バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/17 マーベリックスVSニックス TV観戦レポート

会場 マジソン・スクェア・ガーデン(ニューヨーク)


マーベリックス

 キッド
 グリーン
 ハワード
 ノヴィツキー
 ダンピアー


ニックス

 デュホン
 クロフォード
 チャンドラー
 リチャードソン
 ランドルフ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ニックスのオフェンスはかなり形になってきてますね。序盤の何試合かに比べて非常にスムーズです。
 マーベリックスはオフェンスがチグハグで、ノヴィツキーだけが調子よくシュートを決めています。
 ランドルフがやたらと高確率でスリーを決めています。スリー上手かったんですね。システムのおかげかもしれませんが。
 残り3分頃、マーベリックスは味方でリバウンドを取り合ってボールをこぼし、ニックスにボールを渡してしまうと言うミスも犯しました。
 勢いに乗ってるチームとそうでないチームの違いでしょうか。
 終盤、テリーの活躍でややマーベリックスが持ち直しましたが、それでも26-35とニックスがリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 依然流れはニックスです。シュートがよく入りますし、パスが非常にスムーズです。
 逆にマーベリックスは個人個人でプレーしてる感じがあります。
 ランドルフが良いですね。一度ボールを持つと二度と戻ってこないと言うことで「ブラックホール」とまで言われている彼ですが、基本的に早くシュートを打つダントーニスタイルでは気になりません。
 多くの人の予想とは違い、かなりフィットしています。
 ただ、ダントーニスタイルはシュートが入らなくなるともろいです。
 辛抱強くついていっていたマーベリックスがジワジワと点差を縮めていきます。
 最大15点差がついていましたが、ノヴィツキーが前半だけで26点の活躍。それに引っ張られたマーベリックスが57-64と7点差に詰め寄って前半を終了します。
 終了直前にノヴィツキーがスリーを決めましたが、わずかに時間切れ。0.3秒遅かったです。入ってたら前半だけで29点の上に、試合も4点差になっていたのですが。



第3クォーター

 マーベリックスはルースボールへの執着を見せたハッスルプレーで、一気に2点差に迫ります。
 後半のスターターにテリーとシングルトンを出したのが功を奏しています。
 ニックスもチャンドラーとリチャードソンが反撃。再び8点差に広げます。
 さらにディフェンスも良くなってきました。マーベリックスはシュートが決まりません。
 ニックスがシュートを決め、マーベリックスが苦しみながらついていく展開がずっと続いています。
 マーベリックスは決して追いつけないのですが、突き放されもしません。
 そんなマーベリックスは、残り1:30にバレアがスリーを決めてとうとう追いつきます。
 89-91とニックスが2点リードで最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ニックスが常に先行する形は変わりません。ですが、マーベリックスもしぶといですね。
 残り8分台になってから、ニックスが怒濤のスリー攻勢。さらにデュホンが素晴らしいドライブからレイアップを決め、ランドルフもジャンパーを決めて一気に9点差になります。
 ニックスが完全に勢いに乗ったかと思いきや、マーベリックスはハワードが連続得点+ナイスアシストでまたも2点差に。
 ただ、マーベリックスはノヴィツキーのシュートが入らなくなりました。どうも今シーズンは終盤に息切れしますね。
 そのノヴィツキー、残り1:32に非常に難しいジャンパーを決めて再び2点差!
 そして残り38.9秒、テリーがジャンパーを決めて同点!
 次のオフェンス、ニックスは粘って粘って何度もシュートにチャレンジしましたが決めきれない! 残り9.5秒でマーベリックスがリバウンドを押さえて最後のタイムアウトを取ります。
 タイムアウト明け、テリーがジャンパーを放ちましたが外れてオーバータイム!



オーバータイム

 まずはノヴィツキーのフリースローでマーベリックスが先行します。
 さらにノヴィツキーの活躍で一気に8点を連取。この間、ニックスは1点も取れてません。
 結局、ニックスはオーバータイムで2点しか取れず、あっさりと試合は終了しました。



最終スコアは124-114でマーベリックスの勝利。
開始直後の10秒程度に2点リードされただけで、あとは終始リードしていたニックスですが、最後の最後に追いつかれ、オーバータイムで突き放されてしまいました。
ノヴィツキーを後半6点に抑えたのですが、オーバータイムだけで7点取られてしまい、完全に乗せてしまいましたね。
チャンドラーとリチャードソンが必死に追いつかれるのを阻止しようと頑張っていましたが、前半大活躍のランドルフが後半以降7点の大ブレーキでマーベリックスの反撃をかわすことができませんでした。
マーベリックスは前半はノヴィツキー、後半はハワードを中心に苦しんで苦しんでついていき、最後に勝利を物にしました。
オーバータイムのノヴィツキーは圧巻です。MVPを取った頃のようなプレーを久しぶりに見ました。
ニックスは良くも悪くも今シーズンはこの調子でしょうね。
マーブリーを無事手放せて、代わりにユーイングJrと契約し、彼がシステムにフィットするとどうなるかわかりませんが…
マーベリックスはノヴィツキーが後半に失速するのをなんとかしたいところでしょう。



マーベリックス 124-114 ニックス
         OT

マーベリックス(3勝7敗)

 ノヴィツキー
  39点
  15リバウンド

 ハワード
  31点
  14リバウンド
   3ブロック

 テリー
  20点
   4スティール

 シングルトン
  10リバウンド

 キッド
   9アシスト
   4スティール


ニックス(6勝4敗)

 ランドルフ
  27点
  18リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 デュホン
  16点
  12アシスト

 リチャードソン
  17点
   8リバウンド

 リー
  11リバウンド



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1153-2429007b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。