バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/28 全試合結果

今日は5試合が行われました。



ホーネッツ 89-97 キャブス

ホーネッツ(27勝30敗)

 ウェスト
  25点
  10リバウンド

 チャンドラー
  10リバウンド
   3ブロック


キャブス(33勝24敗)

 レブロン
  35点(14/22)
   8アシスト



サンズ 103-92 ペイサーズ

サンズ(44勝13敗、5連勝)

 ナッシュ
  25点(11/18)
  11アシスト

 アマレ
  23点
  18リバウンド(11オフェンスリバウンド)

 マリオン
  22点


ペイサーズ(29勝27敗、3連敗)

 ジャーメイン
  28点
  13リバウンド
   7アシスト
   6ブロック
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 フォスター
  14リバウンド



ウィザーズ 101-113 ネッツ

ウィザーズ(31勝24敗、3連敗)

 ヘイズ
  21点
   9リバウンド

 アリーナス
  26点


ネッツ(28勝30敗、3連勝)

 キッド
  26点
   8リバウンド
   9アシスト

 カーター
  27点

 ナックバー
  23点(6/10)

 コリンズ
   7リバウンド
   3ブロック



ウォリアーズ 101-122 バックス

ウォリアーズ(26勝32敗、3連敗)

 リチャードソン
   8リバウンド
   7アシスト
   4スティール


バックス(21勝37敗)

 レッド
  31点

 ベル
  20点

 ウィリアムス
  16点
  13アシスト

 パターソン
  19点
   8リバウンド

 ボガッド
  14リバウンド



マーベリックス 91-65 ウルブズ

マーベリックス(48勝9敗、13連勝)

 ノヴィツキー
  23点
  14リバウンド

 テリー
  18点
   7アシスト

 ハワード
  17点
   7リバウンド

 ジョップ
  10リバウンド
   3ブロック


ウルブズ(26勝31敗)

 ガーネット
  15点
  13リバウンド 



スポンサーサイト

浪漫珈琲

今日の福井新聞のコラムに「浪漫珈琲」の事が書かれていました。

「浪漫珈琲」とは、福井商工会議所、福井県喫茶業協同組合、福井県セルプ振興センター(障害者の自立を支援する福井市の機関)が共同で開発しているコーヒーです。
福井新聞でかなり絶賛されているコーヒーで、同じ県内の商品とあって是非一度試してみたいと思っているんですが、いかんせん情報が少なくて、なかなか購入にまで至りません。
生豆のハンドピックから焙煎までかなりのこだわりを持って作業しておられるようですから、品質も確かなものでしょう。
当店の有機栽培コーヒーとどう違うのか、非常に強い興味があります。

このコーヒーを使った試飲会やコーヒー抽出講座などが開催されているようですが、足を運ぶことは難しいですし、そもそもそういう会が開かれる情報が事前にはなかなか入ってきません。
いきなり購入するのは勇気がいるので、試飲会などに参加したいものですが…福井市と小浜市では、同じ県内であっても遠いのですよ。
現在工事中の高速道路が完成すれば少しは近くなるのでしょうが、その場合は高速料金が…
滋賀県の大津市に行く方がよほど近くて高速料金もかかりません。
もう少し小浜から福井までの交通の便がよくならないかなぁ…と思う今日この頃です。




2/27 全試合結果

今日は10試合が行われました。



キングス 82-89 76ers

キングス(24勝32敗)

 ミラー
  21点
  10リバウンド

 マーティン
  23点


76ers(19勝38敗)

 イグダーラ
  22点
   8リバウンド
   7アシスト

 ダレンバード
  20点
  17リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ミラー
  18点(8/10)
   3スティール 

 スミス
   8リバウンド
   3スティール



ヒート 93-99 ニックス

ヒート(27勝29敗)

 カポーノ
  24点

 シャック
  20点(9/14)
  通算25,000点達成!

 ウィリアムス
  15点
   7リバウンド
   7アシスト


ニックス(26勝32敗)

 カリー
  28点
  11リバウンド

 マーブリー
  25点

 クロフォード
  20点



ナゲッツ 111-107 グリズリーズ

ナゲッツ(27勝28敗)

 カーメロ
  33点

 ネネ
  27点(10/16)
   9リバウンド

 アイバーソン
  25点
   9アシスト

 キャンビー
  13リバウンド
   3ブロック


グリズリーズ(15勝43敗)

 ガソル
  21点
  11リバウンド

 ミラー
  21点
   7リバウンド



ラプターズ 91-107 スパーズ

ラプターズ(31勝26敗)

 ネストロビッチ
  16点(8/10)
   9リバウンド


スパーズ(39勝18敗、6連勝)

 ダンカン
  24点(11/15)
  16リバウンド
   4ブロック

 パーカー
  27点
   9アシスト



マジック 94-87 ブルズ

マジック(28勝30敗)

 ハワード
  21点(7/10)
  16リバウンド(8オフェンスリバウンド)
  11ターンノーバー(BAD STATS)

 ミリチッチ
  16リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   5ブロック


ブルズ(32勝27敗)

 ゴードン
  32点

 デング
  23点
   6スティール

 ベン
   8リバウンド
   3スティール



セルティックス 77-72 ロケッツ

セルティックス(14勝42敗)

 ピアース
  28点
   7リバウンド

 ジェファーソン
  16点
  17リバウンド


ロケッツ(35勝21敗)

 ウェルズ
  27点
   9リバウンド

 サカリデス
  10リバウンド

 マグレディー
  ケガのため欠場



ホークス 87-110 マーベリックス

ホークス(22勝35敗)

 ジョンソン
  29点(12/18)

 パチュリア
  24点(7/12)
   9リバウンド


マーベリックス(47勝9敗、12連勝)

 ノヴィツキー
  27点
   8リバウンド
   3ブロック

 テリー
  21点(10/12)

 スタックハウス
  19点
   9アシスト

 ハワード
  20点



レイカーズ 102-94 ジャズ

レイカーズ(33勝25敗、3連勝)

 コービー
  35点
   8リバウンド

 パーカー
  24点(9/13)

 オドム
  19点
  14リバウンド
   9アシスト


ジャズ(37勝19敗)

 フィッシャー
  23点
   8アシスト



ブレイザーズ 73-97 ソニックス

ブレイザーズ(24勝34敗)

 アルドリッジ
   8リバウンド
   3ブロック


ソニックス(22勝34敗)

 ルイス
  29点
   7リバウンド

 アレン
  16点
  10リバウンド

 コリソン
  10リバウンド



ボブキャッツ 93-100 クリッパーズ

ボブキャッツ(22勝35敗)

 ウォレス
  20点
  12リバウンド

 キャロル
  19点
   9リバウンド


クリッパーズ(27勝29敗)

 マゲッティー
  25点

 モーブリー
  16点
   3スティール

 ブランド
  12リバウンド




掃除機が壊れました

一昨日、閉店後に掃除機をかけていると…

ガリ!
ガリガリバリ!

素晴らしくイヤな音が響き渡りました。
あげく、なんとも焦げ臭い匂いが…(TДT;)

このまま運転していたら発火する!と直感したわたしは、すぐに電源オフ! コンセント、ハージ!

ゴン!

痛い…

イヤな音が響くと同時に右手に痛みが…(;∀;)
慌ててコンセントを引っこ抜いたせいで、勢いでテーブルにぶつけてしまいました。

気を取り直して、何を吸い込んだのか確認しましたが、特に変なものは吸い込んでいません…( ̄^ ̄;)
一応、手入れしてもう一回、電源オン!

ガリガリガリガリガリ!

…ダメだこりゃ…

どうやらモーターがいかれたようです。
こうなっては素人の手には負えません。
サイクロン式なので、修理代が結構します。

と、言うわけで、新しいのを買いました。
今度は紙パック式。
多分、修理代より安いタイプです。

安物なので、ノズルの動きがいまいちですが、まあ、慣れれば問題ないでしょう。

余計な出費があって、ブルーです…




2/26 全試合結果

今日は8試合が行われました。



ブルズ 93-95 ピストンズ

ブルズ(32勝26敗)

 PJ
  19点(6/9)
  12リバウンド
   4ブロック

 ゴードン
  21点(8/12)

 デング
  18点
   8リバウンド

 ベン
   8リバウンド
   3スティール


ピストンズ(36勝19敗、4連勝)

 ハミルトン
  22点
   4スティール

 ウェバー
  21点
   9リバウンド
   3スティール
  残り2.2秒で決勝ティップイン

 ビラップス
  15点
   9アシスト

 プリンス
   9リバウンド
   3ブロック

ベンの移籍後、初のパレス入り。
観客からは大きなブーイングを受けていましたが、ピストンズの選手たちとは和やかな雰囲気でした。
試合開始前にはビラップスやハミルトンと談笑し、試合中もラシードとお互い笑顔で話をし、さらに、試合終了後はハンター、マキシール、アシスタントトレーナーと会話をしていました。
移籍したとは言え、共にチャンピオンまで上り詰めた仲です。移籍しただけで壊れるような関係ではないようですね。



ロケッツ 97-93 マジック

ロケッツ(35勝20敗)

 マグレディー
  34点
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 アルストン
  20点


マジック(27勝30敗、4連敗)

 ハワード
  18点
  16リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   4ブロック

 ヒル
  21点
   7リバウンド



キャブス 81-86 ヒート

キャブス(32勝24敗)

 レブロン
  29点
   7アシスト

 イルガウスカス
   9リバウンド
   3ブロック

 ヴァレイジャオ
  12リバウンド


ヒート(27勝28敗)

 シャック
  19点
  11リバウンド

 カポーノ
  17点
  11リバウンド



ウィザーズ 94-98 ウルブズ

ウィザーズ(31勝23敗)

 スティーブンソン
  21点(9/12)

 アリーナス
  20点


ウルブズ(26勝30敗)

 ガーネット
  26点
  17リバウンド

 デイビス
  27点(11/17)

 フォイ
   8アシスト
   3スティール



サンズ 115-106 ホークス

サンズ(43勝13敗、4連勝)

 アマレ
  43点(14/25)
  16リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   3ブロック

 マリオン
  21点(8/12)
   7リバウンド

 バルボサ
  19点
   3スティール

 ナッシュ
  13アシスト


ホークス(22勝34敗)

 ウィリアムス
  23点(10/15)
  10リバウンド

 ジョンソン
  28点



ニックス 92-101 ネッツ

ニックス(25勝32敗)

 マーブリー
  22点

 クロフォード
  10アシスト


ネッツ(27勝30敗)

 カーター
  40点
   9リバウンド
   8アシスト

 ナックバー
  15点
  10リバウンド

 キッド
  14アシスト



レイカーズ 102-85 ウォリアーズ

レイカーズ(32勝25敗)

 コービー
  26点
   3スティール

 エヴァンス
  26点

 バイナム
  10リバウンド


ウォリアーズ(26勝31敗)

 エリス
  22点

 ビエドリンシュ
  16リバウンド
   4ブロック



キングス 110-93 ペイサーズ

キングス(24勝31敗)

 マーティン
  35点
   3スティール

 ビビー
  28点


ペイサーズ(29勝26敗)

 ジャーメイン
  19点
   9リバウンド
   6ブロック

 ダンリービー
  18点
   9リバウンド

 マーフィー
  11リバウンド




2/25 全試合結果

今日は6試合が行われました。



ウォリアーズ 90-103 クリッパーズ

ウォリアーズ(26勝30敗)

