブロン
  33点
   9リバウンド


ブルズ(19勝12敗、3連勝)

 デング
  32点(15/19)

 ゴードン
  21点
   7アシスト

 デュホン
  11アシスト

 PJ
  10リバウンド



ウィザーズ 102-119 バックス

ウィザーズ(17勝13敗)

 バトラー
  29点
  13リバウンド

 ジェイミソン
  17点
   8リバウンド

 ブース
   7リバウンド
   4ブロック


バックス(16勝15敗)

 レッド
  28点
   8リバウンド

 ウィリアムス
  16点
   8リバウンド
   9アシスト
   3スティール

 ボガッド
  12リバウンド



ホーネッツ 80-94 マーベリックス

ホーネッツ(12勝18敗)

 ジャクソン
  22点
   8リバウンド

 ブラウン
  10リバウンド
   3スティール


マーベリックス(23勝7敗、9連勝)

 テリー
  25点



ブレイザーズ 86-96 ジャズ

ブレイザーズ(13勝18敗)

 ランドルフ
  34点(16/25)
  13リバウンド

 アウトロー
   8リバウンド
   3ブロック


ジャズ(22勝9敗)

 オクァー
  20点(9/13)
   7リバウンド

 ブーザー
  19点
  10リバウンド

 ウィリアムス
  12アシスト



ウォリアーズ 96-119 キングス

ウォリアーズ(16勝16敗)

 バーネス
  17点


キングス(13勝15敗)

 マーティン
  25点

 ドゥービー
  21点(9/13)
   3スティール

 ビビー
  21点

 ガルシア
   7リバウンド
   4ブロック

 ウィリアムソン
   7リバウンド
   4スティール




当店の2006年十大重大ニュース

重大と言えるかどうかは別にして、印象深かった事を10個上げてみましょう。


第10位 イスのタイヤにカバー取り付け(12月)

開店当初から年配の女性には不評だったのですが、タイヤで動く方が良いと仰るお客様もいて、どうするべきなのかずっと悩んでいました。
しかし、足に障害を持つお客様のご来店により、タイヤを固定することを決意し、カバーを取り付けました。
結果的に座面もちょうど良い高さに固定できるようになったので、良かったと思ってます。



第9位 コーヒー器具販売開始(7月)

ペーパーフィルターやポット、ミルなどのコーヒー器具の販売を開始しました。
ミルや細口ポットが意外と好評で、売れたのが嬉しかったです。
楽天フリマで通販も同時に始めたのですが、フリマサービスが終了してしまったため、取引がほとんど無いまま通販業務は停止し、現在も再開の目処は立っていません。



第8位 ブログ開始(9月)

このブログを始めたのは今年の9月です。
これまではホームページ上で書いていましたが…
ブログを始めてから、あまりの楽さにホームページを更新するのが面倒になったと言う弊害も出ました。
こんなんじゃダメなんですけどねぇ…



第7位 豆追加(1月、5月、6月、8月)

1月に有機ブラジル、有機エクアドル、有機メキシコ、有機ガテマラ。
5月にガラパゴス。
6月に有機フェアトレード・ガテマラ、有機フェアトレード・ガテマラ深煎り、有機モカ深煎り、有機エルサルバドル深煎り。
8月に有機ボリビア、有機ボリビア深煎り。
以上を追加しました。
豆の種類は24種類と決めているので、増やした分削除した豆もあります。
寂しいことですが、これからも人気次第では入れ替えが発生するでしょうね。



第6位 世界バスケ日本で開催(8月)

店とはあまり関係ありませんが、わたしの興味を大いに惹いたイベントです。
個人的にはアメリカが負けたことよりも、日本がパナマに勝ったことの方が驚きでした。
また、アフリカのバスケが著しく進歩していることにも衝撃を受けました。
日本の飛躍も期待できましたが、大会後のジェリコ監督との契約延長なしを初めとした多くのゴタゴタにより、世界中のバスケが進歩して行っている中、ただ一国だけ後退した感があります。



第5位 祖母死去(3月)

これも店とはあまり関係がありませんが…
糖尿病で入院していた祖母が、突然の脳梗塞であっさりと死去してしまいました。
病院内で起こしたのですぐに処置はされたのですが、脳梗塞を発症してからわずか半日の事で、わたしは死に目に立ち会えませんでした。
今でもこれが心残りで、いつまでもひっかかっています。
この後の逮夜や納骨等は全て参加したので、営業時間には大きく影響しました。



第4位 TV出演(12月)

福井県のTV局、FBCテレビの「ふれあい若狭」に出演しました。
店の場所や営業時間は表示されなかったので、来客数にはそれほど影響はありませんでしたが、それでも0ではないですし、テレビで当店のこだわりを言えたので良かったと思っています。



第3位 散髪(3月)

3月の散髪はわたしにとって、一大決心でした。
胸くらいまで伸びていた後ろ髪をバッサリ切ったのです。
この長髪はわたしにとっては鬱状態であったことの証であり、象徴でもありました。
髪を切ってもらっている時間、拘束される事と髭を剃ってもらう時にアゴなどを触られることにより、気分が悪くなることを過剰に、そして異常なまでに恐れ、散髪に行くことができないでいたのです。
散髪に行けたのは、鬱状態を乗り越えられている大きな大きな出来事でした。



第2位 有機ガヨマウンテン削除(5月)

いまだに有機ガヨマウンテンを超えるまめはありません。
それほど素晴らしい豆でした。
人気もそうですし、お客様の反応、わたし自身の感想。全てが最大級で他の追随を許さない絶大な人気豆でした。
しかし、産地であるインドネシアで内戦が起こったため、品質が著しく低下してしまったために仕入れ先から「低品質のものを供給するわけにはいきません」と、欠品状態となりました。
不人気で削除した豆やメニューはいくつもありますが、最大限の人気であるにもかかわらず削除せざるを得なかったのは有機ガヨマウンテンだけです。
早い品質回復を熱望している今日この頃です。



第1位 雲城水採用(11月)

この水を採用したことにより、当店のコーヒーの品質が一段上がりました。
また、TVに出演できたのも雲城水を採用したおかげです。
しかし、採用するには長い時間と苦労がありました。
7月頃に管理人さんから進められて採用を決意。
しかし、微妙に苦味が弱い気がして味の調整に四苦八苦。
保健所に言えば水質検査を要求され、通常の検査結果を持っていけばこれでは足りないと言われ、詳細な検査を実施。
詳細な検査には大きな費用がかかるため、その費用を捻出するのに一苦労。
検査が必要な理由が納得できないため、厚生省に問い合わせを送ると、厚生省と県と保健所でどう回答すればいいのか揉めていたらしく、なかなか回答を得られず。
これらを終えて採用できた時は嬉しかったです。
また、飲んだお客様の評判も良く、苦労した甲斐があったとつくづく思います。



う~ん。意外といろいろありました。
来年はどんなことがあるのでしょう。
楽しみなような、怖いような…




今日も大掃除

今日も昼から店の大掃除をしていました。
午前中はを病院に連れていったので、昼からになったのです。
とは言え、楽勝で終わるはず…でしたが、少しだけ残ってしまいました( ̄^ ̄;)

何故だ…計算では確実に終わるはずだったのに…

12:30頃、店に到着。
昼ご飯と昼のコーヒー。
コーヒーは有機フェアトレード・ガテマラ。

美味しい(≧▽≦)!

で、気合いが入ったところで14:30頃作業開始。

目処が立ったので、17:00頃ちょっと休憩。
コーヒーは有機エルサルバドル。チョコパイをお供に飲みます。

絶品(≧▽≦)!

で、息抜きができたところで、18:30頃作業再開。

で、終わりませんでした( ̄^ ̄;)

何故だ( ̄□ ̄;)!?

