バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/31 NBA全試合結果&感想

今日は9試合が行われました。



ホークス 110-104 ペイサーズ

ホークス(21勝10敗)

 ジョンソン
  27点
   7リバウンド

 スミス
  24点

 ホーフォード
  14リバウンド


ペイサーズ(10勝21敗)

 グレンジャー
  25点
   7リバウンド

 ジャック
  22点

 マーフィー
  14リバウンド

 フォスター
  12リバウンド


勝敗数が真逆ですね。
しかし、数年前は立場が逆なのが当たり前でした。
時代の移り変わり、勢力図の変化が窺えます。
マーフィー、フォスター、グレンジャーはリバウンドを取っていますが、他の選手が取ってません。
逆にホークスはホーフォードを中心にチーム一丸となって取っていますね。
それが二桁リバウンドが一人しかいないにもかかわらず、総数では勝っている要因でしょう。
その恩恵かFG%も高かったですね。



ニックス 93-89 ボブキャッツ

ニックス(12勝18敗)

 チャンドラー
  19点
   7リバウンド

 デュホン
  15点
   8リバウンド
   3スティール

 リー
  16リバウンド

 ジェフェリーズ
   3スティール
   3ブロック


ボブキャッツ(11勝21敗)

 ウォレス
  21点

 ディアウ
  20点

 オカフォー
   15リバウンド

 フェルトン
   8リバウンド
   8アシスト


ボブキャッツは第1クォーターに11点差をつけられながら、よく追いついたと思いますが、逆に言えば出だしにもう少ししっかりしていれば勝てたかもしれません。
ディアウが来てから本当にバランスの良いバスケをしているので、その辺をしっかりすれば上昇してくるでしょう。
ニックスはスターターをいろいろといじってますね。
今日はジェフェリーズがセンターでした。
確かに身長はありますが、どう考えてもセンターって選手じゃないような気がしますが…
勝ったから良しとするのでしょうか。



キャブス 95-104 ヒート

キャブス(26勝5敗)

 レブロン
  38点
   7アシスト

 ウェスト
  20点

 ヴァレイジャオ
  10リバウンド


ヒート(17勝13敗)

 ウェイド
  21点
  12アシスト
   3スティール

 チャーマース
  21点
   8アシスト
   3スティール

 マリオン
  11リバウンド

 ハスレム
  10リバウンド


キャブスは今日勝っていれば(セルティックスが負けたので)首位になっていたのですが、敗戦しました。
そうそう上手くいきませんね。
イルガウスカスとモーがあまり活躍していないのが痛手でしょうか。
ヒートはバックコートコンビが大活躍。チャーマースが活躍したのは久しぶりに見た気がします。
ルーキーですから、まだ安定した力を発揮はできないんでしょうかね~
バックコートが点を取り、フロントコートがリバウンドを取る。一つの理想型になっていますね。



ウィザーズ 85-97 ホーネッツ

ウィザーズ(6勝24敗)

 ジェイミソン
  22点
  12リバウンド

 ジェームス
  16点
   7アシスト


ホーネッツ(19勝9敗)

 ポール
  15点
  10リバウンド
  16アシスト

 バトラー
  21点

 ウェスト
  20点

 チャンドラー
  11リバウンド


ポールがトリプルダブルの活躍で勝利に導きました。
また、バトラー、ウェスト、チャンドラーはしっかりと自分の仕事をこなしてますね。
ストヤコビッチは不調でしたが…
ウィザーズはターンノーバーの少ない堅実なバスケをしましたが、及びませんでした。



サンズ 101-89 グリズリーズ

サンズ(18勝12敗)

 シャック
  24点
  13リバウンド
   3ブロック

 バルボサ
  28点

 ヒル
  15点
   7リバウンド
   6スティール


グリズリーズ(10勝22敗)

 ウォリック
  25点
   3スティール

 ガソル
  16点
  13リバウンド


ナッシュが前の試合で背中の痙攣が原因で退場しましたが、今日も引き続き欠場しました。
さらにアマレがわずか11分の出場で連続テクニカルファールによる退場。
それでもシャックとバルボサの大活躍でサンズが勝利しました。
最近のシャックはすごいですね。
全ての試合で今日のような数字をあげることはできませんが、それでも十分に脅威だと思います。
グリズリーズはアーサーが接触による脳しんとうで10分で退場しました。
代わりにベンチからウォリックが活躍しましたが、シャックの前に撃沈です。
マヨの大ブレーキも誤算でしたね。



ウルブズ 100-107 マーベリックス

ウルブズ(6勝25敗)

 ジェファーソン
  21点
   9リバウンド


マーベリックス(19勝12敗)

 ノヴィツキー
  24点
  13リバウンド

 テリー
  29点

 ハワード
  23点

 キッド
   7リバウンド
  16アシスト
   4スティール

 ダンピアー
  12リバウンド(7オフェンスリバウンド)


第2クォーターにカーライルHCが連続テクニカルファールで退場になるも、後半の猛攻でマーベリックスが勝利しました。
キッドがトリプルダブルに近い活躍、テリーがベンチから29点、ノヴィツキー、ハワード、ダンピアーもいつも通りの数字をあげましたね。
テリーを除くベンチ陣の出場時間の短さが気になりますが、今日のように逆転しなければならない試合はしょうがないかもしれません。
ウルブズはフリースローが少なすぎましたね。
マーベリックスのファール総数が7しかないので、もっとファールをもらうようなプレーをしても良かったのではないかと思います。



バックス 100-98 スパーズ

TV観戦レポート参照


セルティックス 86-91 ブレイザーズ

セルティックス(28勝5敗)

 ピアース
  28点

 ガーネット
  17点
   8リバウンド

 ロンド
   7アシスト
   3スティール


ブレイザーズ(20勝12敗)

 オルドリッジ
  20点
   7リバウンド

 ブレイク
  21点

 オデン
  11リバウンド
   3スティール


なんと、ロイが欠場したブレイザーズがセルティックスに勝ちました。
昨シーズンのブレイザーズはロイがいないとセルティックスはもちろん、格下のチームにも勝てなかったのに大した進歩です。
勝因は完全に圧倒したリバウンドでしょう。
さらにFG%がセルティックスより高いのに、オフェンスリバウンドを三倍近く取っているのが効いてます。
オデンとオルドリッジが奮闘しましたね。
セルティックスはフリースローを高確率で決めて粘ってますが、とにかくリバウンドを取れてないのが痛いですね。
レイ・アレンとパーキンスの活躍度も低いです。
スターター酷使のつけが、そろそろ出てきているのでしょうか。
体を張ったプレーであるリバウンドでこれだけ競り負けているのはその証拠かもしれません。
ブレイザーズはスターター二人の他にプリズビラまでいるわけで、インサイドが強いチームではありますが…
なお、第2クォーター終了直前、コート上にブレイザーズの選手が6人立っている珍事があったようです。



クリッパーズ 90-92 キングス

クリッパーズ(8勝22敗)

 ゴードン
  24点

 キャンビー
  15点
  24リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   3ブロック

 ポール・デイビス
  18点
   3スティール


キングス(8勝24敗)

 ミラー
  15点
  13リバウンド

 マーティン
  20点

 サルモンズ
  15点
   7リバウンド

 トンプソン
  10リバウンド


マーティンが復帰したキングスが競り勝ちました。
FG%は低いものの、いきなり20点はすごいですね。さすがです。
クリッパーズはキャンビーがものすごいリバウンドを取ったものの、チームリバウンドは負けています。
さらにバロン・デイビスがウォリアーズに戻りたいと言っていた、とされるジャクソンの発言に困惑しているらしく、数字も今ひとつでしたね。
バロン・デイビスによると、ジャクソンがどの発言を持って戻りたいと言っているのかわからない、とのことです。
まあ、ジャクソンの言う通り、戻りたいんだなんて堂々と公言できないでしょうけどね。
イヤイヤながらトレードされたのならともかく、フリーエージェントになることを選択し、その上でクリッパーズに行ってるんですから。
でも、あの時はブランドが残ることが濃厚だったわけで、ややあてが外れたのも事実ですよね。
その後にキャンビーが加入はしてますが、結果は出ていません。
さて、どうなることでしょうか。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/31 バックスVSスパーズ TV観戦レポート

会場 AT&Tセンター(サンアントニオ)


バックス

 リドナー
 レッド
 ジェファーソン
 モーテ
 ボガッド


スパーズ

 パーカー
 メイスン
 フィンリー
 ダンカン
 ボナー


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはバックスのペース。スパーズも悪くないですが、ダンカンのシュートが入りません。
 バックスは素晴らしいパスワークを見せています。
 スパーズはパーカーとジノビリのシュートで点を伸ばしていきます。
 しかし、これまでのディフェンスと堅実なプレーで勝っているスパーズの姿にはほど遠く、二人のオフェンス力で強引に点を取っている感じがします。
 二人がどんなに難しいシュートやムーブを見せても、バックスはレッドが簡単に返します。
 31-26で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 スパーズはさすがですね。中のディフェンスを修正してきました。
 あまり外が入らないバックスの得点が止まり、一時10点差まで広がりましたがあっという間に3点差に縮めました。
 ダンカンの調子が上がってきました。こうなるとスパーズは強いですね。
 こうなると外も決まり始めます。フィンリーが立て続けにスリーを決めて1点差に迫ります。
 流れは完全にスパーズで、バックスはパスもなかなか通らなくなりました。
 しかし、レッドの活躍でかろうじてリードは守っています。
 ただ、それでリードし続けられるほど甘くはありません。リードチェンジが続くようになります。
 ベルのスリーなどでなんとかバックスがリードし、51-49で前半を終了します。



第3クォーター

 開始からリドナーとフィンリーの点の取り合いです。二人しかシュートを入れてないのではないでしょうか。
 やがてレッドとメイスンの点の取り合いに変化します。
 点差は6点前後で試合は進んでいきます。
 残り4分付近からスパーズはオールコートでガードにダブルチームする強烈なディフェンスにシフトしましたが、バックスはその隙間を塗って上手く得点しています。
 この落ち着いたプレーでバックスは差を少しずつ広げていきます。
 残り1:40頃、ドライブしたリドナーを止めようとしたパーカーはブロックに飛んだジノビリと接触し、コートに倒れ込みます。
 大丈夫そうですが、ベンチに下がりました。
 ここからスパーズが反撃開始。しかし、今日は妙に落ち着いているバックスは淡々と返していきます。
 80-74で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 双方、点を取るのに苦しみ始めました。3分半で2-2です。
 お互いディフェンスがすごいので、中身は非常に締まってるんですけどね。
 そこから抜け出したのはスパーズ。フィンリーのスリーとパーカーのフリースローで一気に1点差とします。
 さらにメイスンのスリーと速攻のダンクで一気にスパーズが4点リードします。
 バックスも立て直し、リドナーのスリーとボガッドのダンクで再び逆転。ボガッドのダンクのアシストをしたジェファーソンのパスがムチャクチャ上手かったですね。ダンカンの動きをよく見ていました。
 ほぼ互角の展開でしたが、ここからボガッドが素晴らしいディフェンスを見せます。
 マッチアップのダンカンのオフェンスファールを誘い、中にドライブしてきたパーカーを止め、ダンカンのシュートミスを誘発します。
 さらにフリースローはしっかりと決め、ベルへのナイスアシストを見せるなど、見事な活躍です。
 残り9.3秒、メイスンがスリーを決め2点差!
 さらにインボールでバックスは中に入れられず、タイムアウトを請求するもわずかに遅くて5秒ヴァイオレーション! スパーズボール!
 しかし、最後のオフェンスではダンカンがレイアップをミスし、弾かれたルースボールをベルが抑え、ゲームオーバー!



最終スコアは100-98でバックスの勝利。
バックスは最後の最後でお間抜けな敗戦となるところでしたが、なんとか守りきりました。
なんと言っても見事だったのは終盤のボガッド。オフェンスもディフェンスも大活躍でした。
また、リドナーやジェファーソンとのコンビネーションも抜群で、毎年成長しているのが窺えます。
レッドが要所であまり活躍できなかったので、もう少しチームとしては調子を上げて欲しいところでしょう。
スパーズはこれまでに比べて、ややディフェンス力が戻ってきてるように見えます。
ただ、オフェンスがパーカーやジノビリが強引に突っ込むシーンが散見されるので、これを止められると手痛い反撃を食らっていました。
今日はフィンリーの外がよく決まっていたのでいいですが、これが入らないと崩れる恐れもあります。
ダンカンはまだ元気ですし、メイスンは頼りになります。
ただ、ベンチが、バックスベンチにさえ劣ってましたね。
バックスはヴィラヌエバ、ベル、セッションズが出てくるので層は厚いです。
今日のセッションズはよくありませんでしたが。
スパーズのベンチは今のところジノビリしか計算できません。ボウエンとトーマスは衰えが著しいです。
ベンチをなんとかしないとこれ以上の浮上はなさそうです。



バックス 100-98 スパーズ

バックス(15勝17敗)

 ボガッド
  20点
  14リバウンド
   3ブロック

 レッド
  25点
  10リバウンド

 リドナー
  21点


スパーズ(20勝11敗)

 ダンカン
  22点

 パーカー
  19点
  10アシスト

 フィンリー
  20点



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/30 NBA全試合結果&感想

今日は8試合が行われました。



ナゲッツ 91-109 ホークス

ナゲッツ(20勝12敗)

 カーター
   7アシスト
   3スティール


ホークス(20勝10敗)

 ジョンソン
  25点
   7アシスト

 ビビー
  20点
   9アシスト

 ホーフォード
  16点
  10リバウンド


ホークスがスリーとフリースローを高確率で決め、さらにリバウンドも圧倒して完勝しました。
ビビーのスリーが5/6はすごいですね。
ナゲッツも特に悪い数字は見られませんが、ホークスの勢いに押されてしまったってことなんでしょうか。



マジック 82-88 ピストンズ

TV観戦レポート参照



ブルズ 100-87 ネッツ

ブルズ(14勝17敗)

 ローズ
  21点
  13アシスト

 ゴードン
  24点

 ノシオニ
  17点
   8リバウンド

 ヒューズ
  17点
   7リバウンド

 ノア
   7リバウンド
   4ブロック


ネッツ(15勝16敗)

 カーター
  31点

 ハリス
  26点
   3スティール

 シモンズ
  10リバウンド


ネッツはバックコート二人が大活躍も、他の選手が全くダメで敗戦しました。
ロペスは自分の仕事をこなしてますけどね。
イとシモンズがひどいですね。
ブルズはバランスの良い展開で、第4クォーターに逆転して圧勝しました。
ヒューズが再びプレータイムの長さで文句を言ったようなので、コーチは頭が痛いと思いますが…



グリズリーズ 98-108 ウルブズ
        OT

グリズリーズ(10勝21敗)

 マヨ
  23点

 ロゥリー
  12アシスト


ウルブズ(6勝24敗)

 ジェファーソン
  38点
  16リバウンド

 ラブ
  17点
   7リバウンド


ジェファーソンの大活躍でオーバータイムの末、ウルブズが勝利しました。
グリズリーズはこの前もスパーズとダブルオーバータイムを戦ってましたね。続けて長時間プレーはきついでしょう。
若いチームだから大丈夫かもしれませんが。
ウルブズは案外、こうやってジェファーソン一人に集めまくった方が勝てるのかも?
これまでのように25点くらいではなく、いっそのこと35~40点くらい取るほど集めると…集中しすぎてダメでしょうかねー



サンズ 110-102 サンダー

サンズ(17勝12敗)

 シャック
  28点
  12リバウンド

 リチャードソン
  20点

 バルボサ
   6スティール


サンダー(3勝29敗)

 ウェストブロック
  31点

 グリーン
  22点
  11リバウンド
   3スティール

 デュラント
  18点
   8リバウンド


今日はシャックがえらいことになってますね。
FGが10/12で、FTが8/12…
フリースローよりフィールドゴールの方が確率高いです。
でも、今日のシャックはこのフリースローなら良い方ですよね。
スウィフト、コリソン、ウィルコックス、ペトロ、誰一人シャックを止められなかったようですね。
しかし、サンダーは不思議な負け方をしましたね。
FG%は上、スリーの確率は同じ、フリースローは確率は低いものの成功数は上。リバウンドもほぼ互角。ターンノーバーもほとんど変わらない…
なのにサンズの方が12本も多くのフィールドゴールアテンプトがあるんですよね。
オフェンスリバウンドはサンズの方が上とは言え、この内容で勝てなければどうすれば勝てるんだ、と言うような負け方ですね。



ウィザーズ 89-87 ロケッツ

ウィザーズ(6勝23敗)

 ジェイミソン
  30点
  12リバウンド

 ブラッチェ
  16点
   8リバウンド

 マグワイア
   8リバウンド
   4ブロック


ロケッツ(20勝12敗)

 アーテスト
  20点

 マグレディー
  15点
   7アシスト

 ヤオ
   8リバウンド
   3ブロック


ヤオが完全に抑えられたロケッツ、ジェイミソンが大活躍のウィザーズに敗れました。
意外なチームが意外なチームに勝ちましたね。
ウィザーズには失礼かもしれませんが、まさかバトラー抜きでロケッツに勝つとは思いませんでした。
逆に言えばロケッツはそれで油断してたのかもしれませんね。



76ers 95-112 ジャズ

76ers(12勝18敗)

 ヤング
  17点
   7リバウンド

 エヴァンス
  12リバウンド

 ダレンバード
  10リバウンド


ジャズ(19勝14敗)