 エリス
  17点
  13アシスト
   5スティール

 ハリントン
  24点
   7リバウンド


クリッパーズ(26勝29敗)

 ブランド
  31点
  12リバウンド
   8ブロック

 トーマス
  17点
  10リバウンド

 マゲッティー
  18点
   8リバウンド
   4スティール

 リビングストン
  14アシスト



ラプターズ 93-76 ボブキャッツ

ラプターズ(31勝25敗)

 ボッシュ
  24点
  11リバウンド

 バグニャーニ
  11アシスト


ボブキャッツ(22勝34敗)

 オカフォー
  12リバウンド
   3ブロック



ソニックス 71-102 スパーズ

ソニックス(21勝34敗)

 アレン
  12点


スパーズ(38勝18敗、5連勝)

 パーカー
  21点
   3スティール

 ダンカン
  15リバウンド
   5ブロック



76ers 90-109 バックス

76ers(18勝38敗)

 イグダーラ
  22点

 ミラー
  11アシスト


バックス(20勝37敗)

 ウィリアムス
  26点(10/13)
   7アシスト

 レッド
  26点

 パターソン
  10アシスト



ナゲッツ 95-115 マーベリックス

ナゲッツ(26勝28敗、4連敗)

 カーメロ
  34点
   3スティール
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 アイバーソン
  26点
   9ターンノーバー(BAD STATS)

 キャンビー
  17リバウンド
   7アシスト
   4スティール


マーベリックス(46勝9敗、11連勝)

 ノヴィツキー
  31点
  11リバウンド
   8アシスト

 ハワード
  27点

 ダンピアー
   7リバウンド
   3ブロック



セルティックス 87-105 ジャズ

セルティックス(13勝42敗、4連敗)

 ジェファーソン
  13リバウンド
   5ブロック
   8ターンノーバー(BAD STATS)


ジャズ(37勝18敗)

 フィッシャー
  21点(8/11)

 ブーザー
  16点
  10リバウンド

 ウィリアムス
  10アシスト




2/24 全試合結果

今日は12試合が行われました。



ペイサーズ 88-110 ラプターズ

ペイサーズ(29勝25敗)

 ティンズリー
  19点
   8アシスト
   3スティール

 ジャーメイン
  17点
   8リバウンド


ラプターズ(30勝25敗)

 ボッシュ
  23点(8/12)
  12リバウンド
   3ブロック

 ガルバホサ
  16点
   8リバウンド

 カルデロン
  12アシスト

 ネストロビッチ
   8リバウンド
   3ブロック



76ers 87-102 ボブキャッツ

76ers(18勝37敗)

 コーバー
  21点
   3スティール

 ミラー
  15点(7/8)
   7アシスト
   3スティール


ボブキャッツ(22勝33敗、4連勝)

 オカフォー
  16点
  16リバウンド



ピストンズ 94-89 マジック

ピストンズ(35勝19敗、3連勝)

 ビラップス
  28点
   3スティール

 ハミルトン
  22点

 ラシード
  10リバウンド
   3ブロック

 デルフィノ
   7リバウンド
   3スティール


マジック(27勝29敗、3連敗)

 ハワード
  20点
  13リバウンド

 ターコルー
  20点
   3スティール



キングス 96-109 ネッツ

キングス(23勝31敗)

 アーテスト
  33点
   7アシスト

 サルモンズ
  16点
   7アシスト

 ラヒム
  10リバウンド


ネッツ(26勝30敗)

 キッド
  22点
  13リバウンド
  10アシスト

 カーター
  26点(10/16)
  11リバウンド

 ハウス
  20点



バックス 93-95 ニックス

バックス(19勝37敗、7連敗)

 ウィリアムス
  28点(10/15)
  10リバウンド
   3スティール
   8ターンノーバー(BAD STATS)

 ボガッド
  19点
   9リバウンド


ニックス(25勝31敗)

 マーブリー
  22点
   8アシスト

 クロフォード
  22点

 カリー
  11リバウンド
   7ターンノーバー(BAD STATS)



ロケッツ 99-105 ホークス

ロケッツ(34勝20敗)

 マグレディー
  37点

 アルストン
  23点
   9アシスト

 ムトンボ
  12リバウンド
   3ブロック


ホークス(22勝33敗)

 ジョンソン
  31点
   7アシスト

 スミス
  20点
  10リバウンド
   3ブロック

 ウィリアムス
  20点

 チルドレス
  10リバウンド



ウィザーズ 90-105 ブルズ

ウィザーズ(31勝22敗)

 アリーナス
  36点
   7リバウンド


ブルズ(32勝25敗、3連勝)

 デング
  32点
  11リバウンド

 ハインリック
  20点
   8リバウンド
  12アシスト
   3スティール

 ベン
  12リバウンド
   5ブロック



ソニックス 97-98 ホーネッツ

ソニックス(21勝33敗)

 アレン
  32点
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 ルイス
  18点
  12リバウンド

 コリソン
  11リバウンド


ホーネッツ(27勝29敗)

 ウェスト
  23点
  11リバウンド

 チャンドラー
  15点(7/10)
  19リバウンド(10オフェンスリバウンド)

 ジャクソン
  17点
   3スティール

 ポール
   8アシスト
   5スティール



サンズ 116-104 ウルブズ

サンズ(42勝13敗、3連勝)

 マリオン
  27点(12/17)
  14リバウンド
   3ブロック

 アマレ
  23点(8/12)
  11リバウンド
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 バルボサ
  24点

 ナッシュ
  15アシスト


ウルブズ(25勝30敗、3連敗)

 ガーネット
  28点(11/16)
  19リバウンド



グリズリーズ 103-102 ブレイザーズ

グリズリーズ(15勝42敗)

 ガソル
  23点
   3ブロック

 ウォリック
  20点
   7リバウンド

 ミラー
  19点
   7アシスト


ブレイザーズ(24勝33敗)

 ランドルフ
  25点
   7リバウンド

 マグロア
  10リバウンド



ジャズ 114-104 ナゲッツ

ジャズ(36勝18敗)

 ウィリアムス
  26点
  14アシスト

 ハープリング
  22点

 ミルサップ
  10リバウンド
   4スティール

 アロージョ
  10リバウンド


ナゲッツ(26勝27敗、3連敗)

 カーメロ
  36点(12/18)
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 アイバーソン
  33点(11/18)



セルティックス 96-122 レイカーズ

セルティックス(13勝41敗、3連敗)

 ジェファーソン
  18点(7/9)
   8リバウンド

 グリーン
  21点


レイカーズ(31勝25敗)

 コービー
  38点
   9アシスト
   5スティール




2/23 全試合結果

今日は3試合が行われました。



キングス 106-109 ウィザーズ

キングス(23勝30敗)

 アーテスト
  32点(11/17)

 ビビー
  30点
   3スティール

 ミラー
  13リバウンド



ウィザーズ(31勝21敗、3連勝)

 アリーナス
  43点
   7リバウンド
   7アシスト
   3スティール
   9ターンノーバー(BAD STATS)

 バトラー
  25点
   5スティール

 スティーブンソン
  21点
   4スティール



ブルズ 84-78 キャブス

ブルズ(31勝25敗)

 ベン
  19リバウンド(9オフェンスリバウンド)
   7ブロック

 ゴードン
  16点
   7リバウンド


キャブス(32勝23敗)

 レブロン
  29点
   7リバウンド
   3スティール

 ヒューズ
  20点
   8リバウンド



ヒート 100-112 マーベリックス

ヒート(26勝28敗)

 シャック
  17点
   8リバウンド


マーベリックス(45勝9敗、10連勝)

 ノヴィツキー
  31点(11/17)
  11リバウンド

 テリー
  21点



トレードのデッドラインを超えました。
結局、噂されていた大型トレードは何一つ実現することなく、静かなデッドライン越えでした。
成立したのは、

ホークス IN
 アンソニー・ジョンソン

マーベリックス IN
 2007年ドラフト2巡目指名権



ラプターズ IN
 ディクソン

ブレイザーズ IN
 ジョーンズ

の二件だけでした。
アンソニー・ジョンソン、マーベリックスに馴染み始めてると思ったんですが、完全に馴染む前にあっさりと放出されてしまいました。それにしても2巡目指名権との引換とは…少々安く見られたのではないでしょうか。
ジョーンズはプレシーズンでは一番活躍していましたが、最近、出場の機会がほとんどなかったので良かったかもしれません。ディクソンはパーカーやカルデロンのバックアップ? いまいち要不要のわからないトレードです。




デニス・ジョンソン急死

70年代から80年代にかけてソニックス、サンズ、セルティックスなどでプレーしたデニス・ジョンソンが急死しました。
死因は司法解剖をしないとわからないそうです。
52歳と言う若さでこの世を去るとは…青天の霹靂です。ビックリしました。

デニスは79年のソニックス時代に優勝し、ファイナルMVPを獲得しています。
また、セルティックス時代も84年と86年に優勝を経験しているので、計3回NBAを制している名選手です。
86年に、ジョーダンがプレーオフ最多得点の63点を記録した時、マッチアップしていた選手でもあります。
ジョーダンの63点が偉大である理由に、プレーオフだったこと、相手がこのシーズンNBAを制したセルティックスだったことともう一つ、デニスがマッチアップだったこと、が挙げられます。
デニスはディフェンスの名手でもあったのです。
殿堂入りはしていませんが、候補に上がったことはあります。それくらい良い選手でした。
また、選手生活が晩年にさしかかると、アシスト数がどんどん伸びていることから、自分が衰えたら周りを活かすようにプレースタイルを変えていったようですね。素晴らしいことです。

引退してまだ20年も経っていないような選手が亡くなったことはショックです。
しかも急死とは…

デニス・ジョンソン

 シーズントータル 14シーズン(76-77~89-90)
 平均得点     14.1
 平均アシスト    5.0
 平均リバウンド   3.9

 最高成績(サンズ時代、81-82シーズン)
 得点       19.5
 アシスト      4.6
 リバウンド     5.1

 NBA優勝      3回
 ファイナルMVP   1回
 オールスター出場  5回
 ファーストチーム  1回
 セカンドチーム   1回
 ディフェンシブ
  ファーストチーム 6回
 ディフェンシブ
  セカンドチーム  1回



ご冥福をお祈り致します




2/22 全試合結果

今日は11試合が行われました。



キャブス 86-85 ラプターズ

キャブス(32勝22敗)

 レブロン
  29点

 ヴァレイジャオ
  16点(8/9)
  15リバウンド

 グッデン
  13リバウンド


ラプターズ(29勝25敗)

 ボッシュ
  24点
  10リバウンド
   3ブロック

 バグニャーニ
  18点
   7リバウンド



ニックス 84-104 76ers

ニックス(24勝31敗)

 カリー
  22点(10/12)
   7リバウンド


76ers(18勝36敗)

 コーバー
  31点(11/14、スリー6/7)



スパーズ 103-96 ホークス

スパーズ(37勝18敗、4連勝)

 ジノビリ
  40点
   8リバウンド

 ダンカン
  30点(11/16)
   9リバウンド


ホークス(21勝33敗)

 ジョンソン
  30点

 パチュリア
  23点
  10リバウンド

 スミス
  11リバウンド



バックス 129-136 ペイサーズ
      2OT

バックス(19勝36敗、6連敗)

