バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/31 NBAプレーオフ キャブスVSマジック GAME6 試合結果&感想

今日の試合は最初から最後までしっかり観戦はしたんですが、観戦レポートを書く余裕はなかったので結果だけ。


イースタン
カンファレンスファイナル GAME6


会場 アムウェイアリーナ(オーランド)


キャブス 90-103 マジック

マジック NBAファイナル進出!


キャブス

 レブロン
  25点
   7リバウンド
   7アシスト

 ウェスト
  22点


マジック

 ハワード
  40点
  14リバウンド

 ルイス
  18点
   8リバウンド


キャブスの第一の敗因はフリースロー。全く持って話になりません。
ここから追い上げよう、と言う時にレブロンもイルガウスカスも二本とも外している始末。これで勝てる方がおかしいです。
今日のキャブスで評価できるのはウェストだけです。他の選手は総崩れ。
おまけにカンファレンスファイナルでは、最初から最後までなんでもレブロン。去年のチームに戻ってました。意味がわかりません。
コーチ・オブ・ザ・イヤーを獲得したブラウンHCですが、ここが限界なのでしょうか。
近年、コーチ・オブ・ザ・イヤーを獲得すると数年後に解雇されるなど、ろくな目に合わないジンクスができつつあります。
ブラウンHCも見限られてしまうかも…?
結局、レブロンは最後までフリースローが入りませんでした。確率はそれほど悪くないんですが、大事なものはことごとくと言っていいほど落としましたね。
ジョーダンの域に達した、もはやコービーより上、とも言われたレブロンですが、これを克服しない限りこの評価は正しくないと言わざるを得ないでしょう。
マジックはセルティックスとの苦しい戦いを経て、本当に成長しましたね。
マジックのファイナル進出は絶対にない、と断言していたのが恥ずかしいです。
今日はハワードがすさまじい活躍でしたが、シリーズを通してルイス、ピートラス、ターコルーも良かったです。
アルストンはちょっと波がありましたが、十分に貢献していましたし、リー、ジョンソン、ゴータットも自分の役割をこなしました。
これでマジック、14年ぶりのNBAファイナルです。


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/30 NBAプレーオフ レイカーズVSナゲッツ GAME6 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスファイナル GAME6


会場 ペプシセンター(デンバー)


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 オドム


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 今日もレイカーズのインサイドディフェンスが冴えてますね。
 ナゲッツはかなり苦しんで点を取っています。しかし、点差はほとんどありません。
 レイカーズはナゲッツのディフェンスに阻まれている物の、調子は悪くなくアリーザのダンクなども炸裂しています。
 中盤を越えるとナゲッツはスリー攻勢で反撃開始。1点差となります。
 アリーザが好調なレイカーズが最後に再び点差をつけて、25-20で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 カーターが速攻の時にパスミスでターンノーバー。
 あり得るミスではあったのですが、GAME1のことがあるだけに、またお前か!って感じですね。
 ここから失点を許したものの、直後からJRが爆発。一気に得点を重ねてナゲッツが逆転します。
 一進一退の展開となりますが、ややミス合戦の様相でちょっとダレます。
 このクォーターだけでターンノーバーが、レイカーズ 7、ナゲッツ 5。
 ひどいですね。ファールも多くてすぐに試合が止まりますし、眠くなってきました。
 コービーがただ一人絶好調でシュートを決めてレイカーズが突き放し、53-40で前半を終了します。



第3クォーター

 残り11:03、ジョーンズがテクニカルファール。バイナムの足をすくい上げたみたいになってますね。一人だけこういうのが多すぎます。彼は一体なにがしたいんでしょう?
 ただ、コールしたのが例のジョイ・クロフォードなのがなんとも…公平なコールでも、公平でないように感じる部分が出てしまいます。
 後半に入ってからガソルの活躍が目立ちます。シュートだけでなく、パスワークも見事ですね。
 ナゲッツはジョーンズが敵の邪魔をしているが、味方の邪魔もしている感じがします。チョコマカチョコマカいらんことをしていますね。
 ウォルトンがいい活躍をしていますね。コービーとガソルのおかげなんですが、フリーでもらったパスをしっかりと決めています。
 コービーも好調を維持していて、一時20点差に広げます。
 ナゲッツもJRとクレイザの活躍で点差を詰めますが、肝心なところでアンダーセンやマーティンが心底余計なファールをして、自分たちで流れを止めます。
 特に倒れたマーティンが腕にブヤチッチの足を挟み込んで止めるなど、テクニカルファールを取られなかったのが不思議なくらいのファールでした。
 せっかくリバウンドを自分たちが押さえたのに、ブヤチッチにフリースローを与えてしまい逆にさを2点広げられました。
 バカとしか言いようがない。
 その後、JRも余計なファールをしてフリースローを与えましたし、終わりですね。
 点差がどうこうじゃなくて、チャンスを自分たちで潰すようなチームが勝つことはありません。白けた。
 83-67で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 さらに点差が開いて試合終了です。



最終スコアは119-92でレイカーズの勝利。
レイカーズ、NBAファイナル進出です。
ナゲッツは、第3クォーター最後のマーティンの足挟みが全てを台無しにしました。
本当にバカとしか言いようがない。
他にも変なプレー、情けないプレー、悪質なプレー、いろいろと飛び交っている今プレーオフですが、断トツ。
キング・オブ・バカ。
そう言えば前の試合でもガソルの腕に対して同じことをしてましたね。学習能力がないのか。
あれがなければ10点前後の差で第4クォーターに突入していて、結果は変わっていたかもしれません。
今日の両チームの様子を見る限りではナゲッツが逆転することはなかったかもしれませんが、それでももう少し望みのある最終クォーターになっていたでしょう。
しょせんは腎臓病から復帰したモーニングが必死になって頑張ってる姿を、指差して笑うような男か。最近、大人になって落ち着いてきたと思っていましたが、しょせん変わらないのですね。
その前のアンダーセンのムービングスクリーンも集中力を欠いたファール、JRのファールも完全に余計。
ここに来て精神的にまだまだ未熟なことを露呈しました。
これはビラップスでもどうしようもないです。
ただ、今日の試合はあれとしても、シーズン全体を見れば格段に成長しましたし、優勝も狙えるチームになったことも確かです。
後は、いかに今日のような試合でいつもの調子を出し、余計なファールをせず、冷静にプレーできるようになるか、ですね。
技術的なことより精神的なことです。
カーメロ、アンダーセン、ネネはかなりの成長を見せましたし、ビラップスが全盛期の内にもう一段上を狙いたいところでしょう。
後はバークマンを育てて、マーティンをお払い箱にした方が良いんじゃないですかね。
今日のレイカーズは良かったですね。
パスがよく回っていて、ナゲッツのディフェンスがついていけませんでした。
コービーやガソルが引きつけて、ウォルトンにパスをする。そしてウォルトンはしっかりと決める、のパターンが上手くいっていたと思います。
オドムもケガを抱えながら復調しましたし、後の問題はバイナムだけです。
一人だけ不安材料になってます。
それでも、バイナム一人の不安など補えるチームだと思いますけどね。
オドムのケガですが、ちょうど背骨の腰の高さ、くぼんでいる部位にこぶし大のこぶができている様です。
ロケッツ戦で痛めてからずっとそんな感じで、結構な爆弾と化しているそうですね。
取材した宮地陽子さんもビックリしたようです。
宮地さんはブログに、「今後、レイカーズが本調子を出せるかはあのコブにかかってるかもしれない」と書かれています。
デリケートな場所だけに、怖いですね。
今日勝ったことにより、しばらく休めるのでその間に少しでも腫れが引くといいですね。



レイカーズ 119-92 ナゲッツ

レイカーズ NBAファイナル進出!


レイカーズ

 コービー
  35点
  10アシスト

 ガソル
  20点
  12リバウンド
   3スティール

 オドム
  20点
   8リバウンド


ナゲッツ

 カーメロ
  25点

 JR
  24点


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/29 NBAプレーオフ マジックVSキャブス GAME5 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスファイナル GAME5


会場 クィッケンローンズアリーナ(クリーブランド)


マジック

 アルストン
 リー
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 今日はモーが好調ですね。
 しかし、このシリーズ、全て後半にマジックが爆発しています。最初だけ調子が良くてもダメです。この調子を維持したいですね。
 それにしても異常な好調ぶりで、残り3:40にはレブロンのジャンパーで10-30となんと20点差がつきます。
 残り3:29、ヴァレイジャオが二つ目のファールでベンチへ。相変わらず余計なファールが多い。
 GAME1、GAME2同様、ホームのキャブスが大量リード。
 18-35で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 残り10:37、早くもピートラスが三つ目のファール。痛いですね。
 しかし、キャブスが1点も取れない内にマジックは得点を連取。あっさりと一桁差に戻します。
 ただ、今日のマジックはフリースローが良くないですね。もう少しキッチリ決めたいところ。
 キャブスはキャブスでリバウンドが取れませんね。
 お互い修正点があり、それを何とかした方が一気に走りそうですね。
 キャブスは最初の高確率がウソのようにシュートが入りません。
 レブロンはターンノーバーを連発していますし、ものすごく苦しんでいますね。
 マジックはどんどん調子を上げてきて、ルイスが残り0.7秒にスリー!
 なんと55-56と1点差で前半を終了します。



第3クォーター

 残り11:05、ハワードのシュート! マジック逆転!
 残り10:45、ターコルーのスリー! 60-56! なんだかあっさりですね。
 キャブスはここからターンノーバーを連発。焦りまくってますね。
 残り7:50、スティールから速攻を仕掛けたレブロンに対してアルストンがフレイグラントファール。レブロンは微動だにしてませんでしたが…?
 ここからキャブスは立て直しました。逆転し、さらに点差を広げます。
 しかし、このいけいけムードの時にフリースローを二本とも外すレブロン…本当に課題ですね。
 逆にハワードはしっかりと決めて再逆転!
 ここぞと言う時のフリースローはハワードの方が上ですね。
 残り2:08、モーがロッカーに下がりました。ケガをしたようでもないですが…? なんか通路でユニホームを上下とも脱いでるんですけど…?
 残り1:58、ヴァレイジャオのカウントワンスロー! ファールはハワード! 4つ目! ベンチに下がらざるを得ません。
 ややマジックペースで、キャブスは相当に苦しいです。
 それでも79-78と1点差に詰めて最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 いきなりモーのスリーでキャブス逆転! ロッカーに下がったのはなんだったのでしょう?
 残り6:58、イルガウスカスが5つ目のファール! これはきつい。
 残り5:56、レブロンのジャンパー! 90-94! キャブス4点リード!
 残り4:46、ターコルーのスリーフリースロー! 三本とも決めて93-94!
 残り4:25、ギブソンのスリー! 93-97!
 残り3:34、レブロンのジャンパー! 93-99!
 残り2:22、レブロンがハワードのファールを受けながらレイアップ! 93-101! ハワード、フィールドアウト!
 フリースローも決めて93-102!
 残り2:05、ピートラスのレイアップ! 95-102! ヴァレイジャオのファール! フリースローも決めて96-102!
 残り1:45、レブロンのジャンパー! 96-104!
 残り1:07、レブロンの矢のようなパスを受けたヴァレイジャオがレイアップ! 96-106! カウントワンスロー!
 フリースローも決めて96-107!
 もう決まりですね。



最終スコアは102-112でキャブスの勝利。
レブロンの第4クォーター終盤の活躍は見事だったものの、中盤のフリースローミスはいただけません。
あれで苦しくしていたのは間違いありません。
今日の試合だけなら、勝ったからいいじゃないか、になりますが、このシリーズ一貫してレブロンのフリースローが問題になってますからね。
4本しか外していないとは言え、外し方が問題。トリプルダブルでチームを勝利に導いても今ひとつ評価できません。
このところ、わたし個人のレブロンに対する評価は下落する一方です。
これはコーチの方ですが、最後のオフェンスも、ありゃなんですか?
レブロンにギリギリまで持たせて、突っ込んでお終い。決まったから突き放せましたが、そうでなければ逆転されてた恐れもありますし、結局レブロン、レブロンの戦術しかないのか、と言いたい。
今シーズンのキャブスの好成績はコーチが変わったからだ、と何度も言ってきましたが、ブラウンHCへの評価も下落する一方です。
マジックは武器のスリーが今ひとつでした。
このところ素晴らしい活躍をしているピートラスも、ディフェンスで少し空回り気味でしたし、ルイスは空気でした。
ターコルーとハワードは良かったですけどね。
GAME4で調子が良かったので気をよくしすぎたのか、アルストンがFG 1/10、3P 1/7の大ブレーキ。いくらなんでも差が激しすぎますね。
しかし、次はオーランド。
少なくともマジックが自滅することはないでしょう。
キャブスの真価が問われます。



マジック 102-112 キャブス

マジック 3勝2敗


マジック

 ターコルー
  29点

 ハワード
  24点
  10リバウンド

 ルイス
  15点
   8リバウンド
   4スティール


キャブス

 レブロン
  37点
  14リバウンド
  12アシスト

 モー
  24点


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/28 NBAプレーオフ ナゲッツVSレイカーズ GAME5 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスファイナル GAME5

会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ジョーンズは元気ですね。コービーに対する悪質なプレーによる批判もどこ吹く風です。こんなキャラだったでしょうか…?
 出だしはナゲッツリードでしたが、バイナムとフィッシャーの活躍でレイカーズが逆転します。
 ナゲッツは流れが悪くなりかけていますが、そこでスリーを決めて繋ぐビラップス。相変わらずすごい。
 しかし、そのビラップスが珍しくファールトラブル。ベンチに下がります。
 JRは完全に復調していますね。無茶打ち早打ちが見られますが、これが彼の持ち味。
 終了間際、オドムのダンクをアンダーセンがクリーンブロック! すごいプレーです。
 25-25で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 両チームともすごい気合いが入っているのがわかります。特にゴール下のディフェンスがすさまじいですね。
 特にブヤチッチがすごいんですが、なぜか彼だけはキモい…
 他の選手の気合い入ってる姿はチームにこだわらず、格好良く気持ちの良いものですが、なぜか彼だけは不快感が…
 別に嫌いな選手ではないんですけどねー
 同じようにむさ苦しい外見のガソルは格好良く感じるのに、なぜ彼はキモく思えるんでしょう…
 前の試合辺りから、ネネのパスがすごく冴えてますね。彼のインサイドからのパスが一つの脅威になってます。
 お互い、決定的な流れは掴めません。
 随所に好プレーも出ているんですが、やり返して相手のペースにさせません。
 キモメン、ブヤチッチが残り3.5秒でスリー!
 56-56で前半を終了します。



第3クォーター

 カーメロのスリー、コービーの超弩級のアリウープ。ものすごい幕開けです。
 派手なプレー、難しいプレーがでて盛り上がる中、マーティンだけ地味に堅実にジャンパーを沈めています。今日は高確率です。
 ナゲッツはネネ、レイカーズはフィッシャーとバイナムが4つめのファール。余計なファールは避けたいところ。
 ナゲッツが少しリードしますが、レイカーズもアリーザのハッスルプレーを皮切りに反撃。
 ブラウンがアンダーセンの上から強烈なダンクをたたき込みます。
 残り3:36、オドムのスリー! 同点!
 ナゲッツは4連続ターンノーバーを犯すなど、完全にペースを乱しています。
 そんな時に仕事をするのがビラップス。スリーを決めて再び3点差としました。
 しかし、すぐにコービーがスリーでお返し。まだまだレイカーズのペースですね。
 それでもナゲッツはなんとか耐えて76-76で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 JRが積極的なのはいいんですが、少し周りが見えてないですね。完全にノーマークのビラップスを見逃して一人で突っ込んでいます。
 残り9:43、オドムがアンダーセン越しに豪快なダンク! しかし、思いっきり手で押しのけているようにも見えるので、いくらノーチャージエリアでもディフェンスファールはあんまりのような気がしますが…
 完全にナゲッツは自分を見失ってますね。オフェンスファールを取られてテクニカルファールを取られるなど、相当にイラついています。
 ここに来てオドムの活躍が目覚ましいですね。得点にリバウンドに大活躍です。
 ナゲッツはオフェンスでクレイザ、ディフェンスでカーメロが目立っているだけで、他の選手がサッパリです。
 ビラップスにも存在感がなく、いるのかいないのかわかりません。
 クレイザの活躍と、ナイスディフェンスでナゲッツはなんとか4点差に迫ります。やるべき事を思い出したようですね。
 残り4:02、ネネが6つ目のファール! フィールドアウト! 追い上げムードの時にこれは痛い!
 これで得たフリースローをガソルがしっかりと決めて6点差!
 残り3:48、カーメロのフリースロー。二本とも決めて89-93! 4点差!
 残り3:38、アリーザのレイアップ! 89-95! カウントワンスロー! フリースローも決めて89-96!
 残り3:04、オドムのフリースロー。二本ともミス!
 ナゲッツは果敢にゴール下を攻めますが、ブロックを食らいまくっています。
 しかし、ナゲッツが少し接触するとファールなのに、レイカーズはほとんどファールをコールされてません。
 ホームコートアドバンテージと言えど、少し偏ってる気がします。
 レイカーズが上手く守っているとも言えますが、なんだか腑に落ちないですね。
 残り1:24、カーメロのレイアップ! 91-96!
 残り1:02、コービーのナイスパスからオドムのレイアップ! 91-98! カウントワンスロー! フリースローも決めて91-99!
 残り43.1秒、コービーのフリースロー。二本とも決めて91-101! 決まりですね。



最終スコアは94-103でレイカーズの勝利。
なんだかすっきりしない試合でした。
カールHCもコメントしていたように、ややレイカーズ優位のコールが多かったように思えるからです。
レイカーズを流れに乗せたオドムのダンクも、ノーチャージエリアだったとは言え、完全に手で相手を押しのけていましたからオフェンスファールを取られてもおかしくなかったです。
あそこから少し白けて試合を見ていました。
その後もインサイドでどれだけ接触があってもナゲッツはファール、レイカーズはノーファール。
ナゲッツの選手たちは自分を見失い、無茶をしていたのもありますが、ちょっと度が過ぎた偏りだと感じました。
とは言え、そういうコールにも心を乱さずにプレーするのが強豪チームです。
少し不満に思うコールがあろうと、平静でプレーできないチームは優勝できません。
レイカーズはコービーとアリーザが必死でした。
オドムとブヤチッチは気に入りませんが、他の選手は死に物狂いでプレーしていましたから勝利は必然だと思います。
ナゲッツはちょっと空回りしてしまいました。
いくらビラップスがいても、あれだけ周りのシュートが入らなければどうしようもないです。
デンバーに帰って、どこまで立て直せるか、ですね。



