バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NBA開幕戦ヒートVSマーベリックス感想とWOWOW

優勝セレモニーがあった後のマーベリックスは精彩を思いっきり欠いていましたね。
最終的な点差は大きくないですが、実質40点差のついた試合でした。

マーベリックスが精彩を欠いたのは間違いありませんが、同時にヒートは良いプレーを随所に見せていました。
レギュラーシーズンではキングのレブロンが得点にアシストに大活躍。
このプレーをファイナルでやってこそ真のキング。
今のままではただのレギュラーシーズン番長です。
それでは真の意味で認められることはないでしょう。

マーベリックスは新メンバーとのケミストリーも上手くいってない部分が随所に見られましたね。
オドムはまずまずでしたが、カーターは空気でした。ま、出場時間も短かったですけど。
ウェストは若干暴走気味…ですが、バレアの代わりだと思えばちょうど良いのでしょうか。
課題が多く見えた試合だと思います。


さて、初めてWOWOWでNBAを観戦しました。
そして、わたしは日本語放送を受け付けないことを再認識しました。
その場その場のプレーはそっちのけで雑談に興じたり、笛が鳴ってもすぐに何が起こったか理解できなかったり…
「ボールのないところでのファールですかねー」
「○○のファールでしょうか」
審判のジェスチャー見りゃわかるだろうが、ディフェンシブ3セカンドヴァイオレーションってアナウンスあったろうが、とツッコミを入れずにはおれませんでした。
また、タイムアウトやクォーターの合間にハイライトやいろいろな紹介を入れるのもウザイ。
CMがないので仕方ないのかもしれませんが、タイムアウトは観客(視聴者)にとっても小休止時間。いろいろ詰め込まんでいい。無言でショーを流してくれてた方が、わたしとしては嬉しい。
ハイライト等はハーフタイムだけでいいです。
これでシーズン通して観にゃならんの?と半泣きで正式契約する気をガシガシ削がれたのですが、今日になって副音声で現地音声にできることがわかって一安心。

英語がわからなくても現地音声の方が今、コート上で何が起こったのか、誰がシュートを決めたのか、誰がスティールして、リバウンドを取って、って言うのがすぐにわかります。
バスケ用語と選手の名前さえ知っていれば、問題ないですから。
何を言ってるのかはもちろん、わたしはほとんどわかってません。
ですが、プレーが動いている時はプレーの解説や状況説明にほぼ専念して、雑談や豆知識はフリースローやインボールの待ち時間にしていることは、ニュアンスでだいたいわかります。

残念ながら日本バスケはプレーだけでなく放送までまだまだ後進国だと実感しました。
仲間内で談笑したり知識をひけらかしながら観戦してるような会話の放送はいらん。
居酒屋で酒飲みながら野球観戦して騒いでる親父どもじゃないんだから。

これが好き、わかりやすいから気に入ってる、と言う人には大変申し訳ないです。
が、わたしは到底受け入れられませんでした。
現地音声があって心の底から安堵しました。
スポンサーサイト

WOWOW無料体験

そう言えば、WOWOWには15日の無料体験があることを思い出し、早速申し込みました。
テレビを買った時に利用済みだった気もしたので確認を取ったのですが、まだご利用になってませんとのことだったのでラッキー!
これで一月第一週までは無料でNBAが観られます。
で、WOWOWは申し込み月の翌月から料金が発生するので、一月に入ってから申し込めば料金は二月からで済みます。これもラッキー。
最初しか使えないラッキーパターンですね。

NBAしか観る気はないので、シーズンが終わったら解約し、来シーズンが始まったらまた再契約します。
でも、無料体験は一回きりなので来年はこの手は使えない。当たり前ですが。

とりあえず、今シーズンはちょっとラッキーです。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


やっと開幕

WOWOWが週に5試合程度放送してくれると言うことで、リーグパスが無くなってしまった影響も最小限に抑えられそうです。
とは言え、レギュラーシーズンを週に5回、欠かさず観ると言うことはあまりないでしょうが(^-^;)
リーグパスもプレーオフの試合が多く観られることに価値を感じていたわけで、レギュラーシーズンはそこまで…
ましてや、今年は例年ほどテンション上がってませんし。

