バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/9 NBA全試合結果&感想

今日は10試合が行われました。



スパーズ 105-99 セルティックス

スパーズ(34勝15敗)

 ダンカン
  23点
  13リバウンド

 ボナー
  23点
   8リバウンド

 ジノビリ
  19点
   3スティール


セルティックス(42勝11敗)

 ガーネット
  26点
  12リバウンド

 ピアース
  19点
   8リバウンド

 ロンド
  16アシスト


ボナーとメイスンがやりましたね。
3点差で負けていた残り45秒にボナーのジャンパー、1点差で負けていた残り20秒でメイスンのスリーで逆転。
メイスンはまたしても、って感じですね。
ファールゲームに入ってからのフリースローもキッチリ決めてますし、まさにオーリー二世。
全部で11点しか取っていないとは思えない貢献度です。
今シーズンのスパーズはメイスンのおかげで7、8試合、劣勢の試合をひっくり返してる気がします。
セルティックスはロンドがアシストは素晴らしい数字をあげましたが、FG%が悪いですね。
ロンドの中に切り込んでのシュートが入らないと、意外にもろいセルティックス。
そして、スパーズは中のディフェンスが強力ですからね。
その分、外のディフェンスが甘いんですが、このところスリーを決めまくっていたハウスの出場時間がなぜか10分だけ。
まあ、BOXSCOREの+/-を見るとベンチ陣が出るとマイナスばかりだったようなので仕方ないかもしれませんが、もう少し効果的に使うべきだったんじゃないでしょうか。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



レイカーズ 101-91 キャブス

レイカーズ(41勝9敗)

 オドム
  28点
  17リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ガソル
  18点
  12リバウンド


キャブス(39勝10敗)

 イルガウスカス
  22点
   9リバウンド

 レブロン
  16点
   8リバウンド
  12アシスト


風邪で本調子ではなかったコービーに変わってオドムが大活躍でしたね。
レブロン、そしてキャブス全体でひどいFG%、レイカーズディフェンスを突破できませんでしたね。
レイカーズはバイナムが離脱、コービーが風邪、ラドマノビッチがトレードでいなくなり代わりに獲得した選手がまだ出場できない状況下でよくキャブス相手に危なげなく勝てますね。本当に強いです。
シャノン・ブラウンの加入が(モリソンよりも)プラスになると考えてる人が多いみたいですね。
わたしもそう思います。序盤、今よりももっと調子の悪かったボブキャッツでただ一人良い動きをしてましたし…
フィッシャーのバックアップとして、良い選手を取れたんじゃないでしょうか。
…つまり、さらにパワーアップしたと。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ボブキャッツ 92-96 ヒート

ボブキャッツ(19勝31敗)

 オーガスティン
  27点

 フェルトン
  11アシスト


ヒート(27勝23敗)

 ウェイド
  22点
   4スティール

 チャーマース
  16点
  13アシスト

 マリオン
  10リバウンド


ボブキャッツは今の状況では敗戦は仕方ないと思います。むしろ、良くやったと言いたいくらいです。
まだラドマノビッチも合流してませんし、ベルも欠場、ウォレスも当然いない、ベテランのハワードもケガを抱えてスターター。
これでどうしろと?
オーガスティンの活躍がせめてもの救いですね。
ヒートはチャーマースの調子が戻ってきましたね。
何試合か全然ダメでしたが、前の試合辺りから数字が戻ってきてる感があります。
その代わりビーズリーが元気ないような気がしますが…

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ネッツ 84-101 マジック

ネッツ(24勝28敗)

 ハリス
  28点
  12アシスト

 ロペス
  19点
  12リバウンド


マジック(38勝12敗)

 ハワード
  30点
  16リバウンド
   3スティール

 ターコルー
  15点
   8アシスト


ハリスとロペスが活躍も、カーターが欠場したネッツは強豪マジック相手に撃沈しました。
想像以上に活躍しているとは言え、ルーキーのロペスにハワードの相手はきつかったようです。
素晴らしい数字をあげましたが、それ以上にやられました。
マジックはハワード以外も堅実な活躍。圧勝しましたね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ニックス 108-109 ブレイザーズ

ニックス(21勝29敗)

 リー
  29点
  11リバウンド

 デュホン
  10アシスト


ブレイザーズ(31勝19敗)