 デロン
  27点

 オクァー
  19点
  10リバウンド

 キリレンコ
  16点
  13リバウンド
   3スティール
   3ブロック


オクァーが復帰したジャズが76ersに圧勝しました。
スティール数を除いた全ての数字で上回っているので、当然の結果かもしれません。



ラプターズ 111-117 ウォリアーズ

ラプターズ(12勝19敗)

 ボッシュ
  30点
  14リバウンド

 カルデロン
  21点
  16アシスト


ウォリアーズ(10勝23敗)

 ジャクソン
  30点
   7リバウンド
   7アシスト

 ベリネーリ
  23点

 ワトソン
  15点
   3スティール

 ビエドリンシュ
  15リバウンド
   5ブロック


ラプターズは一向に調子が上がってこないですね。
ボッシュも今日は活躍していますが、開幕直後ほどの元気がありませんし。
ウォリアーズはベリネーリが長く出場するようになってから安定するようになったんじゃないでしょうか。
また、ビエドリンシュのリバウンドがものすごいですね。
…チーム総数は負けてますけど。
ジャクソンがロサンゼルスに行った際にバロン・デイビスの家族と一緒に過ごし、彼がウォリアーズに戻りたがってることを確認したとか。
バロン・デイビスをチームに戻せキャンペーンをしたいとか。
でも、バロン・デイビスはトレードでクリッパーズに行ったんじゃなくて、フリーエージェントで行きましたよね…?
いまいちバロンの考えてることがよくわからないです。
ジャクソンが帰ってきて欲しいと思うのはわかりますけど。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/30 マジックVSピストンズ TV観戦レポート

会場 ザ・パレス・オブ・オーバン・ヒルズ(デトロイト)


マジック

 ネルソン
 ボーガンス
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


ピストンズ

 スタッキー
 アイバーソン
 プリンス
 ジョンソン
 ラシード

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはフリースローが入らない出だしですね。そのせいでいまいち締まりがありません。
 フィールドゴールやスリーはなかなかいい感じですけどね。
 しかし、基本的にやや重い展開で、点がなかなか伸びません。点の取り方はいいんですが、確率は悪いです。
 そんな中、ピストンズの方がフリースローの確率が上がってきましたね。
 ラシードの活躍もあり、19-24で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 いきなりマキシールの大活躍。一気に点差が開きます。
 そのため、マジックはいきなりタイムアウトを取ります。
 タイムアウト明け、ピートラスが豪快なダンクを決めデトロイトの観客をも驚かせますが、着地がおかしかったらしく起きあがれなくなってしまいました。
 検査のためロッカーに下がりました。どこを痛めたんでしょうか…
 マキシールのもたらした勢いは大きく、ピストンズが徐々に点差を開いていきます。
 特にスタッキーが調子良いですね。
 マジックは押され気味ながらもターコルーが好プレーを連発しています。
 また、ネルソンも要所でシュートを決めているので、一方的な展開にはなってないですね。
 しかし、ペースは常にピストンズです。
 43-52で前半を終了します。



第3クォーター

 ハワードのスリーポイントプレー、ターコルーのスリーであっさりと3点差になります。
 ピストンズはシュートが入りません。
 前半はわずか1点と抑えられていたハワードが、わずか4分で7点をあげマジックの追い上げムードです。
 その流れを止めたのはラシード。ハワードと攻守にわたってすごい競り合いをしています。
 お互い一歩も譲りません。
 チームとしても他の選手の奮闘もあり、互角の攻防が繰り広げられています。
 ピストンズはアイバーソンも活躍を始め、66-70と4点差をつけて最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ショットクロックぎりぎりにプリンスがスリーを決めれば、すぐにルイスがスリーを決める。
 マクダイスが難しいシュートを決めれば、ルイスがスリーポイントプレーで応戦。すごい試合になってきました。
 同点となってからマクダイスの活躍が非常に目立ってきました。
 ところが、残り4:24にそのマクダイスがリーと激しく接触し、脇腹と頭を強打。起きあがれません。
 しかし、タイムアウト明けにコートに戻ります。タフな男です。
 その直後、マクダイスのガッツに応えるかのようにラシードがスリーを決め点差を広げます。
 マジックはオフェンスリバウンドを取りまくって粘るも決めきれず、簡単なパスミスでターンノーバーなどリズムが乱れてきました。
 そこでまたしてもマクダイス。なんとスリーを決めてさらに点差を広げます。
 これが決定打となり、マジックはこの後点差を詰めることは出来ませんでした。



最終スコアは82-88でピストンズの勝利。
なんと言っても終盤のマクダイスです。あまりに見事なプレーでした。
短時間(と言っても24分出てますが)出場のベンチスタートで、これほどまでに自分の仕事をキッチリこなす選手はそうはいません。
数字だけ見るとそんなに飛び抜けているわけではないのに、その少ない数字がチームの勝利にことごとく貢献しているという…ベンチプレイヤーの鑑です。
彼が戻ってきてくれたのはピストンズにとって大きなプラス材料ですね。
アイバーソンも自分を抑えてよくやっていると思います。
時々、自分で15秒くらいボールを持って1on1をやったりしていましたが、多用するのでなければオプションの一つとしてありでしょう。
ようやく馴染んできたということでしょうか。
ただ、一つ気になるのが今日欠場しているハミルトン。
アイバーソンは元よりスタッキーも、ビラップスに比べると他の選手を活かすことに秀でた選手ではありません。
正直言って、ハミルトンのいない今日のピストンズの方がバランスが良く、上手く回っていたように思います。
今のピストンズではハミルトンの良さは発揮できないと思います。
優秀なピストンズのフロントが気づいてないわけがないので、トレードデッドラインまでになんらかの動きがあるかもしれませんね。
マジックは苦しみながらもなんとかついていっていましたが、最後はマクダイスのガッツの前に屈しました。
ミスを連発し始めたのもマクダイスが目立ちはじめてからですしね。
それまではシュートは入らなくても、ターンノーバーの少ないプレーをしていたのですが…
ハワードが前半、完全に抑えられたのも痛かったですね。



マジック 82-88 ピストンズ

マジック(24勝7敗)

 ルイス
  23点

 ハワード
  18点
  18リバウンド
   3ブロック


ピストンズ(18勝11敗)

 ラシード
  16点
   3ブロック

 アイバーソン
  15点
   3スティール



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/29 NBA全試合結果&感想

今日は6試合が行われました。



ナゲッツ 117-110 ニックス

ナゲッツ(20勝11敗)

 カーメロ
  32点
   9リバウンド

 JR
  16点
   3スティール


ニックス(11勝18敗)

 リー
  19点
  12リバウンド

 デュホン
  17点
  11アシスト

 ロビンソン
  20点


復帰したカーメロが大活躍し勝利をもたらしました。さらにカーメロが復帰してもチームのバランスは崩れず、全員が役割をこなしています。
これがビラップスのもたらした調和能力であれば、本当にすごいことですね。
ニックスはいくらなんでもスリーを打ちすぎじゃないですかね。放ったシュートの半分近くがスリーなんて、いくらなんでもやりすぎな気がします。
当然、確率は低く敗戦です。



マーベリックス 98-76 クリッパーズ

マーベリックス(18勝12敗)

 ハワード
  29点
   9リバウンド
   7アシスト

 キッド
   8リバウンド
   3スティール


クリッパーズ(8勝21敗)

 キャンビー
  16点
  12リバウンド
   5ブロック


マーベリックスはノヴィツキーがジャズ戦でのフレイグラントファールのため、出場停止処分を受けましたが、ハワードの活躍で勝利しました。
クリッパーズはランドルフがケガで欠場したのが響いたのか、リバウンドを完全に圧倒されてしまいましたね。



ヒート 86-93 キャブス

ヒート(16勝13敗)

 ウェイド
  29点
   8アシスト

 ハスレム
  15点
   9リバウンド

 マリオン
  10リバウンド


キャブス(26勝4敗)

 レブロン
  33点
   9アシスト

 モー
  20点

 ベン
  14リバウンド
   3ブロック

 ヴァレイジャオ
  10リバウンド


ウェイドの活躍は素晴らしいですが、今日はレブロンが全てに置いて上回りました。
ただ、お互いフリースローはキッチリ決めましょう。
ヒートはフリースローを多く与えてしまったのが響きましたね。



ホーネッツ 105-103 ペイサーズ

ホーネッツ(18勝9敗)

 ポール
  19点
  12アシスト
   3スティール

 ウェスト
  18点
  10リバウンド

 ストヤコビッチ
   8リバウンド
   3スティール


ペイサーズ(10勝20敗)

 グレンジャー
  34点

 マーフィー
  16点
  16リバウンド


残り2秒でウェストが勝ち越しシュートを決め、ホーネッツが勝利しました。
ペイサーズはグレンジャーが大活躍も、痛い敗戦となりましたね。
ウェストはこれまであまり良くなかったですが、ここ数試合は昨シーズンの調子を取り戻していますね。
ポール一人で勝ちきるのは難しいでしょうし、ウェストの復調は必須となってくるでしょう。



セルティックス 108-63 キングス

セルティックス(28勝4敗)

 ガーネット
  21点
  11リバウンド

 パーキンス
  12リバウンド
   4ブロック


キングス(7勝24敗)

 サルモンズ
  11点


セルティックスは連敗の鬱憤を晴らそうとしたのか、ただの八つ当たりか。圧勝ですね。
スターター酷使のセルティックスも、さすがに今日は第4クォーターは全てベンチメンバーで戦いました。
それでもこの差ですからね。
それにしても不甲斐ないのはキングス。
19本しかフィールドゴールを決められなかったのはチーム史上最低記録だそうです。
おまけにFG%が50%を超えているセルティックスにオフェンスリバウンド数で負けてるんですから、勝てるわけがありません。
シュートもそうですが、あまりにもリバウンドが情けないですね。



ウォリアーズ 113-130 レイカーズ

TV観戦レポート参照



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/29 ウォリアーズVSレイカーズ TV観戦レポート

会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ウォリアーズ

 クロフォード
 ベリネーリ
 ジャクソン
 ライト
 ビエドリンシュ


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 ウォルトン
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 レイカーズがゴール下を圧倒しています。それに対抗しているのがビエドリンシュ一人。相当に苦しいですが、よく頑張ってます。
 その頑張りに引っ張られてウォリアーズは外が好調です。出だしは互角ですね。
 特にベリネーリが好調です。いい感じで中も外も決めています。
 レイカーズで目立っているのはバイナム。ボールに対する執着心が強いですね。
 また、オフェンスリバウンドは完全にレイカーズが圧倒しています。ビエドリンシュ一人ではどうしようもないですね。
 27-34で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 レイカーズの方が速攻をよく決めてますね。ウォリアーズはフリースローの確率もいまいちで、なかなか活路を見出せません。
 そんな中、一人頑張っているのがビエドリンシュ。決してごつい体格ではありませんが、ゴール下での当たりが強いですね。
 ビエドリンシュを中心にウォリアーズは反撃。一時15点差まで開いたのがいつの間にか5点差に詰まっています。
 しかし、ビエドリンシュがベンチに下がると今ひとつ勢いに乗れません。
 少し差が開き、58-65で前半を終了します。



第3クォーター

 ウォリアーズも決して悪くはないんですが、フィニッシュを失敗することが多いですね。ボール回しやスペースの作り方は悪くないと思うんですが…
 レイカーズはスムーズです。なんなく点を取っています。当然差は開いていきます。
 終始レイカーズが圧倒して85-102で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 点差は詰まる気配もなく、試合は終了しました。



最終スコアは113-130でレイカーズの勝利。
ビエドリンシュは良かったですし、クロフォードやベリネーリは外からよくシュートを決めてましたし、ジャクソンも上手くコントロールしていました。
しかし、レイカーズはそれ以上にすごかったです。
また、リバウンドの数が違いすぎます。ビエドリンシュこそ17リバウンドをあげてますが、他の選手で5リバウンドをあげている選手がいないのは大問題です。
トゥリアフがもう少しサポートできると良かったんですが、全くでした。



ウォリアーズ 113-130 レイカーズ

ウォリアーズ(9勝23敗)

 クロフォード
  22点

 ビエドリンシュ
  17点
   3スティール


レイカーズ(25勝5敗)

 コービー
  31点
   4スティール

 ガソル
   9リバウンド
   7アシスト

 バイナム
  10リバウンド



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/28 NBA全試合結果&感想

今日は8試合が行われました。



ブルズ 117-129 ホークス

ブルズ(13勝17敗)

 ゴードン
  33点

 ローズ
  27点
   7アシスト

 トーマス
  15点
   9リバウンド
   3ブロック


ホークス(19勝10敗)

 ジョンソン
  41点
   8アシスト

 スミス
  24点
   7リバウンド

 ビビー
  17点
   7アシスト

 ウィリアムス
  16点
   8リバウンド

 ホーフォード
  10リバウンド


双方、ものすごい高確率ですね。
そんな中、オフェンスリバウンドを奪いまくったホークスが勝利しました。
ジョンソンの41点の活躍に加え、スターター全員が自分の仕事をこなしました。
ブルズが痛いのはリバウンドを圧倒されたこと。
ノアがほとんど出場していませんが、何かあったのでしょうか。
なお、この試合でゴードンがピッペンの記録を抜き、ブルズ歴代最多スリー成功選手となりました。
もっとも、NBAがスリーを多用するようになったのはここ10年ほどのことなので、これから他のチームでもどんどん記録更新が出てくるでしょうね。



サンダー 95-104 ウィザーズ

サンダー(3勝28敗)

 デュラント
  25点
  11リバウンド
   3スティール
   3ブロック

 グリーン
  23点
   7リバウンド
   3ブロック


ウィザーズ(5勝23敗)

 ジェイミソン
  29点
   3スティール

 ブラッチェ
  19点
  15リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   3スティール

 ジェームス
  11アシスト


現時点で3勝チームと4勝チームの対戦は、史上最低の組み合わせだそうです。
その対決は4勝チームだったウィザーズが制し、5勝目をあげました。
バトラーまで欠場してしまったウィザーズですが、ブラッチェがオフェンスリバウンドを取りまくってくれたのが良かったですね。
サンダーはデュラントの獅子奮迅の活躍も実りませんでした。



ネッツ 114-103 ボブキャッツ
     OT

ネッツ(15勝15敗)

 ハリス
  26点
   3スティール

 カーター
  28点

 ロペス
  13リバウンド


ボブキャッツ(11勝20敗)

 ウォレス
  32点
   9リバウンド

 オカフォー
  16点
  10リバウンド
   3ブロック

 ディアウ
   9リバウンド
   7アシスト


オーバータイムに怒濤の攻撃を仕掛けたネッツが勝利しました。
オーバータイムだけで18点はすごいですね。
ボブキャッツは第4クォーター残り26秒で追いついてオーバータイムに持ち込んだのですが、そこで力尽きてしまいましたね。
控えがもう少し頑張って欲しかったところですね。



マジック 118-94 ウルブズ

マジック(24勝6敗)

 ターコルー
  26点
   7リバウンド

 ルイス
  24点
   7リバウンド

 ネルソン
  20点
   8アシスト

 ハワード
  17点
   5ブロック

 ジョンソン
   5スティール


ウルブズ(5勝24敗)

 マキャンツ
  21点
   3スティール

 ジェファーソン
  16点
   7リバウンド

 ラブ
  10リバウンド


主力が全員活躍したマジックがジェファーソンすら低調だったウルブズを粉砕しました。
ハワードが5リバウンドしか取ってないんですが、総数ではマジックの方が上回ってますね。
ウルブズはせめてフリースローをもっとキッチリ入れたいものです。



ジャズ 115-120 ロケッツ
     2OT

TV観戦レポート参照



ピストンズ 87-76 バックス

ピストンズ(17勝11敗)

 プリンス
  19点
   8リバウンド

 ラシード
  16点
  12リバウンド

 アイバーソン
  18点
   4スティール

 ジョンソン
  11リバウンド
   4ブロック


バックス(14勝17敗)

 ボガッド
  17点
  10リバウンド


ハミルトンがケガで欠場しましたが、久しぶりにピストンズらしいバランスアタックで快勝しました。
今日はラシードがダブルダブルの活躍ですが、今シーズンは輪をかけて安定感がないので、これくらいの数字を維持して欲しいですね。
バックスはレッドが大ブレーキ。これでは勝てません。



グリズリーズ 103-106 スパーズ
        2OT

グリズリーズ(10勝20敗)

 マヨ
  29点

 ガソル
  15点
  10リバウンド
   4ブロック

 ウォリック
  16点
   7リバウンド

 ゲイ
  11リバウンド


スパーズ(20勝10敗)

 パーカー
  32点

 ダンカン
  29点

 ジノビリ
  20点


何故か今日はオーバータイムの試合が多いですね。重なる時は重なるということでしょうか。
スパーズはリバウンドで完敗していますが、主力の得点で勝利しました。
やはりオフェンス力で強引に勝っている印象は否めません。
グリズリーズはフリースローをキッチリ決めていれば勝てていたはずなので、なんとも悔しい敗戦ですね。



ラプターズ 89-102 ブレイザーズ

ラプターズ(12勝18敗)

 ボッシュ
  29点
   9リバウンド

 ジャーメイン
  17点
   3ブロック


ブレイザーズ(19勝12敗)

 ロイ
  32点
   9アシスト

 オルドリッジ
  21点
   9リバウンド

 オデン
  16点
  10リバウンド(7オフェンスリバウンド)


ロイの大活躍を始め、オルドリッジとオデンがインサイドを圧倒しました。
特にオデンの7オフェンスリバウンドはお見事です。
ラプターズはボッシュとジャーメインが揃って活躍できることがなかなかないですね。
また、カルデロンが著しく調子を落としているように感じます。
チームをまとめ上げることが必要でしょう。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/28 ジャズVSロケッツ TV観戦レポート