ちょっと休憩が長かったかなぁ…




12/30 全試合結果

今日は13試合が行われました。



ブルズ 107-97 ラプターズ

ブルズ(18勝12敗)

 デング
  25点(11/16)
   7リバウンド

 ゴードン
  22点

 ベン
  10リバウンド
   3ブロック


ラプターズ(13勝17敗)

 フォード
  20点
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 ガルバホサ
   7リバウンド
   7アシスト
   3スティール

 バグニャーニ
  16点
   3ブロック



マジック 111-112 ウィザーズ

マジック(17勝14敗、4連敗)

 ハワード
  20点
  12リバウンド

 ドゥーリング
  20点(9/13)

 ターコルー
  20点

 アリーザ
  18点(5/8)
   3スティール


ウィザーズ(17勝12敗、5連勝)

 アリーナス
  36点
   9リバウンド
   7アシスト

 ジェイミソン
  25点
  11リバウンド

 バトラー
  20点(8/12)



レイカーズ 124-133 ボブキャッツ
       3OT

レイカーズ(19勝11敗)

 コービー
  58点

 ブラウン
  15リバウンド
   5ブロック

 ウォルトン
  11リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   5スティール


ボブキャッツ(8勝21敗)

 オカフォー
  22点(10/15)
  25リバウンド
   4ブロック

 ウォレス
  28点
   8リバウンド

 フェルトン
  22点
  15アシスト

 キャロル
  27点
   8リバウンド



ネッツ 91-81 ヒート

ネッツ(12勝18敗)

 カーター
  23点
   9アシスト

 キッド
  17点(6/10)
  10リバウンド
   7アシスト

 ジェファーソン
  22点(9/14)


ヒート(13勝16敗)

 ライト
  21点
   7リバウンド
   4スティール
   6ブロック

 ウォーカー
   8リバウンド
   3スティール



バックス 99-109 キャブス

バックス(15勝15敗)

 ウィリアムス
  21点
   9リバウンド
   7アシスト

 レッド
  24点

 パターソン
  17点
  10リバウンド

 ボガッド
  12リバウンド


キャブス(17勝11敗、3連勝)

 マーシャル
  29点(11/15)
  10リバウンド
   3スティール

 レブロン
  32点

 ヒューズ
  26点

 スノウ
  10アシスト



ペイサーズ 93-92 ピストンズ 

ペイサーズ(17勝14敗)

 ジェーメイン
  25点
  13リバウンド
   4ブロック

 ハリントン
  16点
   7リバウンド
   3スティール

 ティンズリー
   9アシスト
   4スティール

 フォスター
  10リバウンド


ピストンズ(18勝10敗)

 ビラップス
  23点
  12リバウンド

 ハミルトン
  22点



ナゲッツ 89-99 ホーネッツ

ナゲッツ(16勝11敗)

 ボイキンス
  26点

 アイバーソン
  21点

 ナハラ
  10リバウンド

 エヴァンス
  10リバウンド


ホーネッツ(12勝17敗)

 ブラウン
  19点
  10リバウンド
   7アシスト

 バトラー
  20点
   4スティール

 チャンドラー
   9リバウンド
   4ブロック



ソニックス 82-101 ウルブズ

ソニックス(12勝19敗)

 アレン
  14点


ウルブズ(13勝14敗)

 デイビス
  24点

 ブラント
  18点(8/12)
   9リバウンド

 ガーネット
  13リバウンド
   5ブロック



ホークス 68-94 ロケッツ

ホークス(9勝19敗、6連敗)

 シェルダン・ウィリアムス
  11リバウンド


ロケッツ(18勝12敗)

 マグレディー
  31点(13/18)

 ハワード
  17点
  13リバウンド

 ムトンボ
  14リバウンド



ニックス 86-108 サンズ

ニックス(13勝19敗)

 カリー
  19点(7/11)
  10リバウンド

 クロフォード
  21点

 リー
  14リバウンド

 ジェフェリーズ
  11リバウンド(7オフェンスリバウンド)


サンズ(20勝8敗)

 ナッシュ
  20点
   9アシスト

 ベル
  20点

 アマレ
  11リバウンド
   3ブロック



76ers 98-95 ブレイザーズ

76ers(8勝21敗)

 イグダーラ
  32点
   5スティール

 ミラー
  25点
  10アシスト

 ダレンバード
   9リバウンド
   3スティール


ブレイザーズ(13勝17敗)

 ランドルフ
  12リバウンド



キングス 93-102 クリッパーズ

キングス(12勝15敗)

 ビビー
  26点


クリッパーズ(13勝16敗)

 ブランド
  22点(9/15)
   3ブロック

 マゲッティー
  21点
   7リバウンド

 ケイマン
   8リバウンド
   3ブロック



セルティックス 100-110 ウォリアーズ

セルティックス(10勝18敗、5連敗)

 アレン
  20点
   7リバウンド

 ゴメス
  17点
   8リバウンド

 ジェファーソン
  18点
   7リバウンド


ウォリアーズ(16勝15敗)

 デイビス
  27点
   9アシスト

 ピートラス
  26点
   7リバウンド
   4スティール

 ビエドリンシュ
  20点
  17リバウンド
   4ブロック




12/29 全試合結果

今日は3試合が行われました。



サンズ 99-101 マーベリックス

サンズ(19勝8敗)

 ナッシュ
  24点(10/14)
  13アシスト

 アマレ
  25点
  13リバウンド


マーベリックス(22勝7敗、8連勝)

 テリー
  35点
   8アシスト
   3スティール

 ノヴィツキー
  27点
  10リバウンド
  残り1.3秒で決勝シュート

 ハワード
  16点
  12リバウンド
   3スティール



ジャズ 83-106 スパーズ

ジャズ(21勝9敗)

 ウィリアムス
  11点


スパーズ(22勝8敗)

 ダンカン
  20点
   9リバウンド
   3ブロック

 パーカー
  22点(9/15)

 オーリー
   7リバウンド
   3スティール



ソニックス 98-112 ナゲッツ

ソニックス(12勝18敗)

 ウィルキンス
  26点
   5スティール

 ワトソン
  15点
   7アシスト

 リドナー
  16点
   3スティール


ナゲッツ(16勝10敗)

 アイバーソン
  44点
  10アシスト
   9ターンノーバー(BAD STATS)

 ボイキンス
  24点

 エヴァンス
  18リバウンド




大掃除&大雪

今年の営業は昨日で終わったので、今日明日は店内の大掃除です。

で、朝起きてから外を見ると…

真っ白( ̄□ ̄;)!

なんじゃこりゃ…
えらい積もったな~と思いつつ、いつもよりゆっくり店に向かいました。

途中…

軽自動車が溝にはまってる!
わ! 救急車が走ってきた!

やっぱり急に雪が積もった日は事故が多いです。
店に着いた直後にも遠くで救急車が走ってる音がしました。

自分の車が滑るのも怖いのですが、もっと怖いのは県外車、特に太平洋側のナンバーの車ですね。
基本的に雪に慣れていない方が多いですし、スタッドレスタイヤや4WDを過信されてる方もおられます。そもそもスタッドレスタイヤを持ってない方もおられるみたいで…
雪道でも平気で50km/hくらい出してるんですよね。下手するとゆっくり走ってる地元車を煽ってる場合もあります。
雪道で滑り出すと、20km/hで走ってても止まらないこともあります。ハンドルもききません。煽るなんて自殺行為です。



そんな雪道を乗り越え(?)大掃除を開始。
今日は二階のSVZと客室側の掃除をし、コーヒー用品の一部配置換えをしました。
明日は厨房の掃除をしようと思っています。

ただ、店は休みでお客様が来ないと思うと、コーヒーを飲み過ぎてしまいます。いつもなら多少の自制はしてるんですが…
そんなわけで今日はたくさん飲みました(≧▽≦)
で、作ったり飲んだ後の後始末で、なかなか掃除が進まなかったりする…( ̄^ ̄;)



今日はNBAを観る時間はありませんでした。
アイバーソンのナゲッツ姿を試合を通して観る初めてのチャンスだったんですが…




12/28 全試合結果

今日は11試合が行われました。



ウルブズ 97-100 ラプターズ

ウルブズ(12勝14敗)

 ガーネット
  24点
   9リバウンド

 ジェームス
  20点(8/12)
   3スティール


ラプターズ(13勝16敗)

 フォード
  28点(12/18)
   7アシスト

 ガルバホサ
  10リバウンド



ウィザーズ 114-107 ボブキャッツ

ウィザーズ(16勝12敗、4連勝)

 アリーナス
  39点
   8アシスト

 バトラー
  25点(10/14)

 ジェイミソン
  17点
  11リバウンド


ボブキャッツ(7勝21敗、3連敗)

 ウォレス
  40点(15/27)
  14リバウンド
   6スティール
   4ブロック

 フェルトン
  22点(7/10)
   8アシスト

 オカフォー
  12リバウンド(8オフェンスリバウンド)



キャブス 89-76 ホークス

キャブス(16勝11敗)

 レブロン
  27点
   9リバウンド

 イルガウスカス
  16点
  10リバウンド

 ヒューズ
  17点
   4スティール

 グッデン
   7リバウンド
   3ブロック


ホークス(9勝18敗、5連敗)

 パチュリア
  22点(9/14)
   7リバウンド
   3スティール
   8ターンノーバー(BAD STATS)

 クラクストン
   7アシスト
   8スティール

 ウィリアムス
  12リバウンド



レイカーズ 106-93 マジック

レイカーズ(19勝10敗)