ナゲッツ 94-103 レイカーズ

レイカーズ 3勝2敗


ナゲッツ

 カーメロ
  312点

 アンダーセン
   8リバウンド
   4ブロック


レイカーズ

 コービー
  22点
   8アシスト
   7ターンノーバー(BAD)

 オドム
  19点
  14リバウンド
   4ブロック

 ガソル
  10リバウンド
   5ブロック


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/27 NBAプレーオフ キャブスVSマジック GAME4 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスファイナル GAME4


会場 アムウェイアリーナ(オーランド)


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


マジック

 アルストン
 リー
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 いきなりアルストンのスリーとハワードのアリウープから入るマジック。快調な出だしですね。
 キャブスは苦しんでいますが、なんとかついていっています。モーが少し暴走気味のような気がしますが…
 ハワードのフリースローは今日も好調です。最初の4本中3本を決めました。
 今日もヴァレイジャオは余計なファールをしてますね。GAME3からやりすぎです。
 マジックはシュートの精度が落ちてきました。その間にキャブスが反撃し、逆転します。
 25-21で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 またも出だしはマジックのスリー攻勢。あっさりとマジックが逆転します。
 今日のキャブスはフリースローはしっかり決めてますね。そのおかげで突き放されずに済んでます。やはりフリースローは大事です。
 勢いは完全にマジック。特にピートラスがいい起爆剤になってます。
 キャブスの起爆剤はウェスト。カウントワンスロー、アシスト、スティールからダンク、と立て続けに決めて一気に点差を詰めます。
 ウェストの奮闘に触発されたのか、レブロンの調子も上がってきました。積極的にゴールにアタックしています。
 ウェストとレブロンの活躍でキャブスがリードを奪い返し、ギブソンが残り0.6秒でスリー!
 ギブソンの活躍は久しぶりに見た気がします。
 58-50で前半を終了します。



第3クォーター

 いきなりアルストンが7点を連取。わずか2分で1点差となります。
 タイムアウトが明けるとキャブスも修正しました。
 多角的な攻撃で再び点差を広げます。
 モーがものすごく気合い入ってますね。
 また、ウェストが地味に素晴らしいプレーをしています。第2クォーター中盤辺りから、ウェストがキャブスのバランスを取っていると言っても良いほど、素晴らしいプレーをしています。
 マジックで素晴らしいのがアルストン。キャブスのペースになったら、すかさずスリーを決めてそれを止めます。
 残り4:11、ヴァレイジャオの激しいディフェンスをかわしてシュートを決めたハワードが、オーバーリアクションを取ったとしてテクニカルファールを取られます。
 さらにユーイングACまで取られて、キャブスはテクニカルフリースロー二本を得ました。
 ユーイング…ベンチからなにしてんの…
 アシスタントコーチがテクニカルファールを取られるのは珍しいですね。
 これでハワードは累積テクニカルファール6つ、出場停止にリーチです。

 今日はシャックが観戦に来てますね。
 引退したわけでもないシャックがプレーオフを観戦しているのは寂しい気がします。

 ここに来てベンの活躍が目立ち始めました。
 ハワードをブロック、シュート、ピートラスからオフェンスファールを奪うなど、地味に活躍です。嬉しい!
 マジックのスリーの確率は異常です。
 キャブスは中を止められても、外が全く止められないのでどうしても突き放せません。
 79-78で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 アルストンのスリーが止まりません。今日6本目!
 キャブスはシュートが入らなくなってきました。このシリーズ、キャブスはどの試合も第4クォーターで大失速しますね。
 また、キャブスはルースボールに対する執着が甘いですね。飛びついてでも取りに行かなければ、取れるボールも取れません。
 マジックはスリー攻勢で一時8点差をつけます。
 ここに来てフリースローを外したり、ひどいパスミスでターンノーバーをするようになったレブロン。これはまずいですね。
 それでも頼られるのがエースです。苦しみながらそれに必死に応えているレブロンと、支えているウェスト。他の選手がもっと調子を上げてこなければなりません。
 マジックは全ての選手が自分の仕事をこなしています。2対5ではキャブスに勝ち目はありません。
 3点差で迎えた残り1:58、レブロンのコースト・トゥ・コースト! ダンク! 95-96!
 残り1:43、ハワードのフリースロー。ここで一本をミス。95-97!
 残り1:24、ウェストのレイアップ! 97-97! 同点!
 残り1:05、レブロンのフリースロー。これまた一本をミスして追加点は1点。98-97!
 ここからお互いにシュートが入りません。
 残り11.1秒に放たれたピートラスのスリーもミス! キャブスがリバウンドを取るかと思われましたが、ウェストが追いつききれず、アウトオブバウンズ! マジックボール! 残り6.4秒!
 タイムアウト明け、インボールできず、マジックは20秒タイムアウト。
 改めてインボール。キャッチしたルイスがすぐにスリー! 98-100! 残り4.1秒!
 またルイスが決めた!
 残り0.5秒、ピートラスがブロッキングファール! レブロンのフリースロー!
 オフェンスファールの感じもありましたけどねー
 一本目…成功! 99-100! これは緊張する! 二本目…成功! 100-100!
 ちょっとやばい入り方でした。もうほんの少し強く投げてたら外れてましたね。
 マジック、最後の攻撃。ヴァレイジャオがハワードにファールしたような、ハワードがヴァレイジャオを引き倒したような、微妙なプレーでしたがノーコール。
 オーバータイム!



オーバータイム

 ジャンプボール、なぜにキャブスはレブロン???
 当然のごとくハワードに軍配。
 しかし、ヴァレイジャオがターコルーからスティール!
 まずはこの速攻でファールを受けたギブソンがフリースローを二本とも決め、102-100!
 残り4:17、ハワードのダンク! 102-102!
 残り3:54、レブロンのすごいパスミス! ギブソンとの連係が取れてません。ターンノーバー!
 残り3:37、ハワードのダンク! 102-104!
 残り3:07、レブロンのスリー! 105-104!
 残り2:48、ハワードのレイアップ! 105-106!
 残り2:28、ヴァレイジャオが6つ目のファール! フィールドアウト!
 残り2:11、ピートラスのスリー! 105-109! 4点差!
 残り1:43、キャブスの24秒ヴァイオレーション! 苦しくなってきました。
 残り1:25、レブロンのターンノーバー! 8個目! これはひどい。
 残り1:12、ターコルーのミスレイアップをハワードがフォロー! 105-111!
 残り1:06、レブロンのスクープショット! 107-111!
 残り39.3秒、レブロンのフリースロー。二本とも決めて109-111!
 残り21.0秒、ハワードのフリースロー。二本とも決めて109-113! 4点差!
 残り16.5秒、レブロンのレイアップを止めに行ったハワードがクリーンブロックでジャンプボール!
 ジャンプボールはキャブスが取ったものの、ファールをもらいにいきながら打ったレブロンのスリーは大きく外れます。
 しかし、リバウンドはイルガウスカス! ファールを受けてフリースロー!
 二本とも決めて111-113!
 残り6.4秒、キャブスはすぐにファールへ行き、ルイスのフリースロー。
 一本目…成功! 111-114! 二本目…成功! 111-115! 4点差!
 残り4.1秒、レブロンのスリー! 114-115!
 残り3.2秒でキャブスはルイスにファール。フリースロー!
 一本目…ミス! 1点差のまま! 二本目…成功! 114-116! 2点差!
 キャブスはもうタイムアウトがありません。
 モーのロングパスを受けたレブロンがロングスリー…ミス!
 試合終了!



最終スコアは114-116でマジックの勝利。
最後、タイムアウトが残っていたらキャブスはもう少し効果的なオフェンスができたかもしれませんね。
しかし、タイムアウトの数も含めて試合の要素。残してなかったことが一つの敗因でしょう。
ここにきてキャブスは去年までのチームに戻ってますね。
なんでもレブロン、レブロン、レブロン。
それでは優勝できません。レギュラーシーズンにあれだけの勝ち星をあげられた理由を思い出すべきですね。
ウェストは縁の下の力持ち的にかなり貢献していましたけどね。彼だけではどうにもなりません。
モーは後半開始直後だけ良いプレーをしていましたが…
イルガウスカスに存在感はないですし、ヴァレイジャオはごく稀に好プレーを見せましたが、それ以上に余計なファールが多すぎです。
ここに来てなぜかギブソンを多用したり、逆にスミスをほとんど使わなかったり、パブロビッチを全く使わなかったり、ブラウンHCが何をしたいのかわかりません。
かなり混乱してますね。
マジックは相手から、もうやめて、と言われそうなほどスリーをボコボコ決めていましたね。
後半開始直後のアルストンの印象が強かったですが、密かにピートラスも5本決めてますし、ルイスとターコルーも2本ずつ決めています。
そしてハワード、何人たりとも止められなくなってます。
大事なところでフリースローもキッチリ決めていますし、もはや怖いものなし。
そして、わずかな時間ながらもハワードの代わりにでてくるゴータットがまた良いプレーしてるんですよね。
なんでもレブロン時々ウェストのキャブスに対して、スターターもベンチ陣も絶好調のマジック。
マジックが王手をかけて、舞台はクリーブランドに戻ります。



キャブス 114-116 マジック
      OT

マジック 3勝1敗


キャブス

 レブロン
  44点
  12リバウンド
   7アシスト
   8ターンノーバー(BAD)

 ウェスト
  17点
   7アシスト

 ヴァレイジャオ
   5スティール


マジック

 ハワード
  27点
  14リバウンド
   3ブロック

 アル酢ロン
  26点

 ターコルー
  15点
   7リバウンド
   8アシスト


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/26 NBAプレーオフ レイカーズVSナゲッツ GAME4 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスファイナル GAME4


会場 ペプシセンター(デンバー)


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 レイカーズもフリースローが入りませんね。いきなりコービーが一本、アリーザが二本外しました。
 ナゲッツはオフェンスリバウンドをよく取っています。ネネがもぎ取ってダンクを決めるなど、かなり気合いが入ってますね。
 しかし、双方決して調子は良くないです。カーメロに至っては0/7とひどいスタートです。
 そんな中、密かにマーティンが絶好調。フィールドゴールもフリースローもしっかりと決めています。
 お互いにディフェンスに力を注ぎすぎているせいか、オフェンスがあまり上手く行ってないですね。
 19-22で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 JRとアンダーセンのハッスルプレーでナゲッツは一気に盛り上がります。
 JRを中継役として上手くボールが回ってますね。
 残り6:27、カーメロが足を痛めてベンチに下がりました。しかし、ベンチで応急処置を受けただけですぐにコートに戻ります。
 カーメロは相当に苦しんでますが、今日はJRがそれを補う活躍を見せてます。
 レイカーズはコービーだけが調子を上げてきましたね。それだけでは追いつくことは難しいですが…
 ガソルとオドムも調子を上げてきてレイカーズは一時4点差に迫ります。
 しかし、再びナゲッツの猛攻にあって点差が開きます。
 カーメロは足がかなり痛いみたいですね。結局、ロッカーに下がりました。
 きつい状況の中レイカーズも食い下がり、45-52で前半を終了します。



第3クォーター

 レイカーズが静かながらもしっかりとプレーするようになってきました。こうなるとレイカーズは強いですが…?
 しかし、ビラップスもまた、要所で必要なプレーをしはじめました。相手にとってはこれが一番怖いですね。
 それに引っ張られるかのようにナゲッツの選手たちは調子を取り戻してきましたね。
 カーメロは相変わらず入りませんが、ネネとマーティンはかなりアグレッシブです。
 その絶不調のカーメロも、シュートが入らないならと、ルースボールに飛びついています。ファールにはなりましたがナイスファイトです。
 残り3:54、コービーが抗議してテクニカルファールを取られかけました。
 今回は取られはしませんでしたが、このプレーオフで累積テクニカルファールは既に5。7つで自動的に1試合出場停止なので気をつけたいところですね。
 ナゲッツの勢いは素晴らしく、66-77と二桁差にして最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 出だし、4点連取でペースを上げようとしたレイカーズの流れを断ち切ったのは、またもビラップス。
 スリーポイントプレー、スリー、と一気に6点を取り、流れを引き戻します。
 そして、今日は何気にネネがインサイドから良いパスを何本も出しています。これも大きいですね。
 レイカーズはホントにフリースローが入りませんね。ナゲッツもあまり良くないですが、今日のレイカーズは異常です。
 残り6:11、ダンクに飛び込んだアンダーセンに対してバイナムがフレイグラントファール。
 絶対に追加点を許したくない場面でしたし、なかなか追いつけずにイライラしているのはわかりますが、許されないファールでした。両手で頭を叩く感じになってましたからね。
 残り5:31、これまで不調だったカーメロがスピンから難しいシュート! カウントワンスロー!
 これで15点差となりました。
 コービーが踏ん張りますが、レイカーズは10点差にするのが精一杯。
 JRの連続スリーなど、ナゲッツの勢いは止まることを知らず、試合は終了しました。



最終スコアは101-120でナゲッツの勝利。
今日はビラップスの真価がいかんなく発揮されましたね。
行くべきところは行って、任せるべきところは任せる。おかげで何度崩れそうになっても持ち直していました。
また、ナゲッツのリバウンドは強烈でした。こういうFG%が悪い試合では特にリバウンドが重要となりますが、これほどの差が出ると点差もそれに伴いますね。
二桁リバウンドが三人もいるのはすごいです。
また、JRがようやく復調しました。カーメロの体調が非常に悪かったそうですが、それを補いましたね。
レイカーズは後半、開始時は落ち着いて試合を展開していましたが、徐々に崩されていきました。
コービーも要所要所で決めてはいたものの、後半全体を見ればできは今ひとつでした。
ひどかったのがバイナムのディフェンス。なんの役にも立ってなかったですね。フレイグラントファールしか印象に残ってないです。
オフェンスはそれなりでしたが。
ガソルは調子よかったですが、それだけでは元気一杯のナゲッツインサイドに太刀打ちできませんでした。



レイカーズ 101-120 ナゲッツ

2勝2敗


レイカーズ

 コービー
  34点
   7リバウンド

 ガソル
  21点
  10リバウンド
   3ブロック


ナゲッツ

 ビラップス
  24点

 JR
  24点

 マーティン
  15リバウンド

 アンダーセン
  14リバウンド

 ネネ
  13リバウンド(7オフェンスリバウンド)


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/25 NBAプレーオフ キャブスVSマジック GAME3 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスファイナル GAME3


会場 アムウェイアリーナ(オーランド)


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


マジック

 アルストン
 リー
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 さすがにレブロンに対するブーイングがすごいですね。なにしろ最後の最後で勝利をかっさられたわけですから、ファンにとっては憎らしい相手です。
 今日のマジックは積極的にハワードに攻めさせていますね。その影響でヴァレイジャオはわずか2分半で2ファール。ベンチに下がります。
 マジックはオフェンスが絶好調ですね。中も外も決まっています。
 キャブスは悲惨な確率。ベンとモーが一本ずつ決めただけです。
 しかし、ベンのダンクを皮切りにキャブスの調子が上がってきました。点差が徐々に詰まっていきます。

 ウェイドが観戦に来てますね。こう言うのって、心情的にどうなんでしょう。
 ジョー・ジョンソンは、(自分の)シーズンが終わった以上は今後の勝敗や展開に興味はない、ようなことを言ってましたが。

 マジックの勢いも衰えず、17-24で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 キャブスはなんとなくボールが手についてないですね。ボールを簡単にカットされています。
 しかし、マジックはシュートが全く決まらず、23-24といつの間にか1点差となります。
 マジックが一時差をつけましたが、キャブスはレブロンを中心に反撃。逆転します。
 残り5:44、ドライブを試みたジョンソンに対してモーが激しくチェック。ファールが宣告されます。
 また、同じプレーでジョンソンの肘がモーの左側頭部を強打。フレイグラントファール1が宣告されます。
 ジョンソンのフリースローの後、モーのフリースロー、キャブスボールで再開です。
 ジョンソンは二本とも外し、モーは二本とも決めました。
 モーは目の上辺りからの血が止まらないので、フリースローの後、ロッカーに下がりました。
 流れはキャブスに行くかと思われましたが、ディフェンスを締めたマジックはすぐに巻き返しました。
 残り2:58、ルイスのダンクで再逆転します。
 モーがベンチに帰ってきました。まぶたの上を縫ったようです。
 ターコルーはホームの方が調子が悪いと、データが出ていました。
 今日もここまでわずか3点、フリースローでの得点のみです。
 ハワードがファールトラブル気味なんですが、今日はゴータットが活躍しています。
 レブロンを二回ブロック、得点もあげるなど、自分の役割をこなしていますね。
 展開はほぼ互角。41-42で前半を終了します。



第3クォーター

 相変わらずマジックは後半走りますね。良い感じで点を重ねてリードを広げます。
 特にリーとハワードが良い感じです。リーはファーストブレイクでレブロンのブロックをかわしてダンクを決めました。
 マジックのペースで試合は進んでいますが、残り5:03、レブロンの豪快なアリウープ! 流れを引き寄せそうなプレーでした。
 しかし、崩れないマジック。フリースローをしっかりと決めています。
 それでもレブロン、ウェスト、ベンの奮闘でキャブスが少しずつ点差を詰めていきます。
 スミスも良いディフェンスをしていますね。
 4点差で迎えた残り48.0秒、ターンノーバーからピートラスが速攻! レイアップを決め、カウントワンスロー!
 フリースローも決めて61-68! 7点差!
 残り0.5秒、レブロンのレイアップ!
 63-68で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 今日はモーとイルガウスカスが全然シュートを決められません。
 また、ヴァレイジャオがただのファールマシーンになってます。
 スミスやベンがベンチから出てきて良いディフェンスをしていますが、得点が伸びないのがきついですね。
 キャブスは本当に苦しんで苦しんで点を取っています。
 逆にマジックは点を取られても、あっさりと返しており点差が変わりません。
 残り時間が8分を切ってきました。
 ここからがマジックの真価が問われますね。
 セルティックス戦のGAME5のように、何をしていいのかわからなくなって崩れるか、GAME7のように踏ん張って勝つことができるか。
 点差は5~8点をウロウロ。双方の精神力が試されます。
 ここにきてハワードがフリースローをしっかりと決めています。4本中1本は外しましたが、ハワードとすればOKでしょう。
 逆にレブロンは二本とも外す始末。これはいけません。
 そのミスフリースローのリバウンド争いで揉めたヴァレイジャオがルースボールファールで5つ目。
 さらにチームファールが5つを超えているのでハワードのフリースロー。
 ハワードはフリースローを二本とも決めて76-84! 8点差!
 直後にレブロンはスリーを決めましたが、フリースローこそしっかりと決めて欲しいもの。
 すぐにリーに返され、おまけにターコルーにまで決められ、結局点差は変わりません。
 残り2:43、ヴァレイジャオが6つ目のファール! フィールドアウト!
 彼のちょかちょかディフェンスは時に相手をイラつかせ、ペースを狂わせますが、今日は完全に裏目。余計なファールにしかなってません。
 ハワードはどっしりと構えて笑ってます。…途中テクニカルファールを取られていますから、なおさらかもしれませんけど。
 残り2:01、レブロンまたしてもフリースローを二本とも外します。これは最悪です。
 6点差で残り2分を切ります。
 キャブスはシュートを決められず、マジックはオフェンスリバウンドをピートラスが奪ってファールを受けます。イルガウスカス、6ファール! フィールドアウト!
 さらにウェストのテクニカルファール!
 これはもう、流れはキャブスにありません。