会場 トヨタセンター(ヒューストン)


ジャズ

 デロン
 ブリュワー
 キリレンコ
 マイルズ
 クーパス


ロケッツ

 アルストン
 ヘッド
 バティエ
 スコラ
 ヤオ


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ロケッツのペースですね。ヘッドの活躍が目立ちます。
 ジャズはキリレンコが好調です。他の選手はいまいちですが、一人だけ高確率でシュートを決めています。
 しかし、ディフェンスが上手くいってませんね。特に外に対するディフェンスが甘いです。
 24-34で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ジャズはボール回しが安定しないですね。インサイドにブーザーもミルサップもオクァーもいなくて、核がないからでしょうか。
 中途半端な位置で回しすぎて失敗しています。
 ロケッツは全体的に好調です。中も外も効率よく点を取っています。
 点差は広がり、43-56で前半を終了します。



第3クォーター

 ロケッツのミスが目立つようになってきましたが、ジャズも決め切れませんね。点差は変わりません。
 ジャズはインサイドに起点がいないので、トランジッションで勝負しようとしているのでしょうか。やたらと走っています。
 ですが、普段はそんなチームじゃないのであまり上手くいってないように見えますが…
 展開を速くしているので、追いつく時は一気に追いつきますが、そうでない時は決め返されて一気に突き放されます。
 結果的に点差はほとんど変わってないと言う…
 少しだけ詰まって70-80と10点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ジャズはブリュワーが一人奮闘していますね。そのおかげで射程圏内に入るんですが、その後が続かず再び広げられています。
 そんなジャズも残り3:30にブリュワーの速攻が決まり、ようやく3点差に詰め寄ります。
 ディフェンスがかなり良くなりましたね。
 さらに残り1:40、デロンのジャンパーで1点差! ロケッツは点が取れません。
 アーテストのフリースローで再び3点差となった残り1:00、キリレンコのダンクをヤオがブロック! キリレンコはファールじゃないかと抗議しますが受け入れられず。
 しかし、次のディフェンスを守りきり、デロンがジャンパーを決めて再び1点差!
 残り18.7秒でジャズはファールゲームに入ります。
 アルストンがフリースローを二本とも決めて再び3点差!
 残り16.4秒にコーバーがレイアップを決め再び1点差。ファールゲームでのフリースローはアルストンです。
 一本目をミスし、二本目を決めて2点差となります。
 そして、残り12.8秒、完全にがら空きとなったゴール下にデロンが切り込みレイアップ! 同点!
 ジャズが上手かったのと、ロケッツのディフェンスローテーションが上手くいかなかったのが重なりましたね。
 ロケッツはヤオに託しますが、フェセンコの素晴らしいディフェンスに阻まれシュートも出来ず。なんとかアーテストにパスし、スリーに賭けますが外れてリバウンドはジャズ。
 残り0.5秒を残してタイムアウト!
 インバウンド時、キリレンコがゴール下にむかって投げますが、アーテストがかすったためチームメイトがパスを受ける前にタイムアップとなります。
 オーバータイム!



オーバータイム

 先手を取ったのはジャズ。残り3:19にデロンのジャンパーが決まります。
 ロケッツがヤオのフックで取り返し、同点のまま残り1分を切ります。
 残り57.6秒、アルストンが値千金のスリー! ロケッツ3点リード!
 すぐにジャズはフェセンコのダンクで返し、1点差。
 残り8.5秒、キリレンコのスリーは外れますが飛び込んだブリュワーがオフェンスリバウンド! ヤオのファールでフリースロー!
 一本目が決まり、同点! 二本目はミス! アーテストがリバウンドをもぎ取り、タイムアウト!
 残り時間は7.5秒です。
 最後の攻撃はジャズの気迫のディフェンスが炸裂し、ロケッツはシュートにいけず。
 101-101、ダブルオーバータイム!


ダブルオーバータイム

 先手を取ったのはロケッツ。アーテストのフリースローで2点リードします。
 ここにきてアーテストの一人舞台。ディフェンスではリバウンドをもぎ取り、オフェンスも積極的に挑んでフリースローを得て全て決めます。
 ジャズはフリースロー以外のシュートが入りません。
 ロケッツはアーテストからスコラへのナイスアシストでさらに追加点。カウントワンスローで6点差に広げます。
 ジャズも最後まで粘りましたが、アーテストの勢いを止めることはできませんでした。



最終スコアは115-120でロケッツの勝利。
ダブルオーバータイムでのアーテストが全てでした。ものすごい活躍を見せました。
ジャズはオーバータイムでフェセンコとブリュワーがフリースローを合わせて3本外したのが痛かったですね。勝ち越す最大のチャンスを逃しました。
第4クォーター中頃まではジャズに流れなどありませんでした。それを持ち直し、ここまで競ったまでは良かったんですけどね。
ヤオをよく抑えてはいましたが、それでもクーパスもフェセンコも、ブーザーと比べると雲泥の差です。
ブーザーは本当にヤオを抑えるのが上手いですからね。
ロケッツは今一歩の踏ん張りが効かずにレギュラータイムでけりをつけられませんでした。
オーバータイムでは終始流れは悪かったですが、アーテストが強引に流れを引き寄せましたね。
アーテスト様々でした。



ジャズ 115-120 ロケッツ
     2OT

ジャズ(18勝14敗)

 ブリュワー
  23点
   7リバウンド

 キリレンコ
  20点
  10リバウンド
   3スティール

 デロン
  11アシスト

 フェセンコ
  11リバウンド
   3ブロック


ロケッツ(20勝11敗)

 アーテスト
  28点
   8リバウンド

 ヤオ
  26点
  11リバウンド
   4ブロック

 スコラ
  14リバウンド



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/27 NBA全試合結果&感想

今日は10試合が行われました。



ブルズ 77-90 ヒート

ブルズ(13勝16敗)

 グレイ
  11リバウンド


ヒート(16勝12敗)

 ウェイド
  28点

 ハスレム
  14リバウンド

 マリオン
  10リバウンド


ヒートの完勝ですが、残り30秒で20秒タイムアウトを取り、ウェイド、ハスレム、チャーマースをベンチに下げたのに対してブルズが激怒しているようです。
ノシオニは「戦術上、全く必要のなかったタイムアウト」と露骨に批判し、ローズは「我々はこのことを忘れない」とコメントしています。
ブルズはヒートが主力選手を残り30秒の間休ませるためだけにタイムアウトを取ったと感じていて、侮辱されたと思っているようですね。
相当な怒りを感じているようです。
第4クォーターで突き放されての敗戦、デングは負傷退場でフラストレーションが溜まったのはわかりますけどね。
そこまで恨むことかな~と思わないでもないです。



ボブキャッツ 95-87 ネッツ

ボブキャッツ(11勝19敗)

 オカフォー
  21点
   9リバウンド

 フェルトン
  22点

 ディアウ
  16点
   8リバウンド
   7アシスト

 ウォレス
  16点
  13リバウンド


ネッツ(14勝15敗)

 カーター
  19点


ボブキャッツはトレード後、調子良いですね。
また、ウォレスが立て続けに身内の不幸があったことから立ち直りつつあるようです。
ディアウとプレーすることにより、オカフォーの数字が上がってきてますね。相性が良いのかもしれません。
勝ち方を知ってるコーチの下に、勝ち方を知ってる選手が加わったのが大きいのでしょうね。
ネッツはターンノーバーこそ少なかったものの、肝心のシュートが入らなかったですね。
特にハリスとカーターの確率が悲惨なことになっているので、これでは勝てないです。



ウルブズ 120-107 ニックス

ウルブズ(5勝23敗)

 マキャンツ
  23点

 テルフィア
  20点
   8アシスト
   3スティール

 ジェファーソン
  21点
  15リバウンド


ニックス(11勝17敗)

 ロビンソン
  26点
  10リバウンド

 ハリントン
  26点

 チャンドラー
  19点
   7リバウンド

 リー
  13リバウンド


ニックスはスーパーなディフェンスレスだったようですね。ウルブズのシュートがものすごい確率で決まってます。
特にリーに対してダントーニHCは激怒したとか。
今日のウルブズはジェファーソン以外に20点オーバーの選手が二人。ようやく勝てましたね。
ゴメスがもう少し頑張ってくれると勝ち星も増えていくと思いますが…
なお、マクヘイルHCの初勝利です。



ロケッツ 79-88 ホーネッツ

ロケッツ(19勝11敗)

 ヤオ
  19点
  12リバウンド


ホーネッツ(17勝9敗)

 ポール
  26点
  10アシスト

 ウェスト
  23点

 チャンドラー
  12リバウンド


久しぶりにホーネッツらしい数字配分ですね。
各選手がやるべき仕事をした、と言った感じでしょうか。
ロケッツはアーテストが欠場した影響か、オフェンスもディフェンスも散々ですね。



サンダー 88-90 ピストンズ

サンダー(3勝27敗)

 デュラント
  26点
   8リバウンド

 スミス
  10リバウンド


ピストンズ(16勝11敗)

 アイバーソン
  22点

 プリンス
  16点
  11リバウンド


残り0.2秒でアイバーソンが勝ち越しシュートを決め、接戦の末ピストンズが勝利しました。
サンダーもデュラントやスミスが粘り強くシュートを決めましたが、及びませんでしたね。
ピストンズはスタッキーがスターターになってから、アイバーソンは徐々に数字が上がってきましたが、ハミルトンが深刻な状況になってますね。
意外と気むずかしいだけに、きっちりケアしないと内紛が起こる可能性があると思います。



ペイサーズ 105-108 グリズリーズ

ペイサーズ(10勝19敗)

 ダニエルズ
  28点

 グレンジャー
  26点

 マーフィー
  12リバウンド


グリズリーズ(10勝19敗)

 ウォリック
  21点

 マヨ
  18点
   8リバウンド
   7アシスト


ペイサーズはグレンジャーが途中で負傷退場した影響か、後半に失速しましたね。
ダニエルズとマーフィーは風邪から復帰して、活躍しましたが…
ペイサーズはフォードが休みでしたし、いまだにダンリービーは帰ってきませんし、不運も重なってますね。
グリズリーズはベンチからウォリックが活躍し、マヨもトリプルダブル級の活躍を見せて接戦をものにしました。
今日は7人が二桁得点です。
ただ、ゲイがこのところ元気がないのがやや気になりますね。



76ers 101-105 ナゲッツ

TV観戦レポート参照


マーベリックス 88-97 ジャズ


マーベリックス(17勝12敗)

 テリー
  26点

 ノヴィツキー
  17点
   8リバウンド

 キッド
   8リバウンド
   9アシスト
   5スティール


ジャズ(18勝13敗)

 ブリュワー
  21点
   7リバウンド

 デロン
  17点
  13アシスト
   4スティール

 クーパス
  18点
   8リバウンド

 キリレンコ
  14リバウンド


マーベリックスはノヴィツキーがハープリングに対してフレイグラント2を犯し、一発退場を食らいましたね。
その影響か、チームも敗戦です。
ジャズはブーザーの欠場が続いている上に、今日はミルサップとオクァーも欠場でしたが、勝利しました。
このところ影が薄かったブリュワーが大活躍。デロンも良かったですね。
キリレンコのシュートは悲惨なことになってますが…



ラプターズ 107-101 キングス

ラプターズ(12勝17敗)

 ジャーメイン
  36点
   9リバウンド
   3スティール

 カルデロン
  16点
   7リバウンド


キングス(7勝23敗)

 ミラー
  20点
   8リバウンド

 サルモンズ
  20点


ラプターズはジャーメインの大活躍で勝利しました。
ジャーメインとカルデロン以外の主力の出場時間が短いのですが、なにかあったのでしょうか…
勝ったから良いのでしょうが。
ラプターズのFG%を見ると、キングスのディフェンスは相当に悪かったのかと思ってしまいます。
キングスもそこそこ良い選手が揃ってるにもかかわらず勝てないチームの一つですね。



セルティックス 89-99 ウォリアーズ

セルティックス(27勝4敗)

 ピアース
  21点

 ロンド
  10リバウンド
   9アシスト
   3スティール


ウォリアーズ(9勝22敗)

 ジャクソン
  28点
   7リバウンド

 ベリネーリ
  22点


第4クォーターに突如ウォリアーズオフェンスが目覚めて勝利しました。
セルティックスは打ちまくり走りまくりのスタイルに弱いですね。
もっとも、打ちまくりスタイルは相手が勝手に自爆することも多々あるので、今日の負けは運が悪かった部分もあるでしょう。
パーキンスの欠場も効いているのではないでしょうか。
ウォリアーズは久しぶりにらしい戦いぶりです。
ただ、今日のような戦い方で、入らないことが多いので今シーズンは苦戦しているんですよね。
入らないことの方が多いようでは、この先成績は伸びないですよね。
なお、エリスが初めてベンチ観戦したようです。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/27 76ersVSナゲッツ TV観戦レポート

会場 ペプシセンター(デンバー)


76ers

 ミラー
 グリーン
 イグダーラ
 ヤング
 ダレンバード


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 JR
 マーティン
 ネネ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 両チームとも良い感じの滑り出しです。
 ナゲッツは最初のスリーが全て決まり、一気に9点をあげます。
 76ersもグリーンが好調で先手を取っています。
 しかし、76ersは出だしこそ4/6でシュートを決めていましたが、その後は2/12と一気に確率が落ちました。
 ナゲッツはターンノーバーが多く、点が伸びません。
 最初はいい感じだったのに、少しミス合戦になってきました。
 21-21と同点で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 片方が入れると入れ返し、外すと付き合って外し、ターンノーバーをするとターンノーバーで…仲良し?
 そんな展開なので、点差は互角です。
 スペイトスがアリウープで得点すれば、ネネが豪快なダンクでお返し。本当に似たような形で返しますね。
 残り7.5秒でミラーがスリーを決め、3点リード。
 52-49で前半を終了します。



第3クォーター

 ナゲッツのシュートが入りません。前半のように76ersがそれに付き合うようなことはなく、効果的に点を取っています。
 点差は開いていき、最大9点差まで開きます。
 さらに76ersは猛攻を仕掛け、ナゲッツは押されっぱなしで、点差はますます開いていきます。
 一時17点差まで開きましたが、ナゲッツがかろうじて踏ん張って差を縮め79-68で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 苦しみながらも先手を取ったのはナゲッツ。JRのスリーで8点差に迫ります。
 しかし、スペイトスがすぐに返し、二桁差に戻します。
 ナゲッツはスリー攻勢で、差を徐々に縮めていきます。
 76ersはエヴァンスを始め、粘り強いバスケを展開していますが、勢いはナゲッツに傾きつつあります。
 アトキンス、JR、クレイザと次々とスリーを決め、いつの間にか点差は5点に。76ersもシュートは入っているんですが、これだけナゲッツのスリーが入ると1点ずつ詰まっていきますね。
 このクォーター、残り5:30の時点で76ersはスリーを一本も決めてませんが、ナゲッツは全てスリーです。
 しかし、ナゲッツはスリーが入りすぎるが故に、スリーに頼りすぎています。いくら高確率で決まっているとは言え、100%決められるわけではありません。
 それでもディフェンスを踏ん張り、外しても失点を食い止めています。
 残り3:41にはネネのフリースローでとうとう2点差に迫ります。
 直後にミラーがジャンパーで返しましたが、ビラップスがカウントワンスローを決め、1点差!
 2点差で迎えた残り2:30、JRが7本目のスリー! とうとう逆転!
 その後、4度の逆転を経て、試合はとうとう残り27.8秒。ナゲッツがわずか1点リードです。
 残り17.7秒、スペイトスがゴール下のシュートを決め、再び76ersリード! カウントワンスローですが、フリースローは外してしまい、リバウンドはネネ。ナゲッツのタイムアウト。
 残り9.0秒、76ersはバックコート陣にマークを集中しすぎました。マーティンがゴール下に切り込んでダンク! ナゲッツ逆転!
 残り3.7秒、ナゲッツのきついマークにあったイグダーラがなんとトラベリング! ナゲッツボール!
 ファールゲームに入った76ersはアトキンスにファールします。そのフリースローの際にウロウロしていたミラーが何故かテクニカルファール!
 ビラップスがテクニカルフリースローを決め、アトキンスが二本ともフリースローを決め、4点差となりました。
 ミラーのテクニカルファールも余計でしたが、イグダーラのトラベリングが痛恨のミスでしたね。



最終スコアは101-105でナゲッツの勝利。
第3クォーターだけを見る限りではナゲッツには一片の勝機もなさそうでしたが、よく持ち直しましたね。
その原動力はJRのスリー。ものすごい確率でした。
カーメロが右肘の負傷で欠場した影響を感じる場面はいくつもありましたが、よく持ちこたえて逆転勝利しましたね。
JRだけでなく、ビラップスやクレイザ、アトキンスも要所でシュートを決めましたし、マーティンも試合を通じて高確率でシュートを決めていました。
また、ネネのゴール下での力強さは頼もしいですね。
76ersは17点のリードを守りきることができませんでした。
ですが、ブランドがいる時よりもエネルギッシュで良いチームに見えます。
ブランドが悪いとか合わないのではなく、ブランドを中心に据えようとしすぎているんじゃないでしょうか。
今日の76ersは最後は大崩壊でしたが、全体的にはいい感じだった思います。
それだけにイグダーラの最後のトラベリングは痛恨のミスでしたね。
せめてシュートミスで終わっていれば納得もできたでしょうが…



76ers 101-105 ナゲッツ

76ers(12勝17敗)

