バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギリシャがレブロンを狙ってる

先日、ホークスからジョシュ・チルドレスを獲得し、マイケル・フィンリーやルオール・デングにもオファーを出したギリシャのオリンピコアス。

このオリンピコアスに限らずギリシャのクラブチームが、2010年にフリーエージェントになるレブロンを狙っているそうです。
サラリーキャップの制限のあるNBAでは、レブロンにオファーできる最大値はざっと2000万ドルですが、制限のないギリシャのチームはその気になればその倍を提示することも可能です。
また、チルドレスの例のように生活費や税金もろもろを全てチームが負担し、サラリー全額が手元に残るような契約も可能です。
このような契約の仕方であれば、同額であってもギリシャに行った方が選手はお得なのです。
NBAで生活費まで出してくれる所はありません。そうしようとしたらサラリーキャップに引っかかるでしょう。

いくらNBAの方がレベルが高くて注目度も大きいとは言え、4000万ドルの年俸+生活費と税金を負担するからギリシャに来てくれ、なんて言われたら誰であっても心は揺らぐと思います。

しかし、この流れはいかがなものでしょうかね~
NBAがサラリーの高騰を危惧し、サラリーキャップの他に選手個人のプレー年数に応じた上限を決めたのが仇になってる感じです。
98年のジョーダンは約3800万ドルの年俸でしたが、今ではこの額は制限に引っかかって無理です。
それで、選手がギリシャに流れていく…となるようでは本末転倒ですが、かといってサラリーキャップをなくすわけにもいかず…
リーグは頭が痛いことでしょう。
NBAのチームをヨーロッパに作ると前から言われていますが、打開策はそれを実現するしかないのでしょうか?


スポンサーサイト


コメント

こんにちは(*^▽^*)

ここ2日はもう暑くて(^0^;)



ギリシャがねらっているとは…

でもレブロンはいかないでほしいな

私にとってはNBAがバスケの頂点

やっぱりNBAでプレーしてほしいです。

レブロンは金よりNBAを選ぶと思うけれど…



インターハイも終わりました。

延岡の優勝、ジャーラはすごかった(@_@;)

北陸も健闘しましたね。



インハイも終わり今度はオリンピックかな?

アメリカ頑張れ!!!
[2008/08/03 22:06] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪



猛暑ですね~

でも、当店で一番売れてるのはホットコーヒーです(≧▽≦)



まあ、ギリシャのチームに4000万ドルを提示する経済力があるかどうかは、また別の話ですからね。

理論上の話であって、実際にそれだけの資金を持ってないといけないわけですから、実現は眉唾でしょう。

ただ、チルドレスにあれだけ高額をオファーしたわけですから、あり得ないとも言えないわけで…



優勝は延岡ですか( ̄□ ̄;)!

う~ん…北陸残念。



アメリカは今のところ絶好調ですね~
[2008/08/04 21:39] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1075-c3b7fb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。