最終スコアは89-99でマジックの勝利。
何を言ってもレブロンのフリースロー。
他にも敗因はあります。ありますが、一番の原因です。エースが苦しい場面でフリースローを外してはいけません。
アリウープを決めようが、スリーを決めようが、フリースローを決められない選手は超一流とは言いません。全盛期のシャックほどの支配力があれば別ですが。
モーの不調も響きましたね。目の上を縫った影響で視界が悪かったので仕方ないかもしれませんが、なら、試合に出したらダメです。
こんな状況でもギブソンをほとんど使わないのが不思議です。そんなに出来が悪いのでしょうか。2年前は重宝された選手なのに…
逆にマジックはハワードのフリースローが良かったですね。
彼の場合は外れることが前提になっているので、終盤にあれだけ決めてくれるとチームとしては嬉しい誤算です。
ターコルーやピートラスもしっかり決めていました。
特にターコルーはフィールドゴールが最悪でしたが、フリースローだけはキッチリと決めました。
それにしても51本もフリースローを与えているキャブスのディフェンスはちょっと…
ハワードに19本打たせたのは半分ワザとかもしれませんが、それにしても他の選手にも与えすぎです。
ヴァレイジャオがいらんことしかしてなかったのですから、もっとベンとスミスを使うべきでした。
実際、二人がコートに立っていた時の方がディフェンスは機能していました。
マジック、本当に成長しましたね。セルティックスに鍛えられたようです。
逆にキャブスはここまでが簡単すぎました。
しかし、まだまだわかりませんね。



キャブス 89-99 マジック

マジック 2勝1敗


キャブス

 レブロン
  41点
   7リバウンド
   9アシスト

 モー
  15点
   7リバウンド


マジック

 ハワード
  24点
   9リバウンド

 アルストン
  18点
   3スティール

 ターコルー
  10リバウンド
   7アシスト


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/24 NBAプレーオフ レイカーズVSナゲッツ GAME3 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスファイナル GAME3


会場 ペプシセンター(デンバー)


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 今日はビラップス、最初のフリースローを決めましたね。
 序盤、ナゲッツが走りかけましたが、レイカーズも巻き返して逆転します。
 ナゲッツはカーメロが絶好調。ネネもGAME2では存在感がありませんでしたが、今日は活躍しています。
 そのおかげでナゲッツが再びリードします。
 勢いに乗ったナゲッツはパスが非常によく回っています。
 JR、マーティン、アンダーセンと素晴らしいボール回しで、盛り上がりは最高潮です。
 レイカーズはフリースローが入りません。ひどいものです。
 全部とは言わなくても、普通に入っていれば3~5点くらいリードしていたのではないでしょうか。
 26-28と、ナゲッツがリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 今日はカーメロのディフェンスの読みが冴えてますね。既に3スティールくらいではないでしょうか。
 ナゲッツは非常に良い感じながらも、フィニッシュがなかなか上手く行きませんね。
 逆にレイカーズは苦しみながらも点を取っています。
 ただ、レイカーズはなんとかしないと、ナゲッツがフィニッシュも決まるようになったらあっという間ですよ。
 流れを変えたのはコービー。ナイスアシストや連続得点で一気に差を詰め、同点とします。
 それでもナゲッツも崩れたりはしません。
 結局はフリースローの差がほぼ点差となってますね。
 48-52で前半を終了します。



第3クォーター

 ナゲッツはジョーンズの活躍で少しリードを広げます。
 残り6:30、ルースボールの激しい奪い合いでジャンプボール。
 そのジャンプボールの際に小競り合いが起きてフィッシャーがテクニカルファール! 双方、熱くなってますね。
 どちらもファールが多く、乗り切れません。
 3点差で迎えた残り4:46、ウォルトンからコービーへアリウープ! カウントワンスロー! フリースローも決めて64-64! 同点!
 ナゲッツはカーメロが目を痛めたようです。レイカーズはアリーザがロッカーに下がりました。激しい試合になってますね。
 苦しい時に仕事をするのがビラップス。得点やJRのスリーをお膳立てなど、素晴らしいですね。
 さらに残り35.8秒、ビラップスがスリー! さすがとしかいいようがないです。
 そしてJRがビラップスのパスからブザービータースリー!
 71-79で最終クォーターに突入します。
 但し、決めた直後にブヤチッチに暴言を吐いたようで、テクニカルファールを取られました。


第4クォーター

 コービーのテクニカルフリースローから試合は再開です。
 それにしても、JRは今日は目がしっかりと開いてますね。GAME1、GAME2は虚ろでしたから…
 レイカーズはアリーザが帰ってきてます。大事なかったようですね。
 カーメロも戻ってきました。目だけに心配でしたが、こちらも問題ないようです。
 ナゲッツは点が取れません。ビラップスがテクニカルフリースローを決めただけです。
 レイカーズが徐々に点を取っていき、78-80と2点差になります。
 残り7:31、アリーザのスリー! 81-80! レイカーズ逆転!
 残り7:06、カーメロがフリースローを一本決めて81-81、同点!
 残り6:48、コービーのフェイドアウェイシュート! 83-81!
 残り6:30、JRのナイスパスからマーティンのダンク! 83-83!
 残り6:02、ビラップスのミスレイアップをマーティンがフォロー! 83-85!
 残り5:11、アリーザのスリー! 86-85! 再びレイカーズリード!
 残り4:51、ビラップスのスリー! コービーのファール! カウントワンスロー! フリースローも決めて4ポイントプレー! 86-89!
 残り4:34、ガソルのターンアラウンドジャンパー! 88-89!
 残り3:51、ガソルのジャンパー! 90-89! またレイカーズ逆転!
 残り3:26、JRのジャンパー! 90-91! また逆転!
 残り3:06、コービーのレイアップ! カウントワンスロー! フリースローは外して92-91!
 残り2:19、カーメロのフリースロー。二本とも決めて92-93!
 残り2:07、フィッシャーのオフェンスファール! 5ファールのネネ、果敢に取りに行きました。
 残り1:46、オドムのフリースロー。一本を外して93-93! 同点!
 残り1:30、JRのジャンパー! 93-95!
 残り1:09、コービーのスリー! 96-95! レイカーズ逆転!
 ビラップスが果敢に攻め、マーティンがフォローするも決めきれず! レイカーズボール!
 残り38.3秒、コービーのフリースロー。一本はミス! 97-95!
 リバウンドを取ったナゲッツはタイムアウト。
 タイムアウト明け、インボールできません! 再びタイムアウト。
 インボール、マーティンがとんでもないところへ投げ、ターンノーバー!
 ボールを取ったアリーザにファールしてカーメロが6ファール! フィールドアウト!
 アリーザは二本とも決めて99-95!
 残り24.6秒、ビラップスのフリースロー。二本とも決めて99-97!
 ナゲッツは早めにファールしたいところ。
 残り22.2秒、コービーのフリースロー。二本とも決めて101-97!
 残り15.5秒、ビラップスのスリーは大きく外れ、ちょうどボールの場所にいたジョーンズもなぜかスルーしてしまいアウトオブバウンズ。万事休す。



最終スコアは103-97でレイカーズの勝利。
またアリーザがやりましたね。
ナゲッツとナゲッツファンにはアリーザが天敵に映っていることでしょう。
マーティンのパスも良くなかったですが、それはアリーザが完璧にカーメロをマークしていたせいでもあります。
そして、コービーの最終盤の活躍も見事。決めるべきシュートをキッチリと決めていましたね。
逆にナゲッツはビラップスもカーメロも沈黙。
カーメロはファールトラブルもあり、後半はほとんど力を発揮できませんでした。
JRがかなり調子を取り戻してきていますが、それでもエース級二人の活躍は必要不可欠です。
ネネ、マーティン、アンダーセンがいかに良いプレーを見せようと、二人が活躍できなければナゲッツは勝てません。
次戦は巻き返したいところですね。



レイカーズ 103-97 ナゲッツ

レイカーズ 2勝1敗


レイカーズ

 コービー
  41点

 ガソル
  20点
  11リバウンド


ナゲッツ

 カーメロ
  21点
   3スティール

 ビラップス
  18点
   7アシスト

 アンダーセン
  15点
   7リバウンド
   3ブロック


オフィシャルサイト ハイライトビデオ




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/23 NBAプレーオフ マジックVSキャブス GAME2 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスファイナル GAME2

会場 クィッケンローンズアリーナ(クリーブランド)


マジック

 アルストン
 リー
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 お互いディフェンスがきついですね。シュートがなかなか入りません。
 残り7:36、レブロンのスティールから速攻! 笛が鳴った後に激しくブロックされたモーがハワードにボールを投げつけましたが、なぜかお咎めなし。ハワードとヴァンガンディーHCは抗議しますが判定は変わらず。ちょっとおかしいですね。
 なんだかGAME1と同じような展開になってますね。キャブスが良いディフェンスを軸に快調に点を重ねています。ただ、GAME1ほど勢いはないですね。
 結局、GAME1と同じ点差、16-30で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 キャブスはベンチ主体の構成ですが、ディフェンスのローテンションが上手くいってますね。
 GAME1の終盤も、短時間でもこのメンバーで相手のペースを狂わせれば良かったんじゃないですかねー
 今日はパブロビッチの調子が良いですね。最近出番が少ない鬱憤を晴らそうとしているのでしょうか。
 さらにスミスもスリーを決め、23点差となります。
 マジックはまたもスリー攻勢。ルイスが決めて15点差とします。
 また、ベンチから出てきたゴータットが良いディフェンスしてますね。キャブスはなかなかインサイドに切り込めません。
 ただ、フリースローが入りません。ルイスやターコルーも外しています。これはひどい。
 マジックは多角的な攻撃で点を取ってますが、キャブスはレブロンの個人技で強引に点を取ってます。
 44-56と少し縮まって前半を終了します。



第3クォーター

 マジックは今日も後半になってペースをあげてきましたね。
 キャブスも点を取ってますが、少し苦しそうです。
 そしてルイスが連続スリー! また来ました! 58-64! 6点差!
 レブロン、シュートは入りますがフリースローが入りません。ホントにここが課題ですね。
 それでも今日のキャブスはズルズルと点差を詰められたりはしません。
 レブロンの個人技が目立っているのが気になるものの、点差は維持しています。
 対してマジックは相変わらずスリー攻勢。よく入りますねー
 69-75で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 時々、カメラがコートサイド斜め上からの角度の画面を写すんですが、距離が中途半端な上に角度的に背番号が見えないので、誰が何をしているのかわかりません。選手の頭しか映ってないです。
 非常に見にくいのでやめてください、TNTさん。
 ここに来てレブロンが連続でオフェンスファール。焦りすぎです。
 残り7:22、ピートラスのスリー! 80-82! 2点差!
 残り6:56、リーのレイアップ! 82-82! 同点!
 残り6:36、レブロンのレイアップ! 82-84!
 残り6:16、ルイスのジャンパー! 84-84! また同点!
 残り5:30、リーのレイアップ! 86-84! マジック勝ち越し!
 残り5:06、モーのジャンパー! 86-86! またまた同点!
 残り4:25、モーのスリー! 86-89!
 残り4:07、ターコルーのレイアップ! 88-89!
 残り3:49、イルガウスカスのジャンパー! 88-91!
 残り3:31、ターコルーがオフェンスファール! キャブスボール! ターコルー5つ目!
 残り2:51、モーのスリーは外れますが、イルガウスカス気迫のオフェンスリバウンド! タイムアウト!
 残り2:03、ピートラスのレイアップ! 90-91!
 残り1:40、モーのレイアップ! 90-93!
 残り48.7秒、ターコルーのスリー! 93-93! 同点! その前にピートラスがレブロンに対して見事なディフェンスも見せました。
 残り30.9秒、レブロンがトラベリング! 5歩くらい歩きましたね。 ターンノーバー!
 ここでGAME1と違い、キャブスはパブロビッチとベンを入れてきました。しっかりディフェンスするつもりですね。
 残り13.6秒、パブロビッチがターコルーにファール! まだフリースローではないので、インバウンド。ショットクロックは14秒に戻ります。つまり、マジックは時間いっぱい使えることになりました。
 残り1.0秒、ターコルーのジャンパー! 95-93! マジックリード! タイムアウト、キャブス!
 そして、レブロンのブザービータースリー!
 なに───────っ!?
 これはすげえぜ───────っ!!
 95-96! キャブスWIN!!



最終スコアは95-96でキャブスの勝利。
GAME1に続き、第4クォーターはすさまじい接戦。
マジックがやや押し気味に見えましたが、レブロン、最後の最後にやりましたね。
ターコルーのジャンパーが決まった時、まさかのマジック2勝!?と思いましたが、さすがにそう簡単にいかせません。
しかし、これはすごい!
1秒でしたから、フェイクですら時間切れになる恐れがありました。
レブロンに引きつけて、誰かをゴール下でノーマークにしてオーバータイムの道もありましたが、やってくれましたね。
このシュートには脱帽するしかありません。
これでシリーズを制すれば、ジョーダンの89年のザ・ショットのように何年も語り継がれることになるでしょう。
マジックも見事な戦いぶりでした。
敗因はありません。ただ、レブロンが上だった、それだけのこと。
ターコルーの勝ち越しシュートはすごかったですしね。
ファーストラウンドとカンファレンスセミファイナルGAME5までは不振を極めていましたが、ここに来て復活しつつあります。
ハワードは少し物足りない数字でしたが、その分ルイスとターコルーが素晴らしかったので敗因とは言えないでしょう。
これはすごい。すごいものを観ました。
マジックは50点差で負けるより精神的ダメージが大きいでしょうね。
ヴァンガンディーHCもそのようなコメントをしています。
しかし、次から2試合はオーランド。
キャブスは勢いに乗ったと思いますが、どうなるでしょうか。



マジック 95-96 キャブス

1勝1敗


マジック

 ルイス
  23点

 ターコルー
  21点

 ハワード
  18リバウンド


キャブス

 レブロン
  35点

 イルガウスカス
  15リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/22 NBAプレーオフ ナゲッツVSレイカーズ GAME2 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスファイナル GAME2


会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 双方、まずは様子見ですかね。少し重苦しいです。
 ディフェンスはナゲッツの方が良いように見えます。
 しかし、ジョーンズがあっという間に4ファール。コービーをマークするのは並大抵じゃないですね。…一つはバイナムに対してでしたが。
 今日はガソルが目立ってますね。GAME1の前半は空気みたいでしたが、オフェンスでもディフェンスでも活躍しています。
 ナゲッツは最初のシュートは防ぐんですが、その後のフォローアップを防げませんね。せっかくのナイスディフェンスも台無しです。
 オフェンスでもマーティン以外が沈黙。非常に流れが悪いです。
 またしてもビラップスは最初のフリースローを失敗。今日は一本だけでしたが、らしくないですね。
 とにかく今日のレイカーズはオフェンスリバウンドを取りまくっています。これだけ取られるナゲッツは珍しいですね。
 それでも思ったより点差は開かず、23-31で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ナゲッツはインバウンドパスをミスするなど、見事なほどに集中力を欠いてますね。
 動きにもキレがなく、ひどいものです。
 そんな状態ですから余計なファール、不用意なパスも嵩んでいき、どうしようもない状態になりつつありますね。
 なにかきっかけを作らないと、前半で勝負がついてしまいますよ。
 タイムアウトを取ると、カーメロが調子を上げてきました。
 3連続シュートで一桁差に詰め寄ります。
 しかし、序盤とは打って変わってディフェンスがガタガタです。
 レイカーズのパスワークが良いのもありますが、それにしてもノーマークのシュートを許しすぎですね。
 ナゲッツはもう、諦めたんでしょうか。本当に腑抜けのようなプレーをしています。
 パスもまともにだせない、キャッチもできない、ボールを取りに行かない、ゴール下に相手がノーマークでいても全員知らん顔でディフェンスにも行かない、フリースローもまともに決められない。
 そんな中、まともなのがマーティンとクレイザ。二人だけしっかりとプレーしています。
 こんな内容で、なぜか点差を詰められていくレイカーズ。
 レイカーズが情けないのか、ナゲッツが調子のでないフリをして油断を誘っているのか…?
 終了間際、ビラップスがインバウンドでコービーの背中にボールを当て、キャッチしてそのままレイアップ! 昔、ピッペンもやってましたね。
 このシュートでなんと54-55と1点差で前半を終了します。
 内容的にレイカーズが15点差をつけていてもおかしくなかったですが…