 レッド
  38点

 ウィリアムス
  24点
  10アシスト

 ベル
  21点


ペイサーズ(29勝24敗、3連勝)

 ジャーメイン
  29点
  15リバウンド

 グレンジャー
  26点(6/10)
   7リバウンド
   3スティール
   3ブロック

 マーフィー
  19点(6/10)
  10リバウンド

 ダニエルズ
  22点(10/16)

 ティンズリー
  11アシスト



ホーネッツ 111-107 ネッツ

ホーネッツ(26勝29敗)

 ウェスト
  32点(11/18)
   8リバウンド
   4スティール

 ポール
  19点
  11アシスト

 チャンドラー
  12リバウンド


ネッツ(25勝30敗、3連敗)

 カーター
  46点

 キッド
   9リバウンド
  14アシスト



マジック 88-110 ピストンズ

マジック(27勝28敗)

 ハワード
  26点(11/15)
  15リバウンド(7オフェンスリバウンド)



ピストンズ(34勝19敗)

 ビラップス
  17点
   7アシスト



ボブキャッツ 100-95 ウルブズ

ボブキャッツ(21勝33敗、3連勝)

 モリソン
  26点

 キャロル
  20点
   7リバウンド

 オカフォー
  19リバウンド(11オフェンスリバウンド)


ウルブズ(25勝29敗)

 ガーネット
  22点(6/10)
  11リバウンド



ヒート 102-112 ロケッツ

ヒート(26勝27敗)

 ウェイド
  27点
   9アシスト
  第4クォーターに負傷退場

 シャック
  20点(9/15)
  16リバウンド

 カポーノ
   5スティール

 ウェイドは左腕を痛めて退場しましたが、相当痛そうでした。
 触られただけで叫び声を上げていたようですし、腕の怪我なのに歩けずに車いすでロッカーに向かい、そのまま病院に行きました。
 かなりの激痛があったようです。大事にならなければいいですが…


ロケッツ(34勝19敗)

 マグレディー
  32点
   8アシスト
   3スティール
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 アルストン
  20点

 ムトンボ
  13リバウンド



セルティックス 108-118 サンズ

セルティックス(13勝40敗)

 ジェファーソン
  23点
  17リバウンド

 ゴメス
  21点
   7リバウンド

 ピアース
  24点

 ウェスト
  17点
   8アシスト


サンズ(41勝13敗)

 アマレ
  32点(11/17)
  12リバウンド

 バルボサ
  26点

 マリオン
  17点
  11リバウンド
   4ブロック

 ベル
  20点

 ナッシュ
  13アシスト
   7ターンノーバー(BAD STATS)



ブレイザーズ 112-108 レイカーズ

ブレイザーズ(24勝32敗)

 ジャック
  30点(9/12)
   7アシスト

 ランドルフ
  22点
   9リバウンド

 ロイ
  16点
   7アシスト
   3スティール


レイカーズ(30勝25敗、6連敗)

 コービー
  25点
   8リバウンド

 エヴァンス
  23点

 パーカー
  18点
   8アシスト
   3スティール

 オドム
  16点
   7リバウンド



グリズリーズ 115-118 ウォリアーズ
        OT

グリズリーズ(14勝42敗、3連敗)

 ミラー
  45点(16/27、スリー9/17)

 ガソル
  22点
  14リバウンド

 ゲイ
  17点
  10リバウンド

 スタウダマイヤー
  11アシスト


ウォリアーズ(26勝29敗)

 ジャクソン
  26点
  12アシスト
   4スティール

 ビエドリンシュ
  21点(10/15)
  14リバウンド
   3スティール

 エリス
  22点
   7リバウンド

 ハリントン
  22点

 リチャードソン
  19点
  10リバウンド




2/21 全試合結果

今日は10試合が行われました。



ウルブズ 100-112 ウィザーズ

ウルブズ(25勝28敗)

 ガーネット
  26点
  13リバウンド

 デイビス
  24点

 ジェームス
  20点


ウィザーズ(30勝21敗)

 アリーナス
  38点
   7リバウンド

 スティーブンソン
  23点(9/11)

 ブラッチェ
  12リバウンド



ホーネッツ 100-104 ボブキャッツ

ホーネッツ(25勝29敗)

 ポール
  20点
   7アシスト

 チャンドラー
  16点(8/12)
  20リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ウェスト
  16点
   7リバウンド


ボブキャッツ(20勝33敗)

 フェルトン
  21点
  11アシスト

 オカフォー
  16点(7/11)
  15リバウンド(8オフェンスリバウンド)
   5ブロック

 ウォレス
  21点
   7リバウンド



マジック 94-100 ニックス

マジック(27勝27敗)

 ハワード
  27点(9/13)
  14リバウンド
   3スティール
   3ブロック


ニックス(24勝30敗)

 カリー
  20点(8/9)
   3スティール

 クロフォード
  20点

 リー
  16リバウンド
   7ターンノーバー(BAD STATS)



ピストンズ 84-83 バックス

ピストンズ(33勝19敗)

 ラシード
  16点
  11リバウンド
   3ブロック

 マクダイス
  15点
   7リバウンド


バックス(19勝35敗、5連敗)

 ベル
  22点
   7リバウンド

 スキナー
  13リバウンド

 レッド
  ケガから復帰
  17点
   4リバウンド
   1アシスト
   2スティール



ナゲッツ 80-95 スパーズ

ナゲッツ(26勝26敗)

 カーメロ
  15点
   8リバウンド

 キャンビー
   8リバウンド
   3ブロック

 アイバーソン
  ケガから復帰
   9点
   3リバウンド
   5アシスト
   1スティール


スパーズ(35勝18敗、3連勝)

 パーカー
  17点(7/11)



ホークス 81-106 ブルズ

ホークス(21勝32敗)

 チルドレス
  16点
   7リバウンド

 スミス
   8リバウンド
   3ブロック


ブルズ(30勝25敗)

 デュホン
  17点(6/10)
   7アシスト

 ベン
  14リバウンド



セルティックス 101-104 キングス

セルティックス(13勝39敗)

 ウェスト
  23点(9/16)
   7アシスト

 ピアース
  26点

 ジェファーソン
  15点
  15リバウンド


キングス(23勝29敗)

 マーティン
  22点

 アーテスト
  18点
   8リバウンド
   4スティール



ジャズ 100-103 ブレイザーズ

ジャズ(35勝18敗)

 オクァー
  25点
   8リバウンド

 フィッシャー
  20点
  10アシスト
   3スティール

 ハープリング
  12リバウンド


ブレイザーズ(23勝32敗)

 ロイ
  27点(11/15)
   7アシスト

 ランドルフ
  22点
  12リバウンド
   3スティール



グリズリーズ 105-121 ソニックス

グリズリーズ(14勝41敗)

 ガソル
  17点
  12リバウンド

 ミラー
  20点


ソニックス(21勝32敗、3連勝)

 ルイス
  34点
   7リバウンド

 アレン
  27点
   3スティール

 リドナー
  15点
  12アシスト
   5スティール

 コリソン
  14リバウンド
   3ブロック

 ウィルコックス
  15リバウンド



サンズ 115-90 クリッパーズ

サンズ(40勝12敗)

 マリオン
  31点(11/17)
   9リバウンド

 アマレ
  22点(10/15)
   9リバウンド

 ナッシュ
  ケガから復帰
  13点
   2リバウンド
  12アシスト
   1スティール
   1ブロック

 バーク
  10リバウンド


クリッパーズ(25勝29敗、4連敗)

 マゲッティー
  19点(9/16)
   7リバウンド




ロト6

お客様から福井銀行小浜支店でロト6の一等が出たと聞きました。
2/1抽選分なので、5000万円弱だそうです。

う~ん…( ̄^ ̄;)
うらやましい…

近くにそんな幸運な方がいらっしゃるとなると、今までロト6やナンバーズはおろか、宝くじも買ったことありませんが、便乗して一回くらい…と思ってしまいます。

そんな話を友人としていて、1億くらい当たったらどうする?と聞かれました。
わたしは、

「店の床をキレイにして、お客様用のイスをもっとオシャレなのにして、看板目立つようにして、余裕があれば増築したい」

と、答えました。
友人はポカーンとしています。
そして、一言。

「店のことしか頭にないんか?」

…………………(?∀?)

「普通、家を新築するとか、車買い換えるとか、海外旅行行くとか、ブランドもの買うとか、女遊びするとか、ちゃうん?」

………そ、そうなん( ̄□ ̄;)?

友人の言ったことが普通なのでしょうか(-∀-;)?
ま、普通じゃなくていいです(≧▽≦)
普通なら起業なんてしません。
それに、宝くじなどで大当たりしたお金って、身にならずに消えてしまう気がします。

とは言うものの、誰かは知りませんが、小浜近辺で当たった人がいるのも事実。あやかって3口(600円分)くらい買ってみようかな~と思っています。
大当たりしたら、店が大きくなります(≧▽≦)

…ま、当たらないでしょうけど、ものは試しと言うことで。




メニュー追加

店内では先行発表していましたが、当店のスペシャルブレンドを追加しました。



人気豆ブレンド

 配合豆
 ・有機モカ
 ・有機ブラジル
 ・有機マンデリン

 当店の人気豆のブレンドです。苦味と香りのバランスが取れ、コクもあります。



すっきりブレンド

 配合豆
 ・有機フェアトレード・ガテマラ
 ・有機エクアドル
 ・有機ペルー

 すっきり感を持たせたブレンドです。そのすっきり感と酸味が絶妙に混じり合っています。
 当店一番のお勧めです。



苦味ブレンド

 配合豆
 ・有機エルサルバドル深煎り
 ・有機フェアトレード・ガテマラ深煎り
 ・有機ボリビア深煎り

 苦くても飲みやすいブレンドです。香りと苦味のバランスが取れています。



こくブレンド

 配合豆
 ・有機エルサルバドル
 ・有機メキシコ
 ・ガラパゴス

 こくの強い豆をブレンドしました。どっしりしていて飲み応えがあります。



全て\550で、キットカット付です。
どれも豆の種類や比率を十分に吟味した、自慢のブレンドですので是非ご賞味ください(≧▽≦)




NBAオールスター TV観戦レポート

今日はオールスター本戦です。
オールスターならではの雰囲気、イベントで盛り上がっています。
さすがラスベガスだけあって、ショーなどの演出は他の開催地よりうまい気がします。
また、場内アナウンスのDJはピストンズのメイスンを起用したところも面白いですね。
色々いるNBAのアナウンサーやDJの中でも、彼は抜群に上手いので、この部分にも華を添えてますね。
彼は、選手の名前を呼ぶ時などに間延びせずに、ハッキリと力強く、でもわざとちょっとだけ、どもらせてアナウンスするので迫力があります。
なお、ヤオの代わりのスターターはノヴィツキーが務めるようです。
シャックのシューズにスロットがついていました。ラスベガスだから? 相変わらず楽しい男ですね。



