バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


確定、遺体はライト

昨日のブログで書いた、メンフィスで見つかった遺体は元NBAプレイヤーのロレンゼン・ライトで確定したようです。
銃弾による死亡で、殺人で捜査されている一方、自殺の線もあるようです。

ご冥福をお祈り致します。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


ライト、発見か?

08-09シーズンにキャブスで18試合に出場したのを最後に、昨シーズンはプレーしなかったロレンゼン・ライトが10日ほど前から行方不明になっていました。
今日、彼の地元であるメンフィスの近くで身元不明の遺体が発見され、それがライトではないか?と言われています。

そんなに目立つ選手ではありませんでしたが、グリズリーズ時代は10点7リバウンドを見込める良いロールプレイヤーでした。
30歳になった05-06シーズンから急速に数字を落とし、次第にプレーする機会がなくなっていきました。

まだ遺体がライトである確認は取れていません。
こうやって言ってる間に、本人がひょっこり帰ってくればいいんですが…

もう35歳ですからNBA選手としての再起は難しいかもしれません。
ですが人生は、半ばに差しかかったにすぎません。
間違いであることを祈ります。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


T-mac、ブルズ?

ブルズにT-macことトレイシー・マグレディーが加入か?と言う噂が流れました。
実際にマグレディーはブルズのワークアウトを受けたようです。

しかし、ブルズはあまり契約する気はなさそうです。
と、言うのもブルズとしてはあくまでベンチ要員として欲しいだけで、得点王時代のようなプレーを望んでいるわけではありません。
ESPNによると、会談ではその辺りのことをマグレディーが理解していないようだった、とあるので、契約の可能性はほぼなくなったと言えるでしょう。

ただ、レブロンはいらん、と言ったローズはマグレディーの獲得に関しては支持しており、ローズがプッシュするとあり得る話かもしれませんね。

ローズがベンチに下がっている短い時間、フィニッシャーとしてコートに立ってくれるのなら良いかもしれません。
ですが、その役割しかブルズに求められていないと言うことを、マグレディーがわかってないと言うのがESPNと会談したブルズのフロントの見解。
スターターでなければダメだ、とゴネるのならいらないってことのようですね。
そうなると、この話はあまり実現性はないかも。

また、ロケッツ時代にやや(効果的な)チームプレーに目覚めかけていたので、そっち方面で開花すれば有りだと思います。

ただ、ローズの邪魔になるなら絶対にブルズにはいりません。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


恐怖!アイザイア復活!?

今日はなんだかアニメの副題みたいなタイトルになってしまいました。
しかし、心あるニックスファンならこういう心境になってしまうでしょう。
数年前、マーブリーと二人でニックスをメチャクチャにしてしまった、迷GM兼HCのアイザイア・トーマスの復活がまことしやかに囁かれるようになってきたのです。
なにしろ、アイザイアはオーナーのジム・ドランに可愛がられていますからねー
ファンにとっては絶対に帰ってくんな!ってところでしょう。
しかし、オーナーに気に入られている以上は強権発動。アイザイアを重要なポストに据え、ウォルシュを更迭という意味のわからないこともしかねないのです。
ウォルシュは健康問題も抱えてますしね…

さあ、どうなるニックス。
アマレを獲得し、数字だけは立派だったリーを放出でき、ポール獲得か!?とようやく明るいニュースも流れ始めた今、再び暗黒時代に戻るのか。
それともウォルシュとファンが協力しアイザイアの復権を阻止できるのか。
もし、暗黒時代に戻った時、君(ニックスファン)は(ファンとして)生き残ることができるか。

連邦の白い悪魔ならぬ、デトロイトから来た漆黒の堕天使ですな。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


ブルズ、カート・トーマス獲得

ブルズがカート・トーマスと契約しました。
これまた渋い補強ですね。
トーマスはサイズはありませんが、経験と意外と広いシュートレンジがあります。
若い頃は余計なファールが多かったですが、ディフェンス力はなかなかのものです。
ヒューストン、スプリーウェル時代のニックスが好きだったせいか、トーマスも好きですね。
ノアの控えとして良い補強ではないでしょうか。
ただ、もう一人サイズのあるセンターが欲しいところです。
トーマスは本来PFですからねー


