バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/1 レイカーズVSグリズリーズ TV観戦レポート

会場 フェデックスフォーラム(メンフィス)


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 ウォルトン
 P.ガソル
 バイナム


グリズリーズ

 コンリー
 マヨ
 ゲイ
 アーサー
 M.ガソル


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 レイカーズが先行する形で、グリズリーズがついていってます。
 グリズリーズはどこからでも得点できるんですが、確率は良くないですね。
 残り6:55、ドライブしたコービーがシュートを防がれ倒れたところ、頭がバイナムの膝に直撃。バイナムはもんどり打って倒れ、立ち上がることができません。ムチャクチャ痛そうです。
 結局、ロッカーに下がってしまいました。
 これでペースを乱したのか、レイカーズがおかしくなります。
 グリズリーズが一気に点を重ねて4点をリードします。
 バイナムにケガをさせてしまった負い目でしょうか、コービーが少しおかしいです。ミスが散見されます。
 それでも地力のあるレイカーズはそう簡単に突き放されません。
 ゲイのアリウープにオドムがドライビングダンクで返すなどし、26-29で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 レイカーズはシュートが入らなかったり、ターンノーバーが多かったりとパッとしません。
 しかし、グリズリーズも速攻を確実に決められませんね。
 そんな中で調子を上げてきたのはマヨ。決して簡単ではないシュートを次々と決めています。
 さらにM.ガソルの活躍もあり、13点差まで広げます。
 レイカーズもラドマノビッチのスリーやP.ガソルのダンクで反撃し、55-61と少し点差を詰めて前半を終了します。



第3クォーター

 開始から1分半でレイカーズがあっさりと逆転。ディフェンスがかなり良くなりました。
 グリズリーズも素晴らしいパスワークで応戦。互角の展開となります。
 中盤を過ぎるとグリズリーズがやや雑になってきました。ディフェンスのローテーションもいまいちです。
 徐々にレイカーズがリードを広げていきます。
 グリズリーズは若いですね。崩れ出すと立て直すことができません。
 91-82で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 グリズリーズが初得点をあげたのは残り6:03、この時既にレイカーズは100点に達しており、完全に差がついてしまっていました。
 ここからグリズリーズも少しだけ持ち直しましたが、一桁差になることはありませんでした。



最終スコアは115-98でレイカーズの勝利。
FG%やリバウンドはあまり差がありません。
ですが、ここぞという時に必要なシュートを決め、必要なオフェンスリバウンドをことごとく取っていたのはレイカーズ。
似たような数字でも内容が全然違いました。
試合が終わった後にスタッツを見て、リバウンドにほとんど差がないのに驚いたくらいです。
それくらいレイカーズの方が大事なリバウンドを取って、印象に残ったと言うことなんでしょうね。
そして、グリズリーズはターンノーバーが多かったです。
前半はレイカーズも多かったですが、やはり勝負所ではキッチリ締められるのと、そうでないところにチームの成熟度や経験の差がまともに出た感じですね。
なんと言ってもグリズリーズは若いチーム。まだまだ学ぶ面がたくさんあり、伸び代は十二分にあります。
フロントは焦らずに育てていって欲しいですね。
レイカーズはチーム状態に関しては特に問題はないように思います。
懸念材料はバイナムのケガ。
X線検査では異常なしだったようですが、あの痛がりようは普通じゃなかったので、昨シーズンのように後半欠場もないとは言えないと思います。
昨シーズンも最初は軽傷と言いつつ、結局後半は全休しましたからね。
なにしろ、意識がオフェンスリバウンドに向いているところ、無防備な状態でコービーの頭が激突してましたからね…
ところで、どのニュースを見ても足を捻ったと書いてあるんですが、コービーが当たったように見えて当たってなかったんでしょうか?
前半のコービーのおかしな様子からしても当たってると思うんですけどね…



レイカーズ 115-98 グリズリーズ

レイカーズ(37勝9敗)

 コービー
  25点
   7アシスト
   3スティール

 P.ガソル
  24点
   8リバウンド


グリズリーズ(11勝35敗)

 ゲイ
  23点

 マヨ
  21点


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ブログランキングに参加しています。
↓押していただくとランキングが上がるみたいです。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

私もこのゲーム見ましたけど、万が一KOBEがレイアップをミスした時の為に、フォローをしようとすぐ後ろでスタンバイしていたBYNUMの右ひざの上に思いっきりしりもちをついていました。足を捻った、というのは誤報では?ロサンゼルスタイムズ紙では、"Bynum sustained a sprained right knee after Kobe Bryant crashed into him at the end of an off-balance..略”とありますので・・・。ダブルOTの末負けたホームでのボブキャッツ戦でGerald Wallaceに大怪我をさせた後、間もなく・・・という感じですね。別に悪気はなかったと思いますが、人生そういうようにできているのでしょうね。

バイナムがいないのは超痛いですが、いなくなったからといって、態勢をを立て直すことが出来ない程経験の浅いチームではないので、まだ安心して見ていられる部分はあります。こうなってくると、ラドマノビッチやアリーザのプレイタイムが増えていくんでしょうねー。みんな、ステップアップすれば、バイナム無しでも優勝はあり得ると思っています。ま、多分ファン贔屓なんでしょうが、笑
[2009/02/03 11:15] URL | LA好き #- [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。

そうですよね~
ですから、バイナムは上を見ていて無防備の所に直撃したわけで。
これだから日本の記事はいまいちあてにならないです。

ウォレスにケガをさせたのは不可抗力でしたし、本人も深く反省していてラリー・ブラウンとウォレスの二人にわざわざ謝罪しに行ってます。
責められる行為ではなかったとわかっていても、それでも、因果応報が頭をかすめてしまった人は多いみたいですね。
何しろ、直後でしたからね…

今日の試合を見る限りは影響は感じませんね。
まあ、インサイドがあまりに貧弱なニックス相手だったのもあるので、ビッグマンのいるチームとの戦いぶりがどうなるか、でしょう。
とりあえず、ブヤチッチ、ファーマー、アリーザの三人はもう少し落ち着け、と思いました。
大差の付いた終盤ではあったものの、素人でもしなさそうなパスミスがいくつかあったことに若干の懸念を感じました。
まあ、ベテランも多いチームなので修正はできるでしょうけどね。
[2009/02/03 15:23] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1332-2b400c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。