バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/15 レイカーズVSスパーズ TV観戦レポート

会場 AT&Tセンター(サンアントニオ)


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 ラドマノビッチ
 ガソル
 バイナム


スパーズ

 パーカー
 メイスン
 フィンリー
 ダンカン
 ボナー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 スパーズが満遍なく得点しているのに対し、レイカーズは最初の8点は全てガソルです。
 タイムアウトを取り、レイカーズはその偏りを修正しディフェンスも締め直しました。
 それでもスパーズはさすがにシュートを決めてきますが、レイカーズの方がより良くなり点差が広がっていきます。
 しかし、スパーズもディフェンスを修正しました。レイカーズにつまらないミスを誘発させています。
 さらにパーカーの活躍で同点に追いつきました。
 今日のコービーはミスが目立ちます。ボールが手につかなかったりジノビリにスティールされたり…どうしたのでしょうか?
 残り1秒を切ってからレイカーズはヒルにスティールされてしまい、おまけに超ロングシュートを打とうとしたヒルに対してまさかのファール。
 残り0.1秒でスリーフリースローとなり、1本外したもののスパーズが逆転し、29-30で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 今日はジノビリが良いですね。シュートも入ってますし、ディフェンスも冴えてますし、アシストも良い。久しぶりに絶好調ではないでしょうか。
 ジノビリだけでなく、明らかにスパーズの方が調子良いのですが、なぜか点差がそれほど離れません。これは怖いですね。
 ベンチにしばらく下がってリフレッシュしたと思われるコービーの調子が上がってきました。
 スパーズが決めても決めても確実に取り返しています。
 それにしても、この組み合わせとは思えない、えらいハイスコアな試合ですね。
 スパーズはオフェンスは良いんですが、ディフェンスが悪いです。
 レイカーズは明らかに本調子じゃないのに、シュートは良く決まっていますし、そのために接戦となっています。
 61-63で前半を終了します。



第3クォーター

 スパーズは後半に入ってディフェンスを修正できましたね。インサイドからの失点を防ぎ、結果的に外も防いでいます。
 その間にメイスンやパーカーがシュートを決め、7点差まで広げます。
 レイカーズはタイムアウトを取ると立て直しましたね。なんだかあっさりと1点差に詰め寄りました。
 なんだか、レイカーズがスパーズを手のひらの上で操ってるように見えなくもない…
 しかし、他のチームならともかくスパーズはそんな簡単に操られるタマではありません。
 再び点差を広げ始めました。
 それでも9点差を5点差に縮められてしまいましたが、ジノビリのブザービータースリー!
 87-95で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 このブザービータースリーは流れが変わりそうです。
 常に先行されながらも余力が残ってる感じのレイカーズも、これは痛かったでしょう。
 実際、スパーズの動きが良くなりました。
 しかし、ジノビリだけが変です。立て続けに味方のいないところにパスをしました。調子に乗りすぎる選手ではないと思いますが…
 それでもスパーズのディフェンスは素晴らしいです。外に対するディフェンスも良くなりましたね。
 それをかわして決めるコービー。すごいですね。
 また、スパーズはターンノーバーが目立つようになってきました。
 そこを突かれてパウエルに連続シュートを決められ、いつの間にか2点差となります。
 今日のスパーズディフェンスはかなり良いです。ですが、コービーはそれを上回っています。シュートもアシストも効果的に決めています。
 残り2:09、そのコービーからのアシストでガソルがジャンパーを決め、逆転!
 そこからの反撃ではなんとスパーズ24秒ヴァイオレーション…シュートにいけませんでした。
 残り1:31、コービー今度は自ら決めて108-105!
 しかし、ダンカンが意地で点を取り返します。再び1点差!
 さらに残り28.9秒、ダンカンがまたもフックシュート! 逆転!
 ところが残り12.0秒、コービーがスリー! またも逆転! 2点差!
 コービーもダンカンもすごい!
 残り10.5秒、メイスンがフィッシャーからファールを受け、なんとシュートが入った! あり得ない体勢でした。
 フリースローも決め、スパーズ1点リード!
 残り0.8秒、アリーザが痛恨のトラベリング! 勝負有り!