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


バーンズがレイカーズへ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
24日(土)は焼肉パーティー開催!
25日(日)・26日(月)は飲み比べ会開催!
詳しくはこちらのブログ(アメブロ)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

マット・バーンズがレイカーズと契約しました。
先日、ラプターズとの契約に合意したとのニュースが流れていたので急転でビックリですね。

レイカーズはチャンピオンチームなので大きくいじる必要はありません。
その上でブレイクを取ったり、バーンズを確保したり、必要なことだけを地味にやってますね。
アーテストの控えにバーンズとは、なかなかグッドチョイスではないでしょうか。

ブルズやレイカーズのように堅実な動きをしているチームには、大物FAばっかり狙うのが補強じゃないぜ!と教えてやって欲しいものです。
まあ、ブルズはブーザーを取ってますけどね。

ブルズと言えば代表の練習に参加しているローズが、ビラップスからスピードだけが全てじゃないことを学んだ、と言ってますね。
ビラップスのような緩急の付け方を学んだ上で、自身の持つ運動能力を活かすようなプレーができればローズはワンランク上のプレーができるようになりますよ。
代表に参加すると疲労がたまるとよく言いますが、ローズのような若い選手はまだまだいけるはず。
ブルズにはいない、ファイナルMVPを持つベテランPGから学べることを学んで欲しいですね。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


着々と進むブルズの補強

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
24日(土)は焼肉パーティー開催!
25日(日)・26日(月)は飲み比べ会開催!
詳しくはこちらのブログ(アメブロ)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


ブルズがまた面白い補強をしましたね。
ローズのバックアップにCJ.ワトソンとは。
ワトソンも若いですし、育て方次第では化ける選手ですよ。
ただ、ローズとプレースタイルが被るような気もするので、ベンチから出る以上は流れを変えるような、少し変化をつけるようなプレーを期待したいですね。
ベンチから出てきたのが劣化版ローズでは、変化がないですから…
もっとも、劣化版と言えないほどの選手になるポテンシャルは秘めてると思います。彼は時々大活躍していましたから、コーチ次第では良い選手になりますよ。

あとはセンターのバックアップが欲しいところですね。

新ヘッドコーチのシボドーがどうまとめるか見物です。
今のブルズは、コーチ次第で04年ピストンズになれる可能性を秘めています。
コーチの力量で大きく左右されるメンバー構成だと思いますね。
ラリー・ブラウンは二年連続ファイナルに導いた(内一回は優勝)。他のコーチだとカンファレンスファイナルが精一杯だった、ピストンズのようにね。
シボドーHCはディフェンスに定評があると聞きます。
若いブルズにチームディフェンスをたたき込めば、ヒートのbig3をも抑えられる、あるいはbig3には好き勝手させて他を完璧に抑えるチームになると思いますよ。
後者の方が有効かもしれません。
04年ピストンズは、ファイナルの五試合で、GAME5にメドベデンコとフィッシャーに10点取らせた以外、全てシャック&コービー以外の得点を一桁に抑えて完勝しましたから。
GAME1に至っては、シャック&コービーに59点取られても、それ以外は合計16点でしたからね。
こういう強力なディフェンスは、個々のディフェンス能力よりもシステムですからね。もちろん、個々の能力が高いに越したことはないですし、この時のピストンズのベンのような軸はいりますけどね。

さあ、シボドーHC、どんなチームにしますかねー
やり方によってはファーストラウンドが精一杯のチームにもなりかねないですよー


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


ウェイドの大失言&ジョーダンのレブロンに対するコメント

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
24日(土)は焼肉パーティー開催!
25日(日)・26日(月)は飲み比べ会開催!
詳しくはこちらのブログ(アメブロ)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


ウェイドが笑えない発言をしましたね。
(来シーズン)自分たちが連敗することと、ワールド・トレード・センターを絡めてコメントしたようです。
ご存じ、ワールド・トレード・センターは9.11で飛行機が突っ込んで崩壊したビルです。それによって何千人もの死傷者が出たのも、まだまだ記憶に新しいところです。
わたしはニューヨークに知り合いはいません。
ですが、崩壊する様を生中継で見て、寒気がしたのをハッキリと覚えています。
あの中に何人の人がいるんだと、届くはずもないのに声をあげました。