 コービー
  27点
   7アシスト

 パーカー
  20点
   3スティール


マジック(17勝13敗、3連敗)

 ヒル
  20点

 ネルソン
  15点
   7アシスト



ロケッツ 96-71 ネッツ

ロケッツ(17勝12敗)

 バティエ
  23点
   9リバウンド

 ハワード
  11リバウンド

 アルストン
   7リバウンド
   3スティール

 ムトンボ
  10リバウンド


ネッツ(11勝18敗、4連敗)

 キッド
   6スティール



ピストンズ 145-151 ニックス
       3OT

ピストンズ(18勝9敗)

 ハミルトン
  51点

 モハメド
  18点
  14リバウンド(8オフェンスリバウンド)

 ビラップス
  17点
  10アシスト

 マクダイス
  15点
  10リバウンド


ニックス(13勝18敗)

 マーブリー
  41点
   8アシスト

 クロフォード
  29点
  11アシスト

 カリー
  33点(11/15)
   7リバウンド

 フライ
  26点
   7リバウンド
  トリプルオーバータイムに持ち込むブザービーター

 リー
  13リバウンド



バックス 112-96 グリズリーズ

バックス(15勝14敗、6連勝)

 ボガッド
  20点(10/13)
   7リバウンド

 レッド
  20点

 スキナー
  11リバウンド


グリズリーズ(6勝24敗、5連敗)

 ガソル
  29点(12/16)
   7リバウンド



ヒート 103-109 ブルズ

TV観戦レポート参照



76ers 76-101 キングス

76ers(7勝21敗)

 イグダーラ
  15点


キングス(12勝14敗)

 ビビー
  21点(9/15)



ホーネッツ 85-100 ブレイザーズ

ホーネッツ(11勝17敗、3連敗)

 メイスン
  16点
   7リバウンド

 チャンドラー
   7リバウンド
   5ブロック


ブレイザーズ(13勝16敗)

 ランドルフ
  26点
  11リバウンド

 ウドカ
  10リバウンド

 プリズビラ
   5ブロック



セルティックス 77-100 クリッパーズ

セルティックス(10勝17敗、4連敗)

 グリーン
  17点
   7リバウンド

 ジェファーソン
  14リバウンド(8オフェンスリバウンド)


クリッパーズ(12勝16敗)

 ブランド
  25点(11/15)
  10リバウンド
   4ブロック

 トーマス
  25点
   7リバウンド

 マゲッティー
  11リバウンド



今日、バックスが勝ったことにより、セントラルディビジョンは全てのチームが勝ち越しました。
全てが負け越しているアトランティックディビジョンとは正反対です。

ペイサーズのジャーメインが、原因不明の病気で入院しました。
どんどん気分が悪くなっているそうですが、今のところ何の病気かはわかっていないようです。




ヒートVSブルズ TV観戦レポート

ヒート
 ウィリアムス
 ウェイド
 ライト
 ハスレム
 モーニング

ブルズ
 デュホン
 ハインリック
 デング
 ノシオニ
 ベン

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 試合はややブルズペースで始まります。
 また、開始早々にウェイドが負傷してロッカーに下がってしまいます。
 ここで一気にブルズペースになるかと思いきや、ライトの活躍で逆転。20-19となります。
 しかし、残り1分、ベンのスティールからセフォローシャの豪快なダンク!
 ベンが好プレーを見せると、シカゴでも鐘が鳴るんですね。ただ、デトロイト時代の鐘に比べると音が少し軽い感じの鐘でした。
 終盤、良いディフェンスを見せたブルズが再逆転し、21-24で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 開始早々、ゴードンのジャンパー、トーマスのスティールからダンクで21-28と7点差がつきます。
 ブルズはベンチ陣も活きが良いのが強みですね。
 さらに残り10:15、ゴードンが素晴らしいドライブを見せ、21-30!
 その後も完全にブルズペースで試合は進み、最大で20点差をつける一方的な展開。
 ヒートも少し持ち直して反撃し、45-57と12点差で前半を終了します。



第3クォーター

 何故かブルズがおかしくなります。シュートが入らない。リバウンドが取れない。ディフェンスが機能しない。
 ヒートはみるみる内に詰め寄っていきます。
 ゴードンやセフォローシャの活躍で多少持ち直しますが、ヒートの勢いは止まりません。
 ライトとカポーノを中心に次々と得点を重ね、詰め寄っていきます。
 ブルズは何故かタイムアウトを取りません。12点差がどんどんなくなっているのに、その流れを止めようとしないのです。
 4点差に詰め寄られて、ようやくタイムアウトを取りました。7点差程度になった時に一旦取るべきでした。遅すぎます。
 第3クォーターは71-78と7点差で終了します。


第4クォーター

 ヒートの勢いは止まりません。スリーが好調で、ライト、クィーン、ウィリアムスと次々と決めていきます。
 ブルズはディフェンス、特にアウトサイドシュートに対するディフェンスが後手後手に回っています。
 残り7:53、ウィリアムスがこのクォーター3本目のスリーを決め、87-85! ヒートがリードを奪います。
 すぐにゴードンがジャンパーを決め、同点になります。
 残り7:16、デングのレイアップに対してポージーが激しくブロック。コートにたたき落とした事により、フレイグラントファール。あまりにも危険なファールだったため、一発退場となります。
 デングはなんとかコートに復帰。フリースローを一本決めます。
 フレイグラントファールなので、ブルズボールで再開です。リトルベン(ベン・ゴードン)からビッグベン(ベン・ウォレス)へのパスでダンク! 87-90となります。
 ディフェンスでは好調のクイーンをベンが豪快にブロック! フレイグラントファールからブルズの集中力が増した気がします。

 途中、ブルズのチャンピオンフラッグが映っていました。91年と92年はリアルタイムでは観ていませんが、93年、96年、97年、98年は全ファイナルをリアルタイムで観たなぁ…と感慨深くなったり。

 1点差で迎えた残り4:25、ファールを受けたハスレムがフリースローを一本決めて同点!
 しかし、ゴードンがすぐにジャンパーを決めて再び2点差とします。
 タイムアウトを取ったヒート。明けた直後にバックコートヴァイオレーションでターンノーバーとはこれいかに。それを活かして、ゴードンがジャンパーを決め、4点差とします。
 残り3:09、ノシオニが痛恨のルースボールファールを犯し、ファールアウト。ブルズも苦しくなります。
 すぐにカポーノがレイアップを決め、同点!
 ここでヒートはハック・ア・ベンを行います。ベンは一本を決め、1点差。
 次のオフェンスでハスレムがターンノーバーを犯すと、すぐにヒートはベンにファール。
 この戦法、わたしは大嫌いです。あまりにも醜い。シャックに対して行うチームもありますが、本当にやめて欲しい。残り時間が2分を切ってからやるのは禁止されてるんですけどね。
 ベンは二本とも外してしまいます。
 しかし、直後にスティール! ゴードンがレイアップを決めて3点差!
 残り1:53、ヒートは何度か外したものの、ハスレムがティップインで1点差!
 さらに残り1:26にウィリアムスはジャンパーを決めて逆転!
 残り1:10、ベンからのパスをゴードンがアクロバティックなレイアップ! カウントワンスロー! 100-101! 再逆転!
 フリースローも決めて2点差!
 残り47.5秒に放たれたカポーノのスリーはミス! リバウンドはトーマス!
 ブルズは時間をたっぷり使い、ゴードンからトーマスへパス。ダンクは外れますが、モーニングのファール! フリースロー!
 ルーキーのトーマス。ここはプレッシャーです。しかし、二本とも決めて4点差! 残り時間は24.5秒です。
 残り17.5秒、ハスレムのシュートは外れ、フリースローに。二本とも決めて2点差となります。
 残り14.6秒、ファールを受けたゴードンがフリースローの二本目を外しますが、なんとハスレムがリバウンドを弾いてアウトオブバウンズ。ブルズボールです。
 ヒートのファールの相手はまたしてもゴードン。今度は二本とも決め、5点差となり勝負有り。



