FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



11/8 NBAレギュラーシーズン 全試合結果&感想

今日は13試合が行われました。



ニックス 114-108 ウィザーズ

TV観戦レポート参照



ホーネッツ 89-92 ボブキャッツ

ホーネッツ(3勝2敗)

 ポール
  20点
  10アシスト
   6スティール

 ストヤコビッチ
  20点
   7リバウンド

 チャンドラー
   7リバウンド
   3ブロック


ボブキャッツ(2勝3敗)

 リチャードソン
  20点

 フェルトン
  20点

 オカフォー
  10リバウンド

 ウォレス
   7リバウンド
   4スティール


これは意外…と言ったらボブキャッツに失礼かもしれませんが、驚きました。
ホーネッツはフリースローを与えすぎましたね。
そして、それを31本中2本しか外さなかったボブキャッツはお見事。
フリースローだけだと15点もボブキャッツが上回っています。
いかにフリースローが大事か、ですね。



ラプターズ 92-110 ホークス

ラプターズ(3勝2敗)

 ボッシュ
  26点
   8リバウンド

 カルデロン
  12アシスト


ホークス(4勝0敗)

 ビビー
  19点
  12アシスト

 ジョンソン
  17点
   7リバウンド

 ジョーンズ
   9リバウンド
   3ブロック


ホークスが全勝をキープしましたが、スミスがケガをしてしまい2~4週間の離脱となってしまいました。
エヴァンスやマレーの奮闘が必要になってくるでしょう。
ラプターズはボッシュが相変わらずすごい活躍をしていますが、勝利には結びつきませんでした。



バックス 89-101 セルティックス

バックス(3勝3敗)

 ジェファーソン
  20点

 ヴィラヌエバ
  12リバウンド


セルティックス(5勝1敗)

 ピアース
  18点
  10リバウンド
   7アシスト

 ガーネット
  16点
   9リバウンド

 パーキンス
   8リバウンド
   7ブロック

 ロンド
   8アシスト
   3スティール


セルティックスはレイ・アレンが不調でしたが、他の選手が活躍してさすがの勝利。
パーキンスの7ブロックはすごいですね。
バックスは面子は良いと思うんですけど、パッとしないですね。
76ers同様、チームとして機能してないんですかね~



ペイサーズ 107-111 キャブス

ペイサーズ(1勝3敗)

 グレンジャー
  33点

 ダニエルズ
  17点
  11リバウンド
   7アシスト


キャブス(4勝2敗)

 レブロン
  27点
   9リバウンド
   8アシスト
   4ブロック

 モー
  21点

 ヴァレイジャオ
  18点
   8リバウンド
   3スティール

 イルガウスカス
  17点
   3ブロック


オブライエンHCはフリースローを11本しかもらえなかったことを敗因にあげているようですね。かなり審判に不満があったようです。
ですが、ターンノーバーを24個も犯していたら、審判に文句を言う以前の話だと思うんですが。
キャブスはバランスの良いプレー配分になってますね。
ベンが19分しかプレーせず、0リバウンドなのが気になりますが…



ピストンズ 96-103 ネッツ

ピストンズ(4勝1敗)

 アイバーソン
  24点

 ハミルトン
  22点

 プリンス
  19点
  11リバウンド


ネッツ(2勝2敗)

 ハリス
  38点

 ブーン
  18点
  14リバウンド

 カーター
  18点
   7アシスト


アイバーソンが初登場です。
…ピストンズのユニホーム似合わねー
さすがに噛み合わないのか、チーム全体でひどいFG%ですね。ピストンズの連勝が止まりました。
それに加えてハリスの38点の大活躍。
ピストンズが新しくなったばかりなのを差し引いてもこれはすごいです。
24本もフリースローを得ているところをみると、今日のハリスはファールするしか止める手立てがないくらいすごかったみたいですね。



ヒート 99-83 スパーズ

ヒート(3勝2敗)

 ウェイド
  33点
  10リバウンド
   9アシスト
   3スティール

 ビーズリー
  20点
   8リバウンド

 ハスレム
  15点
  10リバウンド

 マリオン
   7リバウンド
   4スティール


スパーズ(1勝4敗)

 ダンカン
  22点
  11リバウンド


勝敗よりなにより、パーカーがケガをして2週間の離脱となってしまいました。
今のスパーズにとって、今日の敗戦よりも遙かに痛いでしょう。
これでダンカン一人に大きく負担がかかることになります。
メイスンや若手の活躍に期待したいところですね。ちょっと危機的状況になってきました。
ヒートはウェイドが大活躍。ビーズリーとハスレムも素晴らしい活躍です。
マリオンが得点以外でしか活躍していないのが気になりますが…



サンズ 83-100 ブルズ

サンズ(4勝2敗)

 アマレ
  26点
   7リバウンド


ブルズ(3勝3敗)

 ゴードン
  23点

 グッデン
   7リバウンド
   3スティール

 ノア
  14リバウンド

 ハインリック
   5スティール


サンズはシャックを計画的に休ませました。
連戦の時はベテランを休ませると言っていたのを、本当に実践しましたね。
そのためか、チームは敗戦。
ローズやグッデンに高確率でシュートを決められ、リバウンドも圧倒されました。
衰えたとは言え、シャックがいないとこうも違うものなのでしょうか…?