ウェイドはアメリカ人でしょう。
それがワールド・トレード・センターとスポーツの勝敗を絡める神経がわかりません。

日本人で言えば、○○(球団)が連敗することは、阪神淡路大震災がもう一度起きるようなもの、とか、原爆がもう一発落とされたようなもの、と例えるようなものでしょう。
ワールド・トレード・センターは戦争行為によって起こったものですから後者の方が近いでしょうか。
なんにしても、想像を絶する無神経さです。

ESPNのサイトに謝罪文らしき物が掲載されていましたが、謝罪して済む次元の話なんでしょうかね。
なんだかすごい幼稚な感じがします。
子供が欲しかったおもちゃを与えられて、はしゃぎすぎて調子に乗ったような感じがする。
お友達の間だけで、ニューヨークの人の耳に入らない場所で、言ったのなら何の問題もないでしょう。
でも、残念ながらNBA選手は公人に近いんですよね。
その立場にある人間がメディアを通して言ってしまった。
調子に乗りすぎです。



また、ジョーダンがレブロンの移籍に関してコメントをしました。

バードやマジックと共にプレーするなんて考えたこともなかった。彼らを打ち負かすことを考えていたから。
時代も変わったと言うことだろうし、悪いことだと言うつもりはないけどね。

一番ジョーダンらしいのは、打ち負かすことを考えていたから、の部分でしょうね。
これが決定的にレブロンにはない部分でしょうね。

ライバルを打ち負かしてチャンピオンになることを目指して達成したジョーダン。
お友達と手を組み、易い道を選んでしまったレブロン。

ジョーダンの言うように、レブロンのやったことは悪いことではないでしょう。
発表の方法はコミッショナーにまで幼稚だったと言われてますけどね。
そして、例え優勝しても素直に賞賛できないことをしてしまったのは事実。


ウェイドにしてもレブロンにしても、幼稚な感覚がありますね。
飛び抜けた能力を持ってるからと言って、若い内から持ち上げすぎるとこうなる、と言う典型例なのかも。

どうにもこうにも、ヒートに対しては批判しか浮かばなくなってきました。
ハスレムは好きなんですけどね。
これで「俺が別のチームに行くにはDNAから変える必要がある」とまで言ったハスレムを、あっさりとトレードしたりしてくれませんかね。
そうすれば欠片も応援する要素がなくなるので。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


今日の竹内

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
24日(土)は焼肉パーティー開催!
詳しくはこちらのブログ(アメブロ)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


今日の竹内は0点(0/1)、1リバウンド、1ファールでした。
動きは悪くないようなのですが、いかんせんサマーリーグでの最大のアピールは数字。
これがプレシーズンゲームであれば、数字以外の貢献度も多少は加味してもらえるでしょうが…
サマーリーグで20点8リバウンドの選手が、NBAの本戦では3点2リバウンドとか、それくらいの大きな差がありますからね…

今日の試合でサマーリーグはお終い。
最後までカットされなかっただけでも良かったのではないでしょうか。
まだ挑戦の初年度、年齢的に悠長なことは言ってられませんが、それでも一歩目を踏み出すことは非常に大事ですからね。
まだ二~三年は挑戦できる年齢だと思うので、今回学び取ったことを次回以降に繋げて欲しいですね。
そして、それだけじゃなくてNBAのサマーリーグとはどういう場で、どんなことが必要なのかを、若い選手に教えていって欲しいです。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


ブルズ、なかなか良さそう

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
24日(土)は焼肉パーティー開催!
詳しくはこちらのブログ(アメブロ)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

ブルズがロニー・ブリュワーと契約しました。
なかなか堅実に良いチームを作ってきているのではないでしょうか。
レブロンだレディックだと言ってましたが、ブルズに必要なのはローズの邪魔をしない選手。
レブロンは言わずもがな、レディックも突撃&自爆癖があるので、ハッキリ言ってローズの邪魔。
そういう意味ではブリュワーは最適な選手ですね。
ディフェンスもいいですし。