最終スコアは103-109でブルズの勝利。
何と言っても、ベンチから出てきて40点を取ったゴードン。キャリアハイです。
ブルズはディフェンスが少し崩壊気味でしたが、オフェンスはゴードンのおかげでしっかりと得点できました。
リバウンドが数字だけ見るとブルズが多く、オフェンスリバウンドも互角ですが、観ていた感じとしてはヒートの方が重要なリバウンドを押さえていたような気がします。ベンがいまいちしっかりと掴めなかった感があり、全体的にもっとブルズはリバウンドを取れたんじゃないかな。取っていたら苦戦することもなかったんじゃないかな。と言う印象です。
ヒートはウェイドなしにしてはそこそこ戦えたのではないでしょうか。ただ、ウィリアムスがあまりにも好調だったこともあるので、彼とライトの奮闘がなければ試合になってなかったかもしれません。
それにしても、相変わらずポージーは無駄に激しいファールをしますね。不満そうでしたが、デングの落ち方を見れば危険極まりないファールだったことは一目瞭然。ナゲッツVSニックスで乱闘のきっかけになったコリンズのファールよりもひどいものでした。一発退場になるのは当たり前です。
また、昨シーズンのプレーオフでもやっていましたが、ライリーはハック・ア・ベンをしてきますね。確かに、ベンにフリースローを与えて外させ、時間を消費せずに自分たちのオフェンスにできますが、やはり醜い。
昨シーズンのプレーオフでもライリーが仕掛け、ピストンズがお返しにハック・ア・シャックを仕掛けるという醜い争いが繰り広げられました。
これをやられると、観ていて白けます。やめて欲しいですね。



ヒート 103-109 ブルズ

ヒート(13勝15敗)

 ウィリアムス
  28点(10/17、スリー7/10)

 ライト
  17点
  14リバウンド

 ハスレム
  10リバウンド


ブルズ(17勝12敗)

 ゴードン
  40点(11/17、フリースロー17/19)

 ベン
  11リバウンド
   3ブロック

 デング
  11リバウンド




今年の営業終了

本日をもって、今年の営業は終了しました。
コーヒーを飲みに来られたお客様、コーヒー豆を買いに来られたお客様、コーヒー用品を買っていかれたお客様。この場を借りて御礼を申し上げます。
来年は1月4日の13:00から営業を開始しますので、よろしくお願いします。

今年はいろいろありました。
一番大きな変化は水を雲城水に変えた事でしょうか。自分で言うのも何ですが、これでコーヒーの品質が一気にあがりました。
他にも変化はあったので、今年中に当店の主な出来事として公開したいと思います。




76ersVSウォリアーズ TV観戦レポート

76ers
 ミラー
 イグダーラ
 カーニー
 ウェバー
 ダレンバード

ウォリアーズ
 デイビス
 リチャードソン
 ピートラス
 バーネス
 ビエドリンシュ

以上のスターターで試合は始まりました。
ミラーは76ersでの初スターターです。


第1クォーター

 まずはウォリアーズのピートラスが好調。次々と得点を重ねます。鼻を骨折しているのでフェイスガードを着用してのプレーですが、元気です。2-10とウォリアーズが序盤に8点差をつけます。
 それにつられるようにバーネスもスリーが好調。76ersはシュートが入りません。
 残り8:16にイグダーラがようやくスリーを決め、7-16となります。
 残り5分強、ミラーが立て続けに好プレーを見せ、追いすがります。しかし、相変わらずウォリアーズは好調。ビエドリンシュにカウントワンスローを決められ、13-25と差は広がっていきます。
 さらに残り4:27にはデイビスからビエドリンシュへのアリウープ! ウォリアーズ好調です。
 76ersはミラーの孤軍奮闘。パスを出してもナゲッツのようにカーメロやJR.スミスのようにバシバシ決めてくれる選手がいないので、自ら行くシーンが目立ちます。
 ミラーの他はカーニーが目立ちますが、とにかく76ersはディフェンスがほとんど機能していません。
 27-36とウォリアーズが9点をリードして第1クォーターは終了します。


第2クォーター

 相変わらずウォリアーズは好調。順調に得点を重ね、29-43とどんどん差を広げていきます。
 ミラーがなんとか踏ん張って点差を維持していますが、そもそも76ersは誰もシュートに行こうとしていません。大問題です。
 24秒ヴァイオレーションを取られた時も、ウォリアーズのディフェンスが良いわけではなく、単にシュートをためらっていただけでした。自信がないのでしょうか…
 さらにはミラーはそれほど自分で得点を取りに行くタイプではありません。必然的に差はどんどん開いていき、43-60と、第2クォーター半ばとは思えない点差がついてしまいます。
 一方があまりにも好調であればこんな事もあるでしょうが、今日に限って言えば、ウォリアーズは普通にプレーしてるだけです。シュートがチームで80%くらい決まっているとか、スリーを既に10本くらい決めているとか、そんな状態ではないのです。
 結局、終了間際にビエドリンシュのティップインで得点をさらに伸ばし、47-67と20点差で前半を終了します。



後半

 後半は少々忙しくてほとんど観ることができませんでした。
 最終的な点差が前半終了時とほとんど変わっていないところをみると、おそらくは山もなく終わったと思われます。



最終スコアは97-116でウォリアーズの勝利。
前半のみの印象になりますが、76ersはオフェンスはチグハグ。ディフェンスは崩壊と、悲惨な状況になっています。ミラーが馴染めばオフェンスは噛み合ってくるでしょうが、もう少しディフェンスを修正しないとどうにもならないでしょう。
また、ウェバーがロッカールームで若手に悪影響を与えているため、最悪バイアウトするとの噂も流れています。チーム内の雰囲気も悪いのでしょう。
良い若手はいます。それを活かすことのできるミラーも加入しました。しかし、まだもう一手、何か手段を講じないといけないでしょう。
ウォリアーズはデイビスとビエドリンシュが素晴らしかったです。また、ピートラスが良いところでシュートを決めていました。
また、ベンチから出てきたダンリービーも動きが良かったです。
今日の試合は相手がひどすぎた面もあるので、調子に乗らないようにしないといけませんね。



76ers 97-116 ウォリアーズ

76ers(7勝20敗)

 カーニー
  25点
   8リバウンド


ウォリアーズ(15勝15敗)

 デイビス
  21点(9/17)
  16アシスト

 バーネス
  25点
   8リバウンド

 ビエドリンシュ
  16点(7/10)
  11リバウンド
   3スティール




12/27 全試合結果

今日は11試合が行われました。



グリズリーズ 101-116 ウィザーズ

グリズリーズ(6勝23敗、4連敗)

 ジョンソン
  23点(7/10)
  10リバウンド


ウィザーズ(15勝12敗、3連勝)

 アリーナス
  31点(9/13)
   7アシスト

 ジェイミソン
  26点
   9リバウンド
   3スティール

 バトラー
  19点
   6スティール

 ヘイウッド
  15点
   9リバウンド



ロケッツ 76-81 ペイサーズ

ロケッツ(16勝12敗)

 アルストン
  15点
   5スティール

 バティエ
  10リバウンド

 ハワード
  10リバウンド


ペイサーズ(16勝14敗)

 ハリントン
  23点
  14リバウンド
   3スティール

 ティンズリー
  17点
   3スティール

 フォスター
  16リバウンド



ネッツ 91-92 ピストンズ

ネッツ(11勝17敗、3連敗)

 カーター
  28点

 キッド
   9リバウンド
   7アシスト

 ボーン
  12リバウンド


ピストンズ(18勝8敗、5連勝)

 ラシード
  21点(8/12)
   3ブロック

 ハミルトン
  21点

 モハメド
  15点(6/9)
   7リバウンド


バックス 114-107 スパーズ

バックス(14勝14敗、5連勝)

 レッド
  36点(14/22)
   7リバウンド

 ウィリアムス
  23点
   3スティール

 ボガッド
  11リバウンド


スパーズ(21勝8敗)

 ダンカン
  25点
  12リバウンド

 パーカー
  24点
  10アシスト

 ジノビリ、バリー、ボナー
  胃腸風邪で欠場



ブルズ 98-100 ウルブズ

ブルズ(16勝12敗)

 ゴードン
  27点

 ノシオニ
  18点
   8リバウンド

 デング
  16点
   8リバウンド


ウルブズ(12勝13敗)

 ガーネット
  26点
  14リバウンド
   8アシスト

 フォイ
  25点

 ブラント
  18点(9/11)
   7リバウンド



ボブキャッツ 84-97 マーベリックス

ボブキャッツ(7勝20敗)

 フェルトン
   9アシスト
   3スティール


マーベリックス(21勝7敗、7連勝)

 ハワード
  27点
   8リバウンド

 ノヴィツキー
  23点
   7リバウンド

 ダンピアー
  10リバウンド
   3ブロック



セルティックス 105-116 ナゲッツ

セルティックス(10勝16敗、3連敗)

 ジェファーソン
  16点
  15リバウンド

 グリーン
  18点
   8リバウンド
   4ブロック

 アレン
  18点
   3ブロック


ナゲッツ(15勝10敗)

 アイバーソン
  28点
  13アシスト
   4スティール

 ボイキンス
  28点

 ナハラ
  16点
  11リバウンド

 ネネ
  14リバウンド
   4ブロック

 エヴァンス
  14リバウンド



クリッパーズ 92-102 ジャズ

クリッパーズ(11勝16敗)