第3クォーター

 相変わらずパス及びパスキャッチが上手くいかないナゲッツ。なぜ、こんな状況で接戦に…?
 残り11:23、カーメロのジャンパーで同点!
 不思議な展開です。ナゲッツ、とんでもなく調子悪いですけど…
 ただ、カーメロは完璧に復調しましたね。出だしこそ1/6でしたが、その後は高確率で決めています。これが一つの要因ですね。
 また、ガソルの得点とオフェンスリバウンドがピタッと止まってます。
 セカンドチャンスポイントはほとんどなくなりましたね。
 逆にナゲッツはしつこくオフェンスリバウンドに絡むようになりました。
 レイカーズはインサイドが攻めきれないので、外一辺倒になりかけてますね。入っているから良いですが…
 コービーとガソルが徹底的に抑えられてしまっている中、活躍を始めたのがアリーザ。
 豪快なダンク、フリースロー、レイアップと立て続けに決めてペースを引き戻そうとします。
 アリーザの活躍でレイカーズは7点リード。ナゲッツは思わぬ伏兵の活躍に戸惑ってますね。
 しかし、アンダーセンとビラップスの活躍で再び2点差に戻ります。
 今日はネネの調子が最悪です。ボールは手についてないですし、シュートも入りません。
 アンダーセンも自慢のディフェンスが今ひとつですね。ガソルに圧倒されてます。
 それでなぜ、ここまでの接戦になっているのかわかりません。
 そんな中、カーメロが何故か笑顔を浮かべてるんですが…
 でもプレーは激しく、残り40.0秒、執念でリバウンドをもぎ取り、ルースボールファールも受けてフリースロー。
 二本とも決めて80-81と1点差に迫り、そのまま最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ガソルが一本、ビラップスが二本、フリースローを決めて同点となります。
 残り10:45、クレイザのスリー! 85-82! とうとうナゲッツ勝ち越し!
 ここに来てフリースローを外さなくなったビラップス。逆にミスが出始め、リバウンドが取れなくなったレイカーズ。
 カーメロも良いパス、リバウンドをしています。ナゲッツが5点をリードしました。
 レイカーズも反撃し、1点差となります。
 残り7:13、オドムがフリースローを二本決めて91-92と再逆転に成功します。
 フリースロー合戦になってきました。こうなると一本一本が重要ですよ。
 ナゲッツの方が確実に決めてますね。レイカーズはガソルが三本、ブラウンが一本外しました。
 残り4:26、今度はネネのフリースロー。二本とも決めて97-95とナゲッツがリードします。
 次のナゲッツオフェンスで、ナイスディフェンスを見せたアリーザが速攻を仕掛けますが止められてフリースロー。しかし、一本を外します。
 ナゲッツ1点リード。
 残り2:22、ビラップスのレイアップは外れますが、カーメロが意地でオフェンスリバウンドを奪い、シュート! 99-96! 3点差!
 残り1:59、コービーのスリー! 99-99! 同点!
 残り1:44、ビラップスがガソルからファールを受け、フリースロー。二本とも決めて101-99、2点差!
 残り45.3秒、コービーのジャンパー! 101-101!
 残り29.6秒、ビラップスのレイアップミスをネネがフォロー! マーティンに見事なパスを出して得点! 103-101!
 残り18.6秒、ビラップスとネネのナイスディフェンスでジャンプボール!
 しかし、ガソルとビラップスでは…
 それでもボールを保持したのはナゲッツ! レイカーズはファールするしかありません。
 ビラップスのフリースロー! 二本とも決めて105-101! 残り時間は13.7秒!
 カーメロが足を痛めたようで非常に痛そうです。が、残り時間はわずか。
 残り7.9秒、マーティンがガソルにファール。半分わざとでしたね。
 ガソルはフリースローを二本とも決め、2点差!
 ここからレイカーズはファールするのに3秒もかかってしまいました。しかも相手はビラップス。
 しかしビラップスは一本を外し、3点差!
 残り4.3秒、まだチャンスはあります。
 レイカーズの最後の攻撃は、フィッシャーがエアボールで試合終了です。



最終スコアは106-103でナゲッツの勝利。
あの前半のボロボロな状態でよく勝てましたね。
それでも前半終了時には1点差となっていた、なんとも不思議な展開。
ここからナゲッツはすごかったですね。なにがすごかったって、フリースロー。
第4クォーターだけを見ると、ナゲッツ 13/14、レイカーズ 9/14です。
これをみてもフリースローがいかに大事かわかります。
ビラップスが最後に一本を外したのはまずかったですが、それ以外は他の選手も含めてパーフェクト。
レイカーズはガソルの三本を始め、ブラウンが一本、アリーザが一本、外しましたからね。
また、カーメロのオフェンスリバウンドからのフォローシュートも素晴らしかったです。
レイカーズもガソルがやってましたが、第1クォーターに集中していました。
それに対してカーメロのフォローは第4クォーターに集中していましたし、重要な局面でエースとしての役割を果たしましたね。
ターンノーバーも、ナゲッツがひどい有様に感じたんですが、終わってみると一つしか変わらないのですね。
リバウンドもボールをキープし切れてないように見えましたし…
結果的に、序盤にミスやフリースローミス、リバウンドを取られると言ったマイナス面が強調されたナゲッツ。
逆に、終盤にフリースローミスやリバウンドを取られると言ったマイナス面が出てしまったレイカーズ。
この差が勝敗に繋がってしまいましたね。
フリースローはカーメロとビラップス、合わせて7本ミスしていますが、第4クォーターにはミスは一本だけです。
よく立て直したな、と思います。
これでホームコートアドバンテージはナゲッツに移りました。
そして、次戦はデンバーでの試合。さて、どうなるでしょうか。



ナゲッツ 106-103 レイカーズ

1勝1敗


ナゲッツ

 カーメロ
  34点
   9リバウンド

 ビラップス
  27点

 クレイザ
  16点
   8リバウンド

 マーティン
  16点
   3スティール


レイカーズ

 コービー
  32点

 ガソル
  17点
  17リバウンド

 アリーザ
  20点
   4スティール


オフィシャルサイト ハイライトビデオ




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/21 NBAプレーオフ マジックVSキャブス GAME1 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスファイナル GAME1


会場 クィッケンローンズアリーナ(クリーブランド)


マジック

 アルストン
 リー
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはレブロン→ヴァレイジャオのラインでキャブスが4点リード。
 マジックはハワードの強烈なダンクでお返し! なんとショットクロック計が倒れてしまいました。一時試合中断。凄まじい…
 結局、試合中なのでゴールの上を修理することはできず、ショットクロックはコートサイドにセットされました。
 そして、リングの高さもちゃんとしているか計測し、試合再開。すげえもん見ました。
 試合はキャブスが4-14とリード。なんとレブロンとモーは無得点です。
 逆にマジックは全てハワードの得点。主力以外が活躍しているのと、エースしか活躍できていない違いがまともに出てますね。
 モーとレブロンの得点も伸びてきました。それに伴ってキャブスのリードも広がっていきます。
 マジックもアルストンやピートラスがスリーを決めますが、基本、ハワード以外全く自分のバスケができていません。
 残り1:23、スミスがルイスをブロックし速攻! レブロンの強烈なダンク!
 さらにレブロンがハワードをブロック! さらにスリー! 17-33!
 あっという間にキャブスのペースになりました。
 マジックが2点を加え、19-33で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 キャブスのディフェンスは凄まじいですね。マジックはまともにパスも出せません。
 しかし、キャブスのシュートの確率がやや落ちてきましたね。その間に少し反撃し、点差は詰まりました。それでも二桁差。
 残り3:55、ピートラスの肩がヴァレイジャオの喉に当たりました。ヴァレイジャオは倒れて悶絶しています。
 20秒タイムアウトの後、歩いてベンチに下がりました。そして、再びコートに立ちます。
 ここからは点の取り合い。お互い一歩も譲りません。しかし、マジックはこれでは点差は縮まらないんですよね。
 終盤、レブロンの連続得点にもめげずゴータットがダンクで返したんですが、モーが反対側のスリーポイントライン辺りから、超ロングブザービータースリー!
 せっかく12点差に詰まったのが、再び15点差。
 48-63で前半を終了します。



第3クォーター

 マジックが6点を連取し、差を9点差に縮めます。
 そんなマジックペースを払拭するかのようにレブロンがハワードのダンクをブロック!
 ハワードはファールじゃないかと抗議してテクニカルファール。
 さらにリーに速攻ダンクを決められるも、冷静にジャンパーで返し、二桁差を維持します。
 しかし、マジックも冷静ですね。アルストンとルイスが返し、8点差とします。
 とてもセルティックスとのGAME5で、何をしていいのかわからずマゴマゴしている内に負けたチームとは思えません。成長してますね。
 さらにルイスがスリーを決め、5点差!
 キャブスが崩れたようなイメージはありませんが、マジックは明らかに調子が上がってきましたね。
 ピートラスも連続シュートを決め、レブロンが返すも、今度はアルストンがカウントワンスローで2点差! 白熱してきました。
 そして、ここでフリースローを二本とも外すレブロン。この辺がジョーダンに比べてまだ甘いですねー
 次のフリースローは二本とも決めて4点差。
 得点は動かず、78-82で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 出だしからマジックの猛攻!
 残り10:02にはジョンソンのスリーで逆転! ジワジワ来て、とうとうここに至りました。
 しかし、すぐにレブロンがレイアップを決めて再逆転。キャブスも簡単に崩れません。
 残り8:33、ハワードのアリウープ! またも逆転!
 2点ずつ加えた残り6:07、マジックの速攻! シュートこそ入らなかったものの、ピートラスがフリースローを得ました。
 一本を決めて90-88、2点差!
 残り5:52、ヴァレイジャオのレイアップ! 90-90! 同点!
 残り5:07、ターコルーのスリー! 93-90!
 残り3:51、レブロンのダンク! 93-92!
 残り3:33、ターコルーのレイアップ! 95-92!
 残り3:08、レブロンのレイアップ! 95-94!
 残り2:28、ルイスのスリー! 98-94! 4点差!
 残り2:07、モーのスリー! 98-97! 再び1点差!
 残り1:57、ターコルーのフリースロー、二本とも決め、100-97!
 残り1:40、レブロンのフリースロー、一本を決め100-98!
 残り1:17、ターコルーのフリースロー、二本とも決め、102-98!
 残り1:11、ヴァレイジャオのレイアップ! 102-100!
 残り40.8秒、ウェストのスリー! 102-103! キャブス逆転!
 残り31.6秒、ルイスのジャンパー! 104-103! マジックまたも逆転!
 残り25.6秒、レブロンのレイアップ! 104-105! さらにハワードのファール! カウントワンスロー! ハワード、フィールドアウト!
 フリースローも決め、104-106! 2点差!
 残り14.7秒、ルイスのスリー! 107-106! ここで決めるとは! マジック再逆転!
 残り7.0秒、ウェストのスリーはミス! リバウンド争いの末、ジャンプボール! 残り時間は1.0秒!
 ジャンプボールはレブロンとターコルー。
 ボールはキャブスが取ったものの、モーのシュートはわずかにそれ、ミス!
 試合終了!
 レブロンは足を痛めたようです。試合が終わった後、立ってはいますが動くことができません。血も出ています。
 観客はレブロンの様子が気になるのか、悔しい負け方をしたものの誰も帰りません。
 やがて、レブロンが歩いて去っていくと、歓声を送って帰途につきました。



最終スコアは107-106でマジックの勝利。
すさまじい試合。
前半だけを見ればキャブス圧勝かと思われましたが、後半のマジックの粘りは見事。
セルティックスとの激闘を経て本当に成長しましたね。
セルティックスとのGAME7、そしてこの試合と、3試合前とは全く別のチームです。
特にルイスがすごい。全然違います。セルティックスとのシリーズでも一人淡々とシュートを決めてはいましたが、ワンランクアップした気がします。
これだけ緊迫した試合の終盤に、あれだけ連続で決められるのはただ者ではありません。
また、何気にターコルーもFG%はやや低いものの、大事なものも含めてフリースローはパーフェクト。キャブスにはこれが効いてましたね。
そして、ピートラスが止めきれなかったとは言え、レブロンに対して相当にしつこいディフェンスをしていました。
キャブスは敗因らしい敗因はないです。いい試合を展開していました。
あえて言うなら、レブロンのフリースローと、スターター酷使。
もう少しベンチメンバーを使っても良かったんじゃないでしょうか。特にスミスは好調だったと思うんですけどね。
レブロンのフリースローは痛かった。緊迫した場面で外しましたから…
やっぱりレブロンは大事なところで難しいシュートは決めますが、フリースローは決めきれないですね。
しかし、ヴァンガンディーHCが言うように、マジックに勝因、キャブスに敗因が特にある試合ではなかったと思います。
リーグトップ+MVP+コーチ・オブ・ザ・イヤーのキャブスと、イースタン3位+ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー+激闘を乗り越え一皮剥けたマジック。
これは想像以上に面白いシリーズとなりそうです。



マジック 107-106 キャブス

マジック 1勝0敗


マジック

 ハワード
  30点
  13リバウンド
  ショットクロック計破壊

 ルイス
  22点
   7リバウンド

 ターコルー
  15点
  14アシスト


キャブス

 レブロン
  49点
   8アシスト
   3ブロック

 イルガウスカス
  10リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/20 NBAプレーオフ ナゲッツVSレイカーズ GAME1 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスファイナル GAME1

会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まず、一番目立っているのはジョーンズ。オフェンスでもディフェンスでも活躍ですが、勢い余ってオフェンスファールを取られました。
 ナゲッツはディフェンスをしっかりしていますね。ターンノーバーを誘発し、シュートチェックもしっかりして12-4とリードします。
 レイカーズは点を取ってもすぐに返され、取らなくても点を取られているので差が開いていきます。
 しかし、さすがにディフェンスはしっかりしているので、簡単な失点はしていませんね。
 また、バイナムがネネに対して優位な動きをしているのが一つのアドバンテージになっています。
 ナゲッツはボールがものすごくよく回ってますね。かと思ったらカーメロが一人でドライブしたりなど、ディフェンスの的を絞らせません。
 レイカーズでなければもっと大量失点していたかもしれません。
 終盤に連続スリーを決めたレイカーズはなんとか点差を縮めました。
 しかし、ナゲッツ優位は変わらず、31-23で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ナゲッツはフリースローが入りません。ビラップスやJRまで二本とも外しています。これはいったい…
 その隙にレイカーズは点差を詰め、4点差とします。
 JRが非常に良くないですね。簡単なレイアップすら外しています。他の選手はあまり感じませんが、一人だけものすごくテンパってますね。
 レイカーズもフリースローがあまり良くないですね。
 途中からナゲッツの動きが固くなってきた気がします。出だしが緊張でそうなるのならわかりますが、途中からって珍しいですね。
 バイナムは良い動きをしているんですが、その分ファールトラブル。あっさりと三つ目を犯し、ベンチに下がります。
 残り3:31の時点でナゲッツはフリースローを既に8本外しています。それでもまだ3点差で勝ってますが、後々響いてきそうな気がしますね。
 なんだか、JRの目が泳いでるんですが…なにを一人だけ深刻になっているんでしょうか。
 カーメロのテクニカルファールを皮切りに、レイカーズが猛攻。コービーを中心に点を重ね、49-50と逆転します。
 マーティンが豪快なダンクを決め、ナゲッツ2点リードで終わると思いきや、コービーのナイスパスをフィッシャーがブザービータースリーで締め、逆転!
 54-55で前半を終了します。



第3クォーター

 いきなりバイナムが4つ目のファール。しかし、ベンチに下げませんね。
 それで得たフリースローをカーメロが二本とも決めて、まずは逆転。
 しかし、すぐにコービーがダンクで再逆転します。
 ナゲッツはハーフタイムを挟んで少し落ち着きましたね。ちゃんと頭を冷やせたようです。
 レイカーズは8秒オーバータイムを出しました。…落ち着きすぎ?
 そのチャンスにカーメロがスリーを決めるなどで、ナゲッツが4点をリードします。
 アリーザがカーメロに対して非常に良いディフェンスをしているんですが、4ファールとなりベンチに下がりました。
 もっとも、カーメロはそのディフェンスを超える絶好調なんですが。
 残り5分を切った辺りからフィッシャーが連続ポイントを決め、レイカーズが4点をリードします。
 今度はビラップス。フリースローを含む連続ポイントで再びナゲッツがリードします。
 JRは目がいまだに泳いでいるので、オフェンスよりもディフェンスに力を入れ始めました。ディフェンスは好不調あまり関係ないですからね。
 それが功を奏したのか、コービーをイラつかせることに成功しています。
 レイカーズがここから一度逆転しますが、ナゲッツはさらに逆転。
 76-74で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 開始早々に点を取ったマーティンですが、次のディフェンスで腹部にコービーのショルダータックルを食らい、もんどり打って倒れました。
 みぞおちかもしれません。相当に苦しそうです。ちなみにノーファール。
 残り10:35、ブラウンの強力なディフェンスにあいながら、ビラップスがアンダーセンにナイスアシスト!
 カウントワンスローで81-76と5点差になります。
 ここに来てJRがようやく本来の姿を取り戻しました。
 コービーのスリーに対してスリーを返し、アンダーセンへのナイスパスも見せました。少々早打ちな気もしますが、まあ、これはいつものこと。
 ここに来てアンダーセンのゴール下のディフェンスも、存在感を発揮し始めました。レイカーズはインサイドのシュートがなかなか入りません。
 徐々に差が開いてきました。
 しかし、残り6:48、コービーがアンダーセンを越えてレイアップ! カウントワンスロー! さすがです。
 フリースローも決めて89-85! 4点差!
 5点差で迎えた残り4:13、アリーザのスリー! 2点差!
 残り3:25、カーメロがオフェンスリバウンドを取ってシュート! 4点差!
 しかし、すぐにコービーがジャンパー! 再び2点差!
 残り時間は3分を切りました。
 残り2:31、フィッシャーのスリー! 96-97! 逆転!
 残り2:07、カーメロが果敢に攻めましたがオフェンスファール! レイカーズボール!
 残り1:53、ガソルがフリースローを得ましたが、二本ともミス! まだ1点差。
 残り1:38、ビラップスがガソルのチェックに合いながらスリー! 99-97! 恐ろしい男…
 残り1:14、ネネがグッドディフェンスを見せたかに思われましたが、ファール! 6ファール、フィールドアウト!
 ガソルのフリースロー。今度は二本とも決めて同点!
 残り30.5秒、マーティンがコービーにファール! 際どい判定ですね。
 フリースローを二本とも決めて99-101! 2点差!
 タイムアウト明けのインボール。カーターのパスをアリーザがスティール!
 これはカーター、大チョンボ。アリーザにパスしたのかと言うほどのミスです。
 ナゲッツはファールせずになんとか守ろうとしましたが、結局残り10.0秒にコービーにファール。
 フリースローを二本とも決められ4点差。万事休す。



最終スコアは103-105でレイカーズの勝利。
何を言っても、前半のナゲッツのフリースローの悲惨な確率。これに尽きます。
ビラップスでさえ三連続で外し、JRも連続ミス。
どれだけカーメロがフィールドゴールを高確率で決めようと、これはいけません。
フリースローがいかに大事か、と言うことがよくわかります。
それでもこれだけフリースローを外したアウェーで、たったの2点差なのは評価できると思います。
ベンチ陣は本調子にはほど遠かったです。
特にJRは目が泳いでましたし、アンダーセンは前半はマゴマゴしてるだけでした。
アンダーセンは後半に、JRは第4クォーターに調子を取り戻しましたけどね。
ただ、カーター…あのパスミスは…今日のカーターはターンノーバー1つですが、それが致命的でしたね。
レイカーズは…良かったのか悪かったのか、よくわかりません。
こういう試合をものにしたのを評価するべきか、あれだけフリースローを外してくれたナゲッツに相手になにしてんの?と言うべきか。
コービーはカーメロとのマッチアップにイラついていたものの、さすがの活躍。
フィッシャー、アリーザ、オドムは要所で必要なプレーをしていました。
ガソルは…ネネとアンダーセン相手に全く歯が立ちませんでしたね。
ガード陣のナイスパスからのシュートはキッチリ決めていたものの、いつもはオプションの一つである1on1からのシュートを全くさせてもらえませんでした。
やっぱりナゲッツインサイド陣のような連中は苦手のようです。
なんだか重苦しいシリーズになりそうな予感がします。