PG ローズ
SG ブリュワー
SF デング
PF ブーザー
C  ノア

なかなかいい感じですよー
ベンチにコーバーとギブソンもいますしね。
ミラーがロケッツに行ってしまったのは痛い。
ローズとノアの控えをしっかりと取りたいところですね。
あとは波のあるデングがもう少し安定してくれれば…
まだまだ若くて、数字もムチャクチャに落ちてるわけでもないのに存在感が薄れていく一方なんですよね。完全にローズにスポットライトを奪われたというか…
17点7リバウンドを平均でたたき出してるのに…
でも、ブーザーが加わったにもかかわらず、この数字を維持できればブルズは脅威ですよ。
ローズ、デング、ブーザーの三人で50~60点は見込めます。
リバウンドもデング、ブーザー、ノアで22~27は見込める。
その上メンバーのバランスは良いですし、ベンチも悪くない。
あとはコーチがしっかりまとめ上げれば、下手するとマジックより上に行くかもしれませんね。
ジョーダン時代のような華やかさには欠けるでしょうが、地味に強そう。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


今日の竹内

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
24日(土)は焼肉パーティー開催!
詳しくはこちらのブログ(アメブロ)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

竹内、今日は序盤に出番をもらいました。
4:59の出場で、2点、1リバウンド、1ファール、1ターンノーバー(トラベリング)
数字は大したことないのですが、観戦した人のツイッターを読むと、ポジション取りなどは誰よりも上手く、日本でのプレー同様冷静にできてるのでいいかも、と言うことです。
なんとか印象に残って、(ウルブズに限らず)キャンプに招待されるといいですね。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


竹内、昨日は出番なし

昨日は竹内公輔、出番なかったですね。
サマーリーグはとにかく個をアピールしなければならないのですが、出番がなければなにもできません。
もちろん、練習で使えると思ってもらえることができないと出番はもらえないので、練習でのアピールが不足してるんでしょうか…
でも、竹内以外の選手も夢を掴むために必死ですから、その中でプレータイムを勝ち取らなければなりません。
最終的にカットされても、ロスター入りには全く届かなくても、せっかく参加しているサマーリーグですから一試合三分ずつでもプレータイムがもらえるといいですね。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


トレード情報、錯綜中

昨日のラプターズとサンズのトレードに修正情報がありました。
追加情報として、

ボブキャッツ → ラプターズ

 タイソン・チャンドラー


ラプターズ → ボブキャッツ

 ホセ・カルデロン、ドウェイン・ジョーンズ(サンズから獲得してすぐ)

で、ラプターズはトレードエクセプションを使わず、と…


ところが、NBAのオフィシャルサイトやESPNではチャンドラーはマーベリックス行きになっております。
チャンドラーのラプターズ行きはオーナーのジョーダンが止めたとかなんとか…
NBAのオフィシャルサイトに載ってるこっちの方が正しいんでしょうが…
スッキリしません。


ボブキャッツ → マーベリックス

 タイソン・チャンドラー
 アレックス・アジンカ


マーベリックス → ボブキャッツ

 エリック・ダンピアー
 エドワード・ナハラ
 マット・キャロル


ターコルーを絡めたトレードはまだオフィシャルサイトに載ってない(日本時間9:30現在)ので、正式じゃないんですかねー

マーベリックスにチャンドラーって、何気にグッドトレードだと思います。
キッドに合わせて走っていってアリウープができますし(オフェンスはそれしかできないかも(^-^;))、ディフェンスはダンピアーより期待できるのでノヴィツキーの負担が減ります。
ただ、ケガが心配ですけどね。



ジャズがウルブズからアル・ジェファーソンを獲得。
報われないオールスター級でしたが、スローンの下で化けるでしょうか。

ニックスがロシアから7-1のセンター、モズゴフ(?)を獲得。
このサイズのセンターは貴重ですから、アマレをキッチリサポートしてくれればニックス躍進するかも?

フィッシャーはレイカーズ残留決定。
リングに飢えてるわけではないので、安易にヒート移籍は取りやめた模様。
ただ、ヒートはレイカーズより上のオファーを出してたっぽいです。
おまけにフロリダは所得税0なので、フィッシャーにとってはかなりお得。
でも、古巣を選びましたね。
フィッシャーの場合、娘さんの治療の件もあるので大都会から離れられない事情もありますけど…