 ブランド
  21点(9/15)
   7リバウンド


ジャズ(21勝8敗)

 ブーザー
  26点(11/19)
  10リバウンド

 オクァー
  24点
  11リバウンド

 ウィリアムス
  21点
   7アシスト



ブレイザーズ 87-110 サンズ

ブレイザーズ(12勝16敗)

 ランドルフ
  18点
  14リバウンド(8オフェンスリバウンド)


サンズ(19勝7敗)

 マリオン
  23点(10/16)
   8リバウンド

 バルボサ
  22点(9/14)
   3スティール


ホーネッツ 94-102 ソニックス

ホーネッツ(11勝16敗)

 メイスン
  21点
   7リバウンド

 パーゴ
  23点

 ブラウン
  16点
   9リバウンド

 チャンドラー
  11リバウンド


ソニックス(12勝17敗)

 リドナー
  27点(11/17)
   9アシスト

 ウィルコックス
  22点(10/16)
  10リバウンド

 アレン
  21点
   8アシスト



76ers 97-116 ウォリアーズ

TV観戦レポート参照




何事もなく帰ってきました

行方不明だったふたごちゃんは無事、帰ってきました。
今日は14時頃に、明日の準備等で店に向かったんですが、それまでは山に入って捜索していました。
この子は呼べば返事をして寄ってくるので、天気の悪い山で一人猫の名前を呼んでいる姿は周りから見ると不気味だったかも…
でも、声を出していないと、イノシシやクマと鉢合わせたり、猟師さんに獲物と間違われて撃たれる恐れがあります。
静かに山を探索するのは危険なのです。

しかし、結局見つからず、後ろ髪を引かれる思いで出かけました。
天気もかなり悪くなってきたので、もし、罠にかかって身動き取れないまま雨風に晒されていたら…と思うと気が気ではありませんでした。

で、仕事を終えて20時頃帰ってくると…

定位置で寝ていました(# ̄□ ̄;)

このど畜生め(^▽^#)

家族が帰った頃には既にいて、エサをねだったそうです。
また、わたしが帰った時の爆睡状態から察するに、ほとんど寝てないのでしょう。
どこかに行ったは良いが、エサもない。いつもと違う場所だから落ち着いて寝られない。
で、帰ってきて甘える…と言う流れでしょう。
この子は狩りも上手なのですが、この時期、しかも天気の悪い日に獲物がいるとは思えません。

でも、気持ちよさそうに寝てるのがちょっとムカついたので、叩き起こして抱っこしてやりました。
そして、人間の膝の上の方が暖かい、と降りてくれなくなってしまい、しばらく降ろしては乗られ、降ろしては乗られ、と格闘していました( ̄^ ̄;)




12/26 全試合結果

今日は1試合が行われました。



レイカーズ 85-101 ヒート

レイカーズ(18勝10敗)

 コービー
  16点


ヒート(13勝14敗)

 ウェイド
  40点
  11アシスト
   4スティール
   4ブロック

 モーニング
   8リバウンド
   3ブロック




行方不明…

猫が一匹、行方不明になりました…

ふたご.JPG
名前はふたご。

と姉弟で、そっくりなのでそのまんまな名前を付けました。
昨日の朝、見たきり帰ってきません。
この時期は山の至る所にイノシシ用の罠が仕掛けてあり、猟師さんも猟銃を持ってウロウロしているので、心配です。
夏場なら心配しないのですが…

この子は、わたしが精神的に辛かった時、特別に癒してくれた子です。

単にどこかで遊んでいるだけならいいのですが…




メリークリスマス

クリスマスと言えば!
NBAの試合が無い日です…
まあ、今日も午前中は忙しかったので、あったとしてもまた観られなかったとは思いますが、結果を観るだけでも楽しいので全くないと寂しいものですね。

アメリカではクリスマスは家族と過ごす大事な日。NBA選手も例外ではありません。大半の選手が家族と共に過ごすために故郷へ帰っていることでしょう。
どちらかと言えば、恋人と過ごす聖夜、みたいな風潮の日本とは少し違いますね。多分、アメリカでは恋人に会うために出かけたりしたら非難ごうごうです。
かなり昔、アメリカ在住の方にこんな話をしたら「日本はクリスマス以外は恋人と会う時間がないほど忙しい国なの?」と聞き返され「キリスト生誕を祝う日を、恋人が会う口実にするのはおかしい」と言われたことがあります。
う~む。国によって認識が全然違います…
向こうの人には天皇誕生日を恋人と過ごす日にしてるくらいの違和感があるんですかねぇ…

それはさておき。
明日はクリスマスゲームと称してレイカーズVSヒートが行われます。
毎年、NBAからファンへのクリスマスプレゼントとして、注目カードや豪華カードが組まれます。
これが始まったのは94年か95年くらいだったと思いますが、当時は選手たちが強く反発していました。
家族と過ごすためのクリスマスに試合を組み込むなんて!と一部の選手がかなり怒っていたのを覚えています。
でも、すっかり定着してしまいました。

ただ、レイカーズVSヒートが豪華カードか、と言われるとちょっと違う気がします。
日程は何ヶ月も前に決定していることですから、シャックの欠場とヒートの不振まで予測しろと言うのは無理があるでしょうが…
なんだか、安易にシャックVSコービーの因縁対決を煽ってるだけの気もします。
現在の豪華カードと言えば、スパーズVSマーベリックスではないでしょうか。
今シーズン、既に2試合戦っていますが、クリスマスゲームとして特別な雰囲気を出すならこっちの方が観たかった…個人的な願望ですけど。




12/24 全試合結果

今日は11試合が行われました。



ウルブズ 78-71 ペイサーズ

ウルブズ(11勝13敗)

 ガーネット
  29点(14/26)
  19リバウンド


ペイサーズ(15勝14敗)

 ティンズリー
  22点

 ジャーメイン
  11リバウンド
   5ブロック

 フォスター
  11リバウンド



ボブキャッツ 76-115 ブルズ

ボブキャッツ(7勝19敗)

 オカフォー
  12リバウンド


ブルズ(16勝11敗)

 ノシオニ
  21点
  11リバウンド

 ゴードン
  23点(10/14)

 ベン
   3スティール
   5ブロック



マジック 83-86 キャブス

マジック(17勝12敗)

 ハワード
  17点
  13リバウンド


キャブス(15勝11敗)

 レブロン
  32点
   7リバウンド

 イルガウスカス
  22点
  10リバウンド

 グッデン
  12リバウンド
   3スティール



クリッパーズ 98-93 ロケッツ

クリッパーズ(11勝15敗)

 トーマス
  21点

 ケイマン
  15点
  11リバウンド

 ブランド
  16点
   7リバウンド


ロケッツ(16勝11敗)

 バティエ
  28点

 ヘッド
  22点

 アルストン
  21点

 ムトンボ
   8リバウンド
   4ブロック



ホークス 81-108 ピストンズ

ホークス(9勝17敗、4連敗)

 シェルデン・ウィリアムス
  15リバウンド(8オフェンスリバウンド)

 ジョーンズ
  10リバウンド(8オフェンスリバウンド)


ピストンズ(17勝8敗、4連勝)

 モハメド
  19点(7/8)
  10リバウンド



ネッツ 104-115 バックス

ネッツ(11勝16敗)

 キッド
  21点
  11アシスト
   3スティール

 ハウス
  22点
   3スティール


バックス(13勝14敗、4連勝)

 ウィリアムス
  32点
   8リバウンド
   8アシスト

 レッド
  21点

 ボガッド
  18点
  10リバウンド

 ベル
  20点
   3スティール



ウォリアーズ 92-105 ヒート

ウォリアーズ(14勝15敗)

 バーネス
  20点
  12リバウンド

 ダンリービー
  16点
  11リバウンド


ヒート(12勝14敗)

 カポーノ
  27点

 ウェイド
  18点
   8アシスト
   4ブロック

 ハスレム
  10リバウンド



ラプターズ 97-110 ソニックス

ラプターズ(12勝16敗)

 フォード
  24点(9/16)
   9アシスト
   3スティール

 ガルバホサ
  18点
   7リバウンド

 ジョーンズ
  19点
   3スティール

 カルデロン
  10アシスト

 ネストロビッチ
   7リバウンド
   3ブロック


ソニックス(11勝17敗)

 アレン
  28点

 コリソン
  15点
   8リバウンド



ニックス 77-98 76ers

ニックス(12勝18敗)

 クロフォード
  21点

 リー
  13リバウンド


76ers(7勝19敗)