ナゲッツ 103-105 レイカーズ

レイカーズ 1勝0敗


ナゲッツ

 カーメロ
  39点

 ビラップス
  18点
   8アシスト

 マーティン
  15点
   8リバウンド


レイカーズ

 コービー
  40点

 ガソル
  14リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


カンファレンスファイナル

明日からNBAはカンファレンスファイナルですね。
どちらも非常に楽しみですが、ウェスタンの方がより面白そうです。

レイカーズが少し未知数過ぎます。
ホームとアウェーの戦いぶりがあまりにも違うので、手を抜いていたのか、あれが実力なのか、ハッキリわかりません。
ナゲッツはビラップスの影響で、アウェーでもそれほど戦いぶりが変わりません。
もし、ナゲッツ相手でもアウェーでロケッツ戦のような戦いぶりであれば、ホームで一敗でもすれば終わりです。

レイカーズにとってはまずは連勝すること、ナゲッツにとってはGAME1かGAME2のどちらかだけでも良いので勝つこと、これが重要になってくるでしょう。

わたしにはこの対戦は2004年のファイナルの様に感じます。
8割方レイカーズ勝利の予想の中、立ち向かう元気一杯のチーム。
今回は2004年ファイナルほど極端な予想ではないようですが、普通に考えればレイカーズ優位となるのは自然です。
ですが、単純な個人能力や同一ポジションのマッチアップだけでは勝敗を計ることはできないことを、この時に我々は知ったはずです。
わたしはナゲッツ不利とは思いません。
ほぼ互角か、ナゲッツの方が上と見ています。

マジックは絶対に敗退する、と予測したわたしの言葉はいまいち重みがないような気がしますが、明日から始まるシリーズで、答えは出るでしょう。



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/18 NBAプレーオフ マジックVSセルティックス GAME7 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME7

会場 TDバンクノースガーデン(ボストン)


マジック

 アルストン
 レディック
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


セルティックス

 ロンド
 R.アレン
 ピアース
 デイビス
 パーキンス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 マジックがスリーとハワードのダンクで先行します。
 ボストンではいつもこのパターンの気がします。で、最後にセルティックスが逆転する、と。マジックはつけた点差を守りきる術を身につけなければなりません。
 マジックの外が異常なほど好調で、22-9と大きくリードします。
 ますますいつものパターンのような…?
 セルティックスは単純にスロースタートのような気がします。マジックはいきなりギア全開。
 戦い方が両極端なんですかね。
 セルティックスはディフェンスを立て直しましたが、点差はそれほど縮まらず。
 27-17で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 今日はターコルーの調子がいいですね。このプレーオフ、一貫して最悪に近い出来だったのですが、立ち直りましたか…?
 残り7:47、セルティックスの数字が出ました。FG 成功 8、ターンノーバー 8…これはひどい。
 それでもディフェンスはしっかりしているので、大きく突き放されることはありません。
 マジックもアルストンが判断ミスをいくつかしてますね。それがターンノーバー、失点に繋がっています。
 無理に派手なプレーを狙う必要はないと思うんですが。
 残り2:06、ハワードが三つ目のファール! これは少し痛いですね。
 そこをついてセルティックスが猛攻。戦い方を知っているのはセルティックスですね。
 それでもマジックはスリーをかろうじて決めて点差を保ちました。
 45-38で前半を終了します。



第3クォーター

 プレーオフで最悪に近かったターコルーがそこそこ復調しているのと同様、このシリーズで悲惨な出来のR.アレンが今日は好調ですね。
 お互い、不調だった主力が復調していると同時に、これまで活躍してきたルイス、ロンドが元気ない気がします。
 マジックはここで決めなければ、と言う場面では誰もシュートを打たなくなりますね。大事に攻めようとしすぎです。
 それでもターコルーとアルストンがなんとかチームを牽引。苦しみながらも点を取っています。
 逆転には至ってないものの、スムーズに点を取っているのはセルティックスです。きっかけがあると一気に走りそうですが…?
 4~7点差をウロウロしていますね。つかず放れず。苦しそうなのはリードしているマジックです。
 ところが、ターコルーがスリーを決めると、流れが少し変わりました。マジックに積極性が戻り、セルティックスの方が苦しそうになってきました。
 マジックはこの積極性を保てると爆発力があるんですよね。ちょっと追いつめられると、これが鳴りを潜めて点を取れず、ディフェンスも上手く行かず、でズルズルと崩れていくのです。
 苦しんでいたセルティックスですが、ロンドがブザービーター!
 66-61で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 マジックがいきなり猛攻。スリーとカウントワンスローで11点差に広げます。
 また、ピートラスがR.アレンに対して見事なディフェンスを展開。すごいですね。
 さらにピートラスのジャンパーで13点差に広げました。
 マジックはここからですね。GAME5と同じ展開です。
 GAME5でも、この時間帯に10点以上差をつけました。
 ところが、リードに安心したのか積極性が鳴りを潜め、追いつかれてくると何をしていいのかわからず、戸惑っている内に逆転されるという精神的な弱さと経験不足を露呈しました。
 この時の経験を活かせるか、やっぱり同じ轍を踏んでしまうのか、見物ですね。
 セルティックスはタイムアウトを取り、GAME5で起爆剤になったマーブリーを投入しました。
 しかし、マーブリーのスリーが外れると、カウンターでターコルーにカウントワンスローを決められ、さらに点差が開きます。
 残り9:47、ハワードが四つ目のファール。下げるかどうか微妙な時間帯ですね。
 このファールで得たフリースローを、ピアースが一本ミス。セルティックスもピリッとしませんね。
 ハワードは下がりません。
 そして、次のオフェンスで得たフリースローを二本とも決めました。苦手なのによく決めましたね。
 点差は17点。しかし、時間はまだ9分弱あります。
 残り8:04、ハワードが五つ目のファール! これは痛い!
 さすがに交代です。
 しかし、代わりに出てきたゴータットが貴重なオフェンスリバウンドを奪い、ターコルーのフリースローに繋げました。
 どちらもGAME5のようにはいきませんね。
 セルティックスはひたすらピアースの個人プレーで攻めています。これではきついと思いますが…
 そして得たフリースローを二本とも外しました。
 残り7:02、ルイスがポストプレーからレイアップを決め、19点差! これは…
 デイビスとピアースのシュートで一気に点差を詰めたセルティックスですが、ゴータットにカウントワンスローを決められました。
 GAME5とは逆で、ハワードがベンチに下がった事により、セルティックスは安心してしまったのでしょうか。
 しかし、マジックもちょっと積極性に欠けてきましたね。特にリバウンド。まだ安心できる時間帯ではありませんよ…
 残り5:17、ロンドが五つ目のファール! これで得たフリースローをルイスがしっかり決めて、再び17点差!
 15点差で迎えた残り4:18、R.アレンのスリー! 12点差!
 残り3:53、ターコルーのスリー! 再び15点差! GAME5とは違います。
 次のオフェンスでパーキンスがオフェンスファール! ターンノーバー!
 さらにターコルーのジャンパー! 17点差!
 残り3:02、セルティックスはリバウンドをキャッチし損ねてアウトオブバウンズ。ターンノーバー!
 残り2:47、アルストンのスリー! 98-78! とうとう20点差!
 残り2:30、セルティックスは主力を下げました。
 ここまでですね。



最終スコアは101-82でマジックの勝利。
なんとなんと。マジックがカンファレンスファイナル進出です。
まずはGAME5の負け方を見て、ダメだこいつらと決めつけ、マジックは絶対に勝てないと断言したことを反省したいと思います。
そして、マジックの選手たちとマジックファンの方たちに謝罪します。
マジックはGAME5の負けを、見事に経験に変えて苦難を乗り越えましたね。
来シーズンはともかく、このシリーズ中に変わることができるとは思いもよりませんでした。
試合後、R.アレンがハワードに真剣な顔で何かを言っていました。アドバイスを送っていたのでしょうか。こういうのは良いですね。
それにしてもターコルーがお見事でした。復調したのか、この試合だけたまたまなのかはわかりませんが、どっちにしてもアウェーのGAME7でこれだけの活躍ができるのはすごいです。
そして、ハワードがファールトラブルで下がった後、ゴータットがよく踏ん張りました。
ルイスとアルストンは今ひとつでしたが、ピートラスが代わりに活躍していましたし、レディックも地味に良かったです。
チーム一丸の勝利と言えるでしょう。
セルティックスはガーネットの欠場が痛かったのは間違いありません。いれば結果は違っていた可能性が高いです。
とは言え、ロンド、パーキンス、デイビスがこれほど成長しなかったかもしれないので、このシリーズだけを見れば痛手でも、将来を見据えればどうかはわかりませんね。
とりあえず、前にも書いたように、セルティックスにはわたしの嫌いな選手が多いので負けてくれてちょっと嬉しいです。
特にマーブリーが棚ぼたリングを手にしないで本当に良かった。
他の選手は嫌いながらも許容範囲ですが、マーブリーがリングをゲットすることだけは許せませんでした。
この点だけはホッとしています。



マジック 101-82 セルティックス

マジック カンファレンスファイナル進出!


マジック

 ターコルー
  25点
  12アシスト

 ハワード
  16リバウンド
   5ブロック


セルティックス

 R.アレン
  23点

 パーキンス
  15リバウンド

 ロンド
  10アシスト


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/18 NBAプレーオフ ロケッツVSレイカーズ GAME7 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME7


会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ロケッツ

 ブロックス
 アーテスト
 バティエ
 スコラ
 ヘイズ


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 レイカーズのディフェンスの意識が非常に高いですね。アウェーの時とは別のチームです。
 特にガソルとアリーザがものすごく気合い入ってます。GAME6では不甲斐なかったですからね。
 ロケッツのターンノーバーが多いですが、ミスをしているのではなく、レイカーズディフェンスがあまりに強力です。
 そのためか、完全に焦ってますね。TVが面で観ててもハッキリわかるほど焦ってます。これではシュートは入りません。
 5分以上経過して、ようやくブロックスがフリースローで得点。やっとの思いで点を取りました。
 ブロックスとアーテストが最も焦ってますね。
 ブロックスは強引に突撃しすぎ、アーテストは連続エアボール。ガード二人がこの様ではチーム全体が崩れます。
 7分以上経ってようやく初のフィールドゴールをヘイズが決めました。
 その間、レイカーズは13点をあげ、4-13と大幅にリードします。
 ロケッツはなんとか立て直しましたが点差はほとんど変わらず、12-22で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 レイカーズのディフェンスは相変わらずきついですね。オフェンスはそれほど調子良くもないので、一気に離れることはありません。
 ですが、徐々に開いていっています。
 ロケッツはディフェンスはともかく、オフェンスが壊滅的です。
 今日のレイカーズのディフェンスは強力ですが、それ以上に慌てすぎです。既にどうしていいのかわからなくなってる感じ。
 アーテストだけは肝が据わっていますが、肝心のシュートの調子は最悪。結果、全く点が取れません。
 一気に点が開くのではなく、徐々に開いていっているところに、勢いではなく実力の差を感じます。
 31-51で前半を終了します。



第3クォーター

 先手こそロケッツが取りましたが、その後は順当にレイカーズが点を重ねていきます。
 今日はバイナムのオフェンス、フィッシャーのディフェンスが良いですね。このところ問題視されていた部分が改善された感じです。
 ロケッツはこれ以上点差を広げられないようにするのが精一杯。
 こういう状況でフリースローも決められないのは最悪です。
 50-69で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 スコラが相当にイライラしていますね。余計なファールを連発しています。
 また、非常に拙いミスも出始めました。ここまでですね。



最終スコアは70-89でレイカーズの勝利。
レイカーズがカンファレンスファイナルに進出です。
完全にレイカーズの力勝ちでした。
ここに来てロケッツはサイズ不足が露呈しました。
普段から小さい布陣で戦っているのならともかく、通常はヤオがいてそこを中心に試合を展開しているわけですから、切り替えはなかなか難しかったでしょう。
それでもヤオ離脱から2勝をあげたのですから、評価できると思います。
問題はレイカーズ。今日は本当に見事な戦いぶりでした。ディフェンスは強力でしたし、オフェンスは決して良くはなかったものの、皆でフォローしあい、決めるべき所では決めていました。
これがなぜ、GAME4やGAME6でできなかったのか。できなかったというか、しなかったのか。
GAME4は完全に相手をなめていました。
ヤオ離脱→俺らの勝ち。みたいな。
GAME6はそこまでひどくはなかったものの、負けてもホーム帰れるし、みたいなものは感じましたね。
なんだか感じ悪かったですね。これだけできるのなら最初からやれよ、と。
若い新興チームでもあるまいし、ホームとアウェーでの戦い方の違いがわからないわけではないでしょう。
今日の試合とGAME5が見事だっただけに、GAME4、GAME6と違いすぎて多大な違和感を感じました。
レギュラーシーズンのレイカーズは挑戦者みたいな感じで、好感を持っていたんですけどね…
なんだか勘違い集団になってしまったように感じます。
これではナゲッツ…と言うかビラップスに勝てないですよ。



ロケッツ 70-89 レイカーズ

レイカーズ カンファレンスファイナル進出!


ロケッツ

 ヘイズ
   5スティール


レイカーズ

 ガソル
  21点
  18リバウンド
   3ブロック

 コービー
   7リバウンド
   3スティール


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


キャブスの変化

ホークスのウッドソンHCが、キャブスはレブロン一人のチームではなくなった、とコメントしたようですね。

今シーズンはモーの加入によってオフェンスの選択肢が増え、スミスが帰ってきたことでインサイドが強化されました。
また、ヘッドコーチのやり方が昨シーズンまでとは大幅に変わり、いろいろな選手にオフェンスをさせるようにシステムを変化させましたよね。

昨シーズンはカンファレンスセミファイナルGAME7で、ベンがゴール下でほぼノーマークだったにもかかわらずレブロンにボールを戻したプレーに象徴されるように、ひたすらレブロンと言うシステムの元、プレーしていました。(このプレーではベンと、そういうシステムを組んでいたコーチが随分と批判されていました)
それが、今シーズンはベンやヴァレイジャオがオフェンスに絡むようになりました。特にヴァレイジャオはハイポストからのフェイドアウェイシュートを打つようになり、しかも意外と高確率で決まっています。
レブロン以外の選手をオフェンスに参加させ、また、モーやウェスト、時にインサイドの選手を起点とすることも時々見られるようになりました。イルガウスカスにスリーを打たせるパターンもあります。
この変化により、キャブスはとにかくボールはレブロンに持たせとけ、みたいな投げやりオフェンスではなく、多方向から統制の取れたオフェンスを展開できるようになったのです。
レブロンの負担も減っているので、必要な時に爆発的な活躍を見せやすくなりました。

見ようによっては、まだレブロンのワンマンチームと評する人もいるでしょう。
ここにきてもまだ、キャブスはレブロンが一人でバタバタしてるだけだからつまらない、という意見も散見されます。
ですが、わたしはもうキャブスはワンマンチームではないと考えています。

明日でキャブスの相手が決まりますが、どちらが上がっても4勝1敗か4勝2敗で、キャブスの勝利となりそうな気がします。



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


ナゲッツの考察

今日は試合がありませんので、少しナゲッツの考察を。

想像以上に良いチームになってます。
レギュラーシーズンが終わった時、西はレイカーズ一強。今シーズンのファイナルは順当に1位同士の対戦。と思っていましたが、今は考えが変わりました。

ナゲッツがファイナルへ進出するでしょう。

ビラップスが、コーチを含めた全員を変えました。
ファーストラウンドのGAME1、GAME2はビラップス個人が強引に勝たせた試合、と表現する方が多いですが、まさにこれが手本となったのではないでしょうか。
この出だしの2試合を見て、コーチも他の選手も、プレーオフでやるべきことや心構えを学んだのだと思います。
すなわち、チャンピオンになるために必要なことを。
その影響を顕著に受けているのがカーメロです。
特にカンファレンスセミファイナルのGAME3でクラッチシュートを決めてから、プレーの質がガラリと変わりましたね。
オフェンスの切れも上がりましたし、ディフェンスの意識も飛躍的に向上しています。
他の選手も同様で、チームでディフェンスすることの大切さと、ボールに対する執着心の大切さ、そして大量リードでも油断しない、大量にリードされていても諦めない、そういう、わかっていてもいざ当事者になるとなかなか実践できないことが、できるようになってるように見えます。
それを、ビラップスが身を持って示したのではないでしょうか。

今のナゲッツは2004年のピストンズを見ているようです。
このままファイナルに行く気がします。
レイカーズとロケッツ、どっちが上がってもです。

レイカーズはなんだかモタモタしていますし、バイナムが絶不調、オドムはケガで全力を出せない状況。
コービーは相変わらずですが、フィッシャーも何気に調子悪いですし、ガソルはマーティンやアンダーセンのようにチョコマカするタイプが苦手ですし、何よりベンチの質はナゲッツの方が上です。

ロケッツは主力が抜けましたしね…



ナゲッツが優勝できるかどうかはわかりません。
特にキャブスがあがってきた場合、今のレブロンはどうにもできないと思います。
セルティックスがあがってきた場合は、ロンドをビラップスがシャットアウトしてペースを乱してあっさり勝ちそうな気がしますが。
マジックは…ないですね。絶対にファイナルには行けないと思います。



ナゲッツVSキャブスのファイナルが猛烈に観たくなってきた、かつ、最も可能性が高い組み合わせではないかと思う今日この頃です。



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/15 NBAプレーオフ 全試合結果&感想

今日は2試合とも最初から最後まで観戦したのですが、TV観戦レポートを公開できるほどじっくり観たわけではないので、結果だけを。



今日は2試合が行われました。



イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME6

セルティックス 75-83 マジック

3勝3敗


セルティックス

 ロンド
  19点
  16リバウンド
   4スティール

 ピアース
  17点
   9リバウンド

 パーキンス
  15点
  10リバウンド
   3ブロック


マジック

 ハワード
  23点
  22リバウンド(10オフェンスリバウンド)
   3ブロック

 ルイス
  20点


シュートが全然入らないマジックと、ターンノーバーを連発したセルティックス。
ミス合戦はマジックが制しました。
ハワードの10オフェンスリバウンドにしても、あまりにもチームのFG%が悪かったから生まれた記録であって、今ひとつ評価できません。
ターコルーはひどい有様でしたし、ルイスも評価できる20点ではありません。
ただ一人、ピートラスだけは良い動きをしていたと思います。
セルティックスはこの試合で決めようと焦っていたのか、特に終盤にミスを連発していました。
序盤は落ち着いてるな~と思っていたんですが、終盤はそうでもなかったですね。
ロンドの数字が相変わらずすごいことになってますが、勝利のためではなく、個人成績のアップを狙ったプレーをしているように見えることがあります。
必要以上にディフェンスリバウンドに絡んでいるせいで、オフェンスへの切り替えが遅れてるように感じることがしばしば。
キッドのように自らリバウンドを取って、それを速攻に繋げる、と言った感じではありませんし。
もっとインサイド陣を信頼した方がいいんじゃないですかね。
なんか、味方を信頼せずに自分で全てやろうとしているのが数字に表れてる気がします。
どんなに数字を上げてもすごいと思わない、評価する気になれないのは、ダーティーなプレーだけでなく、こういうところが(わたしは)嫌いなんだなと感じました。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME6