なので、1月くらいまでは週に5回、でも徐々に減っていくのは勘弁なのです。
プレーオフから確実に週5回放送してくれたら嬉しいのですよー

まだ契約はしてませんが、今シーズンはWOWOWでNBAを観戦することにしましょう。

で、WOWOWのHPを観てたらシーズンの予想が掲載されていました。
ほとんどの方がヒートの優勝を予想していますね。
ここでわたしも予想を。

とりあえず願望も込めてヒートの優勝はなし。
ケミストリーは向上するでしょう。
でも、問題として露呈したPGとCが全く改善されてません。
ビビーはあまりフィットしてなかったですが、それでも彼ですらいなくなったのはきつい。
チャーマースのような不安定な選手に任せるの?
で、Cはイルガウスカスが引退。代わりに獲得したのが…カリー?
この期に及んでカリーに期待するのは恐ろしいほどの楽観でしょう。
まともにプレーできるかどうかも疑わしいですし、プレーできたとしても彼はブラックホールですよ。
レブロンやウェイドがボールを回したら最後、彼らにボールが戻ることはありません。
どんなに楽観的に考えても彼らと相性が良いとは思えない。
まあ、グリズリーズのザック・ランドルフのようにブラックホールから一皮むけて良い選手になる可能性もありますが、カリーにランドルフほどの能力はない。
結局、Cはアンソニー一人状態になると予想。ボッシュかハスレムが代役をすることになるでしょう。
そうなるとレギュラーシーズンは勝てても、プレーオフを勝ち抜くことはかなり厳しいと予想します。

チャンピオン・マーベリックスもまた、チャンドラーが抜けてインサイドが手薄になった状態。
オドムが加入したとは言え、チャンドラーのディフェンスを失ったのは相当の痛手。
オドムはリバウンドも取れますが、チャンドラーのリバウンドとはちょっと質が違う。ヘイウッドの負担が大きくなり、彼がケガ等で離脱したらインサイドはスカスカです。
もっとも、オドムにはチャンドラーにはないオールラウンド性があるので、良い方に転ぶ可能性も十分にあります。
バレア、スティーブンソン、バトラーが抜けたのも大きいです。
特にスティーブンソンが地味に痛い。彼のような選手は希少性が高いですから…
代わりに入ったカーターがどこまで働けるか、これも鍵を握ります。
マーベリックスはチャンピオンにしては変化が多かったので、どう変わるのか未知数だと思います。
主軸のモチベーションによっても大きく変わると思うので、マーベリックスはどうなるか本当にわかりません。
残ったメンバー、特にノヴィツキーがジョーダン、オラジュワン、シャック、ダンカンのように王者の風格が漂う選手に変貌すればどんな相手も倒せるでしょう。
逆に優勝したことによってモチベーションが低下したら、プレーオフ初戦敗退もあり得ます。
いろいろな意味で興味深いチームになるでしょう。

対抗としてはブルズ、サンダーでしょうか。

ブルズはローズの成長、ハミルトンがどれだけフィットするか、ブーザーの復調、などが鍵を握るでしょう。
しかし、まだ優勝には一歩足りない気がします。
なにが、と言われると説明に苦しむのですが、まだなんとなく。

サンダーはハーデンやイバカの成長が鍵を握るでしょう。
デュラントやウェストブロックは昨シーズンの調子を維持すれば十分だと思います。
いや、ウェストブロックはもう少し突撃を押さえた方がいいか?
後は周りです。

レイカーズはオドムが抜けた&ガソルがトレード騒動でやる気を無くしてそう&ワールドピース(アーテスト)の奇行に拍車がかかりそう、でコービーがワンマンチームだった頃のように爆発しそうな気がします。
良いところまで行くと思いますが、優勝はない気がします。