 イグダーラ
  20点

 ウェバー
  18点
   9リバウンド
   3スティール
   3ブロック

 ダレンバード
   8リバウンド
   6ブロック

 ミラー
  ベンチスタート
  31分出場
   9点
   5リバウンド
  11アシスト
   2スティール
   1ブロック

 スミス
  ベンチスタート
  19分出場
   4点
   7リバウンド



スパーズ 112-77 ホーネッツ

スパーズ(21勝7敗)

 パーカー
  19点(8/11)
   9アシスト

 ジノビリ
  17点
   3スティール

 ボーン
  11アシスト


ホーネッツ(11勝15敗)

 ポール
  20点



ジャズ 100-97 グリズリーズ

ジャズ(20勝8敗)

 ブーザー
  24点
  11リバウンド

 オクァー
  20点
   9リバウンド

 ウィリアムス
  17点
   9アシスト


グリズリーズ(6勝22敗、3連敗)

 ミラー
  28点




恐ろしい話…

今日は試合開始の時間が早かったので、ほとんど観ることもできませんでした。

そんな中、恐ろしいニュースが入ってきました。
NBAの下部リーグであるDリーグ。田臥選手も所属しています。
そのDリーグの一つであるダコタ・ウィザーズで事件がおきました。
リトアニア出身のセンター、アンドリウスケビシャスがチームメイトのストーリーとケンカになり、殴られて頭蓋骨を骨折し、重体となったそうです。
練習中に接触してケガをした、などはよく聞きますが、こんなあからさまに殴られて重体になったなどと言う話は初めて聞きました。
アンドリウスケビシャスの無事と回復を祈るばかりです。
なお、ストーリーは無期限の出場停止処分だそうです。



ついでにケガ情報を。
ロケッツのヤオは骨折して6週間の離脱、ネッツのクリスティッチが靱帯損傷で今シーズン絶望となりました。

ロケッツはまたしてもヤオとマグレディーの二枚看板を欠くことになりました。

クリスティッチは今シーズン、著しく成長していただけに本当に残念です。




今日も観戦なし

今日も観戦レポートはなしです。

中継が76ersVSセルティックスだったので、正直、あまり興味をそそられませんね…
76ersにアンドレ・ミラーとジョー・スミスが合流した後なら、どうなるか観たかったですが、まだ出場していませんね。
アイバーソンはナゲッツデビューしましたけど。
おまけにセルティックスはピアースが欠場でした。
現在、アトランティックディビジョン同士の対決ほど興味の湧かない試合はないでしょう。
ラプターズは新メンバーだらけなので、まとまってくると面白いとは思いますが、他のチームは…

現在、アトランティックディビジョンの首位はラプターズで12勝15敗。勝率は.444です。
首位のチームが6割以下なのはアトランティックディビジョンだけです。しかも、6割どころが5割を切っています。
一時は全チームが4割を切っていました。あまりにもお粗末です。
他の下位チームはそれなりに観てみようと思うのですが、アトランティックディビジョンのチームはラプターズを除いて、観る気があまり起きません。

今日の試合も観てはいたものの、多分、時間があってもレポート書く気にはならなかったのでは…と思うような内容でした。
今日は13試合が行われたので、放送するにしてももっと良いチョイスがあったのでは?と思ってしまったほどです。

是非、現在のわたしの価値観を壊すほどの巻き返しを計って欲しいものです。




12/23 全試合結果

今日は13試合が行われました。



ジャズ 89-101 ボブキャッツ

ジャズ(19勝8敗)

 ブーザー
  22点
  14リバウンド

 ミルサップ
   3スティール
   3ブロック


ボブキャッツ(7勝18敗)

 オカフォー
  21点(9/12)
  10リバウンド

 フェルトン
  18点
  12アシスト
   3スティール

 ブレゼッチ
  11リバウンド

 ウォレス
   7リバウンド
   5スティール



ウォリアーズ 117-108 マジック

ウォリアーズ(14勝14敗)

 デイビス
  38点
   9アシスト
   4スティール

 ダンリービー
  21点(9/14)
   3スティール


マジック(17勝11敗)

 ヒル
  21点
   7アシスト

 ハワード
  15点
  13リバウンド
   5ブロック

 アリーザ
  23点

 ネルソン
  22点



レイカーズ 99-95 ネッツ

レイカーズ(18勝9敗)

 コービー
  21点
  11アシスト

 クック
  11リバウンド


ネッツ(11勝15敗)

 カーター
  33点

 キッド
  16点
   9アシスト



ブルズ 92-103 ニックス

ブルズ(15勝11敗)

 ゴードン
  27点

 デング
  20点

 ベン
  10リバウンド(7オフェンスリバウンド)


ニックス(12勝17敗、3連勝)

 クロフォード
  30点

 カリー
  20点

 マーブリー
  19点
   8アシスト

 フライ
  15点
  12リバウンド

 リー
  14リバウンド



ペイサーズ 100-90 ホークス

ペイサーズ(15勝13敗)

 ジャクソン
  27点

 ジャーメイン
  16点
  11リバウンド

 ハリントン
  20点

 フォスター
  16リバウンド


ホークス(9勝16敗、3連勝)

 ジョンソン
  31点(14/24)
   3スティール

 パチュリア
  14リバウンド



76ers 98-83 セルティックス

76ers(6勝19敗)

 イグダーラ
  31点(11/15)
   9アシスト

 ダレンバード
  12リバウンド
   3ブロック


セルティックス(10勝15敗)

 ジェファーソン
  20点
  14リバウンド

 グリーン
  20点
   9リバウンド



グリズリーズ 97-100 ホーネッツ
        OT

グリズリーズ(6勝21敗)

 ガソル
  28点
   9リバウンド
   3ブロック

 ミラー
  18点
   8リバウンド


ホーネッツ(11勝14敗)

 メイスン
  17点
  12リバウンド

 ポール
  15点
  14アシスト

 ジャクソン
  19点
  10リバウンド

 チャンドラー
  17リバウンド(10オフェンスリバウンド)



ロケッツ 97-78 スパーズ

ロケッツ(16勝10敗)

 ヤオ
  22点
   7リバウンド

 ヘッド
  11アシスト
   4スティール

 ウェルズ
  15点
   7リバウンド

 バティエ
   3スティール
   3ブロック


スパーズ(20勝7敗)

 ジノビリ
  23点

 パーカー
  21点

 ダンカン
  11リバウンド
   5スティール



バックス 113-107 ウルブズ

バックス(12勝14敗、3連勝)

 ウィリアムス
  26点
   7リバウンド

 ベル
  28点
   4スティール

 レッド
  29点

 ボガッド
  10リバウンド
   7アシスト

 スキナー
  10リバウンド


ウルブズ(10勝13敗、4連敗)

 ジェームス
  28点
   8アシスト

 ガーネット
  24点
  14リバウンド
   4ブロック

 デイビス
  23点

 ブラント
   9リバウンド
   3ブロック



クリッパーズ 83-115 マーベリックス

クリッパーズ(10勝15敗、、6連敗)

 マゲッティー
  19点


マーベリックス(20勝7敗、6連勝)

 ノヴィツキー
  20点
  12リバウンド

 ハワード
  25点

 ジョージ
  21点(スリー5/6)

 テリー
  15点(5/6)
   7アシスト



キングス 101-96 ナゲッツ

キングス(11勝14敗)

 サルモンズ
  21点
  11リバウンド
  10アシスト

 ミラー
  21点
  14リバウンド


ナゲッツ(14勝10敗)

 ミラー……………トレード
 カーメロ…………出場停止
 JR.スミス ………出場停止
 キャンビー………骨折
 ジョー・スミス…トレード
 マーティン………今季絶望

 …呪われてるんでしょうか?
 ここがナゲッツの正念場です。

 ボイキンス
  25点
   9アシスト
   3スティール

 アイバーソン
  ベンチスタート
  39:25出場
  22点(9/15)
   2リバウンド
  10アシスト

 ネネ
  15リバウンド

 エヴァンス
  11リバウンド
   3スティール



ラプターズ 101-100 ブレイザーズ
       OT

ラプターズ(12勝15敗)

 フォード
  23点
  10アシスト
   3スティール


ブレイザーズ(12勝15敗)

 ランドルフ
  20点
   7リバウンド

 ロイ
  16点
  10リバウンド
   8アシスト

 マグロワ
  15リバウンド



ウィザーズ 144-139 サンズ
       OT

ウィザーズ(14勝12敗)

 アリーナス
  54点(21/37)

 バトラー
  34点
  10リバウンド
   3スティール

 ジェイミソン
  15点
  12リバウンド

 ヘイウッド
  12リバウンド


サンズ(18勝7敗)

