バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/26 セルティックスVSレイカーズ TV観戦レポート

会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


セルティックス

 ロンド
 レイ・アレン
 ピアース
 ガーネット
 パーキンス


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 ウォルトン
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 序盤、やや気合いが空回り気味のレイカーズ。セルティックスは淡々と点を取っています。
 コービーのアリウープやバイナムの豪快なダンクに対して、セルティックスは簡単なレイアップで対抗しています。
 レイカーズの方が派手ではありますが、それで得点にプラスαがつくわけではありません。
 セルティックスがやや先行して試合は進んでいきます。
 そんな中、コービーは絶好調。難しいシュートも決めていきます。
 そのおかげで点差は離れずにいます。

 試合前に子供たちに各選手からクリスマスプレゼントが贈られたんですね。
 レイカーズの選手だけでなく、アウェーのセルティックスの選手からも。
 さらに子供たちとツーショットの写真を撮り、パネルに入れてそれぞれの子供たちに渡したりしていました。
 NBAのこういうところは本当に素晴らしいと思います。
 クリスマスは特別ですからプレゼントを渡したりもしていますが、普段からここまでではなくても日常的にボランティアをしています。
 日本のプロスポーツはこうした部分は大いに見習うべきでしょう。

 コービーが好調なレイカーズと、チーム全体で良いプレーをしているセルティックス。
 24-23とほぼ互角で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 先日、ニックス戦の前に交通事故に遭ったグレン・デイビスが出場していますね。大事に至らなかったようで何よりです。
 残り9:19、コービー、アリーザ、ブヤチッチのルースボールに対する素晴らしいハッスルプレーがでました。
 昨シーズンのファイナルでは、レイカーズにこうした気迫がありませんでした。
 一定のレベル以上の試合になれば、勝敗を分けるのはハッスルです。今日はレイカーズの方が上回っているのでしょうか。
 それにしても今日のコービーの確率はすごいですね。残り8分の時点で8/11です。
 セルティックスはロンドとガーネットのコンビで対抗。しかし、ややレイカーズの方に勢いがあります。
 その勢いに乗ってレイカーズはスリー攻勢。さらに連続オフェンスファールなどでいまいち乗れないセルティックスを突き放します。
 45-51とレイカーズがリードして前半を終了します。



第3クォーター

 レイカーズペースで試合は進んでいきます。
 しかし、セルティックスは粘り強くついていき、食らいついています。この粘り強さが怖い。
 そして流れが悪いながらもなんとか点を取り、残り3:34にはピアースのジャンパーで逆転します。
 レイカーズは勢いはあるんですが、無茶打ちが散見されます。
 オドムがベンチから出てくると、スリーを連発。一気に逆転し、さらに点差を再び5点差に戻します。
 セルティックスが少しだけ詰めて67-71で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 セルティックスのディフェンスが激しくなってきました。レイカーズは思うようにボールを回せません。
 その効果でシュートも決まり、ハウスのスリーで再び同点とします。
 しかし、レイカーズもバイナムを中心に反撃。またも勝ち越します。
 試合は一進一退。両者一歩も引きません。
 そんな中、またもアリーザがルースボールに対して素晴らしいセーブを見せます。観客は大喜びです。
 ガーネットはガソルを上手く守ってますね。ガソルの存在感が試合を通じてほとんどありません。
 そして、数は少ないながらも高確率でシュートを決めてチームを引っ張っています。
 レイカーズは勝ってはいるものの、バタバタしている感じが否めず、いつ逆転されて突っ走られてもおかしくないような感じです。
 その抑えられ気味のガソル。コービーからのナイスアシストで、二本立て続けに貴重なシュートを沈めます。
 さらに2点差に迫られた残り1:28、またもコービーからのパスをねじ込みカウントワンスロー! フリースローも決めて5点差!
 ガーネットに抑えられてペースを乱していたガソルの活躍でレイカーズが突き放します。
 さらにレイ・アレンのスリーをガソルがブロック! こぼれ球をアリーザが速攻でダンク! 7点差に広がります。
 これがとどめの一撃となり、試合は終了しました。



