バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/22 NBAプレシーズン 全試合結果&感想

今日は9試合が行われました。



キャブス 91-83 76ers

キャブス

 レブロン
  20点
   8リバウンド
   4スティール


76ers

 ブランド
  13リバウンド

 ミラー
  10アシスト


今日のキャブスはほぼフルメンバーですね。
出場時間もレギュラーシーズン並みです。
それでもモーが今ひとつのような気がします。自分がボールを持って得点するタイプなだけに、あらゆる場面でレブロンが起点になるキャブスにはあわないのでしょうか。
これは獲得当初から言われていたことなので、コーチは何か対策を取らなければならないでしょう。
76ersはダレンバードとマーシャルが欠場した以外、ほぼフルメンバーですね。
ミラー、イグダーラ、ブランドはいいんですが、他の選手が今ひとつです。
チーム全体としてFG%がひどいので、改善するべきところがあるでしょうね。



グリズリーズ 85-102 ヒート

グリズリーズ

 マヨ
  28点

 ガソル
  10リバウンド


ヒート

 ウェイド
  25点

 ハスレム
  13リバウンド

 マリオン
   8リバウンド
   3ブロック


マヨは本当に波がありますね~
コーチは計算しにくいんじゃないでしょうか。
ゲイがなにかの感染症にかかって欠場したようです。後遺症の残る感染症でなければいいですが…
ヒートは主力が活躍しましたね。ただ、プレータイムが長すぎる気もしますが…
ですが、この調子なら昨シーズンのような悲惨なことにはならないでしょう。



セルティックス 101-90 ニックス

セルティックス

 ハウス
  20点

 ポウ
  19点
  12リバウンド


ニックス

 ロビンソン
  25点

 リー
  13リバウンド

 ランドルフ
  11リバウンド


セルティックスは控え中心の布陣で勝ちましたね。
ニックスはプレシーズンずっと好調だったチャンドラーが捻挫してしまい、踏んだり蹴ったりです。
マーブリーを久しぶりにスターターで起用して、チャンピオンとは言えほぼセカンドユニットのチームに大敗+期待の若手がケガとは…真剣に呪われてないか疑ってしまいます。



ペイサーズ 96-101 ホーネッツ

ペイサーズ

 グレンジャー
  20点
   7アシスト

 マーフィー
  10リバウンド


ホーネッツ

 ウェスト
  26点
   3ブロック

 ポール
  23点
  15アシスト
   3スティール


ホーネッツはオールスターコンビが大活躍で勝利しました。
チャンドラーが少し物足りないですが、二人がこれだけ活躍したのならそう気にすることもないでしょう。
ペイサーズはほぼフルメンバーのホーネッツに善戦しましたが、苦しい感は否めないですね。
今シーズンも苦戦を強いられそうです。



ブルズ 109-105 マーベリックス

ブルズ

 ローズ
  30点
   7アシスト

 トーマス
  12リバウンド
   5ブロック


マーベリックス

 ノヴィツキー
  26点
   7リバウンド

 ハワード
  18点
   7リバウンド

 キッド
  11アシスト


ブルズはローズが復帰し、得点にアシストに素晴らしい活躍を見せましたね。
トーマスも相変わらず良い調子です。
第4クォーターでの大逆転勝利なので価値があると思います。
マーベリックスは主力を軒並み20分以上プレーさせつつも、30分以上プレーした選手はおらず、均一にプレーさせたようですね。
プレシーズンを通してグリーンが良い活躍をしています。スタックハウスとやや被ってしまってますが、彼の貢献はチーム力をアップさせるでしょう。



ナゲッツ 105-94 ラプターズ

ナゲッツ

 JR
  22点


ラプターズ

 バルニャーニ
  19点
   7リバウンド
   3ブロック

 カルデロン
  18点
   7アシスト


今日はカーメロがアシストでも貢献してますね。オリンピックではシーズンとは違ってアシストやディフェンスに力を入れている、と一部で言われていましたがその流れで今もプレーできているのでしょうか。
スマッシュ・パーカーが地味ながら、プレシーズンを通して良い活躍をしているので、計算できるベンチ要員になっています。
ダンテ・ジョーンズやアンダーセンも悪くありません。
ですが、あまり上位にいけるような気がしません。プレシーズンでも5勝1敗と調子良いのですが…なぜでしょう?
ラプターズは主力を長時間使いつつも、控えにもそれなりにプレータイムを与えましたね。
バルニャーニとハンプリーズが良い感じだと思います。



ボブキャッツ 98-102 レイカーズ

ボブキャッツ

 ウォレス
  16点
   8リバウンド


レイカーズ

 バイナム
  16点
   8リバウンド
   3ブロック


いまだに勝ち星のないボブキャッツですが、15人の選手を使ったり、ウォレスを控えとして使ったりして試行錯誤しているようですね。
レギュラーシーズンも必ずしも苦戦するとは限らないような気がします。
ラリー・ブラウンですから、何かしてくるかもしれませんね。
レイカーズは勝ち負けよりコービーのケガの方が心配でしょう。右膝を負傷し、第2クォーターで退場してしまいました。
22日(現地時間)に再検査を受けるようですが…
バイナムの活躍は好材料ですね。



Lietuvos 106-126 ウォリアーズ

Lietuvos

 エイドソン
  28点
   9リバウンド
   8アシスト
   3スティール

 ペトラヴィシウス
  22点
   8リバウンド

 ラカウスキス
  20点


ウォリアーズ

 ジャクソン
  28点
   3スティール

 アズブーキー
  15点
   5スティール


Lietuvosの読み方もどこの国のチームなのかもわかりません…
選手たちのややこしい名前(失礼!)を見ると、ギリシャのチームだと推測しますが…
ウォリアーズはスリーこそ倍決められましたが、他のシュートは高確率で決めて勝利しました。
やはり乱打戦では強いです。



サンズ 86-69 クリッパーズ

サンズ

 アマレ
  21点
   7リバウンド

 ディアウ
  10リバウンド
   4スティール

 ドラギッチ
   7リバウンド
   8アシスト
   3スティール


クリッパーズ

 ケイマン
  16点
  12リバウンド


サンズはアマレが初出場し、ベンチからの登場でありながら良い数字を上げましたね。
しかし、多くの主力は欠場したため、勝ちはしたものの昨シーズンまでのサンズからは想像できない得点の低さ、FGアテンプトの少なさですね。
チームは大きく変貌したのかもしれません。
クリッパーズは相変わらずキャンビーとバロン・デイビスが欠場しています。
バロン・デイビスはウォリアーズ時代が奇跡で、ホーネッツ時代に戻った(=まともに出場するシーズンがほとんどない)と揶揄されていますね。
彼の健康はチームの成績を大きく左右すると思うので、しっかりとプレーして欲しいと思いますが…


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1120-3d77cfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。