 ナッシュ
  42点(14/25)
  12アシスト

 マリオン
  28点
  13リバウンド

 ディアウ
  17点
  11アシスト

 アマレ
  16点
  11リバウンド




12/22 全試合結果

今日は2試合が行われました。



ピストンズ 87-71 キャブス

ピストンズ(16勝8敗、3連勝)

 ビラップス
  17点
  10アシスト

 プリンス
  16点(8/11)
   8リバウンド

 マクダイス
  11リバウンド


キャブス(14勝11敗、3連敗)

 レブロン
  26点
  10リバウンド



ウィザーズ 126-119 キングス

ウィザーズ(13勝12敗)

 ジェイミソン
  33点
  13リバウンド
   4スティール

 アリーナス
  30点
   8リバウンド
   7アシスト
   3スティール

 バトラー
  23点
  10リバウンド

 ヘイウッド
  14リバウンド(9オフェンスリバウンド)


キングス(10勝14敗、3連敗)

 マーティン
  40点

 サルモンズ
  23点
   4スティール

 ミラー
  19点
   9リバウンド




年末年始休業のお知らせ

他店のホームページや仕入れ業者からの案内で、当店も年末年始の営業予定を発表しなければいけないことに気づきました。
全然考えてませんでした(≧□≦)

12月29日~1月3日 年末年始休業
1月4日 13:00開店

とさせて頂きます。
去年は確か、初めての年末年始でお客様の流れが全くわからなかったので、大晦日と元旦しか休みませんでした。…30日も休んだかな…?
今年は、上記くらいは休んでもお客様にご迷惑はおかけしないかな…と。
ご了承ください。



今日はピストンズVSキャブスでしたが、チラチラ観てただけでした。
ありがたいことに最近は午前中にお客様がご来店される事が多くなりました。
その煽りでじっくり観ることができない日が増えてきたのです。
ただ、午前中にお客様が増えた分、午後のお客様が減って、トータルはプラスマイナス0の様な気がしますが…




12/21 全試合結果

今日は12試合が行われました。
なお、サンズVSナゲッツは大雪のため順延となりました。



ペイサーズ 101-93 76ers

ペイサーズ(14勝13敗)

 ジャーメイン
  34点(13/21)
  11リバウンド
   3ブロック

 ジャクソン
  25点(9/15)

 フォスター
  11リバウンド


76ers(5勝19敗、12連敗)

 イグダーラ
  20点
   7アシスト
   4スティール

 コーバー
  20点

 ダレンバード
  16点
  13リバウンド
   3ブロック



ジャズ 112-106 ホークス

第4クォーター 40-13(ジャズ、第4クォーターだけで21点差を逆転勝ち)


ジャズ(19勝7敗)

 オクァー
  30点(11/17、スリー4/5)
  10リバウンド
   3スティール


ホークス(9勝15敗)

 スミス
  23点
  12リバウンド
   3スティール
   4ブロック

 ジョンソン
  27点

 クラクストン
   8アシスト
   4スティール



ホーネッツ 83-86 マジック

ホーネッツ(10勝14敗、4連敗)

 ポール
  19点
  10アシスト
  ハワードの頭越しにダンク!

 チャンドラー
  11リバウンド
   4ブロック


マジック(17勝10敗)

 ヒル
  21点
   7リバウンド

 ハワード
  16点
  13リバウンド



ウォリアーズ 96-95 セルティックス

ウォリアーズ(13勝14敗)

 デイビス
  31点(11/16)
   8アシスト

 ビエドリンシュ
   9リバウンド
   3スティール


セルティックス(10勝14敗)

 ピアース
  27点
   8リバウンド

 アレン
  17点
   7リバウンド
   3スティール

 ジェファーソン
  11リバウンド
   3ブロック



ボブキャッツ 109-111 ニックス
        2OT

ボブキャッツ(6勝18敗)

 ウォレス
  28点
   5スティール

 ブレゼッチ
  21点

 フェルトン
  16アシスト

 オカフォー
  13リバウンド
   3ブロック


ニックス(11勝17敗)

 クロフォード
  25点
   9アシスト

 カリー
  29点(11/15)
   9リバウンド

 フライ
  30点(14/26)

 リー
  19リバウンド
  2OT残り0.1秒で決勝アリウープレイアップ



キャブス 111-113 ネッツ

TV観戦の感想参照



ヒート 95-121 バックス

ヒート(11勝14敗)

 ウェイド
  27点
   8アシスト


バックス(11勝14敗)

 レッド
  28点

 ウィリアムス
  19点
  11リバウンド
  10アシスト

 ボガッド
  17点(6/7)
   3ブロック

 ヴィラヌエバ
  16点(5/8)
   7リバウンド



グリズリーズ 98-105 スパーズ

グリズリーズ(6勝20敗)

 ミラー
  22点
   8リバウンド


スパーズ(20勝6敗、5連勝)

 ダンカン
  21点(8/8)
   9リバウンド
   3スティール
   3ブロック

 パーカー
  18点
  10アシスト

 フィンリー
  20点(7/10、スリー5/6)



レイカーズ 111-94 ウルブズ

第4クォーター 34-7


レイカーズ(17勝9敗)

 コービー
  24点

 バイナム
   9リバウンド
   4ブロック


ウルブズ(10勝12敗、3連敗)

 ガーネット
  22点
  11リバウンド
   8アシスト

 デイビス
  22点



ロケッツ 87-89 ブレイザーズ

ロケッツ(15勝10敗)

 ヤオ
  34点
   9リバウンド
   5ブロック

 アルストン
  20点
   8アシスト


ブレイザーズ(12勝14敗、5連勝)

 ランドルフ
  24点
  13リバウンド

 ウドカ
   7リバウンド
   4スティール



ラプターズ 98-96 クリッパーズ

ラプターズ(11勝15敗)

 ジョーンズ
  23点(6/10)


クリッパーズ(10勝14敗、5連敗)

 ブランド
  24点
  10リバウンド
   5ブロック

 マゲッティー
  20点

 リビングストン
   8リバウンド
   7アシスト



マーベリックス 103-95 ソニックス

マーベリックス(19勝7敗、5連勝)

 ダンピアー
  22点(7/11)
  16リバウンド(9オフェンスリバウンド)

 ノヴィツキー
  第1クォーターに負傷退場


ソニックス(10勝17敗、6連敗)

 リドナー
  21点
   9アシスト

 ウィルコックス
  18点
   9リバウンド

 ワトソン
  18点
   4スティール




メニュー追加

メニューを追加しました。
とは言っても、正式品目(?)ではなく、オプションですが。

コーヒーまたは紅茶のオプションです。

一口チョコ(2個)……+\20
キットカット(1個)…+\30
チョコパイ(1個)……+\50

コーヒーだけではちょっと寂しい、と仰るお客様用です。
単品での注文は受け付けませんので、ご了承願います。



甘いものとコーヒーは合いますからねぇ…
でも、オプションを注文される場合は、苦味の強い豆より酸味系の豆の方がより美味しいと思います。
甘いものとの組み合わせ、と言えばやっぱり有機モカ(≧▽≦)!
独特の香りとすっきり感のある味わいが、甘いものとの相性が抜群なんですよね。
有機エルサルバドルや有機エクアドル…後、苦味系ですが有機マンデリンあたりも相性が良いです。
是非、ご賞味ください。

なお、当然ながら既製品です。わたしの手作りではありませんのでご了承ください。
まあ、キットカットを手作りするような人はいないでしょうが…




キャブスVSネッツ TV観戦の感想

今日はレポート書くほどじっくりと観ることはできませんでした。
でも、感想を書ける程度になら観ていました。



最終スコアは111-113でネッツの勝利。
2点差ですが、そこまで競った試合ではありませんでした。第3クォーター中盤までは一進一退の激戦でしたが、カーター、クリスティッチ、ナックバーの三人の活躍でネッツが走りました。
クリスティッチがすごく成長しています。確率も含む全ての数字が昨シーズンを上回り、ファールは減っているという、素晴らしい成長ぶりです。シーズン後半に入ってどう変化していくかはわかりませんが、これからの活躍に期待が持てます。
対するキャブスは、相変わらずレブロンが大事なフリースローを落とす印象です。全部が全部外しているわけではないのですが、それは外しちゃいかんだろ…と思うシーンが何度もあります。これがレブロンの大きな欠点ですね。
後、グッデンが昨シーズンのプレーオフやシーズン序盤に比べて、明らかに存在感がなくなってきました。もう少し得点もリバウンドもあげないとキャブスは苦しいと思いますね。



キャブス 111-113 ネッツ

キャブス(14勝9敗)