…あれ? 本命がいない…

まあ、かなり予想が困難なシーズンであると思います。
故にどのチームが浮上してもおかしくない。
スパーズにもまだまだチャンスがあると思いますし、クリッパーズもわからない。
マジックやセルティックスも十分な戦力を保有していると思います。
名前だけなら十分な戦力を持ってるニックスはわたし的には論外。あのメンツではPGが鍵を握るのにそれが不在。その上、カーメロが(気分が乗った時だけ)PGをやる方針のようです。
そんなの上手くいくわけがない。せいぜい、プレーオフ進出で終わるでしょう。優勝は99.99%ない。

短縮シーズンではあるものの、スケジュールがものすごい過密なのでベテランを多く抱えているチームには辛いかも知れません。
ただ、キャンプやプレシーズンがあまりにも短かったので、この点では若手に不利。調整はベテランの方が上手でしょうから。
正直、全然わからないと言うのが本音なのですが、無理矢理、願望も込めて予想しましょう。

本命 マーベリックス
対抗 ブルズ
ダークホース サンダー/クリッパーズ/グリズリーズ

上で全く触れなかったグリズリーズをダークホースに挙げたのは昨シーズンの実績から期待を込めて。
心の中ではヒートは対抗なのですが、名前を挙げたくないので除外。
ヒートファンには申し訳ないですが、big3が崩壊するまでわたしがヒートのことを良く書くことは絶対にないので、精神的苦痛を避ける意味でこのブログは見ないことをお勧めします。


混戦になりそう、と言うことは楽しめるシーズンになりそう、と言うことです。
ロックアウトで下がったテンションを引き上げてくれるシーズンになることを期待します。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


CP3移籍詳細

トレードの詳細は、

ホーネッツ → クリッパーズ

 クリス・ポール
 2015年のドラフト2巡目指名権×2


クリッパーズ → ホーネッツ

 エリック・ゴードン
 クリス・ケイマン
 アル-ファルーク・アミヌー
 2012年のドラフト1巡目指名権(ミネソタの指名権)


なお、ポールは来オフにプレイヤーズオプションを行使して完全FAになる権利を持っていましたが、それを行使しないことがトレードの条件に入っているようです。
また、ビラップスがこれによって引退するのでは?と個人的に懸念していたのですが、デルネグロHCを会談し、練習に参加することに合意したようです。
これでクリッパーズは強力な、しかしタイプの違うPGを二人手に入れることができました。
ビラップスの起用法が気になって仕方ないのですが、セカンドユニットにビラップス、時にはSGとしてポールとバックコートコンビを組む、と言うのはなかなかの脅威かもしれません。
ゴードンがいなくなったってことは、こういう起用が有りになるんですよね。
あとはグリフィンやバトラーが、いかに二人についていくか。
また、ジョーダンのような若きセンターがいかにこの二人に使われるか。
HCの手腕によっては台風の目になるかもしれませんね。
そのためにはビラップスを上手く使って欲しいですね。
ビラップスを腐らせるような使い方しかできないようでは、チームを強くすることはできないでしょう。
ポールは放っておいても活躍します。でも、それだけではプレーオフを勝ち抜くことはできません。

後はセカンドユニットをもう少し充実させないといけませんね。
モーは多分、放出するでしょうし…
で、ベンチがフォイ、ゴメス、クックなど。
ちょっと…いや、かなり物足りないですね。
せっかくCP3を獲得したんですから、優勝を目指して欲しいところ。
で、それならビラップスが元気な内の方が現実味がありそう。
となると、モーをアムネスティで放出し、特にインサイドのバックアップを充実させた方がいい気がしますね。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


ポールの移籍確定

ポールの移籍が確定しました。

ホーネッツ → クリッパーズ

 クリス・ポール


クリッパーズ → ホーネッツ

 エリック・ゴードン
 クリス・ケイマン
 他


詳細、感想は後ほど。
ビラップスが可哀相になってきた…

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


意外と動くマーベリックスとクリッパーズの話題を少し

NBAのチャンピオンチームってあまりチームをいじらないものだと思うんですが、マーベリックスは意外と動いてますね。
バトラーとチャンドラーが完全FAで、引き留めがやや困難だったからでもあるんでしょうが。

