バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/8 ロケッツVSセルティックス TV観戦レポート

会場 TDバンクノースガーデン(ボストン)


ロケッツ

 アルストン
 ウェイファー
 アーテスト
 スコラ
 ヤオ


セルティックス

 ロンド
 レイ・アレン
 ピアース
 ガーネット
 パーキンス


マグレディーは欠場ですね。
以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 開始からアーテストとピアースが激しいです。しかし、プレー以外の激しさに発展しそうで怖い二人ですね。
 そのやり取りでまず狂ったのはロケッツ。シュートが入らず、ミスも出てます。
 ピアースはアーテストとのやり取りに燃えたのか、いきなりスリーを連発です。
 今日はガーネットが好調です。スコラにしろランドリーにしろ、マッチアップの相手が小さいのでやりやすいのでしょう。
 両チームともスリーがよく入ります。より決めているのはセルティックスで、ロケッツは少しターンノーバーが多いので効果が減っています。
 その差がでました。
 22-31で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 セルティックスは70%近い確率でシュートを決めています。こんな確率で最後まで行けるはずがないので、ロケッツは我慢ですね。
 我慢してシュートを決め、ディフェンスも踏ん張っているとセルティックスの確率が落ちてきました。徐々に差が縮まっていきます。
 このところ、あまり調子の良くなかったロケッツのフレッシュベンチコンビ、ブロックスとランドリーは元気ですね。二人の活躍が特に目立っています。
 さらにバリーが絶妙のタイミングでスリーを決め、1点差に迫ります。
 残り1:40、アーテストがスリーを決め、とうとうロケッツが逆転します。
 このクォーターはFG%が逆転していますね。ロケッツはブロックスとランドリーのハッスルプレーが見事です。
 差は少し広がり、52-49で前半を終了します。



第3クォーター

 結局、前半を総合するとロケッツの方がFG%が高くなってますね。
 また、ペイント内の得点、ベンチの得点、全てロケッツが上です。
 ロケッツは相変わらずシュートがものすごい確率で決まってます。第1クォーターのセルティックス同様、こんなペースで最後までいけるわけがない決まり方です。
 それでも点差は5点以内なので、入らなくなると一気に逆転される恐れがあります。
 セルティックスはロケッツの固いディフェンスに阻まれてなかなか点を取れませんが、ピアースが6連続でフリースローを決めて1点差に詰め寄ります。
 さらにピアースのスリーで逆転! ロケッツはシュートが入らなくなってきました。
 タイムアウトを取って崩壊を防ぎましたが、さすがに第2クォーターほどの高確率には戻りません。
 71-74で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ロケッツはヤオを休ませると、かなりのスモールラインナップになりますね。
 リバウンドは取れませんし、ゴール下のシュートも決まりません。
 徐々に差が開いていきます。
 ヤオが戻るとディフェンスは良くなりました。しかし、シュートが入りませんね。
 それでも粘ってヤオとブロックスが奮闘します。少しずつ点を重ね、再び逆転します。
 完全にディフェンス合戦、点がなかなか入りませんが見応えがあります。
 残り3:04、アーテストが6つ目のファールでフィールドアウト。ロケッツやや苦しくなりました。
 それでも試合は一進一退。ガーネットは攻守にわたって良い活躍をしていますが、他の選手がいまいちですね。
 セルティックス1点リードで迎えた残り43.8秒、ウェイファーが貴重なスリーを決め、ロケッツ逆転! 2点リード!
 次のオフェンス、セルティックスは失敗し、残り12.9秒でヤオがショットクロックぎりぎりでフックを決め4点差!
 これが決定打となりました。



最終スコアは89-85でロケッツの勝利。
ロケッツはマグレディーとバティエに加えてヘッドまで欠いて、よく勝てましたね。
インサイドが強力なセルティックスに対して、実質上のインサイドプレイヤーはヤオ一人。
ポジション上はスコラ、ランドリー、ヘイズがいますが、セルティックスのインサイド陣に比べたら明らかにスモールでした。
なぜ、ムトンボを使わなかったのでしょうか…ユニホーム着てましたし、元気そうでしたが。
見事だったのがブロックスとウェイファーの2年目3年目コンビ。苦しい時にスリーを決めていました。
また、ヤオがものすごい確率でシュートを決めたのが良かったですね。
セルティックスはまさか本当に3連敗するとは思いませんでした。
第1クォーターはとんでもない確率で決めていましたが、それ以降は今ひとつ。
レイ・アレンに至ってはいるのかいないのかわからないくらい存在感がありませんでした。
ガーネットも序盤と最終盤は活躍しましたが、中盤が今ひとつでした。
今日はベンチからデイビスが20分以上プレーしていますが、これはパーキンスがヤオ相手に役立たずだった&ファールトラブルだったから。
パーキンスのファールトラブルがなければデイビスも20分以下のプレータイムだったでしょう。
相変わらずスターター酷使です。
ちょっと流れが悪くなるとすぐにガーネットやピアースを戻していました。リバースHCはもう少し我慢を覚えた方がいいです。
結局、中盤以降に著しくペースダウンしたのは、これまでの疲労が蓄積されてるからじゃないですかね。
いくらロケッツ相手とは言え、主力2人+重要なペンチプレイヤー1人を欠いた相手にホームで敗戦するのは深刻です。
ましてやロケッツも3連敗中で、今日はロード連戦の2試合目。精神的にも日程的にもきつい日でした。
さらに、ロンドの攻略法を他チームに研究されてきた感があります。
今日のロケッツはロンドになにもさせませんでした。最後にガーネットからのナイスパスを受けてシュートを決めたくらい。
前の試合でもターンノーバーが9。明らかに他チームはロンドに狙いを定めてきています。
彼にかき回されて、他の選手が得点。外れてもロンドが下からオフェンスリバウンドをかっさらっていくシーンが、昨シーズンのプレーオフではうっとうしいほど見られましたが、今日は皆無に等しかったですね。
このままロンドが仕事をさせてもらえないようですと、セルティックスはズルズルと後退していく可能性もあります。
今日はキャブスが勝ったので、とうとうイースタン首位から陥落しました。



