FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



竹内譲次 続報

竹内譲次のブログが更新されていました。

ウォリアーズのワークアウトを受けた後、レイカーズ傘下のDリーグのチームからもワークアウトの誘いを受けたようですね。
あのサイズでそこそこ動けて、シュート力やハンドリング力があることで、結構注目されているようです。
最終的な結果まで書かれてませんが、今月下旬には帰国するらしいのでオファーはなかったのでしょうか…

最大の懸念はやっぱりフィジカル面じゃないでしょうか。
これはもう、日本人なら誰でもぶつかる壁だと思います。
ただ、NCAAでプレーしている松井や伊藤を見れば、日本人はハナからどうしようもない、と言うわけではないことはわかるはずです。
日本はフィジカル面を強化するやり方を知らないだけです。
竹内や他のアメリカ挑戦をしている選手たちには、そっち方面の鍛え方を学んできて欲しいです。
高校でさえアメリカで過ごす人から見ると、今時「グラウンド30週!」とかの根性論レベルの鍛え方なんてあり得ないそうです。
あんなの熱中症で倒れるだけ、と嘲笑されたりしてます。
各学校にアシスタントトレーナーと呼ばれる、効率よく各人にあった強化プログラムを組む人がいるそうです。
人間はそれぞれ筋肉の質や付き方が違うので、一律のやり方では意味がないとか。

是非、合理的な鍛え方を学んできて欲しいですね。


スポンサーサイト





コメント

バスケのような激しい接触があって

プレーする人数が少ないから個人能力が

必要とされるスポーツでは、

やっぱり日本人(黄色人種)不利ですよね。

バスケが階級制にでもなったら、

柔道やボクシングの様に

メダルとかも可能だと思います(苦笑)。

一緒にプレーした中での印象からすると、

アフリカン>コケイジアン>中国>韓国>台湾>日本

の順でフィジカルの差がある上に、

そのギャップが大きい(泣)。

中国人なんて細い人でも、全然強かったり、

韓国人•台湾人は軍隊あがりなんかだと

すごい良いシェイプだったり。。。

日本人、もっと魚とか食べて骨太にならないと

だめですかね!?

今後の新世代日本人の遺伝子に期待します。
[2008/07/14 23:49] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



不利ではありますけど、格闘技ほど絶対的ではないと思いますけどね。

とりあえずは技術的にもっと向上しないと…

竹内はまだ若いので、今からアメリカで合理的な鍛え方をすれば相当よくなると思います。



日本人選手たちは、まずはまともなトレーニング法を学ばないといけないでしょうね~
[2008/07/16 00:01] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

ふと思ったんですが、

何故皆イキナリ米国に行くのでしょうか??

段階を踏んで、先ずはアジア、中東、

そしてヨーロッパあたりで

経験を積んでも良いと思うのですが。。。

誰か、米国以外で活躍する日本人選手はいませんか??

中国なんか(観た事ないですが)日本より

ずっとレベルが高いと思うんですが。。
[2008/07/16 00:39] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



なぜ、アメリカか。

答えは簡単です。最も門戸が広いからです。

日本もそうですが、どこの国にも外国人枠が存在します。

その枠が全くないのはアメリカだけです。

ヨーロッパには外国人枠が一チーム2人しかないところもありますし、そうなれば各チームはその枠は即戦力に使います。

いくらNBAほどではないとは言っても、日本人がヨーロッパで即戦力として契約するのはNBA入り以上に不可能です。

また、ヨーロッパは自国語に誇りを持っている所が多く、日本語はもちろんのこと、英語すら通じない場所が多いです。

英語なら片言でなんとか話せても、ドイツ語やフランス語になると単語を理解することすら困難です。こうした言葉の問題もあります。



中国や韓国のリーグはかなり閉鎖的ですし、他にはフィリピンくらいしかプロリーグがありません。

イスラエルやトルコなどには治安上の関係から、平和慣れしている日本人が行くのはいろいろと問題があると思います。



結局は枠がない上に、NBA以外にも多くの独立リーグがあるアメリカが一番挑戦しやすいんです。

その上、そこで目立つことが出来たら世界中の憧れNBAに上がるチャンスも大きいです。

例えばヨーロッパのリーグに入れたとして、そこそこ活躍してもNBAのスカウトの目には留まりません。大活躍すれば別ですけど。

そういう意味では例えABAであっても、アメリカでプレーすることはNBAのスカウトの目に留まりやすいと言えます。



憧れという意味合いももちろん強いでしょうが、入りやすいのが一番の理由ではないでしょうか。
[2008/07/16 18:40] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

そうですか~。

やっぱりサッカーとか野球を見習って、

国内リーグで活躍してから、

アジアレベル

大陸レベル

世界レベル

って活躍の場を広げて欲しいですね、

僕が生きている間に(苦笑)。
[2008/07/16 23:31] URL | ranblo #79D/WHSg [ 編集 ]

ranbloさん、こんにちは。



ただ、日本のレベルが低いことが問題です。

日本のリーグで活躍できても、世界的に通用するようなレベルじゃないところが悲しいところ。

サッカーも最初はそうでしたけど、協会やファンが盛り上げていきましたよね。

バスケはファンはともかく、協会が腐りきっているので、サッカーと同じような伸び方は難しいのではないかと…

悲しい話です。
[2008/07/17 18:36] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1031-316fac84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)