 イグダーラ
  24点
   5スティール

 ミラー
  19点
   8アシスト

 ウィリアムス
  16点
   3スティール

 ダレンバード
  13リバウンド


ナゲッツ(19勝11敗)

 JR
  27点

 ビラップス
  26点
  10アシスト

 ネネ
  12リバウンド
   3ブロック



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/26 NBA全試合結果&感想

今日は5試合が行われました。



ホーネッツ 68-88 マジック

ホーネッツ(16勝9敗)

 ウェスト
  13点


マジック(23勝6敗)

 ターコルー
  20点

 ハワード
  15リバウンド
   3ブロック


ホーネッツは全く良いところが無く、完敗ですね。
今シーズンのホーネッツは安定感が欠け、どうも強さも勢いも感じられないですね。
ポールの連続スティール記録も途絶えてしまいました。
マジックは余裕の勝利です。
決して調子が良いとは言えない内容ですが、ホーネッツがあまりにひどいので問題なかったようです。



スパーズ 91-90 サンズ

スパーズ(19勝10敗)

 ダンカン
  25点
  17リバウンド

 パーカー
  27点
   8アシスト
   4スティール


サンズ(16勝12敗)

 アマレ
  25点
  13リバウンド

 シャック
  23点
  12リバウンド
   4ブロック


サンズは優位に試合を進めていたものの、第4クォーターで逆転されてしまいました。
それでも辛抱強いバスケで終盤に逆転したのですが、最後の最後でメイスンのブザービータースリーにやられてしまいました。
メイスンは衰えを隠せないスパーズの救世主かもしれません。
見事なクラッチシュートです。
決まった時の他の選手の喜びようも半端じゃなかったですね。
波がありますが、頼もしい選手です。



セルティックス 83-92 レイカーズ

TV観戦レポート参照



ウィザーズ 89-93 キャブス

ウィザーズ(4勝23敗)

 ジェイミソン
  28点

 ジェームス
  26点

 マグワイア
  11リバウンド
   7アシスト

 バトラー
  10アシスト


キャブス(25勝4敗)

 モー
  24点

 ウェスト
  18点
   7アシスト
   3スティール

 レブロン
  18点
   3スティール

 ヴァレイジャオ
  13リバウンド


いまだ泥沼から抜け出せないウィザーズ。アリーナスがシーズンを全休するとの噂も出てきました。
もはや現時点で復帰してもプレーオフは絶望と判断してのことかもしれません。まあ、噂は噂ですが。
キャブスはレブロンがあまり目立ちませんでしたが、接戦をものにしました。
バックコート陣が点を取り、フロントコート陣がリバウンドを取る。しっかりと役割分担ができています。
あれだけの高勝率で突っ走っているセルティックスの背中が見えてきていますね。



マーベリックス 102-94 ブレイザーズ

マーベリックス(17勝11敗)

 ノヴィツキー
  30点

 キッド
  12リバウンド
  10アシスト


ブレイザーズ(18勝12敗)

 ロイ
  22点


ブレイザーズはとにかくリバウンドが取れませんでしたね。
そのためか、FGアテンプトが14も違います。
いくらブレイザーズの方が確率が良くても、これだけ打ってる本数が違えば得点に差が出ます。
キッドとバレアの、バックコートの二人に20もリバウンドを取られているのは大問題だと思いますね。
また、フリースローを外しすぎたのも敗因の一つでしょう。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/26 セルティックスVSレイカーズ TV観戦レポート

会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


セルティックス

 ロンド
 レイ・アレン
 ピアース
 ガーネット
 パーキンス


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 ウォルトン
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 序盤、やや気合いが空回り気味のレイカーズ。セルティックスは淡々と点を取っています。
 コービーのアリウープやバイナムの豪快なダンクに対して、セルティックスは簡単なレイアップで対抗しています。
 レイカーズの方が派手ではありますが、それで得点にプラスαがつくわけではありません。
 セルティックスがやや先行して試合は進んでいきます。
 そんな中、コービーは絶好調。難しいシュートも決めていきます。
 そのおかげで点差は離れずにいます。

 試合前に子供たちに各選手からクリスマスプレゼントが贈られたんですね。
 レイカーズの選手だけでなく、アウェーのセルティックスの選手からも。
 さらに子供たちとツーショットの写真を撮り、パネルに入れてそれぞれの子供たちに渡したりしていました。
 NBAのこういうところは本当に素晴らしいと思います。
 クリスマスは特別ですからプレゼントを渡したりもしていますが、普段からここまでではなくても日常的にボランティアをしています。
 日本のプロスポーツはこうした部分は大いに見習うべきでしょう。

 コービーが好調なレイカーズと、チーム全体で良いプレーをしているセルティックス。
 24-23とほぼ互角で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 先日、ニックス戦の前に交通事故に遭ったグレン・デイビスが出場していますね。大事に至らなかったようで何よりです。
 残り9:19、コービー、アリーザ、ブヤチッチのルースボールに対する素晴らしいハッスルプレーがでました。
 昨シーズンのファイナルでは、レイカーズにこうした気迫がありませんでした。
 一定のレベル以上の試合になれば、勝敗を分けるのはハッスルです。今日はレイカーズの方が上回っているのでしょうか。
 それにしても今日のコービーの確率はすごいですね。残り8分の時点で8/11です。
 セルティックスはロンドとガーネットのコンビで対抗。しかし、ややレイカーズの方に勢いがあります。
 その勢いに乗ってレイカーズはスリー攻勢。さらに連続オフェンスファールなどでいまいち乗れないセルティックスを突き放します。
 45-51とレイカーズがリードして前半を終了します。



第3クォーター

 レイカーズペースで試合は進んでいきます。
 しかし、セルティックスは粘り強くついていき、食らいついています。この粘り強さが怖い。
 そして流れが悪いながらもなんとか点を取り、残り3:34にはピアースのジャンパーで逆転します。
 レイカーズは勢いはあるんですが、無茶打ちが散見されます。
 オドムがベンチから出てくると、スリーを連発。一気に逆転し、さらに点差を再び5点差に戻します。
 セルティックスが少しだけ詰めて67-71で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 セルティックスのディフェンスが激しくなってきました。レイカーズは思うようにボールを回せません。
 その効果でシュートも決まり、ハウスのスリーで再び同点とします。
 しかし、レイカーズもバイナムを中心に反撃。またも勝ち越します。
 試合は一進一退。両者一歩も引きません。
 そんな中、またもアリーザがルースボールに対して素晴らしいセーブを見せます。観客は大喜びです。
 ガーネットはガソルを上手く守ってますね。ガソルの存在感が試合を通じてほとんどありません。
 そして、数は少ないながらも高確率でシュートを決めてチームを引っ張っています。
 レイカーズは勝ってはいるものの、バタバタしている感じが否めず、いつ逆転されて突っ走られてもおかしくないような感じです。
 その抑えられ気味のガソル。コービーからのナイスアシストで、二本立て続けに貴重なシュートを沈めます。
 さらに2点差に迫られた残り1:28、またもコービーからのパスをねじ込みカウントワンスロー! フリースローも決めて5点差!
 ガーネットに抑えられてペースを乱していたガソルの活躍でレイカーズが突き放します。
 さらにレイ・アレンのスリーをガソルがブロック! こぼれ球をアリーザが速攻でダンク! 7点差に広がります。
 これがとどめの一撃となり、試合は終了しました。



最終スコアは83-92でレイカーズの勝利。
点差はそこそこ開いてますが、薄氷の勝利ではないでしょうか。
最後の最後でコービーとガソルのラインが効果的に機能したのが勝因ですが、それ以外は互角の展開だったと思います。
しかし、内容はどうあれ、このホームゲームで負けるようなら、ファイナルで再戦しても勝ち目はないだろうなと思ってましたが、そうでもなさそうです。
前半はコービー、後半はオドムとガソルの活躍により勝つことが出来ました。
また、アリーザのルースボールに対する執着は素晴らしく、あれがチームを盛り上げましたね。
セルティックスはガーネットがあり得ないほど高確率でシュートを決めましたが、バックコート陣が今ひとつ。
レイ・アレンは前半は良かったんですけどね。
ロンドは中に突っ込んではバイナムやガソルに潰されていました。その分、アシストに徹していましたがあまり効果的ではなかったですね。
気になるのが、やはりスターターのプレータイム。
セルティックスのベンチで最長プレータイムはトニー・アレンの16分、後の4人は15分以下です。
対してレイカーズはラドマノビッチこそ1分しか出ていませんが、3人が15分以上出場しています。
こんな調子で大丈夫ですかね…その内、ベテランが一人二人ケガをしそうな気がしますし、ロンドもケガをしやすいプレースタイルです。
最後まで持ちますかねー
セルティックスの連勝は19でストップ。レイカーズのジャクソンHCは通算1000勝をマークしました。なお、史上最速の1000勝達成だそうです。



セルティックス 83-92 レイカーズ

セルティックス(27勝3敗)

 ガーネット
  22点
   9リバウンド

 ピアース
  20点
  10リバウンド

 ロンド
  12アシスト


レイカーズ(24勝5敗)

 コービー
  27点
   9リバウンド

 ガソル
  20点
   3ブロック



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


今日は試合なし

今日のNBAは試合がありません。
クリスマスは家族で過ごす大切な日。それはNBA選手でも例外ではないようです。
もっとも、イスラム教徒や仏教徒の選手にはあまり関係ないようですが。

ですので、今日は店でNBAの試合を流してお客様に楽しんでいただく方法を模索していたのですが、想像以上に難しいですね。
スポーツの放映権料は莫大な額となっているので、とても個人経営の当店では無理っぽいです。
日本ではNBAを観られる場所やチャンネルが極々限られているので、ほとんど観る機会のないファンも多いと感じています。
確かに店で流してそれを宣伝してしまうと、リーグパスを契約しようとしていた人を、当店のお客様としてしまう可能性があります。言うなれば顧客をかっさらってしまうわけです。
こうした理由から、放映料を払ってない店舗がそれを売りに集客してはいけないことはわかります。
しかし、放映権料が高すぎること、ハッキリといくらなのかわからないこと、どこに申請していいのかわからないことなど、スポーツの放映に関する規制は厳しい上に複雑すぎます。
いろいろと調べましたが、さっぱりわかりません。
とりあえずスカパー!の事務局に連絡してみればいいような感じなのですが、業務用チャンネルの一覧表を見る限り、NBAリーグパスは入ってないようですから、許可そのものが出ない可能性もあります。

著作権法の第三十八条3項には、

「放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。」

とあるので、おそらく宣伝せずに、またNBA観戦による直接の代金をいただかない限り、お客様が入ってきた時にたまたま放送中のNBAが流れていたと言う形であれば、店舗内のテレビで流れていても問題ないとわたしは解釈しています。
ただ、この項にある放送や有線放送が有料放送であるCSまで含んでいるのかは、少し疑問を持っています。
含まれているのであれば、スカパー!に業務用の契約があるのはおかしいわけで…
この法律はまだ地上波しかなかった時代の物で、受信料が発生していない民放と元は国営放送であるNHKのみに適用されるのかな、とも思っています。
ですから、最近はお客様がいらっしゃる時間帯はNBAを流すのを避けています。
観戦レポートを書いてることからわかると思いますが、HDDに録画して、自分はしっかりと観てますけどね。

なんにしても、

わけわからん(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

と、言うのが本音です。
スカパー!にしても業務用の金額は電話で問い合わせてくださいと書いてあるだけで、料金表が公開されていないのも気に入りません。
規模やチャンネル数によって違うのでしょうが、全て表にして公開するべきです。おおよその見当すらつけられません。
見当すらつかないものに対して、おいそれと問い合わせる気にはならないです。

スポーツの放映だけでなく他の映像や音楽も、著作権に対して非常にうるさい割に、真っ当に使用するにはどうすればいいのか、いくらくらいかかるのか、がさっぱりわかりません。
わからないから余計に動画や音楽が違法に無料サイトで出回るんじゃないですかね。
厳しいことを言うのならわかりやすくしろ、と思うのはわたしだけでしょうか。

NBAの試合を流して、ファンのお客様とわいわい、あーだこーだと言い合いたいものですね。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/24 NBA全試合結果&感想

今日は12試合が行われました。



サンダー 88-99 ホークス

サンダー(3勝26敗)

 デュラント
  28点

 グリーン
  18点
  14リバウンド

 ウィルコックス
  19点
  12リバウンド


ホークス(18勝10敗)

 ジョンソン
  20点
  11リバウンド
  11アシスト

 ウィリアムス
  21点
   7リバウンド

 ホーフォード
   8リバウンド
   3ブロック

 ビビー
   7リバウンド
   4スティール


確率が悪い分、オフェンスリバウンドを取りまくるも、アテンプトが12も多いのに成功数は下回ってしまったサンダー。これでは勝てません。
ジョンソンはFG%は悪かったものの、トリプルダブルの大活躍。
他の選手も自分の仕事をこなしました。ややリバウンドが少ないと思いますが、問題ないでしょう。



ロケッツ 90-99 キャブス

ロケッツ(19勝10敗)

 アルストン
  20点


キャブス(24勝4敗)

 レブロン
  27点
   9リバウンド
   3スティール
   7ターンノーバー(BAD)

 モー
  23点


セルティックスの勝率があまりに高いので話題をさらわれてますが、キャブスも尋常でないほどの勢いで勝ってますね。
レブロンで始まり、レブロンで終わる、コーチングもクソもない全部レブロン頼み、から脱却したのが大きいのでしょうか。
モーの加入も確かに大きいんですが、それ以上にコーチングの変化が最も好影響を与えてると感じています。
ロケッツはスコラ以外の選手が軒並みリバウンドを取れてないのが響きましたね。



ネッツ 108-107 ペイサーズ

ネッツ(14勝14敗)

 カーター
  38点
   8リバウンド
   3スティール

 ハリス
  29点
  11アシスト


ペイサーズ(10勝18敗)

 ラッシュ
  22点
   8リバウンド
   3スティール

 グレンジャー
  26点

 フォスター
  14リバウンド(7オフェンスリバウンド)


ペイサーズは風邪で休んでいた選手が、ダニエルズ以外全員帰ってきました。
しかし、ハリスにブザービーターを決められ、あえなく逆転負け。
ペイサーズは厳しい状況が続いていますね。
ネッツはヒーローはハリスでしたが、カーターも大活躍です。このバックコートコンビ、かなり強力ですね。



ウィザーズ 72-80 ボブキャッツ

ウィザーズ(4勝22敗)

 バトラー
  31点

 マグワイア
  10リバウンド


ボブキャッツ(10勝19敗)

 オカフォー
  29点
  18リバウンド
   3ブロック

 ウォレス
  16点
   8リバウンド

 ディアウ
  11リバウンド


オカフォーの大活躍でボブキャッツが勝利しました。ディアウが良い感じに機能していますね。
ベルはあまり目立ってませんが、ラリー・ブラウンHCがスターターで使い続けているのですから数字以上に貢献度があるのでしょう。
ウィザーズは重傷ですね。とうとう42年ぶりにチーム史上最低成績を更新しました。
バトラーをガードに据え、スティーブンソンをベンチ出場させる布陣替えも効果無しです。
苦しいですねー。



76ers 91-110 セルティックス

76ers(12勝16敗)

 スペイトス
  16点
   3ブロック

 ウィリアムス
  16点
   8アシスト

 ダレンバード
  13リバウンド
   3ブロック


セルティックス(27勝2敗)

 パーキンス
  11リバウンド


76ersはやる気がないかのような絶望的な数字ですね。
特にスターター陣がひどすぎます。
セルティックスもそのおかげか、珍しくスターターを温存できていますね。
今日の勝利でセルティックスはNBA史上最高勝率を記録しました。また、19連勝はチーム記録です。
ここまで来ると70勝が見えてきましたね。
完璧にスケジュールに恵まれているんですが、昨シーズンはそう言われながら勢いがついてそのまま突っ走りましたからね。プレーオフではつまづきましたけどね。
昨シーズンはオールスター明けに3連敗をしていましたが、今シーズンはどうなるでしょうか。



ウォリアーズ 88-96 ヒート

ウォリアーズ(8勝22敗)

 アズブーキー
  16点
   9リバウンド

 ビエドリンシュ
   9リバウンド
   5スティール


ヒート(15勝12敗)

 ウェイド
  32点
   8リバウンド
   8アシスト
   3スティール
   3ブロック

 ハスレム
  16点
   8リバウンド

 クック
  20点

 マリオン
  16リバウンド


ウェイドの大活躍でヒートが勝利しました。
これだけの活躍をしながらターンノーバーがたったの2なのは素晴らしいですね。
また、クックがベンチから20点をあげ、貢献しました。
ウォリアーズは相変わらずFG%がひどいことになってます。
にも関わらずリバウンドで負けてるんですから、試合に勝てるわけがないですね。



レイカーズ 100-87 ホーネッツ

レイカーズ(23勝5敗)

 コービー
  26点

 ガソル
  20点
   7リバウンド

 バイナム
   7リバウンド
   3ブロック


ホーネッツ(16勝8敗)

 ポール
  17点
  10アシスト
   6スティール

 チャンドラー
  10リバウンド


コービーとガソルの活躍でレイカーズが勝利しました。
この時点で5敗しかしてないのはかなりの好成績ですが、上に二チームいるんですよね…
もっとも、セルティックスとキャブスは東なので多少恵まれてる感がありますが。
ホーネッツはウェストが全然調子が上がってこないですね。昨シーズン、オールスターに選ばれたような勢いがありません。
チャンドラーもリバウンド以外は今ひとつ。ディフェンスが売りなのにブロックが0と言うのは…
ポールは相変わらずですが、昨シーズンほどの勢いは感じられませんね。