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


竹内公輔がサマーリーグ登場

ウルブズの一員としてサマーリーグに参加している竹内公輔が、今日のスパーズ戦で出場時間をもらえましたね。

5:09の出場で1リバウンド(ディフェンスリバウンド)でした。

シュートを一本も打ってないのが少し気になりますが、短い時間ですしね…
去年の川村みたいにここであっさり切られることがないよう願います。

竹内公輔は去年の日本代表ラスベガス遠征に参加していて、その時にドン・ネルソンに「10代であのレベルならNBAでもドラフトされるだろうけど…」と言われていました。
でも、20代も半ばに差しかかることを聞くと、難しいだろうと顔をしかめられたそうです。

なお、ドン・ネルソンが見に来ていた理由は譲次がその前年にウォリアーズのトライアウトに参加していたので、間違えて見に来たそうです。
双子と聞いて驚いてたとか。

最後までロスターにいられるといいですけど…


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


サンズにターコルー、チルドレス

サンズにラプターズからターコルー、オリンピコアス(NBA上はホークス)からチルドレスが移籍しました。

サンズ → ラプターズ

 リアンドロ・バルボサ
 ドウェイン・ジョーンズ


ラプターズ → サンズ

 ヒュド・ターコルー




サンズ → ホークス

 トレードエクセプション


ホークス → サンズ

 ジョシュ・チルドレス


どっちもナッシュと合いそうですね。
ヒルやディアウも大丈夫だったんですから、ターコルーも大丈夫でしょう。
チルドレスはヘンテコなシュートフォームで異様に確率が高いですから、ナッシュからパスを受けて高い決定率で決めるという流れができそうです。
しかしまあ、ハイパーオフェンス路線を突き進みますね。
ナッシュがいる限り、路線変更はしないと言うことなんでしょう。
でも、昨シーズンは粘り強いディフェンスも見せていましたし、それを継続できれば面白いチームだと思います。
わたしはウォリックがナッシュによって化けると思ってますので。
ロペスの代わりのインサイドがもう一枚欲しいところですね。
ウォリックとフライが頑張ってくれれば一番いいのですが…


なお、ラプターズはトレードエクセプションを使ってディアウをボブキャッツから獲得しました。
ディアウを取るくらいならターコルーはそのままでも良かったのでは…?
まあ、微妙にタイプは違いますけど…


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


選手よりチーム

レブロンに対しては批判的な意見が圧倒的に多いですね。
バークレーには「もうコービーやジョーダンの域に達することはない」と言われ、レジーには「三回優勝して、ようやくキャブスで一回優勝した程度の価値」と言われ…
マイアミ市民以外の、全米NBAファンを敵に回した感じですね。

同情する気は全くないですが、さすがにこれ以上叩く気はなくなってきました。

そして恐ろしいのはクリーブランドの市民。
レブロンのユニホームを初めとするグッズを燃やしているのですよ~
しかも笑いながら(((( ;°Д°))))
改めて、アメリカは選手個人ではなくチームを応援するお国柄なんだな~と思いました。
昨日の友は今日の敵。
母親までオハイオから出て行った方が良いのでは?と言われるくらいの騒動に発展しています。

オーナーも怒りのコメントを発表。
これには気持ちはわかると言う意見と、あんなことを言うようなオーナーの下では働きたくなくて当然、と言う意見が半々くらいですかね。


それにしてもレブロンは希望を言っただけで、正式に契約が決まったわけではないと言う話も。
オファーは出していたが、それはウェイドとボッシュが決まる前の話だから、チーム(ヒート)は困惑しているとの怪情報もあります。
これでヒートが、ウェイドとボッシュがいるのにお前さんはいらないよ、とか言ったらどうなるんですかね。
世紀の大爆笑事件になりそうですが、ま、さすがにそれはないでしょう。
でも、そうなったらヒートファンが激増しそうですね。漢だ!と。
マイアミ市民は怒るでしょうが。

ここまでの騒ぎになって、クリーブランドに出戻ったら面白いんですけどねー


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


レブロン、ヒートへ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

7月10(土)は焼肉パーティー開催!

詳細は3日のブログ(アメブロ)をご参照ください!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


レブロンのヒート入団が決まりました。

仲良しクラブですね。
仲良しクラブは優勝できません。
ラリー・ブラウンのボブキャッツに粉砕されてくれ。

いや、今のボブキャッツに望むのは難しいとさすがに思うのですが、でも実際優勝するかな?と考えたら、わたしは疑問です。
昨日のブログに書いたように、レブロンとウェイドは共存できるとは思えません。
レブロンがピッペンのようなことをすれば…と言う意見がありますが、できるとは思えません。
できたらすごいことになりますけど。

これまで散々キングキングと持ち上げられてきた男ですよ?
これまでホームで誰よりも声援を受けてきた男ですよ?
チームのフロントに口出しする権利まで与えてもらっていた男ですよ?