現在だけで、

バトラー → クリッパーズへFA移籍
チャンドラー → ニックスへサイン&トレード(戦力的な見返りはほぼなし)
バレア → ウルブズへ行くっぽい(FA移籍)

優勝メンバーのスターター二人&ケガをしていただけで主力には違いない男、三人が移籍
さらに、

ロックアウト前にブレイザーズから獲得したフェルナンデスを、ブリュワーとセットでナゲッツに放出。見返りはドラフト2巡目指名権のみ。

で、その代わりに、

オドムをレイカーズからトレードエクセプションで獲得
カーターをアムネスティによるウェイバー公示が終わった後FAとして獲得


また、地味に、

カーディナルと契約延長


ハワード獲得のためにチャンドラーを本気で引き留めなかった、との噂もありますが、どう考えても本気で獲りにいってるようには見えないですね。
バトラーの代わりにカーター、チャンドラーの代わりにオドム、と思えば連覇を狙えないわけではない布陣です。
バレアの代わりになるパックアップPGと、インサイドで体を張れる仕事人(点やリバウンドはそれなりでいいので、スクリーンやボックスアウトなどが上手い選手)が欲しいところでしょうか。
バレアの代わりはボーボワに期待しているのかもしれません。
インサイドもマヒンミがさらに成長すればそこまで手薄でもないか?

マーベリックスの場合、お友達チームとは違うので、ノヴィツキーを援護できる選手がどれだけいるか、が全てでしょうね。
で、ノヴィツキーが昨プレーオフのような活躍ができれば、連覇も夢ではない。それだけの戦力を維持できてると思います。
ノヴィツキーが一シーズンの夢、みたいな状態になってしまったら周りがどれだけ充実しても無駄な気がします。
全てはノヴィツキー次第でしょう。


で、気になるビラップスの行き先ですが、クリッパーズがまさかのウェイバー公示中に手を挙げましたね。
ウェイバー公示中だとでかい契約をそのまま引き継がないといけないんですが。
おまけにビラップスは弱小チームが自分を獲得したら引退する、とか言ってましたが。
で、アムネスティでウェイバー公示された選手を獲得すると、一年間はその選手は絶対にトレードできないんですが。
クリッパーズはそこまでしてビラップスが欲しかったんでしょうか…

とは言え、それほど悪くない戦力が整いましたね。
ビラップス・ゴードン・バトラー・グリフィン・ジョーダン
スターターはむしろ充実してます。
ビラップスがへそを曲げるほどではないかもしれません。
ただ、クリッパーズの場合はオーナーがオーナーなので、どこまで本気で強くなろうとしているのかが疑わしい…
おまけにまだまだくすぶるポール獲得の噂。
ポールはゴードンがいれば行きたい、でもホーネッツ側(実質NBA)はゴードンが交換要員に入らなきゃダメ、と話がもつれてる模様。
ポールが入ってしまえばビラップスの出番は激減することが目に見えています。
そうなるとビラップスは引退を決意、クリッパーズは自チームの選手としては一分もプレーしていない、トレードもカットもできない選手にサラリーを支払うことになります。
あのドケチオーナーがそんなこと認めるのか…
クリッパーズ、もう動かない方がいいんでねぇ?
ビラップスに若手を育ててもらった方が有意義だと思います。
もっとも、それで育った若手をタダ同然で放出してきたのがクリッパーズ クォリティー。
最近は変わってきたクリッパーズ、今後の動きも、シーズンもいろんな意味で楽しみなチームになりました。

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


なんかムチャクチャ…

まだ成立してませんし、どこに行くかもハッキリしないのですが、ハワードとポールの移籍は決定的のようですね。
配分率だけが取り沙汰されていましたが、こういう流れ(レブロンに始まったスーパースター一極集中)を抑制することも今回の話し合いの目的で、ロックアウトにまで至っていたんじゃないの?と思います。
最終的に配分率のことばっかりに争点が集まってしまって、もう一つの大きな課題だった戦力の分散については何一つ変わっていないと思います。
この状況(ルール)で最短で6年は行くわけか…
やっぱり、今シーズンは潰してでもじっくり話し合うべきだったのでは。