ロケッツ 89-85 セルティックス

ロケッツ(22勝15敗)

 ヤオ
  26点
   8リバウンド

 アーテスト
  17点
   3スティール


セルティックス(29勝8敗)

 ピアース
  26点

 ガーネット
  18点
   8リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

店長さんの読み通りセルティックス見事に負けだしましたね。選手層を厚くする為にニックスのマーブリーを獲得する噂もあるようですがそうなったら更に崩壊しそうな予感...
[2009/01/08 23:38] URL | #JUGsyThY [ 編集 ]

こんにちは。

本当に見事にペースが狂い始めましたね。
予想よりちょっと早いですが、ベテランをあれだけ酷使すれば必然的な流れだと思います。
まだ半分も行ってませんから修正はしてくるでしょうが、その修正にはベンチ陣、特に若手の活躍が不可欠です。
多少、負けがこんでも思い切ってベンチ陣をある程度の時間、プレーさせるべきでしょう。
今日のように、ちょっとでも流れが悪くなったらすぐにスターターをコートに戻しているようでは、スターターは疲労が蓄積しますし、ベンチ陣は育ちません。
昨シーズン優勝できたのは、育てる必要のないベンチプレイヤーが二人(ポージー、PJ)いたからだ、と忘れてはいけないと思います。

そして、ここでマーブリーを獲得したら…
レブロンの望み通り、セルティックスに狂気が持ち込まれることでしょう。
[2009/01/09 00:46] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]

ロケッツは今年はいって白星なし
セルティックスホームだし、まさかロケッツが勝つとは思っていませんでした(>_<)

ウェイファーの3Pやりましたね~~~
セルティックスは昨年のレイカーズ戦でまけてから、緊張の糸が切れたのか
どうも調子が出ませんよね。やはりプレーヤーのプレイタイムを工夫していかないとプレイオフでも息切れしそうですね(^-^)
[2009/01/09 12:35] URL | まゆ #NBQkkuJY [ 編集 ]

まゆさん、こんにちは♪

わたしもいくら調子を崩しているとは言え、ホームでマグレディー抜きのロケッツに負けるとは思いませんでした。

ウェイファーのスリーは本当にすごかったですね。モヒカンパワーでしょうかO(≧▽≦)o

セルティックスがリズムを崩したのはレイカーズに負けてからでしょうが、その後の2~3試合ならともかくここまで長いと言い訳はできませんね。
リバースHCの無策(選手に任せすぎ)が露呈していると思います。
昨シーズンはこういう状況になるとレイ・アレンがまとめていましたし、ポージーがベンチから出てきて喝を入れてましたが…
修正できますかね~
[2009/01/09 22:26] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]

なんと・・・。

セルツのホームでしたか。
最近あまりトラックしたなかったんですが、やはり店長さんがシーズン序盤から仰ってた通り、スターターのプレータイムの異常な長さがとうとう影響してきてる様ですね。ベンチもプレータームさえ与えれば、伸びる人材なんですけどねー。NBAに入っただけでも、傑出した何かがそれぞれにあるはずでしょう。その才能を生かすか殺すかは、まさにHCの腕。ん~。私としては、LAL VS BOSのファイナル再来も面白いと思ってるので、このままライバルとしていい争いをして欲しいんですが。

ま、LALもこれからが勝負なんですけどね。今まではホームでのフレンドリーな試合が多かったわけで。オドム、ウォルトン、ジョーダンが欠場している今、11MAN ROTATIONで回さないといけません。先日セルツを破ったロケッツとも
アウェーで対戦ですから、ショートな状態でどれくらいベンチ郡がステップアップできるかで、ポストシーズンの勝率も決まってきますね・・・・。

は~ まだまだ分からないこれから。。。
[2009/01/10 05:16] URL | LA好き #- [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。

今日も負けてますね。すごい大失速です。
これ以上連敗すると、修正不能なほど歯車が狂うと思います。
今シーズンこそ、ホークスに負けるかもしれませんね。

そして、今日も20分以上プレーしたベンチは0。
キャブスは2人をベンチから20分プレーさせてます。
ヒクソンを出すとリズムがおかしくなることもあるんですが、ブラウンHCは我慢してよく使ってると思います。それが個人の成長やチーム力のアップに繋がると思いますし。
リバースHCは見習わないといけませんね。

レイカーズはパーゴを獲得する噂がありますね。
なんでもロシアのチームが経済事情で、契約金を支払えてないとか。
結局、金でヨーロッパにいった選手たちが、金のためにNBAに大量復帰するのでは?と言われてますね。
う~ん…ビジネスですね。
パーゴが入るとしっかりとしたフィッシャーのバックアップになって良いと思います。

どうなりますかね~
[2009/01/10 22:25] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1292-1233cdcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。