それが常にウェイドに次ぐ二番手の状況を、最初はともかく数年に渡って我慢できるんでしょうか。
ピッペンは最初からジョーダンのチームメイトであり後輩。
さらにあれだけの選手になれたのは、ジョーダンに鍛えられたから、と言う自覚がありました。
何も性格が二番手向きだったってだけじゃありません。
絶対的存在にして、自分の育ての親に等しい、ジョーダンの二番手だったからこそ長年受け入れていたのです。

レブロンにとってウェイドは友人であっても、絶対的存在でも、ウェイドに育ててもらった恩があるわけでもない。
常にその影でいることに耐えられますかね?

また、その逆も然り。

なお、ボッシュは、別にボッシュじゃなくても良かったんでない?って言う程度の数字に収まるでしょう。
14~16点、7~9リバウンドくらい。
ヒートのチーム力アップより、他チームに大きな力を与えないために獲得した意味合いが強くなるでしょう。結果的にね。


これでレブロンはジョーダンの高みに昇ることはなくなりましたね。
ライバルを倒して苦労して優勝することより、お友達に助けてもらって優勝することを選択したんですから。
仲良しクラブで優勝しても、評価はもちろんされるでしょうが、ジョーダンほどの評価はされないでしょう。
評価されるのはウェイドの方。

ただ、このヒートを倒してレイカーズが三連覇でもした日には、コービーはジョーダンと並んだと評価されるでしょうね。

そして、ヒートとレブロンは優勝しなければ批判されることが確定しました。
ここまでやった以上、優勝以外で人を納得させることはできません。
優勝してもその価値に疑問を持つ人がいそうなくらいなのに。
これでカンファレンスセミファイナル敗退とかになったら、ものすごいことになりそうですね。
もちろん、わたしも叩きます。

ここまで来たら、もはやレブロンに周囲に恵まれていないと言う、お得意の言い訳は一切通用しません。
それとも、まだ他の二人やベンチのせいにするのかな?

複数回優勝できる、とコメントしてしまったようですが、そう上手く行きますかね。
既に、他の29チームはヒートを目の敵にしてますよ。
どこよりも注目されて、どこよりも研究されるでしょう。
どのチームも、他の相手よりヒート相手だと力が入るでしょう。
そして、プレーオフで疲れ果てて試合巧者のチームにあえなく敗退してしまったり。

力一杯負けて欲しいチームができると、観戦に力が入るので面白いかも、です。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


レブロンの行き先予想

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

7月10(土)は焼肉パーティー開催!

詳細は3日のブログ(アメブロ)をご参照ください!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

アメリカではメディアのみならず、NBAの選手を始め、NFLの選手までレブロンの行き先予想をしてるみたいですね。

そんなわけで、わたしも。

わたしの予想は、ここまで大騒ぎになったのに肩透かし感があるキャブス残留とします。
そんなに可能性の低い話ではないと思うんですよね。
ケミストリーは構築されてますし、サポーティングキャストも充実しています。
優勝に足りないのはコーチの策と、レブロンの意識改革のみで、他に大きく変える必要はありません。
コーチも変わりましたし。
…スコットではやや不安な面もありますが。