開幕が決まった直後は、なんだかんだ言いながら楽しみだったのですが、一気に白けました。
これでポール&ハワードが揃ってレイカーズに行くとか、レイカーズでなくても同じチームに集うとかだったら、より一層白けるでしょう。

オーナー側の強硬派筆頭で、一気に株が急落し敵を増やしまくったマイケル・ジョーダンの方が正しかったんじゃないの?とすら思います。
ジョーダンを始めとするスモールマーケットのオーナーたちはこの流れもなんとかしたかったわけですから。

まー、それでもキャブスオーナーのギルバートは昨年に引き続き醜さ全開ですが。もう、こういうキャラになりましたね。


チャンドラーをニックスに放出したマーベリックス。
ハワード獲りの中に入ってるようですから、それを見越してのチャンドラー放出だったのかも。
個人的には今年も優勝を狙って欲しいですが、スーパースターはノヴィツキー一人の正統派(?)路線で、またしてもお友達大集合の安易チームを粉砕して欲しい物です。
ハワードが入ってしまったらもう、お友達集合チームではないものの、素直にマーベリックスは応援できなくなる気がします。わかりませんけど。
現時点で可能性の高いオドム入りまでで止めといて欲しいですね。
幸い、ヘイウッドもいるわけですし、そこまでインサイドの駒が足りてないわけでもないですし。

で、そのチャンドラーを獲得するためにビラップスを放出したニックス。
当然、ビラップスは激怒。
NBAファンの間でもあまりにも扱いがひどい、とビラップスに同情的な意見が広がっています。
ニックスに報復することができて、優勝も狙えるチームを望んでいるそうですが、それだとヒートが最有力候補になりますし、本人も可能性を否定していません。
ビラップスのヒート入りはマジで勘弁。
ヘッポコ3人衆を真のbig3に変貌させてしまいかねない。
おまけにビラップスなら3人がファイナル終盤での体たらくになった時、冷静に自ら点を取りチームを立て直すことができるようになってしまいます。
96年ブルズの記録を更新する勢いになっても不思議じゃありません。マジ勘弁。
わたしはあの3人が一緒にいる間は一度でも優勝して欲しくないので。
でも、ビラップスが入ったら(好きな選手なので)ヒートを思いっきり嫌うこともできなくなる。マジ勘弁。


この他にも動きが大量にあって、把握しきれてません。
とりあえずポールはクリッパーズが有力なようです。バトラーが入りましたし、ゴードンやグリフィンもいるので面白いチームになりそうです。これなら歓迎。
ハワードはクリッパーズに行くことはないでしょう。順当にネッツかな?
ビラップスは…もしかすると彼の決断が今シーズンの優勝を決めるかも。
チーム次第でそこまでの影響力を持つと思ってます。
ニックスはビラップスを放出したことを後悔することになるでしょう。
昨シーズン、ビラップスがいなかったらプレーオフに行けたのかな?
ビラップスがケガをした瞬間、堰を切るようにチームが崩壊してしまったのを忘れてしまっているようです。
GAME1でビラップスが(ケガで)途中退場するまでは勝ちそうな流れだったのに、いなくなったらなんの対処もできなかった。
その後もズルズルと…と言う展開でした。
GAME1でビラップスが最後までプレーできていたら勝っていて、シリーズを勝ち抜けたかどうかは別にしてもっと激戦のシリーズになっていたかもしれません。
残念ながらカーメロやアマレにはそんな力はなかった。
当然、チャンドラーにもない。彼は良いPGに活かされるタイプだから。
ビビーではビラップスの代わりは務まりません。5年前ならわかりませんが。

ビラップスがヒートに行ったら…今シーズンもイーストはヒートで決まりでしょう。
ファイナルは対戦相手との相性次第ですかね。

ビラップス…ヒート行きだけはやめてー

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。