最終スコアは83-92でレイカーズの勝利。
点差はそこそこ開いてますが、薄氷の勝利ではないでしょうか。
最後の最後でコービーとガソルのラインが効果的に機能したのが勝因ですが、それ以外は互角の展開だったと思います。
しかし、内容はどうあれ、このホームゲームで負けるようなら、ファイナルで再戦しても勝ち目はないだろうなと思ってましたが、そうでもなさそうです。
前半はコービー、後半はオドムとガソルの活躍により勝つことが出来ました。
また、アリーザのルースボールに対する執着は素晴らしく、あれがチームを盛り上げましたね。
セルティックスはガーネットがあり得ないほど高確率でシュートを決めましたが、バックコート陣が今ひとつ。
レイ・アレンは前半は良かったんですけどね。
ロンドは中に突っ込んではバイナムやガソルに潰されていました。その分、アシストに徹していましたがあまり効果的ではなかったですね。
気になるのが、やはりスターターのプレータイム。
セルティックスのベンチで最長プレータイムはトニー・アレンの16分、後の4人は15分以下です。
対してレイカーズはラドマノビッチこそ1分しか出ていませんが、3人が15分以上出場しています。
こんな調子で大丈夫ですかね…その内、ベテランが一人二人ケガをしそうな気がしますし、ロンドもケガをしやすいプレースタイルです。
最後まで持ちますかねー
セルティックスの連勝は19でストップ。レイカーズのジャクソンHCは通算1000勝をマークしました。なお、史上最速の1000勝達成だそうです。



セルティックス 83-92 レイカーズ

セルティックス(27勝3敗)

 ガーネット
  22点
   9リバウンド

 ピアース
  20点
  10リバウンド

 ロンド
  12アシスト


レイカーズ(24勝5敗)

 コービー
  27点
   9リバウンド

 ガソル
  20点
   3ブロック



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

年末年始営業時間

12月29日……………10:00~17:00
12月30日~1月3日…年末年始休業
1月4日~1月5日……10:00~17:00
1月6日………………定休日

■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話で盛り上がれるお客様をお待ちしています!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

ちょっと遅めのコメントですが^^

最近のレイカーズのDにはかなりハラハラさせられてたんですが、個人的にはこの試合はLAが勝つだろうと思っていました。

店長さんが仰る通り、ある一定のレベルの試合になれば、あとはハッスルが重要なんですよねー。気合が空回りしている部分も確かにあった様な気はしますが、アリーザのハッスルプレーにはチームメートも脱帽でしょう。ブヤチッチのセルツに対する強烈かつ過激なまでの敵対心はちょっとどうか?と思いましたが、ま、これも勝ったからよし。(笑)

気になったのは、ドッグHCとジャクソンHCの選手のローテーション。LAはコービーを前半ずっとプレーしていたのに対して、セルツは通常のローテーションで応えてました。なんというか・・・・
フランチャイズ・レコードに残る連勝を繰り返しているにしても、これはちょっと自信過剰気味だと感じました。あの時点で27-2だったとしても、セルツのセカンドユニットの不甲斐なさは分かっていたはずだと思うんですがねー。スタメンこそセルツの方がレベルが上ですが、あのセカンド陣がコービーを交えたLAのセカンドユニットに敵うととでも思ってたんでしょうか・・。選手を信頼するのもいいことですが、どこか、余裕なんですよねー。ムカつく・・・(笑)ピアースのニヤニヤ顔も受け付けませんし(って関係ないか、笑)

長々と書いてしまいましたが、レイカーズの真価が問われるのは、次のアウェー戦(セルツホーム)ですね。

[2008/12/28 02:45] URL | LA好き #- [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。

アリーザのハッスルは素晴らしかったですよね。
ああいうプレーをしないチームはどんなに能力があっても勝てないです。

敵対心はブヤチッチだけじゃないと思いますよー
クリスマスなのに、みんなグリーンの衣装を避けてたらしいですからね。

リバースHCは基本的に選手の使い方がおかしいですよね。
スターターが非常に能力が高いのと、経験豊富なのが相まって優勝までいきましたけど、彼をコーチとして評価してる人ってエインジGMくらいじゃないですかね~
このおかしな選手起用、スターターにあまりに偏ったコーチングが、そろそろボディーブローのように効いてくるような気がします。

アウェーは前後のスケジュールにもよるんじゃないでしょうか。
確認してないのでなんとも言えませんが、ロード連戦の2試合目だったりすると、そうそう無理して勝ちに行く必要もないでしょうしね。
でも、選手たちは勝ちたいという気持ちは大きいかもしれませんね。
[2008/12/28 16:19] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1266-5e30814f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。