レイカーズ 80-95 ロケッツ

3勝3敗


レイカーズ

 コービー
  32点
   3ブロック

 オドム
  14リバウンド

 ガソル
  11リバウンド


ロケッツ

 スコラ
  24点
  12リバウンド

 ブロックス
  26点

 ランドリー
  15点
   9リバウンド


レイカーズは序盤、少し気を抜いていましたね。
でも、GAME4と同じ轍は踏まずと後半は一気にギアチェンジ。ディフェンスがものすごく良くなりました。
その甲斐あって点差は見る見る詰まり、2点差まで迫りましたがランドリーとブロックスに再び突き放されましたね。
ランドリーのダンクは破壊力抜群でした。
さらにブロックスやアーテストに連続でシュートを決められ、突き放されてしまいましたね。
前半はスコラが引っ張ってましたし、非常にバランスの良い展開でした。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



今日のTOP5




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/14 NBAプレーオフ マーベリックスVSナゲッツ GAME5 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME5

会場 ペプシセンター(デンバー)


マーベリックス

 キッド
 テリー
 ハワード
 ノヴィツキー
 ダンピアー


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


テリーがスターターになりましたね。
ナゲッツはアンダーセンが復帰です。インフルエンザと言われていましたが、食中毒だったそうです。
以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 チャック・デイリーの葬儀の様子が映されていました。
 カーライルHCは棺を運んだようです。
 本当に偉大なコーチを亡くしたと思います。

 まずはマーベリックスが好調です。一気に走りそうな雰囲気がありましたが、それを止めたのはビラップス。
 これほどまでに相手の勢いを止められるプレーは、コービーでもレブロンでもできないかもしれません。それくらい絶妙です。
 そして、チームメイトはこれで乗ってきます。
 ジョーンズが立て続けにスティールし、速攻! 2連発!
 さらにビラップスのリバウンドから速攻! ネネのダンク! あっという間に14-22と8点差が開きました。
 ビラップスの活躍に加えて、カーメロが絶好調。マーベリックスも粘ってますが勢いが違いすぎます。
 27-34で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 マーベリックスが少し調子を上げようとすると、ことごとくナゲッツがやり返しますね。
 ビラップスがベンチに下がっていてもこれは同じ。どうやらビラップスを見て、勝つためにやらなければならないこと、を学習しているようです。
 マーベリックスの調子は決して悪くないです。むしろ、この流れでよく粘ってます。
 しかし、これでもかと言うほどナゲッツが出来かけた流れを潰してくるので、一向に差が縮まりません。
 さらに終盤に猛攻を仕掛けたナゲッツがさらに差を広げ、55-69で前半を終了します。



第3クォーター

 前半、FG% 54%、3P 5/12…これは負けているマーベリックスの数字です。決して悪くないのです。
 ただ、ナゲッツが良すぎます。
 カーメロのミラクルショットから後半が始まりましたが、突如マーベリックスがスリー攻勢。
 ノヴィツキー一本、キッド二本と一気に決まり、7点差となります。
 ナゲッツも取り返しますが、今度はテリーがスリー! 白熱してきました。
 マーベリックスは7点差から先にどうしても踏み込ませません。
 必ずネネかカーメロが立ちふさがります。
 その状況にイラついたのか、テリーがテクニカルファール。耐えなければならない状況なんですけどね。
 そんなマーベリックスの様子に好機と見たのか、ナゲッツはたたみかけるように攻撃を仕掛けました。またしてもあっという間に点差が開きます。
 それでもなんとか15点以上の差にされるのは防ぎました。
 80-94で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 バス、ライト、キッドの活躍で、再びマーベリックスが点差を縮めます。
 ナゲッツはカーメロの得点が止まってますね。なんとか復調して欲しいところでしょう。
 ここにきてバスの活躍が非常に目立ちます。GAME3から地味に、でも大活躍ですね。
 バスのおかげでなんと6点差に縮まりました。
 点の取り合いの様相を見せてきましたが、爆発力はナゲッツの方が上。マーベリックスはディフェンスをしっかりしないときついですよ。
 残り6:36、ベンチで少し休んだカーメロが、戻ってきてすぐにスリー! 97-106!
 さらにリバウンド争いでイラついたライトが、相手を押してテクニカルファール!
 ビラップスがテクニカルフリースローをキッチリ決めて97-107!
 この場面で不用意なテクニカルファールは絶対にいけないのですが…
 ノヴィツキーがカウントワンスローで返しましたが、すぐにビラップスがスリー! 本当に相手にとってはイヤな選手ですねー
 残り5:36、ノヴィツキーが5つ目のファール。フリースローを与えた事よりこっちの方が痛いですね。
 残り3:06、マーティンのドライブをキッドが止めに行きましたが、絡み合ってキッドがコートに叩きつけられた形になりました。
 ものすごい落ち方をしたので、さすがに接触したマーティン他、ナゲッツの選手たちも心配そうに集まりました。
 キッドが立ち上がると、観客からも拍手が巻き起こります。
 しかし、判定はキッドのファールで、マーティンのフリースロー。
 差を広げても広げてもマーベリックスは執拗に追いすがります。
 そんな時に仕事をするのはやっぱりビラップス。恐ろしい男です。
 10点差で迎えた残り1:12、ノヴィツキーのパスミスによるターンノーバー。とうとう集中力が切れましたね。
 そして残り51.9秒、JRからマーティンへのアリウープ! とどめ!



最終スコアは110-124でナゲッツの勝利。
ナゲッツ、24年ぶりにカンファレンスファイナル進出です。
カーメロのプレーの質が変わりましたね。ワンランク上に上がったと思います。
多分、きっかけはGAME3のクラッチシュートでしょう。
GAME4や今日の試合では、これまでより一段上のプレーをしていたと思います。
ディフェンスの意識も相当に変わっていて、以前とは比べ物にならないです。
これをカンファレンスファイナル以降、そして来シーズン以降も続けられたら、今までのようにレブロンとウェイドよりは一歩後ろ、の評価を覆せるでしょう。素晴らしいプレーを見せていました。
ビラップスに関しては言うことなし。アナウンサーが「Mr.Bigshot!」と連発するほど、重要なシュートを決めていました。
ここで相手を乗せてはならない、と言う場面でことごとくシュートを決める、あるいは見事なアシスト、ディフェンスを見せる。とてつもない選手です。
カーメロ、JR、アンダーセンは味方を乗せるプレーをしばしばしますが、相手の勢いを止めるプレーをするのはビラップスだけです。
相手を止めるプレーをする選手と、味方を乗せるプレーをする選手、両方がいるわけですから強いはずです。
マーベリックスはよくぞここまで戦いました。
多くの人にとって、スパーズを破ったことが既に予想外だったのではないでしょうか。
GAME3の納得できるとは言い難い負け方もありましたし、それも含めて善戦したと言って良いと思ってます。
少しマンネリ化が感じられるので、少し変化があった方がいいかもしれません。
今シーズンはヘッドコーチが変わりましたが、それでもなんというか…新鮮さがない気がします。
バレア、ライト、ホリンズなど活きの良い若手はいるんですが、主力が30歳前後ばかりとあって、なんか年寄りくさいんですよね。
かといって老練と言えるほどのものもないですし…
かなり中途半端感のあるチームになってます。
現行のチームでも来シーズンのプレーオフ進出はそれほど厳しくはないでしょう。
ですが、優勝できるかと言えば思いっきりノーです。
難しい時期に差しかかっているんじゃないでしょうかね。



マーベリックス 110-124 ナゲッツ

ナゲッツ カンファレンスファイナル進出!


マーベリックス

 ノヴィツキー
  32点
  10リバウンド
   7アシスト

 キッド
  19点
   9アシスト

 バス
  17点
   7リバウンド


ナゲッツ

 ビラップス
  28点
   7リバウンド
  12アシスト

 カーメロ
  30点

 マーティン
  15点
   4スティール

 ネネ
  17点
   7リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/13 NBAプレーオフ ロケッツVSレイカーズ GAME5 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME5

会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ロケッツ

 ブロックス
 アーテスト
 バティエ
 スコラ
 ヘイズ


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


オドムは背中を痛めたらしく、スターターからは外れています。
以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ヤオのいないロケッツはスピーディーですね。悪いことではないのかもしれません。
 レイカーズは逆にバイナムの高さで攻めています。最初の6点は全てバイナムです。
 スピードでかき回したロケッツですが、さすがにそのまま走られるほどレイカーズは甘くありません。
 ディフェンスを強化し、点差を詰めます。
 このシリーズ、第1クォーターをリードした方が全て勝ってるようです。さて、今日の試合は…?
 オドムがコートに出てきました。観客は大声援です。
 そして、コービーが調子を上げてきました。すごいショットを連発しています。
 ロケッツは狙いすぎのパスが多いですね。ことごとく読まれてターンノーバーになっています。
 さらにファーマーのブザービータースリーが決まり、24-35と11点差で第1クォーターを終了します。
 これまでのデータ通りならレイカーズの勝ちですが…?


第2クォーター

 ロケッツはGAME4が幻だったかのようにシュートが入りませんね。
 どんどん点差が開いていき、19点差となります。
 残り5:37、コービーがフリースローを決めて33-53、とうとう20点差となります。
 ロケッツは30点差まで開くのを止めるのがやっとでした。
 39-64で前半を終了します。



第3クォーター

 残り8:02、ガソルのフリースローで47-77、30点差となりました。
 ここまでですね。
 54-94と40点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 逆転があるような点差や流れではありませんね。



最終スコアは78-118でレイカーズの勝利。
「今日はみんなが集中していた」そうですが、やっぱりGAME4は集中していなかったのですね。
レイカーズは実力は問題ないのですが、こういう所が大問題です。
相手が格下だったり、アクシデントがあったりするとなめてかかる。
最終的にシリーズを制すれば問題ないと言う人もいるでしょうけど、わたしはイヤです。
去年のレイカーズは良かった。今シーズンのレギュラーシーズンも良かった。
でも、このプレーオフに入ってから慢心が見えます。
「相手は何人か欠けているが、それは関係ない」そうですが、だったらGAME4の明らかに気の抜けたプレーはなんですか?
今日くらい集中していれば勝てたとまでは言わなくても、もっと接戦になっていたでしょう。
ロケッツはしょうがないとしか言えないです。
ヤオだけじゃなく、マグレディーとムトンボもいないのですから。
特にヤオはこのプレーオフ調子が良かったですからね。
それがいなくなればリズムも狂いますし、仕方ないです。



ロケッツ 78-118 レイカーズ

レイカーズ 3勝2敗


ロケッツ

 スコラ
  13リバウンド


レイカーズ

 コービー
  26点

 ガソル
  16点
  13リバウンド
   3ブロック


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/13 NBAプレーオフ マジックVSセルティックス GAME5 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME5

会場 TDバンクノースガーデン(ボストン)


マジック

 アルストン
 レディック
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


セルティックス

 ロンド
 R.アレン
 ピアース
 デイビス
 パーキンス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 デイビスが前の試合の余韻が残っているのか、好調ですね。
 マジックはパスが煩雑な気がします。もう少し集中したいところですね。
 ヴァンガンディーHCもそれを感じ取ったのか、早々にタイムアウトを取りました。
 ここからマジックはしっかりしましたね。相手がセルティックスなので一気に挽回とはいきませんが、しっかりとセットするようになりました。
 残り5:15には速攻を出して逆転! 非常にトラベリングくさかったですが、ノーコールでした。
 しかし、これで10-8と非常にロースコアです。ディフェンスが良いというより、どちらも調子が上がらない感じです。
 そんな中、好調なのがルイス。一人だけシュートを決めてますね。
 ルイスに引っ張られ、アルストンとレディックがスリーを決め、リードを広げました。
 22-16で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 セルティックスのFG%は27%と惨憺たるものですね。それほどマジックのディフェンスが激しいとは思えませんが…
 マジックもルイスがベンチに下がると、いまひとつですね。動きはそれほど悪くないですが、最後の締めが上手くいかない感じです。
 セルティックスで活躍しているのはスカラブリニ、ハウスのベンチコンビ。今日のスターター陣はデイビス以外、不甲斐ないですからね。
 どうにもピリッとしない展開でいつの間にやら時間が進んでいました。
 45-37で前半を終了します。



第3クォーター

 両チームとも、ここぞ!と言うシュートが全然決まりません。そう言う時はキッチリ抑えてる、そんな感じでもなく、単純に外しています。
 そんな中、たった一人好調なのがルイス。他の選手は無惨な有様ですね。どちらも。
 ルイスの好調分、マジックがリードしていますね。
 67-59で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ハワード、ターコルーとカウントワンスローを連発。セルティックスは完璧に余計なファールをしています。両方、中途半端なファールをした上に決められてます。
 残り8:49、ピートラスのアリウープ! ジョンソンのパスが上手かったですね。
 これで77-63、マジックの方が乗ってきましたが、ここで気を抜いたらGAME1のような展開になるでしょう。
 そして、今はGAME1ほど差は開いていません。
 マーブリーの連続得点でセルティックスは少し差を縮めます。
 ここに来てマジックはルイスの得点が止まりました。その代わりにインサイドの得点が少し増えましたが、それでも決定力が不足しています。
 その間にセルティックスはデイビスが連続得点。6点差に迫ります。
 マーブリーが少し連続得点をして、調子に乗って暴走を始めたので、すぐにベンチに下げたのも功を奏してますね。チームは勢いには乗りました。
 マジックは少し詰められるともう、縮こまりますね。
 GAME1のように明らかに気を抜いてる感じではありません。むしろ必死になってます。が、完全に相手に呑まれてる感じです。
 ディフェンスのローテーションも上手くいってませんし、シュートも普通ではない外れ方をしてます。
 結局、土壇場でR.アレンに逆転シュートを決められ、そのまま逃げられてしまいました。



最終スコアは88-92でセルティックスの勝利。
実力より、勝ち方を知っている者とそうでない者の差がはっきりとでましたね。
マジックはじっくり攻めてじっくり守り、リバウンドをしっかりと押さえていれば楽ではなくとも逃げ切れたはずです。
ところが、マーブリーとデイビスの活躍で少し詰められると、精神的な脆さを露呈。
シュートは入らない。パスもまともに出せない。スクリーンもまともにできない。リバウンドも取れない。体が動かないのかルースボールに飛びつくこともできない。
シュートの外れ方も、バックボードの側部に当たったりなど、考えられない外し方をしていました。
完全に縮こまっていましたね。
この様では、ここからシリーズに逆転勝ちしても、カンファレンスファイナルでは絶対に勝てないですね。
そもそもこのシリーズを逆転勝ちすることもないでしょう。逆境を跳ね返す力がないです。今のマジックではここが限界です。
この経験を活かして来シーズン以降、頑張りましょう。
優勝経験のあるベテランがベンチに入るだけで少し変わると思いますけどね。ブルズのハンターとか。
セルティックスはマジックが勝手に潰れてくれたので、普段通りプレーして勝てましたね。
しかし、この重要な試合では普段通りのプレーができることが大事です。
ロンド、ピアースは決して調子は良くありませんでした。
デイビスもGAME4の余韻で、やや調子に乗ったプレーをして失敗していましたし、マーブリーは少し決めただけで暴走寸前でしたし。
それでも勝てたのはやはり経験の差。苦しい時でも普段通りのプレーができる、精神力の強さです。
マジックにはそれが完全に欠けていました。
その差がハッキリとでましたね。



マジック 88-92 セルティックス

セルティックス 3勝2敗


マジック

 ターコルー
  18点
   7アシスト

 アルストン
  16点
   3スティール

 ハワード
  17リバウンド


セルティックス

 デイビス
  22点
   7リバウンド

 ピアース
  19点
   9リバウンド
   8アシスト

 パーキンス
  11リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/12 NBAプレーオフ ナゲッツVSマーベリックス GAME4 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME4

会場 アメリカンエアラインズセンター(ダラス)


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


マーベリックス

 キッド
 ライト
 ハワード
 ノヴィツキー
 ダンピアー


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 マーベリックスはかなり気合いが入ってますね。スティールからの速攻を連発しています。
 対するナゲッツは淡々とジャンパーを沈めてますね。
 対照的な展開をしていますが、得点は互角です。
 ディフェンスがしっかりしているのはナゲッツ。派手なスティールなどは狙わず、じっくりと守ってます。
 残り6:15、ハワードの不用意なパスをジョーンズがスティール! そしてダンク! すごいダンクでした。
 さらにビラップスがスリーを決めるなど、ナゲッツがあっという間に点を重ねて19-10とリードします。
 マーベリックスもノヴィツキー、ハワード、バスが反撃しますが、あまりにもナゲッツのスリーが調子よすぎます。
 また、カーメロはインサイドに飛び込んでダンクを決めるなど、今日も絶好調です。
 34-23で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 いきなりJRがスリーを決め、これで今日のナゲッツのスリーは6/7。すごい高確率です。
 残り11:15、リバウンド争いで腕が絡んだライトとカーメロ。
 そのままなかなか腕を放さないライトに腹を立てたカーメロが手を出しました。
 判定はライトのルースボールファール、カーメロのテクニカルファール。
 ライトの腕の絡め方は良くなかったですし、しつこすぎました。
 それでもカーメロは手を出してはいけませんでしたね。
 一旦、判定が下った後も審判がビデオ判定をしています。
 フレイグラントファール、あるいは退場かどうかを判定していたのでしょうが、結局判定は変わりませんでした。
 ここからブーイングがすごくなりました。その影響か、ナゲッツのフリースローが入りません。
 それでもビラップスは決めます。マーベリックスの流れになりかけましたが、食い止めましたね。
 残り2:00、ハワードがJRに対してフレイグラントファール。ターンノーバーで焦り、イラだったのかもしれませんが、あれはいけません。
 マーベリックスが少し詰めては、再びナゲッツが突き放す。そんな展開が繰り返されていましたが、マーベリックスが必死の奮闘を見せています。
 ところが、残り3.8秒、今度はテリーがクレイザに対してフレイグラントファール。いけませんね。さらにテクニカルファールまで取られました。
 5点差まで迫ったのに、これによるフリースローを決められ、さらにカーメロにブザービーターを決められ、結局差は開きました。
 63-53で前半を終了します。



