FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



10/30 NBAレギュラーシーズン 全試合結果&感想

今日は12試合が行われました。



ラプターズ 95-84 76ers

ラプターズ(1勝0敗)

 ボッシュ
  27点
  11リバウンド

 ジャーメイン
  17点
   8リバウンド


76ers(0勝1敗)

 ダレンバード
  17リバウンド(9オフェンスリバウンド)

 ブランド
  13リバウンド


ラプターズはボッシュとジャーメインのインサイドが機能したようですね。
外の確率が良いのは、その恩恵でしょうか。
逆に76ersはブランドとダレンバードが点を取れてませんね。
リバウンドはものすごいですが、ダレンバードがこれだけオフェンスリバウンドを取っているのは確率が悪かった証でもあります。
実際.345ですし。
インサイドの二人がこれだけ頑張ってるんですから、他の選手はもう少し外を決めないとダメですね。




ホークス 99-85 マジック

ホークス(1勝0敗)

 ジョンソン
  25点
   7アシスト

 スミス
  17点
  10リバウンド
   4スティール
   5ブロック


マジック(0勝1敗)

 ハワード
  22点
  15リバウンド(7オフェンスリバウンド)
   5スティール
   5ブロック

 ピートラス
  20点


プレシーズンで調子の良かったマジック、まさかの開幕戦敗北ですね。
ハワードは相変わらず怪物級の活躍で、新加入のピートラスは良かったですがターコルーとルイスがいまいちでしたね。
ネルソンも本来の実力にはほど遠い数字です。
ホークスはジョンソンが期待通りの得点をあげ、スミスがオールラウンドな活躍をしました。5ブロックはすごいです。
それにホーフォードも渋い活躍をしてますね。ホークスはこのまま順調にいって、昨シーズンがまぐれでないことを示したいところでしょう。



ネッツ 95-85 ウィザーズ

ネッツ(1勝0敗)

 カーター
  21点


ウィザーズ(0勝1敗)

 バトラー
  11リバウンド


ネッツはバランスの良い戦いぶりで勝利しましたね。
ウィザーズはアリーナスとヘイウッドの穴がまともにでました。
リバウンドでは勝っているものの、このシュートの確率はひどいですね。
病み上がりのトーマスにインサイドを任せるのは酷なのでしょうか。



ヒート 115-120 ニックス

ヒート(0勝1敗)

 ウェイド
  26点
   7リバウンド
   9アシスト

 ハスレム
  23点
  10リバウンド

 チャーマース
  17点
   7リバウンド
   8アシスト

 マリオン
  11リバウンド


ニックス(1勝0敗)

 クロフォード
  29点

 ランドルフ
  20点
   9リバウンド

 リー
  16点
  11リバウンド

 チャンドラー
  17点
   9リバウンド


ものすごい点の取り合いはニックスが制しました。さすがダントーニと言ったところでしょうか。
ランドルフが意外とスタイルに合ってるようですね。意外です。
プレシーズンでケガをしたチャンドラーも戻ってきてなかなかの活躍。リーもリチャードソンも良いですね。
マーブリーが出場していないのは何故でしょう…ケガはしてないはずですが。
ヒートは第4クォーターで追い上げましたが、及びませんでした。
ビーズリーがいまいちでした。代わりにチャーマースが活躍しましたが。
ところでバカ二人の片割れ、チャーマースがなぜ出場してるんでしょう…
出場停止はなく、罰金だけでしたっけ…?



ペイサーズ 94-100 ピストンズ

ペイサーズ(0勝1敗)

 グレンジャー
  33点
   3ブロック

 マーフィー
  15リバウンド
   3ブロック


ピストンズ(1勝0敗)

 プリンス
  19点


ペイサーズはグレンジャーとマーフィーの活躍も及びませんでした。
控えも含めて自分の仕事をこなしたピストンズには一部の選手の活躍だけではなかなか勝てませんね。
ダンリービーが帰ってくるともう少し楽になるのでしょうか。
ピストンズはさすがのバランスアタック。
ラシードがやや不調のようですが、これだけまばらに点を取られると相手のディフェンスはたまったものじゃないでしょう。
プレシーズン同様、アマー・ジョンソンがスターターを務めてますね。出場時間が短いながら3ブロックは立派です。かなり成長しているようです。



キングス 96-98 ウルブズ

キングス(0勝1敗)