第1クォーター

 開始直後は息が合わないのか、シュートがなかなか入りません。
 中盤になるとコービーのペネトレイトからのダンク!
 レブロンからウェイドへのアリウープ!
 マリオンのフォローアップダンク!
 ジャーメインの自殺点!
 レブロンの一人アリウープ失敗!
 レブロンのスリーのエアボール!
 ドワイト・ハワードのダンク! ダンク! ダンク!
 成功でも失敗でも面白い展開が続きます。
 残り42.9秒にはカーターの素晴らしく美しいダンク!
 31-39とウェストが8点リードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 試合を観ながらNBAのオフィシャルサイトでboxscoreを見ていましたが、トニー・パーカーの名前とリンクがアンソニー・パーカー(ラプターズ)の方になっていました。すごい間違いですね。
 残り9:58、ゴール下でノーマークになったビラップスがシュートを打たずにボードに当ててカーターにパス! そしてダンク! オールスターならではですねぇ。
 また、シャックがダンクミスをして、ハミルトンがオフェンスリバウンドからもう一度シャックへ。ウェストのチームは誰も止めに行かず、ダンクを打たせました。シャックはお礼にマグレディーの頭にキスしていました。
 中盤は淡々と試合が進んでいきましたが、残り5:00を切ったところでコービーがウェイドを抜き去ってダンク!
 さらに残り4:18、今度はカーメロのダンク! 46-67とウェストのリードが広がります。
 コービーとウェイドがマッチアップして、熱い攻防が繰り広げられます。
 何度かコービーにやられたウェイドがムキになって攻めたところ、残り2:42にはガーネットに豪快なブロックを食らってしまいます。
 残り1:19、レブロン二度目のエアボール。決めたりエアボールだったり、忙しいですね。
 59-79とウェストが20点リードで前半が終了します。
 ウェストの79点はすごいですね。



第3クォーター

 残り10:25、スターターの中で唯一無得点だったボッシュがようやく得点します。
 試合はウェストが順調に得点を重ね、点差がどんどんと開いていきます。
 勝敗はそれほど気にしないオールスタートは言え、多少競らないと盛り上がりに欠けるのでイーストに頑張って欲しいところです。
 イーストはミスが目立ちますね。
 アマレが好調で、得点をどんどん重ねていきます。突如MVPレースに参戦した感じですね。
 イーストはビラップスとハミルトンが出てくると、バックコートのディフェンスが締まってきました。さすがですね。
 派手なプレーより、真剣なプレーが目立ってきました。
 イーストはビラップスの堅実なプレー、ウェストはアレンのスリーが決まり始め、点差はほとんど変わりません。
 88-119とウェストがペースを崩さないまま、第3クォーターは終了します。


第4クォーター

 残り8:17、シャックがボールを運び、レッグスルードリブルを見せてからのストップジャンパー! 外れましたけど、大いに盛り上がりました。
 コービーがシュートを立て続けに決めていきます。ディフェンスも気合い入ってます。MVPを意識していますね。 
 タイムアウト中、ダンクショーでアリーナスが割り込んでいました。面白いですね。
 残り4:08、バトラーがシュートを決め、全員が得点を取りました。
 終了間際、コービーがダンク決め、ボッシュもダンクを決めました。
 場内はコービーコールが起きましたが、アマレにパスし、アマレがスリーを外して終了。



最終スコアは132-153でウェストの勝利。
第1クォーターはダンク祭りで非常に楽しかったです。
その後はイーストがちょっと雑で、ウェストが一気に勝負を決めてしまいました。
ここ数年、いまいちオールスターは盛り上がりに欠けていたのですが、今回は面白かったと思います。
もう少し競った試合であればもっと盛り上がったんでしょうが、十分でした。
MVPはコービー。いいダンクをよく決めていたのと、得点がトップだったのが決め手でしょうね
また、ウェイドやレブロンと1on1を頻繁にやっていましたが、コービーの方が上手でした。特にディフェンス面では、まだコービーの方に一日の長があります。
レブロンやウェイドがさらなる高みに登るには、もっとディフェンス力を身につけなければならないでしょうね。



イースト 132-153 ウェスト

イースト

 レブロン
  28点

 ハワード
  20点(10/14)
  12リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ウェイド
   6スティール


ウェスト

 コービー
  31点
   6スティール

 アマレ
  29点
   9リバウンド

 カーメロ
  20点
   9リバウンド

 マリオン
  18点
   8リバウンド

 マグレディー
  11アシスト

 パーカー
  10アシスト




オールスター サタデー

今日はオールスターサタデーです。
レブロン、シャック、ハワードが妙なダンスをしてたりして、楽しげな雰囲気ですね。



スキルズチャレンジ

 ウェイドが連覇を果たしました。
 コービーは第1ラウンドは驚異的な速さだったのに、決勝ラウンドで大失敗でしたね。



スリーポイントコンテスト

 さすが現在リーグ1のスリーポイントシューター、カポーノが見事にチャンピオンに輝きました。



シューティングスター

 デトロイトチームが優勝しました。
 レインビアのユニホーム姿を久しぶりに見ました。
 今は少し腹の出た、人の良さそうなおじさんですから、彼が昔NBAで最も凶悪で、最も嫌われた選手だったとは、なかなか信じてもらえないでしょう。



スラムダンクコンテスト

 グリーンが優勝しました。
 ピアースがボードに当てて跳ね返ったボールをたたき込んだダンクはものすごい高さでした。
 また、ロビンソンを飛び越えながら、ディー・ブラウンの真似をした目隠しダンクも面白かったです。ブラウンは人を飛び越えはしませんでしたが、あの目隠しダンクで91年のダンクチャンピオンに輝いてるんですよね。
 今シーズンから時間制限ができたので、ロビンソンは決められなかった回もあったようです。



Dリーグオールスター

 田臥は出てないようですね…



いよいよ明日は本戦です。
観戦レポートが書けるといいなぁ…




前半戦を振り返って~サウスウェスト

ウェスタンカンファレンス

 サウスウェストディビジョン

  1( 1) マーベリックス 44勝 9敗
      最大 連勝 13  連敗  4
       平均値
        得点      99.90(11位)
        失点      92.52( 3位)
        得失点差    +7.37( 1位)
        FG%       46.1%(10位)
        被FG%      44.8%( 8位)
        リバウンド   42.28( 9位)
        被リバウンド  38.18( 3位)
        リバウンド差  +4.09( 3位)
        ターンノーバー 13.54( 4位)

      とても開幕4連敗したチームとは思えない
     数字です。つまり、この4連敗以後は44勝5
     敗だと言うことになります。
      ほとんどの数字で10位以内、一番低い得
     点でも11位と、驚異的な成績です。
      また、このところノヴィツキーのアシス
     トが増え、ジョンソンやクロージャーなど
     新加入の選手たちも活躍を始めました。
      今のところ手がつけられない状態となり
     つつありますが、前半戦に飛ばしすぎたせ
     いで失速することも十分に考えられます。
      主力を少し休ませながらプレーすること
     も必要になってくるでしょうね。


  2( 4) スパーズ    34勝18敗
      最大 連勝  5  連敗  3
       平均値
        得点      98.32(15位)
        失点      91.01( 2位)
        得失点差    +7.30( 2位)
        FG%       47.1%( 5位)
        被FG%      44.5%( 6位)
        リバウンド   40.84(17位)
        被リバウンド  39.37( 6位)
        リバウンド差  +1.47(10位)
        ターンノーバー 14.34( 5位)

      序盤はリーグトップを堅持していました
     が、マーベリックスとサンズの復調、とチ
     ームがいまいち調子が上がらないことが相
     まって、ジャズにまで抜かれて現在ウェス
     タン4位。
      モハメドとネストロビッチが抜け、エリ
     ソンが離脱した事が大きく影響してか、リ
     バウンドにそれほど強さがありません。
      ボブキャッツからイーライを獲得して、
     その穴が埋められるかどうか、ですね。
      また、ジノビリがスランプに近い状態に
     なっているので、復調が望まれます。


  3( 5) ロケッツ    33勝19敗
      最大 連勝  5  連敗  3
       平均値
        得点      95.86(23位)
        失点      90.28( 1位)
        得失点差    +5.57( 4位)
        FG%       44.4%(25位)
        被FG%      42.2%( 1位)
        リバウンド   43.61( 5位)
        被リバウンド  41.07(14位)
        リバウンド差  +2.53( 5位)
        ターンノーバー 14.63( 8位)

      ヤオが抜けてもほとんど成績が落ちてい
     ないのがチームとして成長したことが伺え
     ます。
      マグレディーのアシストがかなり伸びて
     いるので、彼は選手として一皮剥けた感が
     あります。
      チームディフェンスはリーグ最高なんで
     すが、とにかく点が取れません。
      もっとも、ヴァンガンディーはもともと
     こういうコーチですし、ヤオが帰ってきた
     ら得点は伸びるでしょうから、問題ないか
     もしれません。
      ただ、ヤオの復帰は3月に入るとの事なの
     で、帰ってきた後に馴染むのに少し時間が
     必要になるかもしれませんね。


  4(10) ホーネッツ   25勝28敗
      最大 連勝  4  連敗  5
       平均値
        得点      92.54(29位)
        失点      94.41( 7位)
        得失点差    -1.86(21位)
        FG%       43.7%(29位)
        被FG%      43.9%( 3位)
        リバウンド   44.07( 2位)
        被リバウンド  41.94(19位)
        リバウンド差  +2.13( 7位)
        ターンノーバー 15.01(13位)

      一時沈んでいましたが、ポールとウェス
     トが帰ってきた途端、強さを取り戻しまし
     た。
      すごい勢いで借金は減っているので、プ
     レーオフ争いに当然絡んでくるでしょう。
      FG%が低いので、もう少しシュートセレク
     ションを良くする必要があるでしょうね。
     まあ、これもポールが帰ってきたので心配
     ないかもしれません。
      後半戦、ホーネッツは台風の目になると
     思います。


  5(15) グリズリーズ  14勝40敗
      最大 連勝  1  連敗  7
       平均値
        得点      100.70( 7位)
        失点      105.66(28位)
        得失点差    -4.96(29位)
        FG%       46.1%(13位)
        被FG%      48.3%(30位)
        リバウンド   38.70(29位)
        被リバウンド  42.63(23位)
        リバウンド差  -3.92(29位)
        ターンノーバー 16.33(25位)

      ガソルが帰ってきても一向に改善する兆
     しがなく、40敗一番乗り。
      コーチが代わってから得点が急激に伸び
     ましたが、それ以上に失点が多いのでどう
     しようもありません。
      ガソルが欠場中に良い活躍をしていたウ
     ォリックの出場時間が少ないのも気になり
     ます。ガソルと共存させるのが難しい選手
     なのでしょうか。
      とりあえず、得点とFG%以外が全て最下位
     クラスなので、なにから改善していいもの
     やらわかりません。
      いっそのこと、来シーズンのドラフト高
     順位狙いで、このままでもいいかも。でも、
     ガソルがトレードで出ていくことも匂わせ
     ているのでいい加減なことはできないでし
     ょうね。




前半戦を振り返って~パシフィック

ウェスタンカンファレンス

 パシフィックディビジョン

  1( 2) サンズ     39勝12敗
      最大 連勝 17  連敗  3
       平均値
        得点      110.71( 1位)
        失点      103.44(25位)
        得失点差    +7.27( 3位)
        FG%       49.4%( 1位)
        被FG%      45.8%(16位)
        リバウンド   40.51(21位)
        被リバウンド  42.76(25位)
        リバウンド差  -2.25(23位)
        ターンノーバー 14.86(11位)