第3クォーター

 開始からマーベリックスが素晴らしいディフェンスを見せます。
 さらにノヴィツキーが見事なスピンムーブを連発し、得点を重ねていきます。
 残り8:30、ノヴィツキーがカーメロをかわした見事なレイアップを決め、1点差! 一気に来ましたね。
 しかし、ナゲッツはカーメロが止まりません。ことごとく返しています。
 残り6:11、ハワードがカウントワンスロー! フリースローは外しましたが、自らリバウンドを取って再びファールを受け、ツースロー!
 これは二本とも決め、結果的に4ポイントプレーになりました。
 これで1点差にされても慌てないのがビラップス。フリースローをキッチリ決め、再び点差を広げます。
 それで落ち着いたナゲッツは再びカーメロのダンクなどで点差を広げます。
 ノヴィツキーやキッドが好プレーを随所で見せているのですが、逆転には至りません。
 その流れを変えたのはベンチから出てきたバレア。速い動きでナゲッツディフェンスを翻弄しています。
 残り46.4秒にはそのバレアのレイアップでとうとう同点!
 しかし、JRのフリースロー、カーメロのカウントワンスローでナゲッツが再び得点を伸ばします。
 バレアはフリースローを二本とも外し、マーベリックスは追加点をあげることができず。
 90-85で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 両チームともすごいディフェンスを展開しています。
 特にカーメロとノヴィツキーは危機迫るものがありますね。二人とも決してディフェンスの評価が高い選手ではありませんが、気迫でカバーしています。
 カーメロがスティールすれば、ノヴィツキーもスティール。
 カーメロがジャンパーを決めれば、ノヴィツキーがカウントワンスロー。
 そして、ナゲッツはJRがカーメロをフォローすれば、マーベリックスはライトがノヴィツキーをサポート。すごい戦いです。
 ただ、マーベリックスは意識を審判に向けすぎです。
 テクニカルファールを連発し、そこからの失点が多すぎます。
 第4クォーターに入ってからも、バスとノヴィツキーが取られました。
 この試合を通してナゲッツ3個、マーベリックス4個さらにフレイグラントファール2個、と荒れた試合です。
 そんな、双方が熱くなりつつある試合。1点差となりさらに白熱します。
 それでもビラップスは冷静です。レイアップとジャンパーをあっさりと決めて4点差!
 2点差で迎えた残り2:43、ノヴィツキーのジャンパー! 110-110! 同点!
 2点ずつを加えた残り1:05、ノヴィツキーのジャンパー! 112-114! とうとうマーベリックスのリード!
 残り31.4秒、ノヴィツキーのジャンパーは外れたものの、リバウンドを取りに行ったハワードに対してカーメロがファール! フリースロー!
 ハワードはフリースローを二本とも決め、112-116!
 タイムアウト明けのインバウンド。ハワードがカーメロにファールしてしまい、フリースロー。非常に余計なファールでしたね。
 カーメロは二本とも決め、114-116!
 残り8.3秒、ノヴィツキーのジャンパーに対してマーティンがファール! 6ファール、フィールドアウト!
 これで得たフリースローを二本とも決め114-118!
 残り3.1秒、カーメロのスリー! 117-118! マーベリックスのタイムアウト。
 まだ気は抜けません。
 残り1.1秒、テリーがフリースローを一本決め、117-119。
 タイムアウトの残っていないナゲッツは投げるしかありませんでした。



最終スコアは117-119でマーベリックスの勝利。
GAME3の後半はビラップスにやられましたが、今日はノヴィツキーがやり返しました。
第4クォーターだけで19点取ったのもすごかったですが、ディフェンスも素晴らしかったです。
これはカーメロも同じ。二人のやり合いは凄まじかったですね。
余計だったのが、試合を通してテクニカルファール、フレイグラントファールが多かったこと。
もっとも、故意の悪質なファールはなかったので、醜いとまではいきませんでしたけどね。
ただ、特にマーベリックスはもう少し冷静にプレーした方が良かったです。
ビラップスはさすがでしたが、さすがに二試合続けてやられるほどマーベリックスは甘くなかったですね。
ナゲッツはアンダーセン欠場も痛かった。インフルエンザらしいですが、新型じゃないでしょうね…
まだまだ崖っぷちであることに変わりのないマーベリックス。
次にも勝って、なんとかもう一度ホームに帰ってきたいところでしょう。



ナゲッツ 117-119 マーベリックス

ナゲッツ 3勝1敗


ナゲッツ

 カーメロ
  41点
  11リバウンド
   5スティール

 ビラップス
  24点
   7アシスト

 ネネ
   8リバウンド
   3ブロック


マーベリックス

 ノヴィツキー
  44点
  13リバウンド

 ハワード
  21点
  11リバウンド

 キッド
  10リバウンド
   3スティール


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/12 NBAプレーオフ キャブスVSホークス GAME4 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME4

会場 フィリップスアリーナ(アトランタ)


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


ホークス

 ビビー
 ジョンソン
 ウィリアムス
 Jos.スミス
 ホーフォード


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 全員でオフェンスしているキャブスに対して、ホークスで点を取っているのはJos.スミスだけです。
 ディフェンスはキャブスが一丸となって向かっていってますし、これではホークス勝てませんよ。
 しかし、ホークスはジョンソンとウィリアムが反撃。苦しみながらもついていってます。
 中盤にはいるとキャブスの点が止まりました。その間にホークスはさらに反撃。ウィリアムスはファールトラブルでベンチに下がりましたが、それでも逆転に成功します。
 イルガウスカスがロッカーに下がりました。どこか痛めたのでしょうか。
 キャブスは単純にシュートが入らなくなった感じ。ホークスはいつもの調子を取り戻しただけですね。
 ホークスがリードを広げ、15-22で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 レブロンをベンチに下げたキャブスですが、ウェスト、Joe.スミスの活躍で2点差に迫ります。
 さらにザービアックが連続得点。キャブスが逆転しました。
 イルガウスカスがコートに戻りました。大事ではなかったようですね。
 リードを広げる体勢になったキャブスですが、今日のホークスは粘ります。フリースローをキッチリ決めるなどで再び逆転に成功しました。
 リードチェンジが頻繁にある展開になってきました。面白くなってきましたね。
 終了間際、ボールに対してものすごい執着を見せたキャブスは、リードを広げるチャンスがあったものを、フリースローを三本外し、40-38とわずか2点差で前半を終了します。



第3クォーター

 ホークスは点が取れません。4分半以上無得点です。
 その間、キャブスも8点しか取っておらず、調子が良いとは言いがたいですがホークスはもっとひどいです。
 残り7:09にようやくマレーがジャンパーを決めましたが、厳しいですね。
 また、ホークスはリバウンドが取れません。ヴァレイジャオとイルガウスカスがオフェンスリバウンドを取りまくってます。
 そんな中、一人奮闘しているのがジョンソン。本当に苦しんでいますが、それでも点を取って再び2点差に戻しました。
 接戦となっている原因の一つとして、キャブスのフリースローの確率の悪さもあります。
 レブロンもウェストも二本とも決める方が珍しい試合になってます。良くないですね。
 しかし、ホークスもそれに付き合ってしまってますね。追い上げるチャンスなんですが。
 7点差がついていましたが、マレーがブザービーターを決め、5点差!
 62-57で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 第3クォーターの終わり方が良かったせいか、ホークスが勢いに乗ってます。
 ジョンソンの活躍を中心に追い上げ、2点差に迫ります。
 しかし、今日のホークスの前に立ちはだかっているのはレブロンではなく、ウェスト。ことごとくウェストに返されてますね。
 残り4分を少し切った時間帯、ホークスはオフェンスリバウンドを取りまくり、なんとか点を取ろうとしましたが放った三本のスリーは全て外れ。非常に厳しいですね。
 反対にキャブスはスリーを良い感じに決めています。これでは点差は開く一方ですね。
 それでもフリースローを決めれば1点ずつでも詰まっていきます。キャブスのフリースローがひどいので、まだホークスにも芽があります。
 しかし、ホークスは本当にリバウンドが取れません。せっかくレブロンを止めても、ことごとくリバウンドを奪われ、時間がどんどんなくなっていきます。
 そして5点差で迎えた残り52.1秒、モーのスリー! 82-74!
 ここまでですね。
 そして、アウェーのアトランタで、ディフェンスコールに混じってMVPコール。GAME3でも起こったようですが、珍しいですね。



最終スコアは84-74でキャブスの勝利。
スウィープでキャブス、カンファレンスファイナルに進出です。
今日はあまり調子が良いとは言えず、フリースローはひどいものでしたが、それでも地力が違いすぎました。ホークスに付けいる隙は全くなかったですね。
数字の上ではレブロンが一番ですが、今日一番目立っていたのはウェスト。
第4クォーターの危ない場面でことごとくシュートを決めていました。
レブロン以外の選手がこういう活躍ができるようになったこと。できるようなシステムも作り上げたブラウンHCの戦術。それがミックスして今のキャブスになっていますね。
ホークスは善戦しましたが、相手が悪すぎたとしか言いようがないでしょう。
決して数年前の弱いチームがまぐれで上がってきたわけではありません。着実に実力を伸ばしてきています。
もうワンランク上に行くにはスミスの暴走を止めないとダメでしょう。
今日はレブロンと同等の得点をあげていますが、あまり褒められた取り方ではありませんでした。
少し前ほどひどいワンマンプレーではないのですが、時々チームの和を乱すような独断の動きをします。あれはダメです。
ホーフォードやウィリアムスは若いので、もっと伸びると思いますが、問題はPGです。
ビビーには衰えが見え始めていますが、代わりのPGが皆無です。ロゥを育てればいいのかもしれませんが、この試合でも使ってませんし、あまり期待していないのかも…
だとすれば、代わりの選手を見つけなければなりません。
来シーズンはフロントの手腕によって成績が左右されるでしょう。



キャブス 84-74 ホークス

キャブス カンファレンスファイナル進出!


キャブス

 レブロン
  27点
   8リバウンド
   8アシスト

 ウェスト
  21点

 ヴァレイジャオ
  11リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 イルガウスカス
  10リバウンド


ホークス

 Jos.スミス
  26点
   8リバウンド

 ジョンソン
  18点
   7アシスト


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/11 NBAプレーオフ 全試合結果&感想

今日は2試合が行われました。



ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME4

レイカーズ 87-99 ロケッツ

TV観戦レポート参照



イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME4

セルティックス 95-94 マジック

2勝2敗


セルティックス

 ピアース
  27点

 ロンド
  21点
  14リバウンド

 デイビス
  21点

 パーキンス
  13リバウンド
   5ブロック


マジック

 ハワード
  23点
  17リバウンド
   3ブロック

 ルイス
  22点


最後にシュートを任されたのが、まさかのデイビスでしたね。
これは予想外。ピアースもR.アレンもコートにいたのに。
マジックは完全に裏をかかれた形になりました。
そして、3勝1敗まで後一歩だったのに、この一発で振り出しに戻ってしまいましたね。これは痛い。
セルティックスは土俵際でなんとか踏ん張りました。
控えの総得点が2点、20分以上プレーした選手はなし、と結局はこの形でないとセルティックスは勝てないのですね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



今日のTOP5




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/11 NBAプレーオフ レイカーズVSロケッツ GAME4 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME4

会場 トヨタセンター(ヒューストン)


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 オドム
 ガソル


ロケッツ

 ブロックス
 アーテスト
 バティエ
 スコラ
 ヘイズ


ヤオは骨折でシーズンアウト。ロケッツは非常に厳しいですね。
以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはロケッツが9点を連取。レイカーズは1点も取れません。
 レイカーズに真剣味が感じられないのですが…ヤオ欠場で勝ったと思ってるんですかね? だとしたら足元をすくわれますよ。
 3分半経ってようやくコービーがジャンパーを決めました。
 バティエが6分で三本目のスリー! これはすごい。
 ヤオの代わりにスターターを務めているヘイズも良い動きをしてますね。スコラもハッスルプレーを見せています。ロケッツはかなり気合いが入ってます。
 残り4:50、ブロックスがスリーを決めて7-22! レイカーズはコービーしか点を取ってません。
 残り2:32、コービーがテクニカルファール! 審判に何か言ったようです。
 コービー以外もようやく点を取りましたが、勢いは完全にロケッツ。
 16-29で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 レイカーズはバイナムを出してきました。高さで攻めるつもりですね。
 しかし、そのバイナムはいきなりターンノーバー。まだまだですね。
 それにしてもヤオとムトンボが揃ってスーツで座っているのはなんだか寂しいですね…
 レイカーズはベンチ陣の方が危機感があるんじゃないでしょうか。随分と落ち着いて、しっかりとプレーしてるように見えます。
 と、思っていたらターンノーバー連発。ロケッツのディフェンスも良いんですけどね。
 一時11点差になったのが、19点差に広がりました。
 レイカーズは再びスターターをコートに戻しました。ベンチでしばらく観ていて頭が冷えたのでしょうか。かなりプレーが改善されています。
 それでもロケッツの勢いは止められません。
 36-54で前半を終了します。



第3クォーター

 ハッスルプレーをしているのは相変わらずロケッツ。特にスコラがすごいですね。
 スコラのオフェンスリバウンドからの得点で、とうとう20点差となります。
 レイカーズはフリースローの確率も悪いです。こういう流れの時は入りづらいでしょうが、それでも決められるのがチャンピオンになるチームです。
 ロケッツは27点差まで広げましたが、相変わらずハッスルプレーを続けています。これができるチームは強い。
 残り6:02、オドムがドライブしてダンクを試みましたが、バティエのナイスディフェンスでオフェンスファール。
 背中からコートに落ちたオドムはものすごく痛そうでした。これに対して不満を審判にぶつけ、テクニカルファール。もう、今日のレイカーズはボロボロですね。
 ロケッツは全く気を抜く様子がありません。
 残り0.7秒にハーフのサイドラインからインバウンドで、なんとブロックスが直接アリウープ! ダンクじゃなくてキャッチしてすぐに放したので時間内でした。
 54-83で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 レイカーズが激しいディフェンスを見せて一時18点差に迫りました。
 その後、ロケッツがあまりにも点が取れないのと、明らかにディフェンスがソフトになったため、10点差まで迫りましたが、さすがに逆転は無理がある点差でした。



最終スコアは87-99でロケッツの勝利。
一番、初っぱなのプレー。
ジャンプボールをレイカーズが取り、フィッシャーからオドム、アリーザへ。
アリーザが持ったボールをスコラが弾き、ボールはサイドラインの方向へ行ったのを何故かアリーザはボーッと見ていて、直後に気づいたかのように慌てて取りに行き、出る直前に後ろに放り投げてアーテストに取られてダンク…
このプレーを見て、あ、今日のレイカーズは勝ったと思ってる。と感じました。
そして、気の抜けたプレーを連発し、ロケッツに怒濤の攻撃を許して、二度と立ち直れませんでした。
第4クォーターに追い上げを見せましたが、あんなのは最後だからできる無茶なディフェンスと、ロケッツの気の緩みが重なっただけです。実質25点差の試合でした。
レイカーズはこんな事では優勝できませんよ。
ロケッツに勝てたとしても、次の対戦はおそらくナゲッツです。
プレーオフに入ってからのナゲッツ…と言うかビラップスが鬼です。
いつどんなプレーをすればチームを勝利に導けるのかを100%熟知しています。
20点差をつけられても打開する方法を知ってますし、20点差で勝っていても気を抜いてはいけないことを知っています。
ヤオが抜けた→勝った。なんて気を抜くようなチームはビラップスに叩きつぶされますよ。
フィッシャー、コービー、ジャクソンHCはそれを2004年に経験済みのはずです。
次はホームですし、気を引き締めるでしょうが、優勝は怪しい気がしてきましたね…
その代わり、誤審があったとはいえ、あのような勝ち方をするナゲッツが優勝するような気がしてきました。
ああいう、拾ったような勝ち方をするチームにはなにかが憑いているのですよ。
今年のファイナルはまさかのカーメロVSレブロン!?
ちょっと気が早いですね。



レイカーズ 87-99 ロケッツ

2勝2敗


レイカーズ

 ガソル
  30点
   9リバウンド

 コービー
  15点
   4スティール


ロケッツ

 ブロックス
  34点

 バティエ
  23点

 スコラ
  14リバウンド

 アーテスト
  10リバウンド

 ヘイズ
   9リバウンド
   4スティール


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/10 NBAプレーオフ 全試合結果&感想

今日は2試合が行われました。



ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME3

ナゲッツ 106-105 マーベリックス

TV観戦レポート参照



イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME3

キャブス 97-82 ホークス

キャブス 3勝0敗


キャブス

 レブロン
  47点
  12リバウンド
   8アシスト

 ヴァレイジャオ
  10リバウンド(7オフェンスリバウンド)


ホークス

 ジョンソン
  21点
   3スティール


レブロンが着々と別次元の選手への道を歩み始めてる気がします。
後はここより上のシリーズで、これだけのプレーができるかどうか。
それでマジック、バード、ジョーダン、オラジュワン、シャック、ダンカンの域に真に達したかどうかがわかります。
もう3勝0敗、これが覆るのはレブロン、ヴァレイジャオ、モーの三人がまとめてケガでシーズン絶望にでもならない限りないでしょう。
ホークスはGAME4に勝てれば御の字。悪いですが、それくらい地力が違います。
レブロンはここからが勝負。
これまでのような活躍を、2年前のカンファレンスファイナルGAME5のような活躍を継続できて、なおかつチームが優勝できたなら彼は文句のつけようのないNO.1プレイヤーです。
この先の強豪相手にどんなレベルのプレーするか、非常に興味があります。
強豪相手に尻すぼみになるようでは、まだ先に挙げた6人には及びません。
とは言え、まだ彼は24歳なんですけどね。あの顔で。
さて、どうなるでしょうか…

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



今日のTOP5




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/10 NBAプレーオフ ナゲッツVSマーベリックス GAME3 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME3

会場 アメリカンエアラインズセンター(ダラス)