 サルモンズ
  24点
   8アシスト

 トンプソン
  18点
  10リバウンド

 ハウェーズ
  14リバウンド
   6ブロック


ウルブズ(1勝0敗)

 ジェファーソン
  21点
  10リバウンド

 ブリュワー
   7リバウンド
   3スティール


接戦をものにしたのはウルブズでした。
キングスは最後に決めれば同点または逆転のシュートをことごとく外して悔しい敗北を喫しました。
ウルブズは6分が二桁得点という、なかなかのバランス。リバウンドも7以上取っている選手が3人いますし、アシストも際だって多い選手はいませんがバランス良くばらけています。
今シーズンのウルブズはなかなかやりそうです。



サンズ 103-98 スパーズ

サンズ(1勝0敗)

 アマレ
  22点
   8リバウンド

 シャック
  15点
  13リバウンド

 ナッシュ
  13アシスト


スパーズ(0勝1敗)

 ダンカン
  32点

 パーカー
  32点


昨シーズンのファーストラウンドの再現は、アウェーのサンズに軍配が上がりました。
スパーズはダンカンとパーカーが共に32点と素晴らしい活躍を見せましたが、他の選手が今ひとつ。
と、言うかFGアテンプトが少ないですね。あまりにも二人に偏りすぎではないでしょうか。
なにか、らしくないです。80本のアテンプトの内、二人で45本も占めてるなんて。
逆にサンズはすごいバランスの良さ。
得点もリバウンドも全員で取ったって感じですね。
アマレもナッシュも復帰し、シャックがまだ存在感を発揮していますから、今シーズンも油断できないチームの一つでしょう。



バックス 98-87 サンダー

バックス(1勝1敗)

 ヴィラヌエバ
  20点
  12リバウンド

 ジェファーソン
  20点
   8リバウンド

 レッド
  20点


サンダー(0勝1敗)

 ウィルコックス
  15点
   7リバウンド


バックスは昨日のレッド頼みがウソのように三人が20点を取りました。
特にヴィラヌエバが奮起しましたね。
サンダーはウィルコックス以外、悲惨なことになってますね。



グリズリーズ 71-82 ロケッツ

グリズリーズ(0勝1敗)

 ゲイ
  20点

 アーサー
  15リバウンド

 ガソル
  12リバウンド


ロケッツ(1勝0敗)

 ヤオ
  21点
  10リバウンド

 マグレディー
  16点
   3スティール

 アーテスト
  16点
   3スティール

 スコラ
  13リバウンド


共にひどいFG%ですね。
しかし、よりひどいのはスリーが0/13のグリズリーズ。悲惨です。
グリズリーズはリバウンドで上回りながら、セカンドチャンスを活かせなかったのでしょうか。
ファールが多すぎてフリースローを多く与えていますし、課題が多いチームです。
ロケッツは主力は活躍しているので、他の選手がもう少し奮起して欲しいところですね。



ナゲッツ 94-98 ジャズ

ナゲッツ(0勝1敗)

 アイバーソン
  18点
   8アシスト


ジャズ(1勝0敗)

 ブーザー
  25点
  14リバウンド

 オクァー
  10リバウンド


ブーザーがオリンピックで出番が少なかった鬱憤を晴らすかのようにすごい数字を上げてますね。FG%も高いです。
デロンがいないのに勝てたのは良い傾向だと思います。
但し、ナゲッツもカーメロが出場していません。
夏に飲酒運転で逮捕されたことに対してチームから2試合の出場停止を科せられています。
プレシーズンでリバウンドで大活躍だったアンダーセンが今ひとつでしたね。



ホーネッツ 108-103 ウォリアーズ

ホーネッツ(1勝0敗)

 ウェスト
  24点
   7リバウンド

 ポール
  21点
  11アシスト
   3スティール

 チャンドラー
  16リバウンド
   3ブロック


ウォリアーズ(0勝1敗)

 マゲッティー
  27点
   8リバウンド

 ジャクソン
  26点

 アズブーキー
  17点
   3スティール

 ビエドリンシュ
  12リバウンド

 ハリントン
   7リバウンド
   3スティール


主力が期待通りの活躍をしたホーネッツが勝利しました。
理想的な数字のあげ方ではないでしょうか。
ウォリアーズも負けじと各選手が頑張っていますが及びませんでした。



レイカーズ 117-79 クリッパーズ

TV観戦レポート参照



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1110-d7893796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)