      開幕当初は1勝5敗と、絶不調。ところが
     17連勝を記録するなど、不安を払拭しまし
     た。
      ナッシュが抜けた現在、3連敗中で、ナッ
     シュがいないと勝てないことを露呈してい
     ますが、この時点で彼が休めていることは
     プレーオフでプラスになるかもしれません。
      それにしても、リバウンドの数字がこれ
     だけ悪いのにリーグ2位とは、リバウンドの
     重要性を否定されそうになりますね。まあ、
     確率がリーグ1高いので、本数自体があまり
     発生しないのでしょうが。
      ニックスとは正反対ですね。


  2( 6) レイカーズ   30勝24敗
      最大 連勝  4  連敗  5
       平均値
        得点      103.05( 5位)
        失点      102.20(22位)
        得失点差    +0.85(11位)
        FG%       46.4%( 7位)
        被FG%      46.0%(18位)
        リバウンド   41.27(14位)
        被リバウンド  42.18(20位)
        リバウンド差  -0.90(18位)
        ターンノーバー 16.07(23位)

      このところ連敗中。失点とターンノーバ
     ーの多さが少し気になるところ。
      コービーがこれまでほど、自分が自分が
     と言うようなプレーをしていないのと、オ
     ドムが中継役になっているのが好成績に繋
     がっているのでしょう。
      また、ウォルトン、バイナム、クック、
     ファーマー、トゥリアフなどの中堅選手を
     ジャクソンHCが上手く使っているのが強み
     ですね。


  3( 9) クリッパーズ  25勝28敗
      最大 連勝  5  連敗  6
       平均値
        得点      95.66(24位)
        失点      97.28(12位)
        得失点差    -1.62(19位)
        FG%       45.4%(18位)
        被FG%      45.4%(13位)
        リバウンド   41.41(13位)
        被リバウンド  39.75( 8位)
        リバウンド差  +1.66( 9位)
        ターンノーバー 15.09(15位)

      不安定な展開が続いています。
      特にキャセールがいないと勝てないこと
     が多く、大ベテランの彼に頼りっきりなの
     が気になるところです。
      ブランドは勝っても負けても良い数字を
     残していますが、他の選手がいまいち。
      もう少し得点を取らないと浮上できない
     と思うので、モーブリー、マゲッティー、
     トーマスに期待したいところです。
      ただ、マゲッティーはトレード志願して
     いるので、これがチームに悪影響を与えて
     いる可能性があります。


  4(11) ウォリアーズ  25勝28敗
      最大 連勝  5  連敗  4
       平均値
        得点      105.87( 2位)
        失点      107.53(30位)
        得失点差    -1.66(20位)
        FG%       46.0%(14位)
        被FG%      46.2%(20位)
        リバウンド   41.53(12位)
        被リバウンド  46.90(30位)
        リバウンド差  -5.37(30位)
        ターンノーバー 15.96(21位)

      徐々に調子を落としてきました。
      ビエドリンシュがリバウンドにブロック
     に頑張っていますが、それ以上に相手にリ
     バウンドを取られすぎです。
      デイビスが活躍するとたいていの試合は
     勝てますが、彼が崩れるとチームも総崩れ
     になるのが悲しいところ。
      ペイサーズから経験豊富なジャクソンや
     ハリントンが加入しているので、デイビス
     に依存したチーム状態から脱却したいとこ
     ろですね。


  5(12) キングス    22勝29敗
      最大 連勝  5  連敗  7
       平均値
        得点      100.15( 9位)
        失点      100.84(21位)
        得失点差    -0.68(15位)
        FG%       44.8%(22位)
        被FG%      46.2%(21位)
        リバウンド   39.90(23位)
        被リバウンド  43.07(27位)
        リバウンド差  -3.17(25位)
        ターンノーバー 14.43( 7位)

      選手の面子はそんなに悪くないのに、な
     ぜか勝てません。
      リバウンドが弱すぎるのが原因でしょう
     か。リバウンド要員もミラー、ウィリアム
     ソン、トーマス、アーテストとそれなりに
     揃ってる気がしますが…
      しかし、数字を見る限り弱いですね。
      それと共に失点が多く、ディフェンスが
     崩壊しているので、これを改善する必要が
     あるでしょう。




前半戦を振り返って~ノースウェスト

ウェスタンカンファレンス

 ノースウェストディビジョン

  1( 3) ジャズ     35勝17敗
      最大 連勝  8  連敗  4
       平均値
        得点      102.32( 6位)
        失点      99.42(18位)
        得失点差    +2.90( 7位)
        FG%       47.8%( 2位)
        被FG%      45.0%( 9位)
        リバウンド   42.67( 7位)
        被リバウンド  37.26( 1位)
        リバウンド差  +5.40( 1位)
        ターンノーバー 15.71(17位)

      毎シーズン、開幕当初だけ調子が良くて
     ケガ人が出始めると一気に落ちていく…が
     パターンでしたが、今シーズンはキリレン
     コが離脱しても、ブーザーが離脱してもペ
     ースが落ちません。
      特にこのところのオクァーの第4クォータ
     ーでの活躍は尋常ではなく、たびたびチー
     ムの危機を救っています。
      また、キリレンコ、ブーザー、オクァー
     の3人が揃った時のリバウンドの強さは恐ろ
     しく、相手とのリバウンド差は堂々のリー
     グ1位です。
      ブーザーの離脱が長引くと苦しいですが、
     ウィリアムスも成長著しく、ベンチメンバ
     ーにも頼れる選手が何人かいるので、ここ
     からプレーオフを逃すようなことはないで
     しょう。


  2( 7) ナゲッツ    26勝25敗
      最大 連勝  5  連敗  5
       平均値
        得点      105.58( 4位)
        失点      103.92(26位)
        得失点差    +1.66( 9位)
        FG%       45.8%(15位)
        被FG%      45.9%(17位)
        リバウンド   43.96( 3位)
        被リバウンド  42.68(24位)
        リバウンド差  +0.60(11位)
        ターンノーバー 16.51(28位)

      得点力があり、リバウンドもよく取って
     います。なのに、失点も多く、リバウンド
     もたくさん取られてしまっています。
      また、ターンノーバーが多いので安定し
     たプレーをしているとは言い難い状況です。
      結局、これが5割近辺をうろついている原
     因でしょうね。
      アイバーソン加入により、得点力はアッ
     プしましたが、ディフェンスを何とかしな
     いと浮上は難しいでしょう。
      カールHCはディフェンスシステムもしっ
     かりしているはずなので、今後の修正に期
     待したいところです。
      ブレイクが二桁アシストを量産するよう
     になってきました。チームに完全に馴染め
     ばオフェンスはさらに強力になるでしょう。
      オフェンスはなんの心配もないので、問
     題は、やはりディフェンスでしょうね。


  3( 8) ウルブズ    25勝27敗
      最大 連勝  4  連敗  6
       平均値
        得点      96.53(20位)
        失点      97.23(11位)
        得失点差    -0.69(16位)
        FG%       47.1%( 3位)
        被FG%      45.5%(14位)
        リバウンド   40.65(19位)
        被リバウンド  40.05( 9位)
        リバウンド差  +0.59(15位)
        ターンノーバー 15.80(20位)

      シーズン途中にコーチが交代するなど、
     なんだかバタバタしています。連勝したと
     思ったら連敗したりなど、とにかく落ち着
     きと安定感がありません。
      また、リバウンドでリーグでも上位のガ
     ーネットがいるのに、チームのリバウンド
     はリーグ19位と下位の方です。チーム全体
     でもっとリバウンドを取る意識を持たない
     と、勝つのは難しいでしょう。


  4(13) ブレイザーズ  22勝32敗
      最大 連勝  5  連敗  5
       平均値
        得点      93.63(28位)
        失点      97.77(13位)
        得失点差    -4.14(25位)
        FG%       44.5%(24位)
        被FG%      47.4%(27位)
        リバウンド   39.27(27位)
        被リバウンド  38.40( 4位)
        リバウンド差  +0.87(12位)
        ターンノーバー 15.48(16位)

      ウルブズ以上にリバウンドが悲惨です。
     ランドルフがいるのに、リーグで27位とは、
     他の選手にリバウンドを取る気があるのか
     と聞きたくなります。
      リバウンドが取れないのにFG%は低いのも
     きついです。
      相手に取られている数が少ないのは、相
     シュートがよく入るせいでしょうか。
      選手の意識改革やコーチの戦術でどうに
     かなるレベルの話ではないと思うので、根
     本的にチームを作り直す必要がある気がし
     ます。


  5(14) ソニックス   20勝32敗
      最大 連勝  3  連敗  6
       平均値
        得点      100.34( 8位)
        失点      102.88(24位)
        得失点差    -2.53(23位)
        FG%       46.4%( 8位)
        被FG%      47.4%(28位)
        リバウンド   39.44(26位)
        被リバウンド  41.38(16位)
        リバウンド差  -1.94(22位)
        ターンノーバー 15.75(19位)

      ルイスが離脱した途端、一気に転落しま
     した。アレンが孤軍奮闘しても一向に改善
     する兆しはなく、点を取ってもそれ以上に
     取られてしまっています。
      オールスター直前にルイスが復帰し、最
     初の試合は負けたものの、その後は連勝し
     ているので、ウルブズやナゲッツがつぶし
     合っている内にいつの間にか浮上している
     かも…?
      コリソンもこのところ絶好調ですし、オ
     ールスター明けはこれまでのように簡単に
     負けはしないでしょう。




前半戦を振り返って~サウスイースト

左の数字は順位、()内はプレーオフシード(カンファレンス順位)です。

イースタンカンファレンス

 サウスイーストディビジョン

  1( 3) ウィザーズ   29勝21敗
      最大 連勝  5  連敗  4
       平均値
        得点      105.76( 3位)
        失点      105.66(29位)
        得失点差    +0.10(13位)
        FG%       45.3%(19位)
        被FG%      47.3%(26位)
        リバウンド   40.86(16位)
        被リバウンド  43.22(28位)
        リバウンド差  -2.36(24位)
        ターンノーバー 13.46( 3位)

      アリーナスの大活躍により、一時はイー
     スタントップに躍り出ました。
      ところが、ジェイミソンの離脱と共に思
     うように勝てなくなり、このところ調子を
     落としています。
      アリーナス、ジェイミソン、バトラーの
     三人が揃っていると強力ですが、その控え
     がいまいち頼りなく、層が薄いのが欠点で
     す。
      点を取っても取り返される事が多いので、
     ディフェンスを少してこ入れする必要があ
     るでしょうね。


  2( 7) マジック    27勝26敗
      最大 連勝  6  連敗  5
       平均値
        得点      94.32(27位)
        失点      93.35( 5位)
        得失点差    +0.96(10位)
        FG%       47.1%( 4位)
        被FG%      44.3%( 5位)
        リバウンド   40.52(20位)
        被リバウンド  38.07( 2位)
        リバウンド差  +2.45( 6位)
        ターンノーバー 16.75(29位)

      開幕直後の好調さは鳴りを潜め、勝率は
     5割付近まで下がってしまいました。ハワー
     ドが活躍しないと勝てないのは当然として
     も、活躍しても勝てない試合がこのところ
     散見され、ターコルーやネルソンを初めと
     する他のメンバーの奮起を期待したいとこ
     ろです。
      ただ、ケガ人が多く出ているので辛いと
     ころですね。
      FG%が高く、被FG%は低いので、シュート
     セレクションとディフェンスが良いと言う
     ことでしょう。ただ、得点力があまりに低
     いので、確率をこのままにもう2~3点取る
     システムをコーチが構築しないといけない
     でしょうね。