自分が目立たなくてもいいから優勝したい、のであればヒートでしょうね。
ヒートはウェイドのチームになっていますから、レブロンが今から地位的にウェイドより上に行くことはないです。
となれば、レブロンは二番手になります。それを受け入れられるかどうか。
ただ、わたしはレブロンとウェイドって絶対に合わないと思います。
北京オリンピックを引き合いに出す方もいらっしゃいますが、短期間の国際試合は参考になりません。
あの期間だけ目立つのを抑えるのと、NBAのシーズンを通して二番手に甘んじるのでは意味合いが違います。
ましてやアメリカの選手は総じて国際試合よりNBAを重視します。
国際試合で目立たないことに我慢できても、NBAで次点に甘んじることを受け入れられる性格じゃないと思うんですよね。特にレブロンは。
それに計算上ではボッシュも合わせて三人で70~85点は取れることになりますが、こんなことになるわけがない。周りの選手は飾りかい。
となれば、一人もしくは二人が著しく数字を落とすことになります。それを受け入れられるか、ですね。
ウェイド22点、レブロン18点、ボッシュ15点くらい。
ボッシュは受け入れそうですが。
これくらいにならないと、他の選手が二桁得点をする隙間すらなくなります。
ウェイドとレブロンが揃って30点近くを狙っていたら、そんなチーム、勝てません。
ボストンのbig3が上手く行ったのは、三人共が持ちたがりでも打ちたがりでもなかったから。特にアレンとガーネットは。
ウェイドとレブロン? 上手くいくのが想像できません。
レギュラーシーズン57勝以上、カンファレンスファイナル進出の常連にはなりそうですけどね。
きっと(スーパースター四人が揃った)04レイカーズのように、ラリー・ブラウンに粉砕されるでしょう。
ボブキャッツも年々チーム力あげてきてますし。


ブルズだったらローズ次第。
ブーザーやノアとはあうと思うので、ローズが一歩引けば上手くいく可能性があります。
ローズが15点くらいで我慢できれば。
でも、ローズもそんなタマじゃないと思うんですよね~
それにいくつかのニュースで言われてますが、ブルズに行けばジョーダンの影にレブロンは絶対に勝てません。
それを受け入れられないのでは?とも言われているので、ブルズ行きは意外と支持されていません。


ニックスは経済効果や、レブロン自身の収入を考えれば非常に大きなところ。
ただ、アマレとはいまいち上手く行きそうな感じがしません。これは先日のブログに書きました。
多くの選手がニックス行きを予想しているようですが、わたしはいまいち可能性が低い気がしますねー
ちなみにマジソン・スクェア・ガーデン社(実質ニックスのオーナー、ドラン氏の会社)の株価が急上昇中だそうです。
株式市場はレブロン、ニックス行きを予想?


そしてネッツ。
…なんとなく、ない気がします。
ウェイド&ボッシュができてしまった以上、ロペスとのコンビで(短期で)それを上回ることは不可能。
キャブスに次いで、自分が英雄になれるチームですが、優勝には一番遠い気がします。
マーケット的にはニックス並みに美味しいチームですけどねー


とまあ、読めないんですが、一番盛り上がりに欠ける残留をあえて予想致します!
有力と言われているチームは以上ですが、これで(一応、名乗りをあげてる)ダークホースのマーベリックスに行ったらビックリ仰天ですね。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


ウェイド&ボッシュはヒート、ブーザーはブルズ

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

7月10(土)は焼肉パーティー開催!

詳細は3日のブログ(アメブロ)をご参照ください!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


一気に決まりました。

ウェイドとボッシュはヒートへ。
ボッシュを取ったと言うことはヒートはハスレムは諦めるんでしょうか。
残留に結構力を入れてたと思うんですが…
なんとなくヒートにシャックも出戻ってくる気がする…
ウェイド&ボッシュは、レブロン&ボッシュより機能すると思います。
ジャーメイン、ハスレム、ジョエル・アンソニーとも上手く共存してましたしね。
レブロンはインサイドの選手と上手く共存してたイメージがありません。ヒクソンとは良かったですけど、ボッシュをヒクソンと同列の使い方をするわけにはいかないでしょう。
ボッシュはサイン&トレードになるようなので、ヒートからは誰が出ていきますかね?
噂ではチャーマースとビーズリー他数名のようですが…
この交換要員も注目です。


ブーザーがブルズへ。
ちょっとビックリしました。
これもサイン&トレードを模索中のようです。
で、ブーザーはレブロンを熱心に勧誘中とのこと。
ブーザーのようなタイプはレブロンとは相性良さそうな気がします。レブロンのルーキーシーズンはチームメイトですし。
また、ノアもレブロンとは合いそうです。
ただ、ローズとレブロンって絶対に合わないと思いますよ。
自分でボールを保持するスラッシャータイプを二人同時にコートに立たせてどうする。
ローズの得点が三割は下がりそう。
ローズ&ブーザー&ノアで十分良いチームですよ。サポーティングメンバーを充実させれば優勝も狙えます。
ローズが脇役になっても良いって言うのならいいですが、そういうタイプでもないでしょう。
なお、ブルズはレブロンを獲得できるキャップスペースは維持しています。


大物たちの移籍が続々と発表された影でひっそりとデュラントはサンダーと契約延長。
今回のチームの躍進を考えれば、わざわざ出ていく必要もないでしょう。
妥当だと思います。


いよいよレブロンは明日発表ですねー


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


レブロンの行き先は木曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

7月10(土)は焼肉パーティー開催!

