バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/10 マジックVSブレイザーズ TV観戦レポート

会場 ローズガーデン(ポートランド)


マジック

 ネルソン
 ボーガンス
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


ブレイザーズ

 ブレイク
 ロイ
 バトゥム
 オルドリッジ
 オデン

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 最初にペースを掴んだのはマジック。ディフェンスが良く、ブレイザーズにまともなシュートを打たせません。
 ホームの観客がハッパをかける中、オデンがロイのミスシュートのリバウンドをもぎ取り、ハワードの目の前でダンク! 観客は大喜びです。
 それでもなかなか乗り切れないブレイザーズですが、ディフェンスは修正しました。マジックのFG%が落ちてきています。
 しかし、自分たちのシュートが入らなければ追いつくことはできません。辛抱強くついていってますが、決め手に欠けています。
 そんな状態の中、プリズビラがハワードをブロック! その直後にアウトローがカウントワンスローを決め、勢いづきます。
 プリズビラは地味ですが安定感がありますね。コートに立つとチームに安心感が生まれているように見えます。
 オデンは才能では上でしょうが、まだファーストシーズンですからこういう面ではプリズビラの足元にも及びません。
 才能のセンターと経験のセンターを交互に使えるブレイザーズは贅沢ですね。
 終了直前、ロドリゲスからフェルナンデスへのスペインコンビアリウープで2点差に迫りましたが、バティエがブザービーターを決めて4点差で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 双方、ディフェンスが良くてなかなか点が取れません。
 先にペースを掴んだのはブレイザーズ。スティールやブロックからの速攻が決まり始めます。
 ただ、オデンはハワードの相手になってないですね。あっさりとファールトラブルになってます。
 オデンを相手にしていないハワードですが、オデンとの接触でロッカーに下がってしまいました。背中を痛めたようですが、大丈夫でしょうか。
 …と、思ったらすぐに帰ってきました。
 マジックはターコルーが調子を上げてきました。次々とシュートを決めていきます。
 しかし、プリズビラがコートに戻ると再びブレイザーズが差を縮めていき、ブレイクの連続シュートで逆転!
 ターコルーが決め返して再逆転となり、49-48で前半を終了します。



第3クォーター

 前半の守り合いから一変し、点の取り合いで逆転逆転また逆転の展開となります。
 抜け出したのはマジック。ルイス、ネルソン、ターコルーとスリーを連発し、あっという間に8点差をつけます。
 ここからブレイザーズはディフェンスを強化。簡単なシュートを打たせず、辛抱強くシュートを決めて徐々に点差を縮めていきます。
 マジックもインサイドのディフェンスを強化。ブレイザーズは簡単なシュートが打てません。
 マジックはこのクォーター、スリーが6/9と大当たりです。ここぞと言う時に決めているのでブレイザーズにはダメージが大きいですね。
 そのイヤな雰囲気を払拭するようにロドリゲスとオルドリッジのピック&ロールから、豪快なダンク! ブレイザーズ、崩れません。
 マジックも突き放そうと再びスリー攻勢にでますが、本当に辛抱強いブレイザーズが点差を詰め、最大8点差を1点差に戻し81-80で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 いきなりスペインコンビアリウープが炸裂し、ブレイザーズが逆転します。
 さらにロドリゲスのスリーが決まり、ブレイザーズが勢いに乗り始めます。
 フェルナンデスが止まりません。得点にアシストにディフェンスにやりたい放題です。オルドリッジも堅実にシュートを決めています。
 マジックもハワードがゴール下で奮闘し、突き放されるのを防いでいます。
 ブレイザーズがややリードながらも一進一退。大接戦です。
 ここに来てオルドリッジがものすごい確率でシュートを決め始めました。一気にリードが広がっていきます。
 マジックもルイスとターコルーが辛抱強くシュートを決め、点差を二桁にはさせません。
 終盤に差しかかるとロイが大爆発。決められても決められてもことごとく決め返して点差を維持し続けます。
 さらに自分にディフェンスを引きつけ、オルドリッジへのアシストも演出。すごい選手です。
 しかし、マジックも粘りに粘ってルイスがスリーを決め、残り30秒を切って2点差に詰め寄ります。
 さらに次のディフェンスでも24秒ヴァイオレーションを奪い、残り4.0秒、逆転勝ちの望みが出てきました。
 そして残り0.3秒、ターコルーが逆転のスリー! 109-108!
 完全に狙いは外れてましたが、ボードに当たったのが幸いしました。
 もうタイムアウトのないブレイザーズはどうしようもありませんでした。



最終スコアは109-108でマジックの勝利。
ものすごい試合でした。
両チームとも多少点差をつけられても辛抱強くついていき、望みを繋いでいました。
強いチームはこういうチームだと思います。ちょっと離されたらガタガターと崩れたり、逆に安心して雑なプレーになったり、そんなチームは強豪とは言いません。
マジックはスリーを、ブレイザーズはフリースローを、劣勢の時でも辛抱強く決めてしっかりとついていきました。
ブレイザーズは今日のような負け方はダメージが大きいでしょうが、劣勢でも諦めずに粘り強くついていく、今日の試合のような戦い方ができれば成績もついてくるはずです。
若いチームなのに劣勢の時に安易にスリーに頼ったり、雑になったり、早々に諦めたりせずに辛抱して辛抱してフリースローを決めていく様は見事でした。
ロイが一人だけやや確率が悪いですが、他の選手はなんと全員100%です。
そのロイも終盤は一本も外しませんでした。
とにかくディフェンスリバウンドをしっかり取って、相手のセカンドチャンスポイントを防いでいたのも良かったですね。
マジックはスリーの当たり日だったことも幸いしました。特に第3クォーターの確率は異常でした。ここまで決まるか、と言うほど入ってましたから。
第4クォーターの劣勢時も決して諦めず、自分たちのバスケを貫きました。
ハワードはプリズビラに抑えられ気味で不調でしたが、その分他の選手が頑張りました。
今日は両チームともお見事でした。是非、東西それぞれの飛び抜けた二強を脅かし、シーズンもプレーオフも盛り上げて欲しいです。



マジック 109-108 ブレイザーズ

マジック(17勝5敗)

 ルイス
  27点
   9リバウンド

 ターコルー
  24点

 ネルソン
  21点
   3スティール


ブレイザーズ(15勝8敗)

 ロイ
  30点
   9リバウンド

 オルドリッジ
  25点
  13リバウンド

 プリズビラ
  11リバウンド



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1231-c43a9d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。