  3( 8) ヒート     26勝26敗
      最大 連勝  5  連敗  5
       平均値
        得点      96.46(21位)
        失点      98.00(14位)
        得失点差    -1.53(18位)
        FG%       46.5%( 6位)
        被FG%      45.2%(11位)
        リバウンド   41.11(15位)
        被リバウンド  41.00(12位)
        リバウンド差  +0.11(16位)
        ターンノーバー 15.05(14位)

      開幕戦でブルズに大敗し、その後もとて
     もチャンピオンとは思えない試合を連発し
     ていました。
      その間、ウェイドとシャックがケガで離
     脱、ライリーHCも手術で離脱と悲惨な状況
     に陥りました。
      しかし、ウェイドが復帰しシャックも復
     帰してから徐々に調子を戻してきました。
      ライリーHCも近い内に戻ってくるとの事
     なのでさらに調子を上げるかもしれません
     ね。
      ただ、ライリーの行動、好きになれませ
     ん。狙ってやってるのではないでしょうが…
      昨シーズンは優勝の可能性が見えてきた
     らコーチに就任し、今シーズンはウェイド
     とシャックが離脱したらシーズン中でも手
     術し、二人が復帰したら戻ってくる…成功
     しそうな状況になると表舞台に戻ってくる
     ような感じで、なんだか穿った見方をして
     しまいます。


  4(11) ホークス    21勝31敗
      最大 連勝  4  連敗  8
       平均値
        得点      92.48(30位)
        失点      96.75( 9位)
        得失点差    -4.26(27位)
        FG%       43.7%(27位)
        被FG%      46.3%(22位)
        リバウンド   39.53(25位)
        被リバウンド  40.76(10位)
        リバウンド差  -1.23(20位)
        ターンノーバー 16.03(22位)

      開幕当初は調子が良かったですが、あっ
     という間に転落してしまいました。
      得点が取れるのがジョンソン一人と言う
     のが厳しいですね。得点力はリーグ最下位
     です。
      スミスやパチュリアも活躍はしています
     が、なにぶん目立つのはリバウンドやブロ
     ックなどのディフェンスの数字。そのリバ
     ウンドも相手に上回られているので、勝て
     ないのはある意味当たり前の状況です。
      得点力のある選手が欲しいところですね。


  5(12) ボブキャッツ  19勝33敗
      最大 連勝  3  連敗  4
       平均値
        得点      94.82(25位)
        失点      99.82(19位)
        得失点差    -5.00(30位)
        FG%       43.7%(28位)
        被FG%      45.7%(15位)
        リバウンド   41.57(10位)
        被リバウンド  42.90(26位)
        リバウンド差  -1.32(21位)
        ターンノーバー 15.73(18位)

      まだ創設から3シーズン目ですが、順調に
     チームができあがってきているのではない
     でしょうか。まだまだ上位に食い込もうと
     するのは贅沢です。
      時に強豪に勝っていますし、3連勝も経験
     しました。連敗も最大で4と、大崩していま
     せん。
      イーライはスパーズにトレードしてしま
     いましたが、ウォレスやオカフォーを始め、
     フェルトン、モリソン、メイ他、若手が元
     気です。ケガが多いのが気になりますが、
     未来は明るいと言えるでしょう。




前半戦を振り返って~セントラル

左の数字は順位、()内はプレーオフシード(カンファレンス順位)です。

イースタンカンファレンス

 セントラルディビジョン

  1( 1) ピストンズ   32勝19敗
      最大 連勝  8  連敗  3
       平均値
        得点      96.58(18位)
        失点      92.74( 4位)
        得失点差    +3.84( 5位)
        FG%       45.0%(21位)
        被FG%      44.1%( 4位)
        リバウンド   41.56(11位)
        被リバウンド  40.96(11位)
        リバウンド差  +0.60(13位)
        ターンノーバー 12.15( 1位)

      シーズン当初は少しつまずき気味でした
     がウェバーが加入したことによって、ロー
     ポストからの展開に多彩性が出てきてイン
     サイドのオフェンスがスムーズになりまし
     た。
      ターンノーバーがリーグで最も少なく、
     サンダースがコーチになってからディフェ
     ンスが疎かになったと言われながらも失点
     はリーグ4位の好成績。
      今のところ、イースタンを制する可能性
     が最も高いチームですね。


  2( 2) キャブス    31勝22敗
      最大 連勝  5  連敗  3
       平均値
        得点      96.39(22位)
        失点      93.84( 6位)
        得失点差    +2.54( 8位)
        FG%       44.1%(26位)
        被FG%      44.8%( 7位)
        リバウンド   43.45( 6位)
        被リバウンド  39.67( 7位)
        リバウンド差  +3.77( 4位)
        ターンノーバー 14.35( 6位)

      好成績を残している割に、いまいち迫力
     を感じないのはわたしだけでしょうか。
      とにかく、レブロンを初めとして、みん
     ながみんな終盤にフリースローが全然入ら
     ないイメージがあります。リバウンドが強
     いので、今のところ勝ててはいますが、相
     手チームに研究されてリバウンドが今ほど
     取れなくなったら一気に転落する可能性が
     あります。フリースローだけでなく、フィ
     ールドゴールの確率も悪いですから…
      今のキャブスにはリバウンドは生命線で
     す。ヴァレイジャオ、イルガウスカス、グ
     ッデンの活躍が鍵を握るでしょう。


  3( 5) ペイサーズ   28勝24敗
      最大 連勝  3  連敗  4
       平均値
        得点      96.78(17位)
        失点      96.78(10位)
        得失点差     0.00(14位)
        FG%       43.7%(30位)
        被FG%      45.1%(10位)
        リバウンド   42.38( 8位)
        被リバウンド  41.78(18位)
        リバウンド差  +0.59(14位)
        ターンノーバー 16.48(27位)

      大型トレードを敢行した後、少し良くな
     った気がします。マーフィーの波が結構激
     しいのが難点ですが。
      ジャーメインが本調子になってきたこと
     と、このところティンズリーが健康なので
     大崩することはないでしょう。ただ、上位
     に食い込むにはもう少しチームをいじる必
     要があるような気はします。


  4( 6) ブルズ     29勝25敗
      最大 連勝  7  連敗  6
       平均値
        得点      99.07(14位)
        失点      95.37( 8位)
        得失点差    +3.70( 6位)
        FG%       45.7%(16位)
        被FG%      43.7%( 2位)
        リバウンド   43.70( 4位)
        被リバウンド  41.64(17位)
        リバウンド差  +2.05( 8位)
        ターンノーバー 16.20(24位)

       ベンを加えたことによって躍進が期待
      されましたが、今のところ思ったほど勝
      ち星があげられていません。リバウンド
      を取ってはいても、取られている数も多
      いので、あまり効果はないようです。
       被FG%はリーグで2位と、ディフェンス
      は良いので、相手に取られるリバウンド
      を減らす必要があるでしょう。
       また、ターンノーバーも多いので、落
      ち着いてプレーする必要があると思いま
      す。


  5(13) バックス    19勝34敗
      最大 連勝  6  連敗  6
       平均値
        得点      99.45(12位)
        失点      103.96(27位)
        得失点差    -4.50(28位)
        FG%       46.1%(11位)
        被FG%      47.9%(29位)
        リバウンド   39.71(24位)
        被リバウンド  43.28(29位)
        リバウンド差  -3.56(27位)
        ターンノーバー 14.73( 9位)

      一時、勝率が5割を超え、セントラルディ
     ビジョンは全チームが勝ち越していました
     が、レッドの離脱と共に一気に落ちてしま
     いました。
      得点力はあるのですが、失点が多く、リ
     バウンドも最低クラス。ディフェンスが崩
     壊していると言っても言い過ぎじゃないで
     しょう。ボガッド一人がゴール下で奮闘し
     てなんとかなるレベルじゃないので、リバ
     ウンド要員をトレードなどで獲得しないと
     浮上は厳しいでしょうね。




前半戦を振り返って~アトランティック

NBAは前半戦を終了し、オールスターブレイクに入りました。
レギュラーシーズンの約2/3が終了した前半戦を振り返ってみようと思います。



左の数字は順位、()内はプレーオフシード(カンファレンス順位)です。

イースタンカンファレンス

 アトランティックディビジョン

  1( 4) ラプターズ   29勝24敗
      最大 連勝  5  連敗  6
       平均値
        得点      99.13(13位)
        失点      98.73(16位)
        得失点差    +0.39(12位)
        FG%       46.3%( 9位)
        被FG%      46.8%(25位)
        リバウンド   38.50(30位)
        被リバウンド  42.41(22位)
        リバウンド差  -3.90(28位)
        ターンノーバー 13.37( 2位)

      シーズン当初は、ルーキーや新加入の選
     手が多かったせいか、ちぐはぐなプレーが
     目立ちました。
      最近ではこれが改善され、ケガで一時離
     脱していたボッシュやフォードが帰ってき
     ました。また、ルーキーのガルバホサ、バ
     グニャーニ、新加入のフォード、ネストロ
     ビッチも堅実にチームに貢献し始めました。
     それに加えてボッシュ、ピーターソンの活
     躍。ラプターズは上昇気流に乗り始めまし
     た。
      もうワンランク上に行くには、現在リー
     グ最下位のリバウンドをなんとかしたいと
     ころですね。


  2( 9) ネッツ     25勝29敗
      最大 連勝  4  連敗  6
       平均値
        得点      97.14(16位)
        失点      98.35(15位)
        得失点差    -1.20(17位)
        FG%       45.7%(17位)
        被FG%      45.2%(12位)
        リバウンド   40.70(18位)
        被リバウンド  41.00(13位)
        リバウンド差  -0.29(17位)
        ターンノーバー 14.75(10位)

      いまいち波に乗り切れません。途中、3試
     合連続で最終盤に大逆転負けを食らったり
     しましたし、踏ん張り切れませんね。
      数字も全て中堅で、目立った数字も、悪
     い数字もなく、中途半端な感じがします。
      それに加えてキッドが離脱してしまいま
     した。カーターのトレード話も出ています
     し、先行きは不安の方が大きいですね。


  3(10) ニックス    23勝30敗
      最大 連勝  3  連敗  3
       平均値
        得点      100.13(10位)
        失点      102.24(23位)
        得失点差    -2.11(22位)
        FG%       46.1%(12位)
        被FG%      46.1%(19位)
        リバウンド   44.30( 1位)
        被リバウンド  39.35( 5位)
        リバウンド差  +4.94( 2位)
        ターンノーバー 17.15(30位)

      リバウンドが強いのに、なぜこれだけ負
     けが混んでるのかな?と思ったら、ターン
     ノーバーがリーグ最悪です。
      リバウンドを取ってもミスで帳消しにし
     ていると言うことですね。これでは勝てま
     せん。
      カリー、リー、リチャードソンはかなり
     頑張っていると思います。また、シーズン
     当初はスランプに陥っていたフライも調子
     を戻してきましたし、クロフォードも時々
     爆発しています。さらにドラフト時にはブ
     ーイングを受けたルーキーのバークマンも
     なかなかの活躍をしています。
      なのに、勝ちきれないのは、ひとえにバ
     ランスの悪さが原因でしょう。もう少しチ
     ームを考えた構成にする必要があるでしょ
     うね。