ブルズ 98-104 ピストンズ

TV観戦レポート参照



ジャズ 86-94 バックス

ジャズ(17勝13敗)

 キリレンコ
  22点
  11リバウンド
   7ターンノーバー(BAD)

 デロン
  17点
   8リバウンド
   8アシスト
   7ターンノーバー(BAD)


バックス(14勝16敗)

 レッド
  27点

 リドナー
  11アシスト

 ボガッド
  11リバウンド


両チームともひどいFG%ですが、ターンノーバーは少なかったバックスが勝利しました。
ジャズはデロンとキリレンコの二人で、バックスのチーム総数より多いターンノーバーを記録。これはひどい。
また、ミルサップが負傷でしばらく試合を抜けていたのも影響したのでしょう。
後半には問題なくコートに戻りましたが、連続ダブルダブルは途絶えました。



グリズリーズ 82-100 マーベリックス

グリズリーズ(9勝19敗)

 ゲイ
  16点
   9リバウンド


マーベリックス(16勝11敗)

 ノヴィツキー
  21点
   8リバウンド

 ダンピアー
   9リバウンド
   5ブロック

 キッド
  11アシスト
   4ブロック


マーベリックスがグリズリーズのFG%を40%以下に抑えて完勝しました。
マヨが完全に抑えられているのですが、グリズリーズとしてはその分ゲイに頑張って欲しかったところですね。



ウルブズ 93-99 スパーズ

ウルブズ(4勝23敗)

 フォイ
  26点
  16点

 ジェファーソン
  28点


スパーズ(18勝10敗)

 パーカー
  36点
   8アシスト

 ダンカン
  19点
  12リバウンド
   4ブロック


ジェファーソン以外にフォイが大活躍するも、パーカーとダンカンの前にウルブズ撃沈です。
ジノビリは調子悪かったんですけどね。
ジェファーソン…報われませんね…



ナゲッツ 92-101 ブレイザーズ

ナゲッツ(18勝11敗)

 ネネ
  17点
  13リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   4スティール

 クレイザ
  20点


ブレイザーズ(18勝11敗)

 オルドリッジ
  22点
   8リバウンド

 プリズビラ
  19リバウンド


バックトゥバックはブレイザーズが勝利して再び勝敗数が並びました。
プリズビラのリバウンドがすごいですね。
オデンが8分しかプレーしてませんが、またケガでしょうか…情報はなにもないので、単にプリズビラの方が良かっただけだと思いますけどね。
スティール以外の全ての数字で少しずつブレイザーズが上回っているので、その差が出たんでしょうね。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/24 ブルズVSピストンズ TV観戦レポート

会場 ザ・パレス・オブ・オーバン・ヒルズ(デトロイト)


ブルズ

 ローズ
 ゴードン
 デング
 ノシオニ
 ノア


ピストンズ

 スタッキー
 アイバーソン
 ハミルトン
 プリンス
 ラシード


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ピストンズはとにかくラシードにボールを集めています。ラシードはその期待に応え、高確率でシュートを決めています。
 さらに速攻が気持ちいいくらいに決まり、あっという間に4-17とリードを広げます。
 ブルズはベンチからヒューズが出てきて活躍します。そのおかげでやや点差は詰まりますが、ピストンズも調子を維持しています。
 序盤の点差のまま第1クォーターが終わるかと思いきや、ヒューズのハーフラインより遠くから投げたシュートが入りブザービーター!
 …と、一旦はカウントされましたが、スローで見ると明らかに時間切れでノーカウント。
 結局…点差は序盤のまま、19-32で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 開始と同時にブルズが猛攻。ピストンズは1点しか取れません。
 しかし、マキシールとマクダイスのディフェンスで持ち直し、再び点を取り始めて差を広げます。
 その後は互角の攻防ですが、点差が点差だけに互角ではブルズに勝機は見えてきません。
 ピストンズはスタッキーの調子が上がってきました。難しいシュートを次々と決めています。
 アイバーソンもおとなしく調子のいいスタッキーや、インサイドのマクダイスやマキシールのアシスト役に徹しています。
 ただ、ハミルトンが全く目立ってません…
 ピストンズの方がやや勢いに乗ってます。また、プリンスがブザービーターを決めました。こちらは時間内でカウント。
 45-58で前半を終了します。



第3クォーター

 ピストンズは全くシュートが入らなくなりました。
 その間にブルズは得点を重ねて一気に6点差。本当にあっという間です。
 3分もの間、1点も取れないピストンズはディフェンスも機能しなくなり、ゴードンのレイアップで4点差となります。
 たまらずタイムアウト。3分の間に二回目です。
 それも効果がなく、ノシオニのスリーで1点差!
 ピストンズは4分以上経過して、マクダイスのフリースローでようやく初得点。しかし、二本中一本しか入らず。ビックリするくらい流れが悪くなりましたね。
 ところが、ここからスタッキーが爆発。スリーにジャンパーに得点を重ね、再び11点差まで広げます。
 ブルズがどれほど頑張って点差を詰めようと、ことごとくスタッキーが立ちはだかります。
 スタッキーは既に得点キャリアハイを超える活躍。今日のスタッキーはアンストッパブルです。
 ピストンズはスタッキーに引っ張られて持ち直し、69-80で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 スタッキーがえらいことになってます。もう誰にも止められない感じで、キャリアハイが伸び続けています。
 そのスタッキーにブルズはゴードンが対抗。ゴードンも止まらない感じになってきました。
 決定的に違うのが、ブルズはゴードン一人が点を取ってるのに対し、ピストンズはハミルトンやプリンスも調子が上向いてきたこと。
 その差は顕著で、点差は一向に縮まりません。ブルズは点を取るのに明らかに苦しんでいます。
 さらに残り2:03には、しばらくアシスト役に回っていたスタッキーが自らジャンパーを沈め、突き放しました。



最終スコアは98-104でピストンズの勝利。
スタッキーがとにかくものすごかったです。これまでのキャリアハイ28点を大幅に上回る40点をあげ、勝利に導きました。
後半開始直後は完全にブルズに流れがいき、あっという間に1点差。さらにアイバーソンが負傷でロッカーに下がってしまう事態に雰囲気が暗くなりかけましたが、完全に払拭しましたね。
ただ、今日は勝てましたがハミルトンが機能してないですね。
アイバーソンが下がった後半は、これまで一緒にプレーしていた面子とのプレーだったので持ち直しましたが、アイバーソンと一緒だと全くダメです。
コーチは使い方をもう少し考えるべきじゃないですかね。ハミルトンの良い部分が完全に消えてます。
好材料はマクダイスの出戻り。やはり頼りになります。
FAになっていた時、19(17?)チームから誘いがあったのもうなずけます。
これほどの選手がベンチから、目立とうとせずに自分の仕事をこなしてくれるんですから、こんなありがたいことはないですね。
ブルズは序盤に大差をつけられたのが痛かったですね。
そのために後半開始直後の猛攻でも同点にすらできませんでした。あまりに痛いスロースタートでした。
こちらもデングが良くないですね。ペースが悪いというか、目立ってないと言うか…
ローズが入った影響なんでしょうか。しかし、アイバーソンとハミルトンほど相性が悪いとも思えませんが…
デングがもう少ししっかりしてくれないと、ブルズはいつまでも勝ち越すことはできないでしょう。



ブルズ 98-104 ピストンズ

ブルズ(13勝15敗)

 ゴードン
  18点
   7リバウンド
   7アシスト

 ノシオニ
  18点
   8リバウンド

 トーマス
  16点
  12リバウンド

 デング
  11リバウンド


ピストンズ(15勝11敗)

 スタッキー
  40点
   4スティール

 プリンス
  11リバウンド
   7アシスト

 マクダイス
  11リバウンド



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/23 NBA全試合結果&感想

今日は6試合が行われました。



ウォリアーズ 81-113 マジック

ウォリアーズ(8勝21敗)

 ランドルフ
  12リバウンド
   3ブロック

 ビエドリンシュ
   9リバウンド
   3スティール


マジック(22勝6敗)

 ネルソン
  22点
   7アシスト

 ルイス
  21点

 ハワード
  11リバウンド


マジックの完勝です。
ウォリアーズ、ひどいFG%ですね。
それでリバウンド数がほとんど変わらないんですから、勝ち目があろうはずがありません。



ロケッツ 114-91 ネッツ

TV観戦レポート参照



レイカーズ 105-96 グリズリーズ

レイカーズ(22勝5敗)

 コービー
  36点

 ガソル
  15点
   7リバウンド


グリズリーズ(9勝18敗)

 ゲイ
  23点
   7リバウンド

 マヨ
  22点

 ミリチッチ
   8リバウンド
   3ブロック


レイカーズが第4クォーターに突き放し、完勝しました。
コービーが大活躍です。
グリズリーズはもう少しディフェンスを踏ん張りたかったところですね。



キングス 85-101 スパーズ

キングス(7勝22敗)

 サルモンズ
  22点


スパーズ(17勝10敗)

 パーカー
  18点


スパーズの出場配分はまるでプレシーズンのようですね。
それくらい余裕を持った勝利を収めました。
キングスは元々調子は良くないですが、最近、特に輪をかけてひどくなってきてるような気がします。



ブレイザーズ 89-97 ナゲッツ

ブレイザーズ(17勝11敗)

 オルドリッジ
  20点


ナゲッツ(18勝10敗)

 ネネ
  19点
  11リバウンド

 ビラップス
  19点
  10アシスト

 JR
  15点
   7リバウンド

 マーティン
  12リバウンド
   3ブロック

 アンダーセン
   6ブロック


同一ディビジョン、同一勝敗数のチームの対戦はナゲッツが制しました。
カーメロは欠場でしたが、チームが一丸となって勝利しましたね。
ブレイザーズはオルドリッジとオデンがリバウンドを全然取れなかったのが響きましたね。



ラプターズ 97-75 クリッパーズ

ラプターズ(11勝17敗)

 ボッシュ
  31点
   7リバウンド

 ジャーメイン
  23点
   9リバウンド
   5ブロック


クリッパーズ(8勝20敗)

 ランドルフ
  19点
   8リバウンド

 バロン・デイビス
  16点
   9アシスト

 ジョーダン
   8リバウンド
   3ブロック


ボッシュとジャーメインの活躍でラプターズが勝利しました。
二人が同時に大活躍したのは初めてではないでしょうか。
ラプターズはリバウンド、スティール、ブロックが大幅に上回っているので、ディフェンスの勝利と言えるでしょう。
クリッパーズは全員低調ですが、特にソーントンのFGが1/10なのは大誤算でしたね。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/23 ロケッツVSネッツ TV観戦レポート

会場 アイゾッドセンター(ニュージャージー)


ロケッツ

 ブロックス
 マグレディー
 バティエ
 スコラ
 ヤオ


ネッツ

 ハリス
 カーター
 ハッセル
 イ
 ロペス

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 序盤、ネッツはシュートが入りません。入らないどころかエアボールです。
 ロケッツは好調で、ブロックスが活躍。ハリスをファールトラブルに追い込みます。
 イにボールを回そうとしすぎてるんじゃないでしょうか。普段はここまでイにボールが渡りません。
 中国対決を意識でもしてるんですかね…
 シュートが入らない上にターンノーバーを連発し、かろうじて得点を二桁に乗せて29-13で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 相変わらずネッツの流れは悪いですが、ハリスが少しずつ取り戻していきます。
 しかし、今日のロケッツは好調&ネッツが悪すぎです。一人でどうにかできるような状態ではありません。
 焦ったハリスがオフェンスファールを犯し、早くも3つめでベンチに下がります。
 ロケッツはフリースローの確率が悪いですが、それでも関係ないくらい点差がついています。
 ハリスの代わりに出てきたドゥーリングが中に外に大活躍。一時20点以上の差がついていましたが、一気に14点差となります。
 それでも一人の力では好調ロケッツに太刀打ちできません。
 結局再び点差は20点を超え、61-40で前半を終了します。



第3クォーター

 中国人対決ですから中国でも放送されているでしょうが、イはそれを意識しすぎてるんじゃないでしょうか。
 元々そんなに安定感のある選手ではありませんが、今日は輪をかけてひどいです。
 他の選手は頑張っていますが、いかんせん流れが悪すぎます。その上、ロケッツの調子が良すぎます。
 結局、点差は変わらず86-65で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 結局、流れは全く変わりませんでした。



最終スコアは114-91でロケッツの勝利。
序盤が全てでしたね。ネッツは20%ほどしかないFG%で、ロケッツは好調でした。
その後、どれだけネッツが立ち直ろうと、ロケッツはそのまま最後まで行きましたので点差が詰まることはありませんでした。
イがひどかったですね。また、チームもいつもよりイを使おうとしてた気がします。
そんなに中国の放送を気にしていたのでしょうか。
ハリスは早々にファールトラブルになり、点差が全く詰まらなかったこともあって出場時間が短かったですね。
半分捨て試合みたいな内容でした。
ロケッツはブロックスが素晴らしい活躍をしました。
これだけ元気の良い若い選手はチームには貴重ですね。



ロケッツ 114-91 ネッツ

ロケッツ(19勝9敗)

 ヤオ
  24点
  16リバウンド
   4ブロック

 ブロックス
  22点


ネッツ(13勝14敗)

 ドゥーリング
  17点



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/22 NBA全試合結果&感想

今日は4試合が行われました。



ピストンズ 78-85 ホークス

ピストンズ(14勝11敗)

 スタッキー
  20点
   9リバウンド

 ラシード
  20点


ホークス(17勝10敗)

 ビビー
  27点
   3スティール

 ジョンソン
  19点
   7アシスト

 ホーフォード
  11リバウンド

 ウィリアムス
  10リバウンド


ピストンズのフリースローがえらい少ないんですが、ホークスはそんなに上手く守ってたんでしょうか。
ビビーが3P 6/6の大活躍で、スミスは不振だったものの、他の選手は役割をこなしましたね。
ピストンズはアイバーソンが機能し始めたと言われていた直後に、あまり機能しませんでしたね。
最近はプリンスの調子も落ち始めていますし、ラシードも安定していません。
コーチの手腕が問われるところです。



ニックス 105-124 セルティックス

ニックス(11勝16敗)

 リチャードソン
  29点

 ロビンソン
  23点

 デュホン
  20点
  10アシスト

 リー
  17点
   8リバウンド
   4スティール


セルティックス(26勝2敗)

 ロンド
  26点

 レイ・アレン
  18点
   3スティール

 パーキンス
  12リバウンド
   4ブロック


セルティックスは珍しくスターターのプレータイムを抑え気味ですね。
第1クォーターでほぼ勝負がついたような状態だったからでしょうか。
ニックスはまたしても7人ローテーションになってますね。
ガリナーリ、カリー、ジェフェリーズの三人は来月には復帰できそうですが、ダントーニスタイルに順応できるでしょうか。
特にカリーは走り回るスタイルについていけるかどうか、非常に疑わしいですね。
いずれにしても7人ローテーションでは、セルティックスでなくても勝つのは難しいでしょうね。



マーベリックス 97-86 ウィザーズ

TV観戦レポート参照



キャブス 102-91 サンダー

キャブス(23勝4敗)

 レブロン
  31点
   7アシスト
   3スティール

 モー
  20点
   3スティール


サンダー(3勝25敗)

 ウェストブロック
  24点
  11アシスト

 デュラント
  26点

 グリーン
  16点
  10リバウンド


キャブスはFG%、3P%ともに50%を超えてますね。すごい確率です。なのにフリースローは60%…もう少し頑張りましょう。
サンダーはウェストブロック、デュラント、グリーンはいいんですが、他の選手がさっぱりです。
もう少しチームとして機能すればいいんですが、コーチも代わったばかりですし難しいかもしれませんね。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/22 マーベリックスVSウィザーズ TV観戦レポート

会場 ヴァーゾンセンター(ワシントンDC)


マーベリックス

 キッド
 ハワード
 ジョージ
 ノヴィツキー
 ダンピアー


ウィザーズ

 ジェームス
 スティーブンソン
 ジェイミソン
 バトラー
 ブラッチェ


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 なんだかバタバタした出だしです。シュートが入らない、リバウンドもしっかり取れない…両チーム供です。
 ハワードが一人だけ絶好調。一人だけシュートを次々と決めていきます。
 ウィザーズはジェームスは良い感じですね、シュートもアシストもテンポが良いです。
 ただ、他の選手は両チームともひどい有様ですね。
 特にキッドとノヴィツキー、外しまくりです。
 マーベリックスはキッド、ウィザーズはジェイミソンとバトラー、彼らがひどいですね。
 ノヴィツキーはやや調子を上げてきましたが…
 クロスゲームなのになんとも盛り上がらない試合。観客も白け気味です。
 22-21で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ターンノーバーはそんなに多くないんですが、シュートがなかなか入らない大味な試合です。
 ノヴィツキーはいつの間にやら確率を上げてますね。
 ウィザーズもジェイミソンが少し調子を上げてきました。その影響か、ウィザーズが少しリードを広げます。
 それでも突き放すことはできず、42-44で前半を終了します。



第3クォーター

 逆転同点の連続の好ゲーム…ではなく、常にどちらも決め手に欠ける感じです。
 これを決めたら流れが来そう、と言う場面でパスミスやターンノーバーにはならない程度のミスが起こり、結局はどちらにも流れが行かず。
 一時ウィザーズがリードを広げましたが、テリーが終盤に立て続けにスリーを決めてマーベリックスが逆転し、70-68で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 今日のノヴィツキーは地味に調子が良いです。なかなかシュートを外しません。ただ、いつものようなキレがない気がします。
 それでも得点は得点です。シュートが入らないウィザーズとのさは次第に開いていきます。
 ここに来てようやくバトラーの調子が上がってきました。カウントワンスローやスリーで得点を伸ばしていきます。
 しかし、調子が上がったのはバトラーだけです。他の選手は相変わらず。
 今日の調子では一度開いた差は縮まりませんでした。



