バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/31 セルティックスVSピストンズ TV観戦レポート

会場 ザ・パレス・オブ・オーバン・ヒルズ(デトロイト)


セルティックス

 ロンド
 レイ・アレン
 ピアース
 ガーネット
 パーキンス


ピストンズ

 スタッキー
 アイバーソン
 プリンス
 ジョンソン
 ラシード


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 セルティックスのオフェンスはスムーズですが、ピストンズは1on1の繰り返しですね。
 そのため、セルティックスがリードを広げていきます。1on1のみのオフェンスでは点は取れません。
 ピストンズはディフェンスもダメダメですね。
 ロンド、レイ・アレン、ピアースの誰かがドライブする→パスアウト→ガーネットかドライブしてない選手がミドル~ロングシュートを打つ→入るか外れてもパーキンスがリバウンド。
 実にワンパターンなオフェンスです。それを一切止められないのですから、ディフェンス力の低下が顕著ですね。オフェンスも機能してないですし。
 オフェンスもアイバーソンかスタッキーが1on1→止められる→無理矢理パスまたは強引なシュート
 相手からすれば止めやすいことこの上ありません。
 プリンスがボールを持つと途端にボールの回りもよくなるんですが…
 23-16で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ハミルトンだけは好調です。そのおかげで大差をつけられずには済んでますね。
 かなりひどく見えるピストンズですが、それでも5点前後の差で踏ん張っています。
 シュートがあまりにも低い確率なんですが、これが入るようになるとあっさりと逆転するかも…?
 セルティックスも中盤から確率が急落。全然得点が増えません。
 ラシードのディフェンス、スリー、フリースローなどで徐々に差を詰め、残り2:39にはハミルトンがフリースローをキッチリと決めて同点とします。
 やっぱり入るようになったらあっさりと追いつきました。
 追いつかれて目が覚めたのか、セルティックスのシュートも入るようになりました。
 終了直前のラシードのスリーが外れ、マクダイスがフォローしたように見えましたが、明らかな時間切れ。
 43-41で前半を終了します。



第3クォーター

 美しいパッシングゲームで点を取るセルティックス。一方で序盤に戻って点が取れなくなったピストンズ。
 当然のごとく点差が開いていきます。
 しかし、パッシングに徹するあまりセルティックスはターンノーバーが多いです。
 明らかにピストンズはおかしいのですが、それでも二桁差にはなりませんね。
 崖っぷちで踏ん張っています。
 62-56で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ペースはピストンズ。シュートは相変わらず苦しんでますが、ディフェンスが冴えてきました。
 それでも点差は変わりません。セルティックスも踏ん張っています。
 残り5:56、ラシードのミスシュートのリバウンドを抑えたマキシールに対してパーキンスが首投げのようなファールをします。
 マキシールはこれに怒り、パーキンスを突き飛ばします。
 パーキンスはフレイグラント2で一発退場。マキシールはテクニカルファールとなりました。
 レイ・アレンがテクニカルフリースローを決めたのに対し、マキシールはフリースローを二本とも外してしまいました。
 これによる乱れは双方特になく、流れも変わらず試合は進んでいきます。
 ピストンズはオフェンスリバウンドを取られすぎです。第4クォーターはほとんど取られてるんじゃないでしょうか。
 自分たちもオフェンスリバウンドは取ってますが、あまり効果的ではありません。
 逆にセルティックスはオフェンスリバウンドを得点に繋げています。
 一時11点差まで開き、それを5点差まで迫ったものの、さらに縮めるチャンスにハミルトンが痛恨のターンノーバー。
 結局、ピストンズは最後まで詰めが甘かったです。



最終スコアは86-78でセルティックスの勝利。
まず、ピストンズはシュートを外しすぎです。ガード陣はそこそこでしたが、プリンス、ラシード、マクダイスがひどすぎ。
今日のセルティックスディフェンスは決して良くなかったです。いつもほど迫力がありませんでしたし。
明らかにピストンズの自滅です。
オフェンスリバウンドは数こそ一緒ですが効果的だったのは明らかにセルティックス。まあ、確率が高いのに同じだけ取ってるんですから当然と言えば当然ですが…
ディフェンスもガーネットをフリーにしすぎです。
誰かがドライブしてきて、それに集中しすぎてスリーのラインより少し内側に立っているガーネットがドフリーなのを何度見たか。
ガーネットはあの位置のシュートが得意ですから、それをフリーにしてたらそりゃ入ります。
セルティックスは相変わらずスターター酷使ですが、闇雲に突っ走っていたシーズン序盤と少し変わった気がしますね。
なんというか、少しペースを調整しているように感じました。
それがディフェンスが前ほど迫力がないように見える理由なのかもしれません。良い意味でセーブする手段を見つけたのかも。
ただ、パーキンスのあの行為は許されません。マキシールの首に手が回ってしまったのは不可抗力に見えましたが、その後の投げ飛ばしは明らかに故意。突き飛ばされただけで済んだのを感謝するべき。あれはマキシールじゃなくても怒ります。
あれでペースが乱れなかったセルティックスはさすがベテラン揃いですね。



セルティックス 86-78 ピストンズ

セルティックス(39勝9敗)

 ガーネット
  22点
   9リバウンド

 ピアース
  20点

 ロンド
  12アシスト


ピストンズ(25勝20敗)

 マクダイス
  14リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ブログランキングに参加しています。
↓押していただくとランキングが上がるみたいです。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1330-dcfd444b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。