  4(14) 76ers      17勝36敗
      最大 連勝  3  連敗 12
       平均値
        得点      94.81(26位)
        失点      98.98(17位)
        得失点差    -4.17(26位)
        FG%       45.2%(20位)
        被FG%      46.4%(24位)
        リバウンド   39.07(28位)
        被リバウンド  42.30(21位)
        リバウンド差  -3.22(26位)
        ターンノーバー 14.98(12位)

      アイバーソンをトレードしてミラーを獲
     得。今のところ、吉とも凶ともでていない
     ようです。12連敗をしてしまうような悲惨
     な状態からは脱しましたが、今シーズンは
     なかなか浮上できそうにありません。
      ですが、ミラーの獲得は長期的に見てイ
     グダーラを初めとする若手にいい影響を与
     えると思うので、決して未来は悲観的なも
     のではないでしょう。


  5(15) セルティックス 13勝38敗
      最大 連勝  5  連敗 18
       平均値
        得点      96.56(19位)
        失点      99.84(20位)
        得失点差    -3.27(24位)
        FG%       44.7%(23位)
        被FG%      46.3%(23位)
        リバウンド   40.07(22位)
        被リバウンド  41.21(15位)
        リバウンド差  -1.13(19位)
        ターンノーバー 16.35(26位)

      ピアースが離脱中に18連敗とどん底に落
     ちました。帰ってきてからようやく連敗を
     止めましたが、浮上できそうな雰囲気があ
     りません。
      若手のジェファーソン、ウェスト、ロン
     ドなどは今後に期待を持てる活躍をしてい
     るので、未来を見据えて若手を育成すべき
     でしょうか。




ルーキーチャレンジ

今日はルーキーチャレンジが行われました。



ルーキーチーム 114-155 ソフォモアーチーム

ルーキーチーム

 ゲイ
  22点(9/14)

 ミルサップ
  22点
   8リバウンド


ソフォモアーチーム

 リー
  30点(14/14)
  11リバウンド
  GAME MVP!

 エリス
  28点(13/16)

 ポール
  16点(7/10)
  17アシスト
   9スティール

 ウィリアムス
  19点(8/12)
   7アシスト


2年目チームが貫禄を見せつけましたね。
MVPのリーはもちろんすごいですが、17アシスト、9スティールのポールもすごいです。
そもそもチームで74.7%のFG%は、いくらお祭りゲームとは言えすごすぎです。
なかなかの当たり年と言われた去年と、稀に見る不作と言われている今年の差が顕著に出てしまいました。
ルーキーチームの選手たちは、評価が低い方がプレッシャーが少なくて済むと思うので、これをバネに伸びていって欲しいです。何を言ってもまだリーグ入りして半年も経ってないんですから…




2/16 全試合結果

今日は2試合が行われました。



マーベリックス 80-77 ロケッツ

マーベリックス(44勝9敗、9連勝)

 ノヴィツキー
  26点
   8リバウンド

 ハワード
  15点
  11リバウンド


ロケッツ(33勝19敗)

 マグレディー
  27点
  10リバウンド



キャブス 114-108 レイカーズ

キャブス(31勝22敗)

 レブロン
  38点(10/16)
   3スティール

 ヴァレイジャオ
  15点
  11リバウンド


レイカーズ(30勝24敗、5連敗)

 コービー
  34点

 オドム
  20点
   8リバウンド




2/15 全試合結果

今日は13試合が行われました。



ネッツ 109-120 ラプターズ

ネッツ(25勝29敗)

 ナックバー
  26点
   8リバウンド

 カーター
  17点
  10アシスト


ラプターズ(29勝24敗)

 ボッシュ
  25点
   9リバウンド

 フォード
  17点
   8アシスト

 ピーターソン
  18点
   7リバウンド

 パーカー
  16点
   3スティール



ウィザーズ 92-85 76ers

ウィザーズ(29勝21敗)

 アリーナス
  22点
   8リバウンド

 バトラー
  16点
   8アシスト
   5スティール

 ブラッチェ
  10リバウンド
   4ブロック


76ers(17勝36敗、3連敗)

 イグダーラ
   8リバウンド
  13アシスト

 ダレンバード
  17リバウンド(9オフェンスリバウンド)



ブルズ 85-100 ボブキャッツ

ブルズ(29勝25敗)

 デング
  19点
   9リバウンド

 ゴードン
  20点


ボブキャッツ(19勝33敗)

 ウォレス
  32点(12/20)
   7リバウンド

 オカフォー
  15点(6/10)
  21リバウンド
   6ブロック

 フェルトン
  16点
   9アシスト
   3スティール

 キャロル
  17点(6/10)
   3スティール



ブレイザーズ 91-103 マジック

ブレイザーズ(22勝32敗)

 ランドルフ
  28点
  10リバウンド


マジック(27勝26敗)

 ハワード
  20点(8/12)
  16リバウンド

 ミリチッチ
  21点(6/10)
   8リバウンド

 ターコルー
  24点

 アローヨ
  15点
   7アシスト



グリズリーズ 104-114 ペイサーズ

グリズリーズ(14勝40敗)

 ゲイ
  31点(13/19)

 ガソル
  19点
  13リバウンド


ペイサーズ(28勝24敗)

 ジャーメイン
  23点
   9リバウンド
   3ブロック

 グレンジャー
  21点



バックス 97-117 セルティックス

バックス(19勝34敗、4連敗)

 ウィリアムス
  31点

 ベル
  24点
   7アシスト

 スキナー
  11リバウンド

 ボガッド
   8リバウンド
   7アシスト


セルティックス(13勝38敗)
 18連敗でストップ

 ピアース
  32点(12/19)

 ジェファーソン
  17点
  10リバウンド

 ロンド
  11アシスト



スパーズ 90-81 ピストンズ

スパーズ(34勝18敗)

 ダンカン
  23点
   8リバウンド

 パーカー
  16点
   8アシスト

 ジノビリ
  20点

 エリソン
  18リバウンド


ピストンズ(32勝19敗)

 ビラップス
  19点
   7リバウンド

 ハミルトン
  20点



キングス 93-110 ホーネッツ

キングス(22勝29敗、3連敗)

 アーテスト
  18点


ホーネッツ(25勝28敗)

 ウェスト
  16点
   9リバウンド

 チャンドラー
  15リバウンド



ナゲッツ 94-99 ウルブズ

ナゲッツ(26勝25敗)

 カーメロ
  28点

 ブレイク
  18アシスト

 ネネ
  18点
   4スティール


ウルブズ(25勝27敗)

 ガーネット
  19点
  17リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ブラント
  24点
   8リバウンド



キャブス 98-99 ジャズ

キャブス(30勝22敗)

 ヒューズ
  33点

 レブロン
  23点
  10リバウンド
   3ブロック

 グッデン
  15点
  10リバウンド

 ヴァレイジャオ
  17リバウンド(9オフェンスリバウンド)


ジャズ(35勝17敗、6連勝)

 ウィリアムス
  33点(14/23)
  12アシスト

 オクァー
  22点



サンズ 90-114 ソニックス

サンズ(39勝12敗、3連敗)

 アマレ
  18点
  13リバウンド

 バンクス
  21点

 マリオン
  10リバウンド


ソニックス(20勝32敗)

 アレン
  31点(11/19)

 コリソン
  22点(10/13)
  15リバウンド

 ルイス
  20点



ホークス 96-93 クリッパーズ

ホークス(21勝31敗)

 ジョンソン
  27点

 スミス
  19点
  11リバウンド
   4ブロック

 パチュリア
  15点
  12リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ライト
   7リバウンド
   3スティール


クリッパーズ(25勝28敗、3連敗)

 モーブリー
  31点(12/18)
   3スティール

 ケイマン
  20点
  13リバウンド
   6ブロック



ニックス 101-120 ウォリアーズ

ニックス(23勝30敗)

 ロビンソン
  23点

 リー
  10リバウンド


ウォリアーズ(25勝29敗)

 ジャクソン
  36点
   8アシスト

 エリス
  23点(9/11)
   7アシスト

 ハリントン
  17点
   9リバウンド

 アズブィーク
  15点(5/7)
   7リバウンド



オールスター、キッドも欠場するようですね。
代わりにジョー・ジョンソンが選出されたようです。
これだけ欠場者がいると言うことは、ケガ人が多い証です。アグレッシブにプレーして欲しいですけど、ケガには注意して欲しいですね。




緊張しました

今日は旅行者と思われるご夫婦がご来店されました。
なんでも、行く予定だった博物館が閉まっていたとか…そう言えば、小浜は水曜日が休みの所が多いですね。当店は火曜日ですが。

最初は有機ブレンドとぜんざいの注文を受けました。
でも、コーヒーについて語りまくった影響でぜんざいを注文された奥様も有機ブレンドに変更となりました。
そして…

「美味しいコーヒーって、いろいろな喫茶店へ行ってもなかなかないんだよね~」
「評判のお店に行ってもいまいちのことが多くて…」

おおぅ。お客様。わたしにプレッシャーをかけていますか?
いつも以上にドキドキしながらコーヒーを抽出します。
有機栽培豆と雲城水を使用し、ネルドリップで抽出している以上、美味しいコーヒーをお出しする自信はあります。
ですが、お客様がそれだけで満足されるとは限りません。
コーヒーソムリエとか、熟練したマイスターが専属でいるような高級店の味に慣れておられるかもしれません。

怖い(>_<)

でも、動揺は微塵も見せず、いつも通り抽出しました。
そして…

「飲みやすい。苦味もしっかり出てる」

と褒めて頂きました。

ホッ…

わたしはどこかで修行したわけではないので、全て自分の舌を基準にコーヒーの抽出法を決めています。
自分の舌に絶対の自信があるわけではないので、本当にこれでいいのか悩む時があります。
でも、これでいいと思っています。
今のコーヒーの味に対して満足してしまえば、きっと今以上に追求することがなくなると思うのです。自信は必要でしょうが、不信感を持つことも時には必要です。
コーヒーの味は豆と水で大半が決まってしまい、抽出法や技術による差はそれほど大きく出るわけではありませんが、それでもわずかな違いが少しでも良い方に行くように頑張っていきたいと思います。




2/14 全試合結果

今日は7試合が行われました。



スパーズ 107-82 ネッツ

スパーズ(34勝18敗)

 ダンカン
  21点(7/9)
   8リバウンド


ネッツ(25勝28敗)

 ウィリアムス
  10アシスト



ブレイザーズ 85-104 ヒート

ブレイザーズ(22勝31敗)

 ランドルフ
  17点


ヒート(26勝26敗)

 ウェイド
  35点
   3ブロック

 シャック
   5ブロック



マーベリックス 99-93 バックス

第4クォーター 28-11
バックスは残り7:06のウィリアムスのレイアップ以降、一本もフィールドゴールを決めることができず、得点はフリースローによる2点だけ。
最大16点差をひっくり返されホームで大逆転負け。

マーベリックス(43勝9敗、8連勝)

 ノヴィツキー
  38点
  11リバウンド
   8アシスト

 ハワード
  15点
   8リバウンド

 テリー
  10アシスト


バックス(19勝33敗、3連敗)