最終スコアは97-86でマーベリックスの勝利。
なんとも締まらない試合でしたね。最終盤までずっと競り合いのクロスゲームだったのに、全然面白くなかったです。
リードチェンジ16回、タイ11回ですから、抜きつ抜かれつの接戦だったと言えるんですが…
とにかく、ここぞという時のミスが多かったです。
ターンノーバーはそれほど多くないのに、大事なところでしてしまったり、重要なシュートを外したり。なにやってんの、と何度言ってしまったことか。
もう少し慎重なバスケをした方が良いんじゃないですかね。



マーベリックス 97-86 ウィザーズ

マーベリックス(15勝11敗)

 ノヴィツキー
  23点
   9リバウンド

 テリー
  25点

 キッド
  11アシスト
   3スティール

 シングルトン
  13リバウンド
   3ブロック

 ダンピアー
  12リバウンド


ウィザーズ(4勝21敗)

 ジェイミソン
  22点
   8リバウンド

 ジェームス
  17点
   8リバウンド



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


10/21 全試合結果&乾燥

今日は10試合が行われました。



レイカーズ 103-106 マジック

レイカーズ(21勝5敗)

 コービー
  41点
   8リバウンド

 フィッシャー
  27点

 オドム
   8リバウンド
   3スティール


マジック(21勝6敗)

 ネルソン
  27点

 ルイス
  22点

 ハワード
  18点
  12リバウンド
   3スティール


コービーが最後のシュートをブヤチッチに託し、それが外れて敗北を喫しました。
あそこは強引にでも行くべきだったんじゃないでしょうか。
エースが、ましては今日は41点と調子が良かったわけですから、それでコービーが外したら他の選手もファンも納得でしょう。
自己中心的な部分が鳴りを潜めた弊害でしょうか。まるで肝心なところで勝負にいかないと批判されていた数年前のレブロンのようです。
そのおかげで貴重な勝利を収めたマジック。今日もネルソンが大活躍ですね。
ケガから復帰したピートラスがえらいことになってますが、他の選手はキッチリと仕事をしているのでチームの形はいいと思います。
ただ、フリースローはしっかりと決めましょう。



ウォリアーズ 110-103 ボブキャッツ

ウォリアーズ(8勝20敗)

 クロフォード
  50点

 アズブーキー
  21点
  13リバウンド


ボブキャッツ(9勝19敗)

 ウォレス
  26点

 ベル
  21点

 オカフォー
  13リバウンド
   3ブロック

 ディアウ
  10リバウンド


クロフォードの大活躍でウォリアーズが勝利しました。
クロフォードは異なる3チームで50点以上をあげた史上4人目の選手となりました。
他の3人は、ウィルト・チェンバレン、バーナード・キング、モーゼス・マローンです。
3人ともものすごい選手なんですが…クロフォードもこれくらいの選手になれるといいですね。
まあ、チェンバレンやマローンの域に達するのは難しいと思いますけどね。キングも大変な選手ですが、この二人は伝説レベルですから。
ボブキャッツはフリースローをキッチリ決めたかったですね。
他の数字は悪くないだけに、悔やまれる敗戦です。



ペイサーズ 95-94 76ers

ペイサーズ(10勝17敗)

 フォード
  25点
   5スティール

 フォスター
  10リバウンド


76ers(12勝15敗)

 イグダーラ
  26点

 ミラー
  14点
  10リバウンド
  12アシスト

 ダレンバード
  14リバウンド
   5ブロック


ミラーがトリプルダブルの活躍も、フォードに残り3秒で逆転シュートを決められ報われませんでした。
ブランドが欠場中とは言え、ペイサーズはマーフィー、ダニエルズ、グレンジャーの三人を風邪で欠いている状態。そのチームに負けるとは、深刻ですね。
ペイサーズはフォード様々ですね。



キングス 90-99 ホーネッツ

キングス(7勝21敗)

 サルモンズ
  26点
   7アシスト

 トンプソン
  10リバウンド


ホーネッツ(16勝7敗)

 ポール
  34点
   9アシスト
   8スティール


ポールの8スティールはすごいですね。
スティールを含めたトリプルダブルに後一歩でした。
キングスはターンノーバーを10以上も多く犯してしまったのが響きましたね。



ロケッツ 109-102 ウルブズ

ロケッツ(18勝9敗)

 マグレディー
  23点

 アーテスト
  19点
   3スティール

 ブロックス
  18点
  10リバウンド

 ヘイズ
  10リバウンド


ウルブズ(4勝22敗)

 ジェファーソン
  34点
  13リバウンド
   3ブロック

 フォイ
  24点


ジェファーソンがヤオを相手に完全に上回ったものの、チームは負けました。
ジェファーソンとフォイの二人だけが活躍したウルブズに対し、ロケッツはベンチも含めた全員バスケ。
これでは勝てませんね。



ヒート 106-103 ネッツ

ヒート(14勝12敗)

 ウェイド
  43点


ネッツ(13勝13敗)

 ロペス
  22点
  13リバウンド
   5ブロック

 ハリス
  21点
   9アシスト

 カーター
  21点


ネッツは三人が20点を超えたものの、及びませんでした。
確率よくシュートを決められてしまったのが一つの原因ですね。
ウェイドの大活躍はお見事です。



ジャズ 98-106 ブルズ

TV観戦レポート参照



クリッパーズ 85-119 バックス

クリッパーズ(8勝19敗)

 ソーントン
  20点

 キャンビー
  11リバウンド


バックス(13勝16敗)

 ジェファーソン
  22点
   9リバウンド

 リドナー
  18点
   7アシスト

 ガドズリッチ
   7リバウンド
   3スティール


このところ調子の良かったクリッパーズですが、その要因となっていたランドルフが大乱調で惨敗です。
バロン・デイビスもキャンビーもどうしたんだと言うほどのひどい有様ですね。
バックスは8人が二桁得点の完勝です。



ラプターズ 97-107 スパーズ

ラプターズ(10勝17敗)

 ジャーメイン
  24点
  10リバウンド

 ボッシュ
  17点
  10リバウンド


スパーズ(16勝10敗)

 パーカー
  24点
   8リバウンド
  10アシスト

 ダンカン
  19点
   7リバウンド
   4ブロック

 トーマス
  12リバウンド
   3ブロック


ジャーメインを獲得して上位に食い込むかと思いきや、ひどいことになってきましたね。ラプターズは。
コーチが代わったのでまだ混乱しているのかもしれませんが、それにしても負けすぎです。
スパーズは満遍なく活躍し、危なげない勝利を収めましたね。



ナゲッツ 101-108 サンズ

ナゲッツ(17勝10敗)

 ネネ
  20点
  15リバウンド

 JR
  23点

 ビラップス
  18点
   8アシスト
   3スティール


サンズ(16勝11敗)

 アマレ
  27点
  10リバウンド

 シャック
  19点
   9リバウンド

 リチャードソン
  19点
   7リバウンド

 ナッシュ
  16点
  11アシスト


サンズが完勝ですね。ナゲッツはこのところ調子を落としているようです。
サンズはアマレが高確率で、シャックも堅実に数字をあげました。
ただ、ベンチ陣の出場時間が短すぎますね。唯一長いバーンズは、今日はちょっと悲惨でしたし。
ナゲッツはカーメロの不調が痛かったですね。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/21 ジャズVSブルズ TV観戦レポート

会場 ユナイテッドセンター(シカゴ)


ジャズ

 デロン
 ブリュワー
 マイルズ
 ミルサップ
 オクァー


ブルズ

 ローズ
 ゴードン
 デング
 ノシオニ
 グレイ


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはジャズが先手を取ります。ブルズはシュートが入りません。
 ジャズは開始からFGが6/7、すごいですね。
 タイムアウトを取ると、さすがにブルズも持ち直しました。また、ジャズもこれほどの高確率で決め続けられるわけがないので、少し点差が縮まっていきます。
 ゴードンの調子が良いようですね。オフェンスのみならずディフェンスでも素晴らしい活躍を見せています。
 点差はいつの間にか1点差。ブルズは一気に詰めましたね。
 さらにゴードンは止まらず、逆にジャズは流れが悪くなりました。
 残り2:04にはデングとセフォローシャのコンビネーションでブルズが逆転します。
 それでもややジャズが持ち直し、29-27と再逆転して第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 両チームとも慎重ですね。点差は互角で試合は進んでいきます。ややブルズの方が流れが良いでしょうか。
 ローズとセフォローシャがグッドディフェンスから速攻を立て続けに決め、ブルズが一気に7点をリードします。
 ジャズもすぐに持ち直し、ミルサップやオクァーの得点で再び1点差とします。
 さらにデロンがアシストに得点に目立ち始め、ジャズが逆転します。
 ただ、ジャズはターンノーバーが多いですね。たたみかけるチャンスを自ら潰しています。
 それでも崩れることなく、52-51と1点差で前半を終了します。



第3クォーター

 相変わらず流れはややブルズのまま、一進一退の攻防が繰り広げられています。
 流れが相手にある状況でシュートを決め続けられるデロンはすごいと思います。
 ずっとブルズの流れの中、それを断ち切ったのはミルサップ。立て続けにスティールし、それを得点に繋げます。オクァーとのコンビネーションもシュートも見事です。
 ミルサップ、オクァーそしてデロンの活躍で一時はリードを広げたジャズですが、ブルズもディフェンスからの速攻などで巻き返し、79-78と1点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 それにしてもオクァーはあのでかい図体でよく走りますね。速攻の際は必ず先頭かそれに近い位置にいます。動きそのものはそんなに速くないんですけどね。
 このクォーターはジャズの方に流れがありますね。ですが、ブルズもよくついていっています。
 ローズはすごいルーキーですね。自らの活躍で流れをグッと引き寄せました。
 さらにゴードンが速攻からスリーを決め、一気に6点差をつけます。
 ここからジャズは再び詰め寄ることができず、ジリジリと差が開いていきました。



最終スコアは98-106でブルズの勝利。
ローズは素晴らしかったですね。特に最終盤の大事な場面ですごみを増しました。
それまでゴードンやヒューズもよく繋いでいましたが、チームに勢いをもたらしたのは間違いなくローズです。もはや彼がエースと言っても差し支えないでしょう。
その反動か、デングがいまいちですね。相性が良くないんでしょうか。ほとんどの数字がキャリア最低クラスになってます。アシストやリバウンドに至ってはルーキーシーズンより低いです。
彼がもう少し活躍できると、ブルズはもっと上にいけると思うんですけどね。
ジャズは流れが悪い中よく踏ん張っていましたが、最後はローズにしてやられました。
デロン、ミルサップ、オクァーは良かったんですが、このところブリュワーとマイルズが良くないですね。
今日の試合では存在感がまるでありませんでした。
キリレンコ以外のベンチ陣もパッとしませんし、はやくブーザーが復帰して欲しいところですね。
そうすればミルサップをベンチから使えるので、相手からすれば脅威になります。
ただ、現在ミルサップは15試合連続でダブルダブルを記録していて、これは過去3シーズンではドワイト・ハワードが昨シーズンに記録しているだけの素晴らしい記録だとか。
ジャズの歴史の中でもカール・マローンに次ぐ活躍となってますし、ベンチ要員で使うのももったいないかも?
スローンHCはそういう個人成績を加味してロスターを考えることはしないでしょうけどね。



ジャズ 98-106 ブルズ

ジャズ(17勝12敗)

 オクァー
  23点
  13リバウンド

 ミルサップ
  22点
  10リバウンド


ブルズ(13勝14敗)

 ゴードン
  26点

 ローズ
  24点

 ノシオニ
  15点
   8リバウンド



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/20 NBA全試合結果&感想

今日は12試合が行われました。



クリッパーズ 117-109 ペイサーズ
        2OT

クリッパーズ(8勝18敗)

 ランドルフ
  34点
  16リバウンド

 ソーントン
  25点
   4スティール

 キャンビー
  20点
  12リバウンド
   3スティール

 バロン・デイビス
  18点
  11アシスト
   3スティール


ペイサーズ(9勝17敗)

 ジャック
  27点
   7アシスト
   3スティール

 ヒバート
  16点
   8リバウンド
   5ブロック

 ネストロビッチ
  16点
   8リバウンド

 フォスター
  11リバウンド


グレンジャー、マーフィー、ダニエルズが風邪で欠場したペイサーズ、ダブルオーバータイムの末、敗れました。
フォードもベンチスタートになっているんですが、調子が悪いんでしょうか。それともケガでしょうか。
クリッパーズはスターター全員を48分以上プレーさせる酷使っぷり。
そこまでしなければならないほど頼りにならないベンチ陣とは思えませんが…



76ers 109-103 ウィザーズ

76ers(12勝14敗)

 ウィリアムス
  26点

 イグダーラ
  18点
   9リバウンド

 ヤング
  18点
   4スティール


ウィザーズ(4勝20敗)

 じぇみそん
  23点
  10リバウンド

 バトラー
  20点
   7リバウンド


ブランドが1ヶ月の離脱となった76ersですが、勝利しました。
ウィザーズは相変わらずジェイミソンとバトラーが活躍するも、チームは勝てず。
これまた相変わらず高確率で相手にシュートを決められてますね。



ウォリアーズ 99-115 ホークス

ウォリアーズ(7勝20敗)

 ベリネーリ
  27点

 ライト
  19点
   8リバウンド

 ビエドリンシュ
  15リバウンド


ホークス(16勝10敗)

 ウィリアムス
  22点
   9リバウンド

 マレー
  20点

 スミス
   7アシスト
   4スティール

 ビビー
   8リバウンド
   7アシスト


5アシスト以上が5人と、ボールを回してチーム一丸となってホークスが勝利しました。
素晴らしいバランスアタックだと思います。
ウォリアーズは全てに置いて及ばず、完敗です。



ブルズ 108-126 セルティックス

ブルズ(12勝14敗)

 デング
  19点
   7リバウンド
   3スティール


セルティックス(25勝2敗)

 パーキンス
  25点
   8リバウンド

 レイ・アレン
  27点

 ガーネット
  17点
   4スティール

 ロンド
  15アシスト
   4スティール


ブルズはディフェンスをしてなかったのだろうかと思うような数字ですね。
ブルズも高確率で決めてはいますが、これだけ好き勝手決められたら台無しです。
ディフェンスレスの試合だったんでしょうか。



マーベリックス 97-121 ネッツ

TV観戦レポート参照



バックス 105-81 ニックス

バックス(12勝16敗)

 レッド
  21点
   3スティール

 モーテ
  16点
   9リバウンド

 ボガッド
  13リバウンド
   3ブロック

 リドナー
   7アシスト
   3スティール


ニックス(11勝15敗)

 ロビンソン
  21点

 リー
  14リバウンド


今日のニューヨークは雪がすごかったらしく、ハリントンが交通渋滞に巻き込まれて遅刻し、スターターから外れました。
その影響かどうかはわかりませんが、ニックスはひどいFG%と、ターンノーバーの多さであえなく撃沈。大敗しました。
バックスは6人が二桁得点。ヴィラヌエバは不調でしたが、問題なかったですね。



ジャズ 120-114 ピストンズ
     2OT

ジャズ(17勝11敗)

 デロン
  29点
   8アシスト

 オクァー
  26点
  12リバウンド

 ミルサップ
  24点
  13リバウンド
   4ブロック


ピストンズ(14勝10敗)

 アイバーソン
  38点
   7アシスト
   3スティール

 ハミルトン
  30点

 プリンス
  17点
   7リバウンド

 ラシード
   8リバウンド
   3スティール
   4ブロック


ピストンズはこういう試合をホームで落としたのは痛いですね。
おそらくファンの脳裏にはMr.BigShotの姿がかすめたことでしょう。ビラップスがいれば…と。
しかし、アイバーソン獲得は成功なら良し、失敗なら契約延長しない、で前を向ける話ですから、いっそのこと負けるなら負けるでハッキリと見えた方がいいのかもしれません。
中途半端に勝ってしまうと、今後の方針にも影響するでしょうし。
それにしてもカリーHCはなぜ、マキシールをここまで使わないんでしょうかね。もったいないです。
ジャズはブーザー不在でもよくやってますね。
ただ、そのブーザーがオフにオプトアウトしてフリーエージェントになると宣言しました。
オーナーがご立腹のようです。どうなりますかね~



レイカーズ 87-89 ヒート

レイカーズ(21勝4敗)

 コービー
  28点

 ガソル
  11リバウンド


ヒート(13勝12敗)

 ウェイド
  35点
   3スティール

 アンソニー
   8リバウンド
   3スティール

 マリオン
  11リバウンド


接戦をヒートがものにしました。
コービーは同点にできるラストショットを外してしまいました。
シャック移籍以後、実はこういう接戦でのラストショットの確率が22%程度と低いのだとか。実はあまり勝負強くない?
もっとも、任される本数も多いですし、当然マークが集中した状態でのシュートになりますから確率は必然的に下がるでしょうけどね。
ジョーダンやレジーもクラッチタイムのシュート全部を決めていたわけじゃないですから。
また、レイカーズはフリースローを半分近く外してしまったのが一つの敗因ですね。
ヒートはよく耐えましたね。
ほとんどの数字で劣ってますが、フリースローだけは上回ったのが良かったですね。



ラプターズ 83-91 サンダー

ラプターズ(10勝16敗)

 ボッシュ
  22点
  16リバウンド(8オフェンスリバウンド)