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


マーベリックス

 キッド
 ライト
 ハワード
 ノヴィツキー
 ダンピアー


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはマーベリックスが好調。2-8とリードします。
 ナゲッツも落ち着いて返していきます。まずは様子見ですね。
 概ね好調なマーベリックスですが、残り6:46にハワードが早々に2ファールでベンチへ。厳しいですね。
 ジョーンズの強烈なダンクで1点差に追いついたナゲッツが勢いに乗るかと思いましたが、キッドのスリーがチームを落ち着かせましたね。
 再び点差が開きます。
 その流れを変えたのはアンダーセン。ブロックやダンクなど好プレーを見せてチームを鼓舞します。
 20-20と同点で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 マーベリックスが少し点差をつけて、ナゲッツが追いつくと言うパターンを繰り返していますね。なかなか逆転には至りません。
 しかし残り5:01、ディフェンスを強化したナゲッツが、ビラップスのフリースローで逆転に成功しました。
 さらにスティールからの速攻で点差を広げます。
 しかし、基本的にシュートが入らない試合です。要所では締めているのである程度点は入ってますが、どちらもボコボコ外してます。
 ナゲッツのFG%が28%、マーベリックスも30%強です。ひどい有様ですね。
 終了間際にノヴィツキーがスリー、カーメロもゴール下のシュートを決めました。
 48-45で前半を終了します。



第3クォーター

 双方FG%が少し上がりましたが、それでも40%にも遠い確率ですね。ひどいものです。
 ダンピアーのブロックが炸裂し始めました。いきなり二連発です。すごいですね。
 得点でも貢献し、ダンピアーのおかげで点差が詰まりましたが、こういう状況で仕事をするのは、やはりビラップス。スリーにジャンパーに立て続けに決め、差を再び広げます。
 ノヴィツキーも負けていません。難しいフェイドアウェイを決めました。
 両チームともようやくエンジンがかかってきましたね。
 点の取り合いが展開される中、残り5:03にビラップスが4つ目のファール。しかし、ベンチには下げません。大事な時間帯ですからやむを得ないでしょう。
 ビラップスはその期待に応えて、直後にカウントワンスロー。ここが決め所だということをしっかりと理解しています。
 このプレーで67-63、ナゲッツが4点をリードします。
 残り4:08、アンダーセンも4つ目のファール。ネネも4つですからきついですね。
 もっとも、マーベリックスにも4つが三人いますが。
 このファールで得たフリースローをノヴィツキーが決めて同点! 盛り上がってきました。
 さらにアンダーセンがリバウンド争いでルースボールファール! 5つ目!
 かなり不満そうでしたが、バスを引き倒していますから文句は言えないでしょう。
 このフリースローでとうとうマーベリックスが逆転しましたが、すぐにビラップスがスリーで再逆転! 本当に、相手チームにこれほどイヤな選手はいないですね。
 ビラップスはこのクォーター、FG、3P、FT全て100%です。鬼だ。
 しかし、キッドも黙っていません。ポストプレーやナイスパスを見せてチームを牽引。
 バスもフリースローをしっかりと沈めて着実に点を伸ばしました。
 マーティンがダンクをたたき込み、ナゲッツリードで第3クォーター終了かと思いきや、キッドが猛然とボールを持ち込んでブザービーター!
 79-80とマーベリックスがリードして最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ナゲッツが連続得点し、GAME2の再来かと思わせましたがマーベリックスもさすがに2試合連続でやられたりしません。
 しっかりとディフェンスして流れを引き寄せようとします。
 バスのゴール下での活躍が非常に目立ちますね。力強いです。
 コートに戻ってきたアンダーセンから早々にファールを受け、フィールドアウトに追い込みました。
 GAME1、2はバスのこれがなかったのが響いたのです。
 バスはフリースローを決め、マーベリックスが2点をリードします。
 しかし、ここでまたもビラップス。フリースローを得て、しっかりと決めて再び同点!
 すかさずキッドがスリーを決めましたが、ビラップスもスリーでお返し! すさまじい。
 ノヴィツキーやライトの活躍、キッドのアシストでマーベリックスが4点をリード。
 しかし、またもビラップスがディフェンダー二人を引きつけてJRのスリーを演出。1点差!
 試合は2点差で残り2分を切りました。すごい試合です。
 残り1:28、ルースボールの取り合いでカーメロのファール! 5つ目! ハワードのフリースロー!
 しかし、ハワードはフリースローを一本外し、マーベリックスのリードは3点。
 ナゲッツ、タイムアウト。
 タイムアウト明け、ここでビラップスがレイアップをミス! リバウンドはマーベリックス!
 しかし、マーベリックスも点を取れず、ナゲッツが反撃。
 残り44.3秒、ネネのレイアップ! 101-102!
 残り31.1秒、ノヴィツキーがディフェンダーを引きつけ、テリーが完全ノーマークでスリー! 101-105! 4点差!
 残り28.5秒、カーメロのダンク! 103-105! 2点差!
 おそらく、2点なら良し。それよりも余計なファールをするな、の指示だったのでしょう。
 残り7.8秒、ノヴィツキーのジャンパーはミス!
 リバウンドはビラップス! 残り6.5秒、タイムアウト!
 残り1.0秒、ビラップスに託すと思いきや、カーメロ。そしてカーメロのスリー! 体勢が崩れていたのによく決めました! 106-105! 逆転!
 マーベリックスはノヴィツキーに託しましたが、あまりにも体勢が悪すぎました。エアボールで試合終了!
 試合終了後、オーナーのキューバンやハワード、ライトがマーティンとなにやら揉めていました。良くないですね。



最終スコアは106-105でナゲッツの勝利。
カーメロの最後のシュートはミラクルショットですね。すごいシュートでした。
ただ、その前にライトはカーメロに対してファールしていたようです。
まだファールしてもフリースローにならない回数だったので、ファールして時間を進めて仕切り直しを狙っていたようです。
それをことごとく審判が見逃したようで、NBAは早くも誤審を認める声明を出しています。
なんとも後味の悪い試合になってしまいました。
とは言え、いい試合でした。マーベリックスは痛恨の一撃でしょうが…
ビラップスはさすが。最後の最後でカーメロがヒーローの座を持っていきましたが、ここまで接戦になったのはビラップスのおかげです。
そうでなければミラクルだ誤審だなどと言う前に、マーベリックスが完勝していたでしょう。
それくらいビラップスは、チームが苦しい場面で必要とされる活躍をしていました。
他の選手たちは非常に苦しんでいたので、ビラップスの存在は本当に大きかったですね。
マーベリックスはノヴィツキーがやや尻すぼみになってしまいました。前半は調子よかったのですが…
代わりにキッドとバスが活躍しました。
バスはゴール下で奮闘し、フリースローを得て高確率で決めていましたね。
半分以上勝った試合ではありましたが…負けは負けです。
ライトのファールが早めにコールされていて、時間を進めて仕切り直しが認められていれば、カーメロがその後にスリーを決めることはなかった、とは誰も言い切ることはできません。
かなりきつい負けですし、0勝3敗から巻き返したチームは過去にありませんが、今一度立て直して意地を見せて欲しいですね。



ナゲッツ 106-105 マーベリックス

ナゲッツ 3勝0敗


ナゲッツ

 ビラップス
  32点

 カーメロ
  31点
   8リバウンド


マーベリックス

 ノヴィツキー
  33点
  16リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/9 NBAプレーオフ 全試合結果&感想&訃報

今日は2試合が行われました。



イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME3

セルティックス 96-117 マジック

TV観戦レポート参照



ウェスタン
カンファレンスセミファイナル GAME3

レイカーズ 108-94 ロケッツ

レイカーズ 2勝1敗


レイカーズ

 コービー
  33点
   3ブロック

 オドム
  16点
  13リバウンド


ロケッツ

 アーテスト
  25点

 ヤオ
  19点
  14リバウンド

 バティエ
   8リバウンド
   7アシスト

 スコラ
  12リバウンド


フィッシャーが出場停止のレイカーズ、あまり関係なく、後半に突き放して勝利しました。
今日のエルボー具合はどうだったんでしょうか。お互いFG%が低いところを見ると、あまり穏やかな試合ではなかったのかな~と推測しております。
ロケッツはこれだけリバウンドで圧倒しながら勝てなかったのは痛いですね。
スリーを高確率で決められたのが敗因の一つでしょう。
レイカーズはコービーの調子が上がってきてます。願わくば、クリーンプレーで通して欲しいですね。
今日はどうだったか、よく知りませんけど。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ニュース
 チャック・デイリーが亡くなりました。享年78歳。
 89、90年とピストンズを優勝に導き、バルセロナオリンピックで金メダルを獲得した名将です。
 ここ数年、ピストンズの試合の時にコートサイドで元気にインタビューを受けている姿を何度か見ていただけにショックです。
 ガンで闘病していて、それを励ますためにプレーオフに入ってから全チームのヘッドコーチが「CD」のマークが入ったバッジをつけている姿が、度々映し出されていました。
 しかし、回復を願う皆の願いは通じなかったようです…
 ご冥福をお祈りします。



今日のTOP5




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/9 NBAプレーオフ セルティックスVSマジック GAME3 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME3

会場 アムウェイアリーナ(オーランド)


セルティックス

 ロンド
 R.アレン
 ピアース
 デイビス
 パーキンス


マジック

 ジョンソン
 レディック
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 出場停止のアルストンに代わってスターターとなったジョンソンが燃えてますね。いきなりダンクをぶちかましました。彼のスタイルから考えると非常に珍しいです。
 しかし、レディックはいきなりファールトラブルでベンチへ。その代わりにここ数試合欠場していたリーが出てきました。会場が盛り上がります。
 マジックはGAME2の負けが堪えたようですね。全員、相当に気合いが入ってます。
 序盤に6-14とリードを広げます。
 セルティックスはFG%こそ悪いですが、オフェンスリバウンドを取りまくってますね。そのおかげで大きく差が開くことがないです。
 6点差で終わるかと思われましたが、ロンドがブザービーターを決め、18-22と4点差で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 開始早々、ハワードが4ブロック目。ゴールテンディングくさかったですが、クリーンブロックと認められました。
 マジックはGAME2とは別人ばかりですね。調子がどうこうじゃなく、質が違います。
 やはりGAME2は初戦に勝ったことで気が抜けていたんでしょうね。
 マジックはディフェンスのローテーションが上手くいってますね。スピードのあるロンドに少しやられていますが、基本的には抑えています。
 後はオフェンスリバウンドを取られるのをもう少し抑えれば一気に走れそうですが…
 ルイスがオフェンスでもディフェンスでも、インサイドで上手くプレーしてますね。デイビスが翻弄されてます。
 シュート後、インバウンドで少しでも時間を稼ぐためにギリギリまでボールに触らない、と言うのをロンドがよくやるのですが、それをしている真っ最中に横からジョンソンがボールをかっさらいました。得点には繋がりませんでしたが、非常に見苦しいのでスティールした時はスッとしました。
 ロンドだけでなくポールもよくやってますし、キッドも時々やってますが、見ていてあんまり気持ちの良いプレーじゃないので、ジョンソンのようにどんどんスティールしてやって欲しいです。
 マジックが点差を開き、41-53で前半を終了します。



第3クォーター

 ハワードがダンクを連発。ジョンソンのゲームコントロールも見事ですね。点差は15点に開きます。
 ターコルーとルイスの連続スリー、ハワードのオフェンスリバウンドなどで、この上なくマジックに勢いが出てきました。
 GAME1のような、点差をつけたことによる気の緩みは微塵も感じられません。
 ハワードが苦手のフリースローを二本とも決めるなどで、差は20点まで開きます。
 残り4:39、ハワードが4つ目のファールでベンチに下がります。
 そこをついてハウスがスリー! しかし、点差は依然17点。
 インサイドのディフェンスではゴータットがハワードの代わりをキッチリと務めています。
 オフェンスではルイスが貢献。勢いは止まりそうにありません。
 セルティックスのディフェンスが変わりました。なんと、マーブリーにジョンソンを密着ディフェンスさせてます。
 しかし、これが功を奏し、マジックのオフェンスが急に上手く行かなくなりました。
 マーブリーがディフェンスで貢献している。歴史上でも稀な珍しい光景です。ナッシュがダンク連発とか、シャックがフリースローを50本連続で決めたとか、ベンが50点取ったとか、それくらいのレベルです。
 セルティックスが勢いを盛り返し、69-78と一桁差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 世にも珍しい、効果的なディフェンスをするマーブリーによってセルティックスがさらに点差を詰めます。
 残り11:19、ターコルーが難しいレイアップを決めてマジックも差を維持しようとします。
 さらにルイスもスリーを決め、再び10点差。マジックもホームでそう簡単にやられません。
 残り10:15、パーキンスがピートラスの首付近に肘打ちし、フレイグラントファール。明らかにわざとではありませんでしたが、危険な行為だったので当然です。
 残り9:50、ハワードが5つ目のファール! これは痛い!
 12点差前後で点の取り合いになってきました。ハワードが5ファールで痛いマジックですが、じつはファールトラブルなのはセルティックスの方。パーキンス、デイビス、スカラブリニが5ファールです。
 そのためか、ディフェンスをハードにできません。ターコルーが連続でシュートを決めて79-95と点差が開きます。
 さらにルイス、リーとスリーを決めるなど、マジック怒濤の攻撃。あっという間に20点差に戻りました。
 残り4分を切って、セルティックスはピアースやR.アレンなどを下げました。諦めましたね。



最終スコアは96-117でマジックの勝利。
マジックはGAME1で20点以上差をつけて気を抜いたらえらいことになった教訓を活かしましたね。
今日は最後まで気を抜きませんでした。
次は、GAME1の勝利に浮かれてGAME2を落とした経験を活かしてGAME4にも勝ちたいところでしょう。
ヴァンガンディーHCは「1点リードしてハーフタイムに入ったようなもの」とコメントしていますが、それを実感として感じ、次の試合を戦う必要があります。
とは言え、今日はハワードがファールトラブルではあったものの、ターコルーとルイスが揃って絶好調。
ジョンソンも良かったですね。時に初っぱなのダンクはチームを盛り上げました。
ベンチ陣もピートラス以外がまずまずの出来でしたし、このまま勢いに乗りたいところでしょう。
セルティックスはマジックのディフェンスに翻弄されましたね。
ピアースは良かったですが、他はボロボロでした。
R.アレンは存在感無し。ロンドは一人突っ走って好プレーを見せるところはあったものの、チームを勝利に導くようなプレーはしてませんでした。
パーキンス、デイビスはファールトラブルで本来の実力を発揮できず、ハウスの活躍も焼け石に水でしたね。
ただ、マーブリーのディフェンスだけは評価できると思います。
マーブリーは大嫌いですが、今日の彼のディフェンスはセルティックスの流れを変えたと認めざるを得ません。
ただ、かなり有効だったものを、第4クォーター序盤まででさっさとやめてしまったリバースHCの考えは?
まあ、マジックがジョンソンを下げてターコルーを起点にし始めたので、ミスマッチと言えばミスマッチでしたが、ターコルー相手でも上手く守っていましたが…
結局、5ファールのスカラブリニがターコルーについて、ハードにディフェンスできないのでやられ放題になってしまいました。
GAME4が両チーム共に運命の分かれ道になりそうです。
GAME4に勝った方がシリーズを制するでしょう。



セルティックス 96-117 マジック

マジック 2勝1敗


セルティックス

 ピアース
  27点
   3スティール

 ロンド
  15点
   3スティール


マジック

 ルイス
  28点

 ターコルー
  24点

 ハワード
  17点
  14リバウンド
   5ブロック


オフィシャルサイト ハイライトビデオ




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


5/8 NBAプレーオフ ホークスVSキャブス GAME2 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME2

会場 クィッケンローンズアリーナ(クリーブランド)


ホークス

 ビビー
 ジョンソン
 エヴァンス
 スミス
 パチュリア


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 展開はほぼ互角。ホームなのでキャブスの方が盛り上がってはいますが、ホークスも淡々と返しています。

 途中、フィッシャーとアルストンの1試合出場停止が報じられました。
 アルストンは当然だと思います。あの場で退場にならなかったのが不思議な行為でしたから。

 徐々にキャブスのディフェンスが効果を発揮し始めます。徐々に差が開き始めました。
 なんとかオフェンスリバウンドを取っていますが、フィニッシュまで至らないですね。
 最後にレブロンの素晴らしいダンクが炸裂し17-26で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ペースはキャブスなんですが、ウェストが連続でターンノーバーをしました。乗り切れないですね。
 それでもザービアックやモーのシュートで差を広げ、17-32と15点差とします。
 ホークスは2点を取るのに苦労していますが、キャブスは簡単に返します。
 残り7:40にはスミスが3つ目のファールでベンチへ。ベンの見事なディフェンスに引っかかり、オフェンスファールを取られましたね。
 数字は目立たなくなりましたが、ベンのディフェンスはやはり上手いです。ボールを持っていない選手のマークの仕方、余計なファールをしない技術。非常に上手いです。
 ビビーの連続シュートで一時点差が詰まりましたが、あっという間にキャブスは突き放しました。
 レブロンがブザーと同時に超ロングスリー! 間際に適当に投げたのが入ったのではなく、しっかりとセットして狙ったシュートでしたね。
 35-59で前半を終了します。



第3クォーター

 これだけ勝っていてもキャブスはルースボールに対する執着心を見せています。これは素晴らしいことですね。
 ホークスも負けていませんが、点差が点差。キャブスに油断がないようでは逆転は難しいでしょう。
 残り5:23、パチュリアの指がウェストの顔面に当たり、ウェストはロッカーに下がりました。もしかすると目に当たっていたかもしれません。危ないですね。
 キャブスは全く手を抜かず、勢いも衰えません。オフェンスリバウンドにも飛び込んでいます。
 逆にホークスは集中力も切れてきました。ここまでですね。
 55-85で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 両チームのこの状態で逆転劇はあり得ませんね。



最終スコアは85-105でキャブスの勝利。
レブロンが圧巻です。フリースローはボロボロでしたが、それ以外はパーフェクト。文句のつけようがありません。
それに引っ張られてか、他の選手たちの活きの良いこと。レブロンだけでなくチームが絶好調です。
懸念材料はウェストの状態です。詳細はまだ伝えられていませんが、目だけに心配ですね。
ホークスは完全に力不足ですね。その上、インサイドの核ホーフォードも、マルチプレイヤーのウィリアムスもいません。
若さだけで今のキャブスに勝つのは至難の業です。
その上、ジョンソンまで負傷してしまいました。本人はGAME3の出場に意欲を見せているようですが、微妙な状態のようです。
ジョンソンまで欠場となったら、もう手の打ちようはないでしょう。
ホームに帰ったら別のチームになるホークスですが、それでも厳しいでしょうね。



ホークス 85-105 キャブス

キャブス 2勝0敗


ホークス

 パチュリア
  12リバウンド


キャブス

 レブロン
  27点
   4スティール

 ヴァレイジャオ
   8リバウンド
   4ブロック


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。