 パターソン
  20点(7/11)

 ボガッド
  16点
  17リバウンド



ホーネッツ 104-108 グリズリーズ

ホーネッツ(24勝28敗)

 ウェスト
  22点
  11リバウンド

 チャンドラー
  17点
  23リバウンド(12オフェンスリバウンド)

 メイスン
  23点

 ポール
  10アシスト


グリズリーズ(14勝39敗)

 ウォリック
  15点
  12リバウンド

 ミラー
  22点

 ガソル
  15リバウンド
   3ブロック

 ゲイ
  18点
   3ブロック



ラプターズ 112-111 ブルズ

ラプターズ(28勝24敗)

 ボッシュ
  25点
  14リバウンド

 バグニャーニ
  22点

 カルデロン
  16点
   9アシスト


ブルズ(29勝24敗)

 デング
  30点(15/23)

 ゴードン
  26点
   7リバウンド

 ハインリック
  18点
  13アシスト

 ベン
  13リバウンド



キングス 104-109 ロケッツ
      OT

キングス(22勝28敗)

 アーテスト
  39点
   8リバウンド

 マーティン
  21点

 トーマス
   9リバウンド
   3スティール


ロケッツ(33勝18敗)

 マグレディー
  28点
  12アシスト
   3スティール
   3ブロック

 バティエ
  25点
   8リバウンド

 ヘイズ
  14リバウンド



ニックス 107-106 レイカーズ

ニックス(23勝29敗)

 クロフォード
  24点

 リチャードソン
  19点
  12リバウンド

 カリー
  19点(9/12)
   7リバウンド


レイカーズ(30勝23敗、4連敗)

 コービー
  31点
   7リバウンド

 バイナム
  11リバウンド

 オドム
  10リバウンド



オールスターはナッシュとアイバーソンの代わりに、オクァーとアレンが選出されました。
また、スキルズチャレンジはナッシュの代わりにポールが出場するようです。
このところ、オクァーは終盤の重要なシュートを異常なほど決めていますから、チームを勝利に導いてると言う点ではオールスター選手たちの中でも一、二を争うほどではないでしょうか。選出は当然だと思います。
アレンもチーム成績は芳しくありませんが、個人成績は素晴らしいので選出は妥当でしょう。
スキルズチャレンジのポールは面白い選出だと思います。




2/13 全試合結果

今日は3試合が行われました。



クリッパーズ 74-92 ピストンズ

クリッパーズ(25勝27敗)

 マゲッティー
  15点
   8リバウンド

 リビングストン
   5スティール


ピストンズ(32勝18敗、7連勝)

 ウェバー
  19点(6/9)
   9リバウンド

 マクダイス
   7リバウンド
   3ブロック



ウォリアーズ 111-123 ナゲッツ

ウォリアーズ(24勝29敗)

 ハリントン
  24点
   8リバウンド

 アズブィーク
  23点(8/12)

 ビエドリンシュ
   8リバウンド
   3ブロック



ナゲッツ(26勝24敗、3連勝)

 カーメロ
  28点
   8リバウンド

 JR
  28点

 ネネ
  24点(10/14)

 キャンビー
   7リバウンド
   7アシスト
   3スティール

 エヴァンス
  11リバウンド



ホークス 76-102 ジャズ

ホークス(20勝31敗)

 ウィリアムス
  15点


ジャズ(34勝17敗、5連勝)

 オクァー
  19点



ナッシュがスキルズチャレンジ、オールスター本戦、共に欠場するようです。
肩の調子が良くないらしく、オールスターまでの試合も全休するようですね。
まだ日があるので、代わりの選手が選ばれることになるでしょう。
コミッショナーが選出することになるので、誰を選ぶのか、興味深いです。




2/12 全試合結果

今日は9試合が行われました。



ブレイザーズ 94-73 ウィザーズ

ブレイザーズ(22勝30敗)

 アルドリッジ
  18点(9/13)
  10リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ランドルフ
   7ターンノーバー(BAD STATS)


ウィザーズ(28勝21敗)

 スティーブンソン
  12点



スパーズ 85-100 ヒート

スパーズ(33勝18敗)

 ジノビリ
  26点(10/16)

 パーカー
  20点

 ダンカン
  11リバウンド


ヒート(25勝26敗)

 ウェイド
  26点
   7アシスト
   3ブロック

 シャック
  16点(7/11)
   7リバウンド

 カポーノ
  11リバウンド



クリッパーズ 80-94 ペイサーズ

クリッパーズ(25勝26敗)

 モーブリー
  23点(9/14)

 ブレンド
  11リバウンド
   3スティール
   6ブロック

 ケイマン
  14リバウンド(7オフェンスリバウンド)


ペイサーズ(27勝24敗)

 ジャーメイン
  21点
   8リバウンド
   4ブロック
  ペイサーズのブロック部門フランチャイズ記録更新

 ダンリービー
  20点(9/12)
   3スティール

 ティンズリー
  15アシスト
   4スティール

 フォスター
  12リバウンド



レイカーズ 90-99 キャブス

レイカーズ(30勝22敗、3連敗)

 コービー
  36点

 オドム
  11リバウンド

 ラドマノビッチ
  10リバウンド


キャブス(30勝21敗、3連勝)

 パブロビッチ
  21点

 イルガウスカス
  17点
   7リバウンド
   3ブロック

 レブロン
  18点
   8リバウンド



セルティックス 107-109 ウルブズ

セルティックス(12勝38敗、18連敗)

 ピアース
  29点(9/16)

 ウェスト
  16点
   7リバウンド
   8アシスト

 ゴメス
  17点
   3スティール


ウルブズ(24勝27敗)

 ガーネット
  26点
  11リバウンド
  10アシスト

 デイビス
  28点(11/17)
  残り0.2秒で決勝シュート!

 ブラント
  20点



マーベリックス 106-89 76ers

マーベリックス(42勝9敗、7連勝)

 ノヴィツキー
  24点
  11リバウンド
   7アシスト
   3スティール

 テリー
  16点
  11アシスト
   3スティール


76ers(17勝35敗)

 イグダーラ
  21点
   9リバウンド

 ダレンバード
  12リバウンド



ブルズ 116-103 サンズ

ブルズ(29勝23敗)

 デング
  29点
  12リバウンド

 ハインリック
  29点(11/16)

 ゴードン
  27点
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 ベン
  10リバウンド
   3ブロック


サンズ(39勝12敗)

 アマレ
  26点
  10リバウンド
   3スティール
   8ターンノーバー(BAD STATS)

 バルボサ
  26点

 マリオン
  18リバウンド
   4スティール



ホークス 106-105 ウォリアーズ

ホークス(20勝30敗)

 スミス
  29点(10/14)
  10リバウンド

 ジョンソン
  21点
  11アシスト

 クラクストン
  10アシスト


ウォリアーズ(24勝28敗)

 エリス
  21点

 ビエドリンシュ
  16点
  16リバウンド

 バーネス
  17点
  12リバウンド



ソニックス 114-103 キングス

ソニックス(19勝32敗)

 ルイス
  23点
  10リバウンド
   3スティール

 ウィルコックス
  25点(8/9)
   7リバウンド
   3スティール

 アレン
  25点


キングス(22勝27敗)

 アーテスト
  21点
  12リバウンド

 マーティン
  24点

 ウィリアムソン
  20点
  11リバウンド




今日も

ふふ…ふふふ…ふっふっふっふっふ…
今日も女性のご来店数は0でした。

改めて男性の比率が高いな~と思っている次第です。
確かに当店は女性受けする感じではないですからね…
コーヒー好き(好きになった)&一人で味わいたい男性が、客質としては圧倒的に多いわけで、わたしもそう言う店作りをしてきているわけです。
「ちょっとお茶していこう」
と寄るような店ではないことでは確かです。

こういうスタイルが現在の常連様方に受けていて、支持されているわけで、おいそれと変えるつもりはありません。
ただ、それでももう少し気軽に入れる雰囲気を作らないと、当店のコーヒーを味わって頂く機会を作ることすらできないわけで…
悩んでおります。

女性には入りにくいかな? じゃあ、どう変えればいいのかな? と考えてもなかなかいい案が浮かびません。浮かんだとしても、お金がたくさんないとできないことだったり…
改めて経営の難しさを実感します。

まあ、一番の問題は店の場所がわかりにくいことかも。
でも、これはどうしようもないなぁ…




2/11 全試合結果

今日は7試合が行われました。



マジック 78-93 ネッツ

マジック(26勝26敗)

 ハワード
  25点(11/15)
  12リバウンド
   4ブロック
   7ターンノーバー(BAD STATS)

 ミリチッチ
  16点(7/11)
  12リバウンド
   4ブロック


ネッツ(25勝27敗、3連勝)

 カーター
  32点

 ナックバー
  10リバウンド



ラプターズ 92-98 ピストンズ

ラプターズ(27勝24敗)

 フォード
  17点
  11アシスト

 ボッシュ
  11リバウンド


ピストンズ(31勝18敗、6連勝)

 ラシード
  28点
   7リバウンド

 ハミルトン
  21点(9/14)
   8アシスト



グリズリーズ 99-114 ホーネッツ

グリズリーズ(13勝39敗)

 ガソル
  21点
  11リバウンド


ホーネッツ(24勝27敗、3連勝)

 ポール
  23点(8/10)
  11アシスト

 ウェスト
  22点(11/14)
   8リバウンド

 チャンドラー
  15点(7/9)
  16リバウンド



ナゲッツ 109-102 バックス

ナゲッツ(25勝24敗)

 カーメロ
  29点
   8リバウンド
  10アシスト
   3スティール

 ナハラ
  15点(7/10)
   8リバウンド
   4スティール

 ネネ
  17点(6/8)
  11リバウンド

 ブレイク
  11アシスト

 エヴァンス
  10リバウンド


バックス(19勝32敗)

 ボイキンス
  26点(10/15)



ボブキャッツ 83-104 ロケッツ

ボブキャッツ(18勝33敗、4連敗)

 オカフォー
  15点(7/10)
  12リバウンド
   3スティール

 ウォレス
   7ターンノーバー(BAD STATS)

ロケッツ(32勝18敗)

 アルストン
   8アシスト
   9スティール

 ヘッド
  17点(6/10)
   3スティール

 ムトンボ
  14リバウンド
   4スティール



ニックス 102-104 ジャズ
      OT

ニックス(22勝29敗)

 クロフォード
  29点
  10リバウンド
   3スティール

 カリー
  27点(9/15)
   8リバウンド
   8ターンノーバー(BAD STATS)

 リー
  15点
  11リバウンド

 リチャードソン
  10リバウンド
   3スティール


ジャズ(33勝17敗、4連勝)

 オクァー
  29点

 ミルサップ
  18点(7/11)
   9リバウンド
   3スティール

 ウィリアムス
  16点
  10アシスト

 フィッシャー
  残り3.6秒で決勝レイアップ!



キングス 114-93 ソニックス

キングス(22勝26敗、5連勝)

 マーティン
  26点

 アーテスト
  20点
   7リバウンド

 ガルシア
  17点
   5スティール


ソニックス(18勝32敗)

 アレン
  29点
   3スティール

 ウィルコックス
  11リバウンド

 ルイス
  ケガから復帰
  14点
   7リバウンド
   5アシスト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。