FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



クリッパーズVSナゲッツ TV観戦レポート

クリッパーズ
 キャセール
 モーブリー
 ロス
 ブランド
 ウィリアムス

ナゲッツ
 ミラー
 スミス
 カーメロ
 ナハラ
 キャンビー

以上のスターターで試合は始まりました。
ケイマンは欠場です。



第1クォーター

 ナゲッツの速攻が良くでます。
 JR.スミスとレジー・エヴァンスの活躍で得点を重ねます。
 クリッパーズはキャセールがカーメロからオフェンスファールを奪った際に倒れ方がおかしかったらしく、ベンチに下がってしまいました。
 第1クォーターは17-28でナゲッツが大きくリードして終了します。


第2クォーター

 ボイキンスやルーキーのディアワラ、エヴァンスの活躍でナゲッツがリードを広げます。
 ディアワラはアメリカ人ですが、言いにくいらしく、アナウンサーが、「ディ・ア・ワ・ラ…?」みたいな感じで発声練習をしていました。
 残り10:15、カーメロの豪快なダンクが決まりますが、手を離すのが少し遅かったため、リングにぶら下がったとしてテクニカルファールを取られます。
 ハッキリ言ってかわいそうでした。手を離すタイミングが早かったら着地に失敗してたと思いますが…
 残り7分を切った辺りからナゲッツのミスが目立ち始めます。クリッパーズはそれをしっかりと活かして差を縮め、32-38と6点差に迫ります。
 さらに残り5:57、ボイキンスからスティールしたシングルトンがリバースダンク! 差は4点に縮まします。
 しかし、残り4:47、ジョー・スミスがゴール下で粘ってカウントワンスロー、7点差に再び広げます。さらに次のオフェンスではナイスムーブでダンクを見せます。
 ナゲッツの勢いは止まりません。残り3:32にはナイスディフェンスからカーメロが速攻でダンク! クリッパーズのダンリービーHCはファールじゃないかと文句を言い、テクニカルファールを取られます。カーメロはそれで得たフリースローもしっかりと決めます。
 クリッパーズはシングルトンが頑張ります。オフェンスリバウンド、スティール、アシスト、そして得点とチームを引っ張ります。
 また、残り30.8秒にはレビングストンが見事なドライブからダンク! 差を縮めます。
 クリッパーズは終盤に巻き返し、前半は49-52と3点差で終了します。



第3クォーター

 まずはナハラのカウントワンスローから始まり、差は6点に広がります。さらにキャンビーがブロック、スティール、そしてカーメロへのアリウープパス! ナゲッツが勢いに乗ります。
 残り8:16、カーメロのミスシュートを、JR.スミスがマゲッティーを超えてフォローアップダンク! 点差は10点に広がります。
 さらに残り6:13、キャンビーがリバウンド。JR.スミスが走っていて、それをミラーが見ていました。ロングパスが通ってダンク! ナゲッツの好プレーが目立ち始めました。
 クリッパーズはここでキャセールを戻します。随分長い時間ベンチに座っていましたが、ケガは大丈夫でしょうか。…と思ったら、ほとんど何もしない内にベンチに戻りました。あまり状態が良くないようです。ベンチどころかロッカーに戻ってしまいました。
 結局、クリッパーズはナゲッツの勢いを止められず、70-87と大差で第3クォーターを終了します。


第4クォーター

 試合は淡々と進んでいきます。
 17点差付近をウロウロとしながら、いまいち盛り上がらないまま時間だけが過ぎていきます。
 最も盛り上がったのがジョー・スミスのミスダンク(届かなかった)と言うのがちょっと情けない。
 そんな調子で最後まで行きました。



最終スコアは88-103でナゲッツの勝利。
クリッパーズは第4クォーターで早々に諦めてしまいました。いくらキャセールが下がってしまったとは言え、諦めるのが早すぎです。観ている方としては不満でした。
ナゲッツは速攻からのダンクがよく出たので、観ていて小気味よかったですね。
カーメロだけでなく、JR.スミス、キャンビー、ミラーなどの見せ場もあり、エヴァンスはリバウンドを量産しました。バランスの良いチームになっていると思います。
クリッパーズはモーブリーとシングルトンは闘志あふれるプレーをしていましたが、他の選手はいまいちでした。



クリッパーズ 88-103 ナゲッツ

クリッパーズ(6勝6敗、4連敗)

 マゲッティー
  22点
  12リバウンド

 ブランド
  16点
   9リバウンド


ナゲッツ(8勝4敗、5連勝)

 カーメロ
  33点
   6アシスト
   4スティール

 JR.スミス
  23点

 キャンビー
   9リバウンド
   6ブロック

 ミラー
  14点(7/9)
  10アシスト

 エヴァンス
  14リバウンド


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんにちは(*^-^*)



今日はナゲッツは勢いに乗ったようですね。

カーメロの張り切っている姿見たかったなぁ

今シーズンカーメロ絶好調ですね。

この好調を維持して、得点王を是非とってほしいと思います。

ウェイドとレブロンと何かと比べられることが多くて実力があるのに

今ひとつ2人から出遅れているカーメロ

今シーズンは是非プレーオフでも勝ち進んでほしいな(*^▽^*)



クリッパーズは早々諦めてしまったんですね(>_<)

バスケは何が起こるかわからない世界

そんな早々諦めずに最後まで頑張ってほしいなぁ
[2006/11/27 17:50] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは♪



今日のナゲッツは観てて楽しかったですね。

アリウープやフォローアップダンクなどの派手なプレーが5~6個あったんじゃないでしょうか。

カーメロはまずはオールスターですよね。

でも、西には良いフォワードが多いですからねぇ…

フォワード登録の選手は、ガーネット、ノヴィツキー、ランドルフ、ブーザー、ブランド、アーテスト、オドム、マリオン、ダンカン、ルイス、バティエ、ストヤコビッチ…

これらのライバルを抑えて選出されるのは大変です。

ある意味、レブロンやウェイドは東にいることで恵まれていると言えなくもないです。

でも、これを乗り越えてこそ真のスーパースターとなれますからね。

頑張って欲しいです。



今日のクリッパーズはおかしかったです。どう考えても諦めるような時間帯じゃないのに、何の対策も取りませんでした。

ダンリービーにしては珍しいことです。

何かあったんでしょうか…
[2006/11/28 00:11] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/102-658ce332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)