詳細は3日のブログ(アメブロ)をご参照ください!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


レブロンの行き先は木曜日(日本時間金曜日)のESPNの生番組で発表される模様ですね。
木曜日はFAの契約解禁日ですから、その日に契約して発表する流れなのかも。
本人の心の中ではもう行き先は決まってるのかもしれませんね。

ニックスはレブロンを切望しており、アマレを取ったのはその布石とも考えられます。
しかし、わたしは逆にアマレを取った以上、レブロンは止めた方が…と思います。
わたしはレブロンは、レブロンとその他、の方がチームとして機能すると思います。
2007年のファイナルへ進出した時のように。
シャック、ジェイミソンがいても、プレースタイルが変わらなかったレブロンですから、アマレとチームメイトになったところで効果的に機能するかは疑問。
まあ、コーチのせいでもありましたが…
アマレを、レブロンがドライブして無理だった時のフォロー要員にするのはもったいない。
ニックスはアマレを活かせるPG(FAに限らず)を取って、そのラインを軸にするか、思い切ってボッシュを狙ってインサイドをガッチリ固める方が良いと思います。
まあ、その場合でも良いPG必須ですけど…
デュホンはどうやらマジックに行くみたいですし、マジでガードがいません。
レブロンだウェイドだと意識がそっちにいきすぎるとチームバランスが大変な事になりそうな気がします。
…もちろん、レブロンかウェイドが取れたら、そのようなチーム作りをしなければいけないので、今からPG探しに力を入れるわけにはいかないでしょうが。

マーブリーが帰ってきて、マーブリー、レブロン、アマレ、とカオスなことをちょっと想像しました。

まあ、ウォルシュがマーブリーを取るわけないですけどねー

実はレブロンよりボッシュの方が気になる今日この頃です。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


アマレはニックスで決まり?

大物の移籍第一弾は、アマレのニックス行きで決まりそうですね。
これまでもジョー・ジョンソン、ノヴィツキーが残留することが決まっており、大物の動向決定一番ではないのですが、移籍は初ですね。
まだ本決まりではないようですが、複数のメディアが報じているのでほぼ間違いないでしょう。
また、アマレの獲得によってレブロンかウェイドの獲得に、ニックスが有利になったとの見方もあります。
アマレはレブロンの説得に自信を見せているようですし。

こうなるとリーは不要になってきますね。
ニューヨークではそれなりに人気者ですが、長年ニックスを応援してきている人たちからは、数字だけは稼いでいる、クランチタイムでもクラッチタイムでも弱すぎるなど散々批判されている選手です。
アマレを取った以上、放出は濃厚でしょうね。

まだどうなるか、を論じるには早すぎるのですが、ダントーニの下でプレーしていたアマレですからシステムに順応するのに時間はかからないでしょう。
ただ、有能なポイントガードが必要になる気がします。
まあ、ガード陣は二年目のダグラス以外は誰も残ってないので、やりたい放題でしょう。
ダグラスもちょっと見た感じなかなかの選手でしたし。
あとはカリーもなんとかしたいところでしょうね。

しかしまあ、ここに合わせてきたニックスは見事ですね。
ビックリするくらい選手が残ってません。
何人かと再契約や契約延長はするでしょうけど…
まあ、ウォルシュ体制になってから、かなり露骨にここに照準を合わせてきてましたからねー
あと一人くらいは取れないと割に合わないでしょう。
それにしてもここまでやっておいて、期待の星ガリナーリとチャンドラーはしっかりと残しているところはさすが。
切るべき所は切って、残すべき所は残してますね。
…カリー以外は。


※このブログを書いてる最中にNBAのオフィシャルサイトにも掲載されました。
 どうやら本決まりですね。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。