バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/20 NBA全試合結果&感想

今日は12試合が行われました。



クリッパーズ 117-109 ペイサーズ
        2OT

クリッパーズ(8勝18敗)

 ランドルフ
  34点
  16リバウンド

 ソーントン
  25点
   4スティール

 キャンビー
  20点
  12リバウンド
   3スティール

 バロン・デイビス
  18点
  11アシスト
   3スティール


ペイサーズ(9勝17敗)

 ジャック
  27点
   7アシスト
   3スティール

 ヒバート
  16点
   8リバウンド
   5ブロック

 ネストロビッチ
  16点
   8リバウンド

 フォスター
  11リバウンド


グレンジャー、マーフィー、ダニエルズが風邪で欠場したペイサーズ、ダブルオーバータイムの末、敗れました。
フォードもベンチスタートになっているんですが、調子が悪いんでしょうか。それともケガでしょうか。
クリッパーズはスターター全員を48分以上プレーさせる酷使っぷり。
そこまでしなければならないほど頼りにならないベンチ陣とは思えませんが…



76ers 109-103 ウィザーズ

76ers(12勝14敗)

 ウィリアムス
  26点

 イグダーラ
  18点
   9リバウンド

 ヤング
  18点
   4スティール


ウィザーズ(4勝20敗)

 じぇみそん
  23点
  10リバウンド

 バトラー
  20点
   7リバウンド


ブランドが1ヶ月の離脱となった76ersですが、勝利しました。
ウィザーズは相変わらずジェイミソンとバトラーが活躍するも、チームは勝てず。
これまた相変わらず高確率で相手にシュートを決められてますね。



ウォリアーズ 99-115 ホークス

ウォリアーズ(7勝20敗)

 ベリネーリ
  27点

 ライト
  19点
   8リバウンド

 ビエドリンシュ
  15リバウンド


ホークス(16勝10敗)

 ウィリアムス
  22点
   9リバウンド

 マレー
  20点

 スミス
   7アシスト
   4スティール

 ビビー
   8リバウンド
   7アシスト


5アシスト以上が5人と、ボールを回してチーム一丸となってホークスが勝利しました。
素晴らしいバランスアタックだと思います。
ウォリアーズは全てに置いて及ばず、完敗です。



ブルズ 108-126 セルティックス

ブルズ(12勝14敗)

 デング
  19点
   7リバウンド
   3スティール


セルティックス(25勝2敗)

 パーキンス
  25点
   8リバウンド

 レイ・アレン
  27点

 ガーネット
  17点
   4スティール

 ロンド
  15アシスト
   4スティール


ブルズはディフェンスをしてなかったのだろうかと思うような数字ですね。
ブルズも高確率で決めてはいますが、これだけ好き勝手決められたら台無しです。
ディフェンスレスの試合だったんでしょうか。



マーベリックス 97-121 ネッツ

TV観戦レポート参照



バックス 105-81 ニックス

バックス(12勝16敗)

 レッド
  21点
   3スティール

 モーテ
  16点
   9リバウンド

 ボガッド
  13リバウンド
   3ブロック

 リドナー
   7アシスト
   3スティール


ニックス(11勝15敗)

 ロビンソン
  21点

 リー
  14リバウンド


今日のニューヨークは雪がすごかったらしく、ハリントンが交通渋滞に巻き込まれて遅刻し、スターターから外れました。
その影響かどうかはわかりませんが、ニックスはひどいFG%と、ターンノーバーの多さであえなく撃沈。大敗しました。
バックスは6人が二桁得点。ヴィラヌエバは不調でしたが、問題なかったですね。



ジャズ 120-114 ピストンズ
     2OT

ジャズ(17勝11敗)

 デロン
  29点
   8アシスト

 オクァー
  26点
  12リバウンド

 ミルサップ
  24点
  13リバウンド
   4ブロック


ピストンズ(14勝10敗)

 アイバーソン
  38点
   7アシスト
   3スティール

 ハミルトン
  30点

 プリンス
  17点
   7リバウンド

 ラシード
   8リバウンド
   3スティール
   4ブロック


ピストンズはこういう試合をホームで落としたのは痛いですね。
おそらくファンの脳裏にはMr.BigShotの姿がかすめたことでしょう。ビラップスがいれば…と。
しかし、アイバーソン獲得は成功なら良し、失敗なら契約延長しない、で前を向ける話ですから、いっそのこと負けるなら負けるでハッキリと見えた方がいいのかもしれません。
中途半端に勝ってしまうと、今後の方針にも影響するでしょうし。
それにしてもカリーHCはなぜ、マキシールをここまで使わないんでしょうかね。もったいないです。
ジャズはブーザー不在でもよくやってますね。
ただ、そのブーザーがオフにオプトアウトしてフリーエージェントになると宣言しました。
オーナーがご立腹のようです。どうなりますかね~



