バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカ、世界ランキング2位に転落

今日、ふと日本の世界ランキングが気になって、FIBAのホームページで確認しました。
去年まで日本より下だったイランに抜かれ、案の定後退していたわけですが…
そんなことはどうでも良くなるほど不思議な事を発見しました。

アルゼンチンがアメリカを抜いて世界ランク1位になってるのです。
これは一体???

ついこの前まで2007年の集計で、オリンピック後に2008年の集計に切り替わったようですが、ここ一年はアメリカが大陸予選もオリンピックも制しているのになぜ?
アメリカはポイントが±0で、アルゼンチンだけ150ポイントもプラスされているので1位に浮上したようですね。
なぜ、アルゼンチンだけプラス?

ちなみにこの集計は過去8年の成績の合計となります。

国際大会で、

金メダル 50
銀メダル 40
銅メダル 30
4位 15
5位 14…と一ポイントずつ下がっていきます。

それに大会の規模やレベルに合わせて重要度が乗算されます。

オリンピック・世界選手権 5
U-19、U-21世界選手権 1
アメリカ大陸予選 0.8
アジア大陸予選 0.3
ヨーロッパ大陸予選 1…など。

ですから、オリンピックで銅メダルだったアルゼンチンが30×5で150ポイント加算になることはわかります。
でも、アメリカが±0なのは…?


と、ここまで書いてはたと気づきました。
過去8年の集計なので8年以上前の成績が良くても、現在の成績が悪ければポイントは減っていきます。
要するにアメリカは8年以上前は特に金メダルばかり取っていた時代なので、±0。
8年以上前はメダルに縁のなかったアルゼンチンはポイントが加算されたわけなのですね…

つまり、今年はアメリカ大陸予選とオリンピックを制したにもかかわらず、8年前の成績と変わらないために、8年前は成績が良くなかったのに急激に伸びてきてアテネや2002年の世界選手権を制しているアルゼンチンに抜かれてしまったわけですね。
アメリカは2002年の世界選手権で6位に終わり、アテネと世界バスケで銅メダルですから、この時期のポイント減が今頃効いてきたと言うことなんでしょう。

アメリカが王座奪還!とか盛り上がっていた直後にこのランキングは不思議な感じがします。
これからしばらくは、バスケの世界ランキングはアルゼンチンが1位に君臨することになります。


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1049-840f2825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。