 レブロン
  37点
   8アシスト

 イルガウスカス
  18点
  11リバウンド


ネッツ(10勝14敗)

 カーター
  38点

 キッド
   8リバウンド
  10アシスト
   3スティール




12/20 全試合結果

今日は2試合が行われました。



レイカーズ 89-94 ブルズ

TV観戦レポート参照



ラプターズ 98-115 サンズ

ラプターズ(10勝15敗)

 フォード
  19点
   9アシスト

 バグニャーニ
  18点
   8リバウンド


サンズ(18勝6敗、15連勝)

 アマレ
  28点
  10リバウンド

 ナッシュ
  15アシスト




ちょっと店内変更

とは言っても、一見なんの変化もありませんけどね。

当店のイスは脚にタイヤがついているので、コロコロ転がるようになっていました。
狭いので混雑した時に動きやすいように…とか考えてこのタイプにしたんですが(…安かったこともありますが)、少し足の悪いお客様がご来店されて、座る前にイスが動いてしまってすごく座りにくそうにされていました。
以前から年配のお客様、特に背の低い女性には動くことが少し不評だったのですが、今回のお客様の様子を見て、
「これは絶対いかん」
と思いました。

しかし、カウンターチェアーはすごく高いので買い換える余裕はなかなか…

と、言うわけでタイヤにカバーをつけました。
テーブル足.JPG
……………
…あんまり格好良くないですが、普通はイスの脚なんか見ないから良いことにしてください。

でも、我ながら大正解でした。
自分で座ってても意図しない時に動いたりしないので楽です。
座面を上下もさせられるイスなんですが、上にも書いたようなお客様がご来店された時のために最初は一番低くしていました。そのため、座ると低かったんですよねぇ…
でも、これなら最初から高くしておけます。

うむ。これはいい。

…なぜ、気づかなかった。一年半。

と、自分で突っ込んでおきます。




レイカーズVSブルズ TV観戦レポート

レイカーズ
 パーカー
 コービー
 ウォルトン
 ラドマノビッチ
 ブラウン

ブルズ
 ハインリック
 デュホン
 デング
 ノシオニ
 ベン

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 試合はブルズのペースで進みます。ベンからデングへのアシストがよく決まり、得点を先行します。
 しかし、レイカーズも試合巧者です。第1クォーター終了時にはいつの間にか逆転していて26-23と3点リードして終了します。


第2クォーター

 両チームとも控え中心のメンバーに入れ替えたせいか、いまいちシュートが決まりません。そんな中、レイカーズのエヴァンスとバイナムは順調にシュートを決めて残り7分を切って38-28と10点差をつけます。
 ブルズはベンとハインリックをコートに戻すとディフェンスが良くなりました。

 さっすがベン様!

 しかし、ブルズはシュートが入りません。デュホンやハインリックがゴール下に突っ込んでブロックされるシーンが目立ちます。
 徐々に差が開いていきましたが、終了間際にゴードンがジャンパーを決め、48-42と6点差で前半を終了します。



第3クォーター

 まずはウォルトンのシュートでから始まり、50-42となります。
 両チーム、第2クォーターから打ってかわってシュートがよく入り、点の取り合いとなります。レイカーズの方がややスムーズに点を取っていますが、ほぼ互角です。
 終盤、ブルズはスパートをかけて追いつき、70-70の同点で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 まずはブルズのスウィートニーが連続得点、突き放しにかかります。
 ブルズが6点差をつけて一進一退。試合は白熱します。
 とにかくブルズはデングがすごい。ダブルクラッチを見せたかと思えば、リバウンドもしっかりと取る。
 また、セフォローシャなどの控えも満遍なく活躍し、ディフェンスの的を絞らせません。
 レイカーズはコービーとパーカーを中心に得点を重ねますが、追いつけません。
 結局、差を5点以下に縮めることはできないまま、試合は残り52.4秒、コービーが6ファールでフィールドアウトしてしまいます。レイカーズは一気に苦しくなります。
 残り12秒でパーカーがダンクを決めて89-92と3点差に詰めましたが、時既に遅し。



最終スコアは89-94でブルズの勝利。
レイカーズはコービーがやや不発気味の上に、最終盤にファールアウト。これが効きました。
また、第4クォーターにはブルズオフェンスをほとんど止められなかったのも痛手ですね。
ブルズは中盤に逆転されても辛抱強くついて行き、逆転勝ちしました。
スウィートニーやセフォローシャのような控えが活躍した上で、デング、ベン、ゴードンがいつも通りのプレーをしていたので安定感があります。
ハインリックの調子がいまいちのように感じましたが…と、言うより存在感がありませんでした。
オフェンスの最中に味方同士でぶつかりそうになったり、いまいちまだ噛み合ってないような気もしますが、ベンのアシストが増えてきており、馴染んできてると言えるでしょう。
これでブルズはここ13試合で12勝。一時は3勝9敗だったチームとは思えません。しかも、まだ向上の余地があるところが恐ろしい。
セントラルディビジョンはますます混戦の様相を呈してきました。



レイカーズ 89-94 ブルズ

レイカーズ(16勝9敗)

 ブラウン
  18点
  12リバウンド

 パーカー
  16点
   3スティール


ブルズ(15勝10敗、5連勝)

 デング
  23点(9/16)
  12リバウンド

 ゴードン
  22点(9/16)

 ベン
   9リバウンド
   7アシスト
   4スティール
   3ブロック




トレード決定!

とうとうアイバーソンのトレードが決定しました。
行き先はナゲッツです。



ナゲッツ IN
 アレン・アイバーソン
 イヴァン・マクファーリン

76ers IN
 アンドレ・ミラー
 ジョー・スミス
 2007年ドラフト一巡目指名権 2つ



よりによってミラーとのトレードですか…
ナゲッツはカーメロ、JR.スミス、アイバーソンの三人が共存できるのでしょうか。
JR.スミスとのトレードならまだわからなくもないですが、ちょっと…
76ersは良いトレードだと思います。
ミラーがイグダーラやコーバーを活かすでしょう。
上向くと思います。




12/19 全試合結果

今日は6試合が行われました。



ウォリアーズ 97-105 ネッツ

ウォリアーズ(12勝14敗、3連敗)

 デイビス
  25点
   8リバウンド
   9アシスト
   3スティール
   8ターンノーバー(BAD STATS)

 ダンリービー
  18点
  10リバウンド

 エリス
  19点
   3スティール

 ビエドリンシュ
   9リバウンド
   3ブロック


ネッツ(10勝14敗)

 クリスティッチ
  26点(10/15)
  14リバウンド

 キッド
  10点
  11リバウンド
  12アシスト



ジャズ 96-97 ニックス
     OT

ジャズ(18勝6敗)

 ブーザー
  23点
  10リバウンド
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 ウィリアムス
  23点
   7アシスト
   3スティール

 オクァー
  19点
   9リバウンド

 キリレンコ
  11リバウンド
   4ブロック


ニックス(9勝17敗)

 マーブリー
  29点
   8アシスト
  逆転ブザービーター!

 リー
  17点(8/12)
  20リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 クロフォード
  18点
   3スティール

 バークマン
  15リバウンド

 フライ
  10リバウンド


ホーネッツ 99-101 ヒート

ホーネッツ(10勝13敗、3連敗)

 ポール
  26点
   8アシスト
   3スティール

 バトラー
  21点
   8リバウンド

 チャンドラー
   8リバウンド
   3ブロック


ヒート(11勝13敗)

 ウェイド
  29点
   9アシスト
   4スティール
  残り1.2秒で決勝レイアップ!

 ハスレム
  16点
   7リバウンド

 モーニング
   9リバウンド
   7ブロック



ソニックス 126-134 グリズリーズ
       2OT

ソニックス(10勝16敗、5連敗)

 ルイス
  36点
  14リバウンド

 リドナー
  22点
  10アシスト


グリズリーズ(6勝19敗)

 ミラー
  29点(10/15)
  11リバウンド
   7アシスト

 アトキンス
  28点
   8アシスト
  ダブルオーバータイムに持ち込む同点ブザービーター!

 ジョンソン
   8リバウンド
   3スティール
   3ブロック



ウィザーズ 108-117 ナゲッツ

ウィザーズ(12勝12敗)

 バトラー
  26点
  10リバウンド

 アリーナス
  23点
   8リバウンド
   7アシスト

 ジェイミソン
  21点
   9リバウンド

 スティーブンソン
  16点
   3スティール


ナゲッツ(14勝9敗)

 キャンビー
  25点(9/13)
  17リバウンド
   7ブロック

 ボイキンス
  29点
   7リバウンド

 ミラー
  27点
   9リバウンド






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。