レイカーズ 87-89 ヒート

レイカーズ(21勝4敗)

 コービー
  28点

 ガソル
  11リバウンド


ヒート(13勝12敗)

 ウェイド
  35点
   3スティール

 アンソニー
   8リバウンド
   3スティール

 マリオン
  11リバウンド


接戦をヒートがものにしました。
コービーは同点にできるラストショットを外してしまいました。
シャック移籍以後、実はこういう接戦でのラストショットの確率が22%程度と低いのだとか。実はあまり勝負強くない?
もっとも、任される本数も多いですし、当然マークが集中した状態でのシュートになりますから確率は必然的に下がるでしょうけどね。
ジョーダンやレジーもクラッチタイムのシュート全部を決めていたわけじゃないですから。
また、レイカーズはフリースローを半分近く外してしまったのが一つの敗因ですね。
ヒートはよく耐えましたね。
ほとんどの数字で劣ってますが、フリースローだけは上回ったのが良かったですね。



ラプターズ 83-91 サンダー

ラプターズ(10勝16敗)

 ボッシュ
  22点
  16リバウンド(8オフェンスリバウンド)

 カルデロン
   8アシスト
   3スティール


サンダー(3勝24敗)

 デュラント
  24点
   8リバウンド
   3スティール

 ウェストブロック
  19点
   8アシスト

 メイスン
  10リバウンド


ロスターを入れ替えたサンダー、これが功を奏したのかようやく3勝目を上げました。
ラプターズは調子が落ちていく一方ですね。
ボッシュも元気がないようです。



ボブキャッツ 112-83 グリズリーズ

ボブキャッツ(9勝18敗)

 ディアウ
  26点
  10リバウンド

 ウォレス
  22点
   9リバウンド
   4スティール

 オカフォー
  25点
   7リバウンド

 オーガスティン
  10アシスト


グリズリーズ(9勝17敗)

 ゲイ
  17点
   3ブロック


大型トレード以後、なかなか調子のいいボブキャッツが圧勝しました。
ディアウがものすごいですね。
チーム全体で65.8%と、すさまじい確率でシュートを決めているので、なにもかも上手くいった日と言えるでしょう。
逆にグリズリーズはディフェンスが崩壊してしまった日ですね。
相手がシュートを外さないと言うことはリバウンドも発生しないということで、リバウンドでも大差をつけられています。当然、アシストもすごい差です。
こんな日もあると割り切るしかなさそうですね。



キングス 96-107 ロケッツ

キングス(7勝20敗)

 サルモンズ
  26点

 ミラー
  17点
  11リバウンド


ロケッツ(17勝9敗)

 ヤオ
  30点
   3ブロック

 スコラ
  23点
  10リバウンド
   3スティール

 マグレディー
  18点
   8アシスト

 ランドリー
  11リバウンド


アーテストをベンチスタートにしてからチームの調子が良さそうなロケッツ。完勝です。
キングスはウードリッチの波が激しいですね。
時々チームを勝利に導く活躍をしますが、今日のように全く活躍できない日もあります。
もう少し安定すると頼れる選手になるんでしょうが…



キャブス 105-88 ナゲッツ

キャブス(22勝4敗)

 レブロン
  33点
  10リバウンド
   8アシスト

 イルガウスカス
  23点

 ウェスト
  22点


ナゲッツ(17勝9敗)

 アンダーセン
  10リバウンド
   3ブロック


ナゲッツはここまでの完敗はビラップス加入後、初めてではないでしょうか。
FG%とオフェンスリバウンドの数が明暗を分けてますね。
キャブスはイルガウスカスが復帰して、バランスが良くなりました。
密かに勝率がレイカーズを上回っているキャブス。
セルティックスの調子があまりに良いために話題に上ってませんが、相当に調子が良いですね。
モーの加入もあるでしょうが、コーチの変貌が一番の要因ではないでしょうか。
もうポポビッチに試合中に電話で相談していた頃の面影はありません。
これでプレーオフも勝ち抜くことができれば名将と呼ばれるようになるかも? まだ気が早いですね。
ナゲッツはカーメロがたったの29分でファールアウトしたのも痛手でしたね。



■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1256-682d380b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。