FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



8/20 全試合結果

オリンピック準々決勝



スペイン 72-59 クロアチア

 スペインが序盤に勝負をかけて、後は相手に合わせて流した感じでしょうか。
 圧勝と言うほどではありませんが、危なげない試合です。
 ガソルが20点10リバウンド3ブロックと大活躍。
 カルデロンも調子を取り戻したのか、確率良くシュートを決めています。
 クロアチアはバニック以外が不調で、リバウンドも圧倒されてしまい点が取れませんでした。
 ポポビッチがケガでずっと欠場していたのも響きましたね。



リトアニア 94-68 中国

 リトアニアの完勝ですね。
 ヤシケビシャスが23点6アシスト3スティールと大活躍。他三人が二桁得点をあげて勝利しました。
 中国はヤオとイがそこそこ活躍したものの、他の選手が総崩れ。
 特にガード陣のFG%がズタズタなので、中の選手も思うようにプレーできなかったことでしょう。
 とにかくFG%に差がありすぎるので、これでは勝負にならないです。
 アジアとヨーロッパの差は、まだまだ大きいと言う結果になってしまいました。



アメリカ 116-85 オーストラリア

 第1クォーターはオーストラリアが大健闘。
 スリーを何本か決めてディフェンスを広げたら中に切り込むと、理想的なゲームプランでした。
 しかし、アメリカ相手に自分たちのゲームプラン通りに試合を進めるのは、前半だけで精一杯でした。
 後半は明らかにスタミナが切れていて、周りが見えていないプレーもいくつか見られましたね。
 アメリカはコービーが全開で、レブロン、カーメロ、ボッシュも良かったですね。
 相変わらずフリースローに不安がありますが…

 それにしてもオーストラリアは見事ですね。
 結果的に大敗ですが、自分たちの持ち味をある程度出せての敗北。得たものが多かったと思います。
 これまであまり入らなかったアメリカのスリーが良く入ったこと、ボガッドが負傷退場したことなど不運と不幸もありましたが、それでこの内容は満足していいでしょう。
 フリースローをアメリカに付き合って外しまくったのはマイナスですが…
 オーストラリアはアメリカやヨーロッパとは違う、徹底的に外を攻め、中が空いたらすかさず切り込む独自のスタイルと貫いています。
 オーストラリア人の身体能力や体格では、アメリカやヨーロッパと同じことをやっても勝てないことをいち早く察知して切り替えたのが実を結び始めています。
 身体能力はもちろん、体格でもオーストラリアと比べてさえ劣っているのに、いまだにアメリカンスタイルでバスケをしている日本より10年以上進んだバスケをしていると言えるでしょう。
 日本が最も参考にするべきは、このオーストラリアバスケだと思います。



アルゼンチン 80-78 ギリシャ

 アルゼンチンが大接戦の末、試合を制しました。
 ギリシャは奮闘しましたが、パパルーカス、ディアマンテティス、スパノウリスと中心選手が軒並み抑えられてしまいました。
 代わりにフォトシスが頑張りましたが、ジノビリとデルフィノの活躍の前に沈んでしまいましたね。
 全てにおいてほぼ同じ数字で、リバウンドやアシストではギリシャの方が上回っているんですが、アルゼンチンはブロックが冴えましたね。
 また、アルゼンチンはスリーをより多く決めています。ギリシャはその代わりにフリースローをたくさん決めているので、本当に僅差の内容でした。
 アルゼンチンはアテネの時ほど凄みはありませんが、それでも前回金メダルの意地を見せてきましたね。
 次のアメリカ戦が楽しみです。


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1057-6e35c466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)