FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/18 全試合結果

オリンピック予選 第5試合



Aグループ

イラン 57-91 クロアチア

 やはりアジア勢に世界の壁は大きかったですね。
 中国を除くアジア諸国はまだまだ世界には通用しないと言うことでしょう。
 そんな中、複数のNBAチームが興味を示しているEhadadiは今日も活躍。17点15リバウンド3ブロック。
 国の情勢に左右されず、NBAでプレーする機会を与えられるといいですね。
 クロアチアは4人が二桁得点で、3P%が.588とものすごい数字。
 Aグループ3位で決勝トーナメント進出を決めました。



オーストラリア 106-75 リトアニア

 リトアニアは完全に温存モード。
 ヤシケビシャスもクレイザもあまり出場していません。
 負けましたがAグループ1位で決勝トーナメント進出です。
 オーストラリアは勝たないと予選落ちの可能性もあったので、全開です。
 ボガッドが10/12でスリーも三本決めて23点。
 6人が二桁得点を決めて快勝。
 Aグループ4位で決勝トーナメント進出を決めました。



アルゼンチン 91-79 ロシア

 ヨーロッパ予選を制しながら、ロシアは本戦で1勝しかできず予選敗退です。
 キリレンコが一貫して不調。特にシュートがひどすぎました。今日は23点を取りましたが時既に遅し。
 アルゼンチンはスコラが37点の大活躍。調子がいまいち上がってないノシオニも今日は19点を取りました。
 アルゼンチンはAグループ2位で決勝トーナメント進出です。



Bグループ

ギリシャ 91-77 中国

 前半で勝負はついてしまいました。
 ギリシャはスパノウリスが絶好調。
 ボウロウシスも得点とリバウンドで良い数字をあげました。
 Bグループ3位で決勝トーナメント進出です。
 中国は武器の一つであるスリーが今ひとつ。ヤオ、ワン、イは頑張りましたが及びませんでした。
 中国はBグループ4位で決勝トーナメント進出です。



アンゴラ 50-98 スペイン

 世界バスケでの奮闘ぶりを見た感じ、飛躍が期待されたアンゴラでしたが全敗で終わりました。
 ミンガスを除く全員が思ったようなプレーができず、持ち味を発揮できなかった感があります。
 スペインは高さのないアンゴラを、ガソルが圧倒。31点を上げました。
 ただ、ガードのカルデロンとナバーロが相変わらず不調で、やや不安があります。
 Bグループ2位で決勝トーナメント進出です。



アメリカ 106-57 ドイツ

 ドイツは試合開始時点で予選敗退が決まっていたので、精彩を欠いていました。
 そのため、開始早々のアメリカのものすごいプレッシャーの前にペースを完全に乱して、そのまま試合終了までいってしまった感じでした。
 ドイツのガード陣は世界バスケの時からあまり成長しておらず、ノヴィツキーやケイマンにボールを渡すこともままなりませんでした。
 ドイツは完全なノヴィツキーのワンマンチームで、そこにケイマンが入ったからなんとか世界最終予選の3位に食い込めたと言われていますが、それが露骨に出た大会でしたね。
 今日の試合はノヴィツキーとケイマンが思うようなプレーができないなんてレベルではなく、ボールが渡らないんですからどうしようもありませんでした。
 そんなアメリカ圧勝ムードの中、レッドだけFG 1/9の2点…
 シューターが必要なために彼が入ってるわけですが、それがこれでは今後出番をもらえるかどうかも怪しいですね。
 レブロン、カーメロ、ポール、コービーなど、中国戦やアンゴラ戦では戸惑っていた選手達がどんどん調子を上げている中、一人これではちょっと寂しい思いをする羽目になります。
 とは言え圧勝なのであまり気になってはいません。
 Bグループ1位で決勝トーナメント進出です。


本日の突っ込み

 ポールがスターターの試合があった。
  → ないって。

 NBAとインターナショナルではボールの大きさが違う。
  → 何年前の話をしてるんでしょう。確かにインターナショナルは規定の幅が大きいので、いわゆる7号ボールを使うこともありますが、最近の国際大会はNBAと同じサイズを使ってます。国際試合の方が明らかにボールが大きかったのはアトランタオリンピック辺りまで。実際、世界バスケ前にポールやカーメロなど複数のNBA選手が、ボールの大きさは気にならないとコメントしてます。コービーは今大会前、手触りが違うのが気になるとは言ってましたけど。
    ※これは倉石さんではなく、アナウンサーの間違い。

なお、ボッシュはフリースローが上手いと倉石さんが言ってるのには笑いました。
前と言ってることちゃうやんけ(≧▽≦)!と。
どこかから突っ込みが入ったんでしょうか。


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1059-edfad0b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。