バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GAME1を観て

まず印象として、やっぱりセルティックスはホームでは強いな、ですね。
ただ、レイカーズは明らかに調子が悪かったですし、セルティックスはピアースのカムバックで勢いがついた部分もありました。
それらを考慮して、ボストンで10点しか差がつかなかったのは、レイカーズとしてはよくやったと言えるのではないでしょうか。

他に気になった点は以下の事項です。


・セルティックスのBIG3の調子は上がっているが、脇役の影が薄くなった。

 キャブスやピストンズは、ガーネットやピアースに集中するあまり、ロンド、パーキンス、PJ、デイビスにやられていました。
 ところが、BIG3は軒並み調子を上げているものの、PJと前半のキャセール以外はほとんど目立ってませんでした。
 脇役がもう少し目立ってこないとセルティックスは先に進むにつれて苦しくなるでしょう。


・リバウンド

 昨日の観戦後記にも書きましたが、ガーネットが外からシュートを打って、外れてもパーキンスが取ったり、リバウンドを取られかけてもロンドやレイ・アレンが下からすくってオフェンスリバウンドを取っていたのが、これまでのセルティックスのパターン。
 ところが、昨日はそれがほとんどなく、逆にフィッシャーが上手くコントロールしていました。
 しかし、全体を通すとディフェンスリバウンドをしっかりとキープしたセルティックスの方が圧倒しています。


・ディフェンス

 おそらくセルティックスは、今までで一番攻めあぐねています。
 ボールを回しても回しても誰かがマークについてきているので、明確な戦術のないオフェンスなので良いシュートが打てていません。
 GAME1はピアースの調子があまりにも良かったために振り切ることができました。
 レイカーズもまた、かなり苦しんでいます。
 特にガソルがほとんど機能していないと言ってもいいのではないでしょうか。
 ジャズやスパーズとの対戦の時ほど、上手くボールが回っていません。
 コービーからガソル、ガソルからオドムなどのラインが効果的な威力を発揮していませんでしたね。


・気合い

 ガーネットとピアースからは、ものすごい気合いを感じました。
 それがピアースがケガから復帰後の強さにも繋がったのではないでしょうか。
 レイカーズのどの選手よりも、勝利への意欲を感じます。
 ただ、ガーネットはそれがややいきすぎてる感があります。
 後半、貴重なリバウンドダンクやフリースローを決めたとは言え、ペースは明らかに落ちていました。
 24点中16点が前半のものですし、後半はジャンパーをかなり外していました。
 まあ、ピアースがすごすぎて出る幕がなかったとも言えますが…
 逆にレイカーズは淡々としていましたね。控えの選手たちはややファイナルの雰囲気に飲まれていたようですが。
 これが常に冷静さを保てることに繋がるのか、追いつめられてから焦ってしまうのか、ちょっと気になります。


これくらいですかね~
セルティックスはファーストラウンドやカンファレンスセミファイナルで見せた情けなさが鳴りを潜めているので面白いシリーズになっています。
まあ…ホームでは最初から強かったですが。
ジャクソンHCはGAME1を落としたファイナルではこれまで3勝1敗です。
LA好きさんに紹介していただいたように、ファイナルはGAME1を制したチームがほとんど優勝しています。
ですが、GAME1に負けて優勝した数少ない例の内、ジャクソンHCが3つも占めているところは興味深いですね。



91年はサム・パーキンスに逆転スリーを決められて、ジョーダンのシュートが外れて敗戦。その後4連勝で優勝。

98年はストックトンの活躍の前に敗戦。その後GAME6にジョーダンのラストショットが決まり逆転勝ちで優勝。

2001年はあまりにも簡単に勝ち上がった(無敗)せいか、動きが煩雑だった上にアイバーソンに活躍されて敗戦。その後4連勝で優勝。

2004年はピストンズの強力なディフェンスになすすべなく敗戦。その後もディフェンスの穴を見つけることが出来ずに完敗。



GAME1で負けて4連勝が2回、激戦を繰り広げて優勝が1回、為す術なく敗戦が1回。
一番最近が為す術なく敗戦なのが気になるところですが、巻き返すことの方が多かったジャクソンHC。
どう立て直してくるか、注目です。


スポンサーサイト


コメント

フィルはまだまだ奥の深いHCみたいですね。

ゲーム1で負けても3勝1敗とはお見事です。



これから4連勝してくれないかな~

なんて期待してしまいます。



ジャズとのシリーズでは相手側がフィジカルな

(ファール数もリーグで1、2を争う

 チームだし)

プレーだったので、ガソルはさくさくっと

ボール盗られて、ターン・オーバーが

目立ちましたよね。

でも、ゲーム6では、冷静にロードで勝ちました。

salt lake sity においてはクラウドの影響が

すごく、勝つのが非常に困難といわれている

アリーナなので、あそこで(ゲーム6)

勝利した事は今後の対戦において心理的な強味に

なるんじゃないかと期待してます♪



セルティックスはロードでの敗戦が目立ちますが、

ピストンズ戦ではようやく勝ちをあげましたよね。

なので全く安心はできませんが、2008のシリーズで

レイカーズのホーム敗戦は未だ0。

これは彼らにとって不安の要素でしょうね~。

1つでも勝たれたら、えらいこっちゃ!って

気分でしょう。



ま・・・レイカーズびいきな私の意見ですけど。



あと、プレーオフシリーズ全体のことではなくて

ファイナルだけなんですね。

ゲーム1を制したチームの勝率8割、っていうのは。



こないだレポーターのコメントを聞いた時

勘違いしたみたいです。

















[2008/06/07 22:47] URL | LA好き #79D/WHSg [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。



GAME2で勝てれば、4連勝の可能性は十分にあると思います。

負けると厳しいですね。

確か、ファイナルで2連敗から逆転優勝したのは2006年のヒートだけです。



レイカーズはGAME1で負けても冷静でしたよね。

これがプラスになるか、マイナスになるか、GAME2でわかるのではないでしょうか。

常に冷静な試合運びができてるのか、単に気合いが負けてるだけなのか…



レイカーズがソルトレイクシティーが勝ったのが強みになるのと同じくらい、セルティックスはパレスで勝ったのは大きな自信になってると思います。

パレスも強烈ですからね…

まあ、ピストンズは多分に気合い抜けしてましたけど。



とにかく、GAME2は明日ですね。

注目ですO(≧▽≦)o
[2008/06/08 20:33] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1006-24a71d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。