サンダー 97-104 ジャズ

サンダー(1勝4敗)

 グリーン
  22点
   3スティール

 デュラント
  24点


ジャズ(5勝0敗)

 ブーザー
  21点
   9リバウンド

 キリレンコ
  16点
  12リバウンド

 ナイト
  11アシスト
   3スティール


ジャズは開幕5連勝でスローンHCがジャズでの1000勝目をあげました。
すごい事だと思います。単一のチームでの勝利数では前人未踏の数字ですね。
2位が故レッド・アワーバックの795勝(セルティックス)だそうですから、文字通り桁が違います。
勝率もかなり高いですし、本当に名将ですね。
試合はジャズがバランスの良い試合運びをしましたね。
サンダーはグリーンとデュラントの2年目コンビが活躍しましたが及びませんでした。



ウルブズ 109-121 キングス

ウルブズ(1勝4敗)

 ラブ
  20点
   8リバウンド

 テルフィア
  15点
   7アシスト


キングス(2勝4敗)

 マーティン
  26点

 サルモンズ
  23点

 ミラー
  10リバウンド


キングスは前の試合に引き続き、マーティンがチームを引っ張りましたね。
復帰したミラーも二桁リバウンドで良い感じです。
ウルブズはディフェンスをもう少し頑張るべきでしたね。キングスのFG%が高すぎます。
自分たちもそう悪くはないので、相手が良すぎたと言うべきでしょうか。



マーベリックス 105-108 ナゲッツ

マーベリックス(2勝3敗)

 ノヴィツキー
  23点
  10リバウンド

 キッド
  22点
  10リバウンド
   9アシスト

 テリー
  20点
   7アシスト

 バス
  10リバウンド


ナゲッツ(2勝3敗)

 カーメロ
  28点
   8リバウンド

 ネネ
  19点
   7リバウンド

 ビラップス
  15点
   3スティール

 マーティン
   7リバウンド
   4スティール


こちらもビラップスのデビュー戦。勝利で飾りました。
カーメロが解き放たれたかのように高得点をあげましたね。
これでナゲッツは誰をスコアラーにするか、ハッキリとできるんじゃないでしょうか。
バランス良く点を取ってますし、リバウンドも全員で取ってますね。
マーベリックスは三人が20点超、キッドがトリプルダブル級の活躍でしたが及びませんでした。
ファールが多すぎましたね。



グリズリーズ 109-104 ウォリアーズ

グリズリーズ(3勝3敗)

 ゲイ
  23点

 マヨ
  20点
   9リバウンド

 ウォリック
  19点
  10リバウンド

 アーサー
  12リバウンド
   3ブロック


ウォリアーズ(2勝4敗)

 ジャクソン
  27点

 ビエドリンシュ
  23点
  12リバウンド

 アズブーキー
  21点

 ワトソン
   8リバウンド
   8アシスト


控え選手も活躍したグリズリーズと、スターターのみが大活躍のウォリアーズの差が出ましたね。
グリズリーズはウォリックがベンチから出てきてダブルダブルはお見事です。
ウォリアーズは開幕からフリースローの確率が悪いですね。もう少し決めていれば勝てた試合もあったのでは、と思います。



ロケッツ 92-83 クリッパーズ

ロケッツ(4勝2敗)

 アーテスト
  23点
   8リバウンド

 ランドリー
  20点
   9リバウンド

 ヤオ
  16点
   9リバウンド
   5ブロック


クリッパーズ(0勝6敗)

 ケイマン
  23点
  11リバウンド

 バロン・デイビス
  23点
   8アシスト

 キャンビー
  13リバウンド


クリッパーズはとうとう開幕6連敗です。
選手が大幅に入れ替わったとは言え、良い選手を揃えたのにこれは頂けないですね。
ロケッツはマグレディーが絶不調でしたが、他の選手の活躍で勝利しました。
昨日の劇的な敗戦の痛手はなかったようですね。
それにしてもランドリーが調子良いですね~



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1171-f044b176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)