 カルデロン
   8アシスト
   3スティール


サンダー(3勝24敗)

 デュラント
  24点
   8リバウンド
   3スティール

 ウェストブロック
  19点
   8アシスト

 メイスン
  10リバウンド


ロスターを入れ替えたサンダー、これが功を奏したのかようやく3勝目を上げました。
ラプターズは調子が落ちていく一方ですね。
ボッシュも元気がないようです。



ボブキャッツ 112-83 グリズリーズ

ボブキャッツ(9勝18敗)

 ディアウ
  26点
  10リバウンド

 ウォレス
  22点
   9リバウンド
   4スティール

 オカフォー
  25点
   7リバウンド

 オーガスティン
  10アシスト


グリズリーズ(9勝17敗)

 ゲイ
  17点
   3ブロック


大型トレード以後、なかなか調子のいいボブキャッツが圧勝しました。
ディアウがものすごいですね。
チーム全体で65.8%と、すさまじい確率でシュートを決めているので、なにもかも上手くいった日と言えるでしょう。
逆にグリズリーズはディフェンスが崩壊してしまった日ですね。
相手がシュートを外さないと言うことはリバウンドも発生しないということで、リバウンドでも大差をつけられています。当然、アシストもすごい差です。
こんな日もあると割り切るしかなさそうですね。



キングス 96-107 ロケッツ

キングス(7勝20敗)

 サルモンズ
  26点

 ミラー
  17点
  11リバウンド


ロケッツ(17勝9敗)

 ヤオ
  30点
   3ブロック

 スコラ
  23点
  10リバウンド
   3スティール

 マグレディー
  18点
   8アシスト

 ランドリー
  11リバウンド


アーテストをベンチスタートにしてからチームの調子が良さそうなロケッツ。完勝です。
キングスはウードリッチの波が激しいですね。
時々チームを勝利に導く活躍をしますが、今日のように全く活躍できない日もあります。
もう少し安定すると頼れる選手になるんでしょうが…



キャブス 105-88 ナゲッツ

キャブス(22勝4敗)

 レブロン
  33点
  10リバウンド
   8アシスト

 イルガウスカス
  23点

 ウェスト
  22点


ナゲッツ(17勝9敗)

 アンダーセン
  10リバウンド
   3ブロック


ナゲッツはここまでの完敗はビラップス加入後、初めてではないでしょうか。
FG%とオフェンスリバウンドの数が明暗を分けてますね。
キャブスはイルガウスカスが復帰して、バランスが良くなりました。
密かに勝率がレイカーズを上回っているキャブス。
セルティックスの調子があまりに良いために話題に上ってませんが、相当に調子が良いですね。
モーの加入もあるでしょうが、コーチの変貌が一番の要因ではないでしょうか。
もうポポビッチに試合中に電話で相談していた頃の面影はありません。
これでプレーオフも勝ち抜くことができれば名将と呼ばれるようになるかも? まだ気が早いですね。
ナゲッツはカーメロがたったの29分でファールアウトしたのも痛手でしたね。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/20 マーベリックスVSネッツ TV観戦レポート

会場 アイゾッドセンター(ニュージャージー)


マーベリックス

 キッド
 ハワード
 ジョージ
 ノヴィツキー
 ダンピアー


ネッツ

 ハリス
 カーター
 シモンズ
 イ
 ロペス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 キッドのニュージャージー凱旋試合ですね。
 かなり歓迎されてます。ネッツ時代の#5のユニホームを着た観客もチラホラ。ここまで愛されるのは選手冥利に尽きるでしょうね。
 序盤はお互い様子見の様相。得点は互角です。
 キッドとハリスが張り合うような形になってますね。今のところ上手なのはハリス。スリーを連続で沈めるなどでチームを牽引します。
 逆にキッドはパスをジョージが決めきれなかったり、レイアップを外したりして乗り切れません。
 しかし、やられっぱなしでいるようでは、ここまでの選手にはなってないでしょう。
 タイムアウトの後、簡単に盛り返し、チームも点差を縮めます。
 マーベリックスはバレアがすごく良いですね。シュート力もゲームメイクもかなり成長しています。
 ネッツはカーターの活躍でやや優位に試合を進め、30-33で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ネッツは33点の内、29点がハリスとカーターの得点です。極端ですね。
 マーベリックスはシュートが入りません。そんなマーベリックスを尻目にネッツは得点を重ね、10点差をつけます。
 しかし、キッドとノヴィツキーがコートに戻ると、オフェンスは元よりディフェンスもよくなりましたね。
 テリーもその恩恵を受けてシュートが入りやすくなりました。
 点差は詰まりましたが、ネッツも相変わらず好調でそう簡単に同点にはさせません。
 ハリスとカーターが連続でスリーを決め、一気に差を12点にしました。
 ハリスは残り2分強の時点で既に26点。ものすごい活躍です。
 今日はノヴィツキーが不調で、シュートが入りません。マークを引きつけるので、他の選手が恩恵を受けてはいますが…
 51-64とネッツが突き放して前半を終了します。



第3クォーター

 開始から3分で2点ずつしか取ってません。確率が悪いですね~
 先に乗ったのはマーベリックス。キッドのスリーなどで7点差に迫ります。ただ、ノヴィツキーがいまいちですね。
 ハリスの勢いは落ちてきましたが、カーターは好調を維持、イもシュートが決まるようになってきました。
 ハリスも前半ほどの勢いがないだけで、沈黙したわけではありません。本当にすごい選手になりました。
 一時は一桁差になりましたが、ネッツが盛り返して再び77-90と13点差となって最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 完全に勢いがネッツに行きました。次々とシュートが決まっていきます。
 マーベリックスの反撃は単発で、決めても確実に決め返され、決めなくても決められるので当然追いつけませんでした。



最終スコアは97-121でネッツの勝利。
ハリスの鬼のような活躍でネッツを勝利に導きました。
チーム全体でも非常に高確率でスリーを決めていましたし、フリースローもイが一本外しただけです。
堅実かつ勢いのある試合運びでしたね。
マーベリックスはノヴィツキーが今ひとつでした。
チームのリーディングスコアラーではありますが、追い上げなければならない場面でフリースローを外したりしていましたので、エースとしてはまずかったですね。
オーナーのキューバンも頭を抱えてましたね。
ハリスにここまでやられるときついでしょう。
まあ、今日はハリスの調子が良すぎました。マーベリックスのディフェンスがムチャクチャに悪かったとは思えません。
ハリスはもちろん、ネッツ全体で当たり日でしたね。



マーベリックス 97-121 ネッツ

マーベリックス(14勝11敗)

 ノヴィツキー
  24点

 テリー
  23点

 キッド
  17点
   7アシスト


ネッツ(13勝12敗)

 ハリス
  41点
  13アシスト
   3スティール

 カーター
  34点
  10リバウンド

 イ
  16点
  10リバウンド



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/19 NBA全試合結果&感想

今日は2試合が行われました。



スパーズ 78-90 マジック

TV観戦レポート参照



サンズ 119-124 ブレイザーズ

サンズ(15勝11敗)

 アマレ
  23点
   8リバウンド
   8アシスト

 バーンズ
  22点

 ナッシュ
  15点
  11アシスト


ブレイザーズ(17勝10敗)

 ロイ
  52点

 ブレイク
  22点
  10アシスト
   4スティール

 オルドリッジ
  16点
   3スティール


アマレが後一歩でトリプルダブルの活躍も、ロイの52点の前に撃沈。
特に第3クォーターだけで20点は圧巻です。逆転の原動力となりました。
第4クォーターに一時逆転を許すも、スリーにフリースローにジャンパーにアシストに、完全に止められない状態。恐るべき活躍です。
この52点はNBA全体でもパーカーの55点に次ぐ、今季2位の記録です。
サンズは6人が二桁得点し、FG%、3P%、FT%全てを上回ったんですが、ターンノーバーが多かったのも響きましたね。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/18 スパーズVSマジック TV観戦レポート

会場 アムウェイアリーナ(オーランド)

中継はTNT、のっけからやらかしました。
先日のイラクにおける大統領への靴投げを真似、ゲストのウェバーがいきなりバークレーに靴投げをすると言う荒技をぶちかましました。
しかもバークレーの避け方スローモーション、大統領の避け方スローモーションを比べ、二回も繰り返す恐るべき根性。
アメリカから見れば大統領を冒涜されたに等しい行為を、ジョークにしてしまうこの感性…大好きです
O(≧▽≦)o



スパーズ

 パーカー
 メイスン
 フィンリー
 ダンカン
 ボナー


マジック

 ネルソン
 ボーガンス
 ターコルー
 ルイス
 ハワード

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ハワードが復帰しましたね。
 そのハワード、ダンカンのディフェンスの前に全然点が取れません。その間にスパーズが先制します。
 タイムアウトを取るまでのマジックは悲惨でした。とにかくシュートが入りません。
 ですが、さすがはヴァンガンディー。すぐに立て直し、逆転に成功します。
 ここからは完全にマジックペース。スパーズはターンノーバーが多すぎます。
 13-19とロースコアで第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 マジックのペースのまま試合は進んでいきます。
 一気に引き離されないスパーズはさすがですが、思うように点が取れていません。
 徐々に点差が開いていき、残り5:42には完全フリーになったボーガンスがスリーを決め、17点差に広がります。
 スパーズは外のディフェンスが全然ダメですね。マジックが完全フリーのスリーをバンバン打ってます。
 ただ、完全フリーでもスリーはそうそう高確率で決まりませんけどね。
 マジックが外している間に、少しだけ点差が詰まりました。
 29-44で前半を終了します。



第3クォーター

 スパーズはディフェンスがボロボロ、オフェンスも個人技頼み、パスも気が抜けたようなのを出してターンノーバー。良いところがありませんね。
 さすがにやや持ち直しましたが、元気がありません。
 ハワードの豪快なダンクなどがあったものの、全体的には淡々とした感じで試合は進み52-65と13点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 そんなスパーズの流れを変えたのはメイスン。貴重なシュートを決め続け、点差を一桁にします。
 マジックはシュートが入らなくなってきました。スパーズのディフェンスが劇的に良くなったようには見えませんが…
 ネルソンの活躍を中心に、再び点が入るようになってきました。
 やはりスパーズのディフェンスが良くて点が取れなくなったわけではないので、落ち着けば立て直せたようですね。
 それにしてもネルソンが見事です。
 結局、スパーズはネルソンを止めることが出来ず、再び点差が開きました。



最終スコアは78-90でマジックの勝利。
シーズン序盤ほどひどくないとは言え、基本的にディフェンスが崩壊気味のスパーズ。それでも中堅以下のチームには主力三人の得点力と経験で勝てますが、強豪相手だと衰えが目に見えてわかりますね。
そして、こういう試合ではやけにメイスンだけが目立つんですが、今日は10点に終わりました。
点差が一桁に一旦詰まったのも、スパーズが巻き返したと言うよりマジックが勝手にシュートを外していただけです。
実際、マジックの3Pは24.0%とあまり良くないです。明らかにスパーズディフェンスは外に対して甘かったのに。
最も感じるのが足が止まってること。ジノビリはそうでもないんですが、ルースボールやリバウンドに対する執着心みたいなものを感じません。
この辺はブレイザーズやホークスとは正反対です。
優勝していることから若返りの必要性を言われてきていますが、それが如実に表れ、急務になってきた気がします。
今シーズンは下位チームの崩れっぷりがすごいので、プレーオフを逃すことはないと思いますが、今のままでは優勝はないでしょう。
マジックは調子に乗った時とそうでない時の落差が激しいですね。
乗らない時間帯はフリーでも全然シュートが決まってませんでした。乗ってくると難しいのも入るんですが。
ターコルーとルイスがいまいちで、ハワードはファールトラブルでしたが、ネルソンが大活躍でした。
ジョンソンやゴータットも、短い出場時間ながら自分の仕事をしっかりとこなしていました。
こういうチームは強いんですよね。
まだ粗い部分が見受けられるので、セルティックスに勝つのは難しいかもしれませんが、期待は出来そうな感じです。



スパーズ 78-90 マジック

スパーズ(15勝10敗)

 ダンカン
  19点
   9リバウンド


マジック(20勝6敗)

 ネルソン
  24点
   7アシスト

 ハワード
  13リバウンド



ブログランキングに参加しています。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/18 NBA全試合結果&感想

今日は9試合が行われました。



セルティックス 88-85 ホークス

TV観戦レポート参照



ウォリアーズ 120-127 ペイサーズ

ウォリアーズ(7勝19敗)

 クロフォード
  29点
   9リバウンド

 ジャクソン
  20点
   3スティール

 ベリネーリ
  21点

 アズブーキー
  18点
   9リバウンド

 ビエドリンシュ
  16点
  10リバウンド

 トゥリアフ
   6ブロック


ペイサーズ(9勝16敗)

 グレンジャー
  41点
  11リバウンド

 ダニエルズ
  23点
   8リバウンド
   3スティール

 ジャック
  24点

 フォスター
  11リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ラッシュ
  11リバウンド


ものすごい点の取り合いはペイサーズが制しました。
オフェンスリバウンドとフリースローの成功数の数が勝敗を分けましたね。
クロフォードはチーム状況は良くなると思ってるようですが、どうでしょうか…
但し、これまでのスケジュールがあまりにもきつかったのも事実です。
エリスが復活したら成績も復活しますかね~



バックス 88-93 76ers

バックス(11勝16敗)

 リドナー
  14点


76ers(11勝14敗)

 ウィリアムス
  25点


ミラーを除くスターター陣が壊滅状態も、控えが頑張って76ersが勝利しました。
と言うか、スターターがこの有様の76ersに負けるバックスって…
レッドがひどい有様ですね。
オリンピックに参加した選手が軒並み大活躍している中、彼だけは大会同様乗れませんね~



マーベリックス 96-86 ラプターズ

マーベリックス(14勝10敗)

 ノヴィツキー
  27点
  10リバウンド

 テリー
  27点
   7リバウンド
   8アシスト

 ハワード
  20点


ラプターズ(10勝15敗)

 ジャーメイン
  19点
   7リバウンド
   3ブロック

 カルデロン
  10アシスト


このところボッシュの調子が落ちてきてますね。
チーム状態が悪いのにモチベーションを維持し続けるのは大変でしょうが、なんとか頑張って欲しいです。
マーベリックスはハワードがスターターに返り咲きました。ここから上昇気流に乗るでしょうか。



ウィザーズ 74-88 ピストンズ

ウィザーズ(4勝19敗)

 ジェイミソン
  11リバウンド

 ブラッチェ
  11リバウンド


ピストンズ(14勝9敗)

 アイバーソン
  28点

 スタッキー
  18点
  11アシスト

 プリンス
  10リバウンド

 マクダイス
   9リバウンド
   3ブロック


ジェイミソンとバトラーの二人が活躍しても勝てないウィザーズなのに、バトラーまで大ブレーキでは勝てません。
ひどい有様ですね。
ピストンズは調子を落としているとは言え、こんなウィザーズにはさすがに負けませんね。
ハミルトンとラシードが絶不調なので、バトラーが好調だったらどうなっていたかはわかりませんが…



ジャズ 103-92 ネッツ

ジャズ(16勝11敗)

 オクァー
  23点
   9リバウンド

 ミルサップ
  18点
  12リバウンド

 デロン
  17点
  11アシスト

 コーバー
  18点
   9リバウンド


ネッツ(12勝12敗)

 カーター
  32点

 ハリス
  21点
  11アシスト
   4スティール

 ロペス
  15点
   7リバウンド


第4クォーターに猛攻を加えたジャズが逆転し、さらに圧勝しました。
今日はベンチ陣も活躍。ただ、マイルズとブリュワーの出場時間が短いんですが、ケガでもしたんでしょうか。
ネッツはカーター、ハリス、ロペスはいいんですが、他の選手があまりにも…
特にイは波が激しすぎです。これはコーチは計算しにくいと思います。



キャブス 93-70 ウルブズ

キャブス(21勝4敗)

 レブロン
  32点

 ウェスト
  21点

 ヴァレイジャオ
  11リバウンド


ウルブズ(4勝21敗)

 ジェファーソン
  20点
  11リバウンド


イルガウスカス欠場の影響か、ジェファーソンにはやられましたが、レブロンとウェストの活躍でキャブスが勝利しました。
ウルブズは第4クォーターに力尽きたって感じですね。
それにしてもミラーが全然活躍できてません。スリーが0/5とか…
彼の加入で昨シーズンよりは上向くと思ったんですけどね~



クリッパーズ 109-115 ブルズ
        OT

クリッパーズ(7勝18敗)

 ランドルフ
  30点
   8リバウンド

 キャンビー
  19点
  27リバウンド(10オフェンスリバウンド)
   4ブロック

 バロン・デイビス
  16点
  12アシスト

 ソーントン
  20点


ブルズ(12勝13敗)

 ゴードン
  22点

 ノシオニ
  22点

 グッデン
  18点
  11リバウンド

 ローズ
  16点
   7アシスト


オーバータイムにもつれ込む熱戦でしたが、決定的な違いはベンチが活躍したかどうか。
あまりにもスターター偏重が過ぎましたね。オーバータイムになってるのにベンチで10分以上プレーしてるのがコリンズだけとは。
これだけオフェンスリバウンドを大量に奪いながらシュートアテンプトがそんなに変わりませんし、ターンノーバーが多い所を見ると、オフェンスリバウンドを取ってもシュートにいけずに取り返されたシーンが多かったのでしょう。または、ミスとか。
クリッパーズはちょっともったいない負け方ですね。



スパーズ 83-90 ホーネッツ

スパーズ(15勝9敗)