最終スコアは111-112でスパーズの勝利。
メイスンはオーリーの後継者でしょうか。わたしの観た試合でこのようなシュートを決めたのは初めてではありません。
スパーズの試合を全部観ているわけでもないのに、メイスンが最後の重要なシュートを決めたのは一度や二度ではない気がします。
そのため、貢献度が異常に高いイメージがあります。
しかし、このシュートを生んだのはダンカンの奮闘です。
このメイスンのシュートを除いては、残り2分を切ってから両チーム合わせてコービーとダンカンの二人しかシュートを決めていません。
ダンカンがコービーとの点の取り合いに一歩も引かなかったのがこの逆転シュートに繋がりました。
懸念材料は観た試合どれもそうなんですが、ジノビリとパーカーが終盤にミスをすること。
第3クォーターくらいまではすごい活躍をするんですが、第4クォーターにミスをし始めて失速する感じなのです。
格下チーム相手だと最終クォーターが始まる頃には試合がほぼ決まってる事も多いのでそれほど問題になりませんが、今日のように強豪との対戦だと話は別。
第4クォーター半ばまで11点差でリードしていたわけで、それがここまでの接戦になったのはジノビリとパーカーのミスも原因の一つです。
ダンカンも最後は踏ん張ったとは言え、少しミスもありましたし。
そんな状況ですからメイスンはまさに救世主です。
エースでも司令塔でも点取り屋でもありませんが、ここぞという時に決めてくれる。まさにオーリー二世。
彼がいなければ負けていた試合は今日の試合だけではありませんからね。大したものです。
レイカーズはケガ人が続出しているのが響いてますね。
今日は活躍したとは言えパウエルをこれだけ使わなければならないのはきついでしょう。もっとも、育てる機会ですから我慢して使うべきでしょうが。
ガソルはスタミナ切れしたのか、序盤は一人で点を取っていたのに後半はいるのかいないのかわかりませんでした。
まあ、終盤に重要なシュートを決めてましたけどね。
フィッシャーにもかなりの負担がかかっていると思います。
噂通りロシアから帰ってきそうなパーゴと契約できると大きいでしょうが、果たして…



レイカーズ 111-112 スパーズ

レイカーズ(31勝7敗)

 コービー
  29点
   7リバウンド
  10アシスト

 ガソル
  21点


スパーズ(25勝12敗)

 ジノビリ
  27点
   3スティール

 ダンカン
  20点
  10リバウンド
   8アシスト

 パーカー
  20点


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ブログランキングに参加しています。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

あ、店長さんも感じていらっしゃいましたか?終盤にジノビリとパーカーのミスが目立つ現象。去年ののカンファレンスファイナルでも同じ印象を受けました。そして、そういう時にスコアできるのはダンガンのみ・・。ジノビリとパーカーはスパーズでは比較的若手の方に入るとおもうので、スタミナ切れってのもないと思いますし。どうなんでしょう。。。

私はレイカーズファンなので、この試合は痛かったですねー。てっきりコービーのあの3ptsがWIINING POINTになると思ってたので・・・泣
痛恨のトラベリング。まさにその通りです。
アリーザと言えば、この間のマイアミ戦でも、3回トラベリングを犯しています。ボールをフロアにつける前に、足が動いてるんですよねぇ。これは癖なのかも知れません。癖って、こういう大事な場面で出てきちゃうので要注意です。あの時ファールをもらって、1つでもフリースローを決めていれば、少なくともオーバータイムまで持ち越せたのに、非常に残念です。コービーが気の毒にさえなりました。

今日のマジック戦はホームなので、リベンジして欲しいぞ~!(笑)
[2009/01/17 04:31] URL | LA好き #- [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。

パーカーはともかく、ジノビリはもう30歳超えてますからね…
若手と呼ぶのは少々無理がある年齢だと思います。
その上、アルゼンチン代表として毎年大半の試合に参加してますから、消耗が激しいのは致し方ないのかもしれません。

今年はトラベリングの判定基準が変わって、少し厳しくなったようですよ。
アリーザだけでなく、ファーマーとバイナムもその基準を何度もショーACに確認していたそうです。
また、レブロンもウィザーズ戦の最後の重要な局面でトラベリングを取られて負けた試合がありましたね。
かなり長く疑問を口にしていたので、昨シーズンまでは取られなかったプレーなんじゃないですかね~

マジックに敗戦しましたね。
コービーはトリプルダブルだっただけに、痛い敗戦ですね。
[2009/01/18 01:39] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1306-ed2f0fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。