 パーカー
  20点

 ダンカン
  16点
  11リバウンド

 ジノビリ
  17点
   9リバウンド


ホーネッツ(15勝7敗)

 ウェスト
  21点
   9リバウンド

 ポール
  19点
  12アシスト
   3スティール

 チャンドラー
  11リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   4ブロック


ポールが今日もスティールを記録し、連続記録のNBAレコードを更新しました。
そのポールとウェストの活躍で、第4クォーターに逆転し、ホーネッツが勝利しました。
スパーズはパーカー、ジノビリ以外のFG%がえらいことになってますね。ダンカンでさえ35.7%です。
チャンドラーのブロック数を見ると、インサイドのディフェンスが機能していたように思えます。
スパーズは攻めきれなかった、と言うことでしょうか。



ブログランキングに参加しています。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/18 セルティックスVSホークス TV観戦レポート

会場 フィリップスアリーナ(アトランタ)


セルティックス

 ロンド
 レイ・アレン
 ピアース
 ガーネット
 パーキンス


ホークス

 ビビー
 ジョンソン
 ウィリアムス
 スミス
 ホーフォード

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ピアースのケガは軽傷で、大きな問題にはなってないようです。
 ホークスはいきなりスリーを乱発します。が、オフェンスリバウンドも取りまくってますが入りません。
 最初のFG10本全てを外す、散々なスタートです。気負いすぎてるんですかね~
 セルティックスもそんなに調子が良いわけではありません。
 3分15秒で4-2と低調な滑り出しです。
 ペースとしてはややセルティックス。特にディフェンスが良く、ホークスは簡単なシュートを打ってません。
 シュートが入ってないせいでもあるんですが、ホークスはオフェンスリバウンドを大量に取ってます。最初の9分で既に6本です。
 セルティックスのインサイドのディフェンスは強烈です。ノーファールでしっかりと守りきっています。
 ホークスはスリー攻勢で応戦。確率が上がってきました。
 22-21で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ホークスはちょっと慎重になりすぎてますね。丁寧にしすぎてトラベリングやオフェンスファールを犯しています。
 セルティックスもそれに付き合ってトラベリングやダブルドリブルをし、ミス合戦になってますね。
 しかし、つまらないミスに見えないのはお互いのディフェンスがすごいからでしょう。
 FG%が倍ほど違うのに点差は競っています。これはホークスのスリーとオフェンスリバウンドの数が多いからでしょうね。
 残り7:12、粘りに粘るスタイルのホークスは、パチュリアのレイアップでとうとう逆転します。
 これもオフェンスリバウンドやルースボールに飛びかかるハッスルプレーが生んだ逆転です。素晴らしい。
 試合中、昨シーズンまでホークスでギリシャに行ったチルドレスが電話インタビューに答えていました。英語力が皆無なわたくしには何を言ってるのかさっぱりでしたが。
 そのまま黙っているセルティックスではありません。勢いは完全にホークスでしたが突き放されず42-43の1点差で前半を終了します。



第3クォーター

 ホークスが満遍なく得点しているのに対し、セルティックスはロンド一人が頑張ってますね。
 そのお膳たてにガーネットがスクリーンでサポートしていますが、他の選手はいまいちです。
 ホークスのディフェンスは素晴らしいですね。セルティックスが全然攻め切れません。
 また、攻守の切り替えが恐ろしく速いです。三人でゴール下を固めて守っていたかと思ったら、リバウンドを取った瞬間にもう四人がフロントコートに走ってます。
 しかし、勢いは完全にホークスなのにセルティックスはしっかりとついていってます。ロンドを止めることが出来ませんね。
 59-62と3点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ホークスが先行する形で試合は進んでいますが、双方点を取るのに苦しんでいます。
 ただ、前半ほどホークスはオフェンスリバウンドを取れませんね。ディフェンスリバウンドをしっかりと押さえてるのがセルティックスが踏ん張れてる理由でしょう。
 そして粘りに粘り、残り5:29にとうとう同点に追いつきます。
 セルティックスが逆転し、劣勢となったホークスですが、残り3:50にスミスの爆弾のようなダンクが炸裂し、再び同点! しかし、ボーナススローは外してしまいます。
 1点差で迎えた残り1:31、ロンドからガーネットへのアリウープ! セルティックスが逆転します。
 しかし、ホークスも残り1:20にジョンソンがジャンパーを沈め、再び逆転! 一進一退となってきました。
 2点ずつ加えた残り30.8秒、ガーネットがフックシュートを沈めセルティックスのリード!
 残り10秒でジョンソンのジャンパーはミス! ウィリアムスのティップもミス! ジョンソンのレイアップはパーキンスがブロック!
 ホークスはファールするしかありません。
 ロンドがフリースローを一本決めて、残り9.1秒で2点差。ホークス、最後のオフェンスです。
 残り2.7秒、ジョンソンのレイアップをセルティックスはファールで止めます。二本とも決めれば同点ですが…
 一本目…成功! 1点差! 二本目…ミス! リバウンドはセルティックス!
 ホークスはファールし、残り1.5秒でセルティックスのタイムアウト。
 インバウンド後、すぐにファールで残り時間0.7秒。
 レイ・アレンのフリースローです。
 二本とも決まり、3点差。ホークスは最後のタイムアウトを取ります。
 とは言っても、もうワンパスでスリーを打つしかありません。
 ボールを託されたのはビビー。わずかに短く、リングに弾かれ試合は終了しました。



最終スコアは88-85でセルティックスの勝利。
ホークスは後半になって思うようにリバウンドが取れなくなったのが痛かったですね。
FG%は非常に悪かっただけに、オフェンスリバウンドは生命線でした。
それにしてはよく粘ったと思いますが、もう少しフリースローをキッチリと決めたかったところですね。
ただ、ボールに対する執着心は素晴らしいものがありました。若いチームはこうでなければ。
このスタイルで一丸となってプレーを続ければ、プレーオフで台風の目になることもできるでしょう。
セルティックスは第4クォーターに入ってガーネットが突如絶好調になったのが良かったですね。
おそらく、一本も外していません。
また、最後の最後でパーキンスがジョンソンをブロックしたのは値千金でした。
チャンピオンの意地がものを言いましたね。
これでセルティックスは26試合消化時点での、72勝ブルズの成績を超えました。
しかし、72勝ブルズを超えるか…と言うと大きく疑問です。
今日の試合もそうですが、あまりにもスターター偏重が過ぎます。
ベンチで平均20分以上プレーしてる選手が一人もいません。
72勝ブルズには20分以上プレーしてるベンチメンバーが2人(カー、クーコッチ)いました。
同じようなペースで勝ち進み、最終的には64勝にとどまりカンファレンスファイナルで明らかな息切れをした05-06ピストンズでさえ、マクダイスがベンチから20以上プレーしています。
こういう偏重なプレータイムはスターターに疲労が蓄積すると同時に、ベンチメンバーの伸び悩みに繋がります。
ましてやセルティックスのベンチ陣はトニー・アレンもポウもデイビスも若い選手です。
さらにセルティックスはオールスター後のスケジュールがきつくなります。
昨シーズン下位だったチームが力を伸ばしたので、ここまでのスケジュールも昨シーズンほど楽ではないですが、それでもウェスタンのチームに比べると楽です。
ホークスやブレイザーズのように若いチームならこれでも良いでしょうが、主力三人がベテランのセルティックスに後半も同じような強さを発揮するスタミナがあるのか、疑問ですね。
96年ブルズより、06年ピストンズの匂いがプンプンします。06年ピストンズより息切れしそうな雰囲気も。
さて、どうなるでしょうか。



セルティックス 88-85 ホークス

セルティックス(24勝2敗)

 ロンド
  15点
   7アシスト
   4スティール

 ガーネット
  18点
   8リバウンド

 ピアース
  18点
   7リバウンド

 パーキンス
  10リバウンド
   4ブロック


ホークス(15勝10敗)

 ジョンソン
  20点
   3スティール

 ウィリアムス
  16点
   8リバウンド

 ホーフォード
  11リバウンド



ブログランキングに参加しています。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/17 NBA全試合結果&感想

今日は6試合が行われました。



ブルズ 101-110 ボブキャッツ
     OT

ブルズ(11勝13敗)

 ゴードン
  25点

 トーマス
  22点
   9リバウンド


ボブキャッツ(8勝18敗)

 オーガスティン
  29点
   7アシスト

 フェルトン
  21点
   7アシスト
   3スティール

 オカフォー
  20点
  13リバウンド
   3スティール
   4ブロック

 ディアウ
  15点
   7リバウンド


ボブキャッツはウォレスが父親の葬儀のため欠場しました。ウォレスは先週に祖母を亡くしたばかりなので、連続して近い親族を亡くしたことになります。精神的に大丈夫なのか少し心配です。
試合は最終盤に追いついたボブキャッツが、その勢いでオーバータイムを制し、一丸となって勝利しました。
オーガスティンがベンチから大活躍で、フェルトン、オカフォー、ディアウも活躍しました。
ベルがケガをしたわけでもないのに8分しかプレーしていないのが気になりますが…
ブルズは最後の最後に攻め切れませんでしたね。
また、ローズが大ブレーキで6点に終わりました。
グッデン、デング、トーマスは好調だっただけに、痛い敗戦ですね。



クリッパーズ 98-88 サンダー

クリッパーズ(7勝17敗)

 ランドルフ
  22点
  13リバウンド

 ゴードン
  22点

 バロン・デイビス
  19点
   7アシスト
   5スティール

 キャンビー
  13リバウンド


サンダー(2勝24敗)

 デュラント
  25点

 ワトソン
  12アシスト


サンダーはちょっとえらいことになってきましたね。
セルティックスが勝率最高レコードを更新するより、サンダーが勝率最低レコードを更新しそうな気がします。
ここまで勝てない面子ではないと思うんですが…
クリッパーズはランドルフ加入直後は勝てませんでしたが、このところ安定した試合をしていますね。馴染んできたのでしょうか。
しかし、ケイマンが復帰したらどんな布陣にするつもりですかね…
まさかランドルフ、キャンビー、ケイマンの三人を並べたりしないでしょうし、そうすると誰かがベンチ要員になります。
三人ともそれでは納得しないように思えますが…



ホーネッツ 91-84 グリズリーズ

ホーネッツ(14勝7敗)

 ポール
  18点
   9アシスト
   5スティール

 ウェスト
  18点
   3ブロック


グリズリーズ(9勝16敗)

 ゲイ
  28点

 マヨ
  20点
   7ターンノーバー(BAD)

 ガソル
  11リバウンド
   3ブロック


このところ調子の良かったグリズリーズでしたが、さすがにホーネッツには勝てませんでした。
ホーネッツもそんなに調子が良かったようには見えませんが、フリースローだけで15点差がついているのが効いてますね。
グリズリーズはファールをしすぎたと言うことでしょう。
ホーネッツは二桁得点が三人しかおらず、20点以上の選手が一人もいませんでしたが勝利しました。
ポールが今日もスティールを記録して、105試合連続スティールとなり、85~86年の一年以上に渡ってアルビン・ロバートソン(スパーズ)が記録したNBA記録に並びました。
アルビン・ロバートソンと言えば、唯一スティールを含めたクァドラプルダブルを達成している名選手です。
その記録に並ぶとはすごいことですね。



ナゲッツ 96-108 ロケッツ

TV観戦レポート参照



キングス 77-109 ブレイザーズ

キングス(7勝19敗)

 サルモンズ
  21点

 ハワーズ
   5ブロック


ブレイザーズ(16勝10敗)

 ロイ
  29点
   4スティール

 プリズビラ
  14リバウンド
   3ブロック

 オルドリッジ
  15点
  10リバウンド

 オデン
  10リバウンド


ブレイザーズが圧勝で連敗を3で止めました。
キングスはコーチが解任されたばかりなので、上手くいかなかったのは仕方がないかもしれません。
それにしてもFG%がひどいですが。
ブレイザーズのFG%も決して良いわけではないので、この圧勝を契機に立て直して欲しいです。



ニックス 114-116 レイカーズ

ニックス(11勝14敗)

 ロビンソン
  33点

 リー
  18点
  14リバウンド

 デュホン
  11アシスト


レイカーズ(21勝3敗)

 コービー
  28点
   7リバウンド
   4スティール

 オドム
  17点
  12リバウンド

 フィッシャー
  15点
   7アシスト

 バイナム
  11リバウンド
   4ブロック


ジェフェリーズがケガで離脱したニックス、またしても7人で回してますね。
そのためか、後半大失速で逆転負けを喫しました。
レイカーズもガソルが欠場しましたが、代わりにスターターを務めたオドムの活躍もあり、6人が二桁得点で勝利をもぎ取りました。
ちなみにチーム出入り禁止処分を食らっているマーブリーは、ロサンゼルスに自宅があることもあり、観客として試合を観戦していたとか。
前代未聞の珍事では…
所属している選手が、ケガをしているわけでもないのに、そのチームの試合を観客として観戦するなんて話は聞いたことがありません。
相変わらずチームを批判し、なにもせずに金がもらえてるとか、現在の経済情勢を顧みない発言をしたようですね。
こういう発言をするから、トレードで入ってきた瞬間にニックスファンをやめてしまったほどマーブリーが嫌いなんです。チーム批判はある程度しょうがないとしても、今の世界情勢を見たらジョークや吐き捨ての言葉でも言っていいことと悪いことがあるでしょう。
プレースタイルも好きじゃないですが、人間的に許せない部分があります。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


12/17 ナゲッツVSロケッツ TV観戦レポート

会場 トヨタセンター(ヒューストン)


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


ロケッツ

 ブロックス
 マグレディー
 バティエ
 スコラ
 ヤオ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 アーテストはベンチ出場、アルストンは欠場ですね。
 まずは完璧なロケッツペース。シュート、リバウンド、ブロック、ルースボール、全てに置いて圧倒しています。
 しかし、些細なミスが多いですね。ナゲッツはすかさずそこを突いて反撃しています。
 とは言え、勢いがあるロケッツが常にリードし25-30で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ナゲッツはスリーがよく決まります。また、ディフェンスも良くなってきました。
 ネネがヤオの頭越しに豪快なダンクを決めて同点、グッドディフェンスからアンダーセンが速攻のダンクを決め、あっさりと逆転します。
 完全に流れはナゲッツにいきました。ロケッツも決して悪くないんですが、70%近い確率でシュートを決め、オフェンスリバウンドを取りまくるナゲッツに突き放されていきます。
 おまけにまだ第2クォーター中盤なのにスコラが4ファールでベンチへ。これは苦しいですね。
 ヤオがネネのディフェンスに苦しんでいます。押し込みきれずにドリブルの最中にアウトオブバウンズになったり、オフェンスファールを取られたり…こうなるとチームが乱れてしまいます。
 それを巻き返したのはランドリーとブロックスのハッスルプレー。
 完全に取り戻すまではいきませんでしたが一時9点差まで開いていたのが61-56と5点差になって前半を終了します。



第3クォーター

 しばらくは双方様子を窺ってるような状態でしたが、ロケッツがバティエのスリー二本などでスパーク。相変わらずヤオがネネに抑えられ気味で悪かった流れが一気に戻り、逆転します。
 そのヤオもようやくネネを攻略できるようになってきました。得点が伸びてきてます。
 ブロックスも良いところでスリーやレイアップを決めて、ロケッツが突き放しにかかります。
 ナゲッツも粘りますが、第2クォーターほどの確率でシュートが決まりません。
 なんとかナゲッツもついていき、79-85と6点差で最終クォーターに突入します。



第4クォーター

 ナゲッツはなかなかシュートが入りません。
 逆にロケッツは効率の良いオフェンスを展開し、ヤオがネネのディフェンスを苦にしなくなってきました。
 さらに残り3:51、アーテストが貴重なスリーを決め、88-99と11点差! 遂に突き放しました。
 後半、ここまでのナゲッツのFG%は31%。第2クォーターがウソのように入ってません。
 ナゲッツが決めても決めてもロケッツが決め返し、点差が詰まることはありませんでした。



最終スコアは96-108でロケッツの勝利。
マグレディーがキャリア4回目のトリプルダブルを達成しました。
まだ4回目なのに驚きです。昨シーズン辺りからアシストが急速に増えていたのでもっとしていると思ってました。
ベンチ出場だったアーテストも要所で素晴らしい活躍をしていましたし、ブロックスとランドリーも相変わらず良いです。
ナゲッツは後半に突如としてシュートが入らなくなったのが痛かったですね。
ロケッツのディフェンスが良くなったのもありましたが、やや早打ち気味でした。ビラップスが加入してからはあまりなかったことで、珍しいです。
また、前半はヤオを圧倒していたネネが、後半は逆に圧倒されてしまったのも響きましたね。
カーメロも22点取っているものの、いまいち存在感がありませんでした。
アンダーセンとクレイザは良かったんですけどね~
ほぼ同じ成績の強豪同士の対戦、やや差がついた試合ではありましたが面白い試合でした。



ナゲッツ 96-108 ロケッツ

ナゲッツ(17勝8敗)

 カーメロ
  22点


ロケッツ(16勝9敗)

 マグレディー
  20点
  14リバウンド
  10アシスト
   3ブロック

 ヤオ
  32点
   7ブロック

 アーテスト
  20点



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


年末年始営業時間

喫茶SVZの年末年始営業時間のお知らせです。

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

と、させていただきます。

ネット通販部門は常時受け付けていますが、休業期間はお返事メールが遅れる可能性があります。
また、メーカーの年末年始休業がバラバラなので、当店の営業日であっても発注の受付をしてもらえない場合があり、納品が遅れることもございますのでご了承ください。



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。