 アウトロー
  23点

 ロイ
  19点
   8アシスト

 オデン
  17点
  12リバウンド
   6ブロック

 オルドリッジ
  16点
   7リバウンド


ロイのブザービーターでブレイザーズが逆転勝利を収めました。
ニックスはディフェンスしないにも程があります。最後のロイのプレー、止めるどころかファールもしないなんて。ある意味すごい。
この時、まだニックスのチームファールは5回に達していなかったので、早めにファールすればサイドラインから仕切り直しで、ブレイザーズのオフェンス時間は短くなっていたはずなのです。
しかし、これだけオフェンスリバウンドを圧倒して、これだけの接戦になってしまったブレイザーズも珍しいですね。
なんとも不思議な試合です。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ペイサーズ 117-119 ウィザーズ

ペイサーズ(20勝32敗)

 グレンジャー
  29点

 マーフィー
  18点
  10リバウンド

 フォード
  23点
   7アシスト


ウィザーズ(11勝40敗)

 バトラー
  35点
  13リバウンド

 ジェイミソン
  34点

 ヤング
  20点


バトラーのブザービーターでウィザーズが勝利しました。
しかし、二人がここまで活躍して、且つヤングが活躍してようやくかろうじて勝てますか…どうなってるんでしょう、このチームは。
ペイサーズは最後の最後でかっさらわれてしまいましたね。
せめてオフェンスリバウンドを取られないようにしていれば結果は変わったかもしれません。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ウルブズ 97-101 ホーネッツ

ウルブズ(17勝33敗)

 ジェファーソン
  25点
  14リバウンド

 ゴメス
  21点

 ラブ
  10リバウンド


ホーネッツ(30勝18敗)

 バトラー
  23点
   8リバウンド


ポールが欠場中で、ウェストがフレイグラントファール2で早々に一発退場になりましたが、ホーネッツが辛くも勝利しました。
バトラー、マークスが頑張りましたね。
ウルブズは終盤に守りきることができませんでした。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



キングス 113-116 サンダー

キングス(11勝41敗)

 ウードリッチ
  29点

 サルモンズ
  23点
  11アシスト

 マーティン
  23点


サンダー(13勝38敗)

 デュラント
  39点
   7リバウンド

 グリーン
  15点
   7リバウンド

 ウェストブロック
   7リバウンド
   8アシスト


ディフェンスレス同士の、高確率試合はサンダーが制しました。
勝敗を分けたのはリバウンドとフリースロー。特にオフェンスリバウンドを多く取れたのが良かったですね。
デュラントはここ数試合、調子がすごくいいですね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



サンズ 107-97 ピストンズ

TV観戦レポート参照



ジャズ 96-116 ウォリアーズ

ジャズ(29勝23敗)

 デロン
  31点
   7リバウンド
  10アシスト

 オクァー
  21点
   9リバウンド


ウォリアーズ(17勝35敗)

 ジャクソン
  20点
  10リバウンド
   8アシスト

 マゲッティー
  24点
   3スティール


ビエドリンシュを欠いたウォリアーズですが、高確率のハイパーオフェンスで圧勝しました。
ジャクソンがまた、トリプルダブル級の活躍を見せています。
ジャズはデロンとオクァー以外がボロボロでした。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ




今日のTOP10




ブログランキングに参加しています。
↓押していただくとランキングが上がるみたいです。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

ラドマノさんのトレード。

彼は、自分はトライアングルオフェンスに向いていない、とインタビューで答えたそうですね。「このシステム下で目立つ活躍が出来るのはコービーとガソルくらいで、ロールプレイヤーはあまりすることがない」と漏らしています。ま、分からんでもないですがね・・・。ダブルチームを常に要するコービー、もしくはガソルからパスをもらい、オープンルックで3を打つ、この繰り返しです。

まぁ、ラドマノさんの問題は、システム云々以前の問題だと思うんですけどねー。ディフェンスに穴がありすぎますし、余計なファールが過剰です。hoopから何十フィート離れているところで、ムダにリーチ・イン・ファールしたかと思うと、今度はファストブレイクなんかの1 on 1のシチュエーションで、レイアップ、又はダンクしをキメようとしている相手に両腕上げて立ちはだかっているだけだったり。おい!っていつもツッコミ入れてました(笑)

ボブキャッツのHCってあのブラウンコーチですよね?D意識のシッカリした選手が欲しいんじゃなかったんでしょうか。かなり不思議です。ラドマノさんは、スコアラーとして知られている方で(そのスコアにもムラがあることは言うまでもなし)ディフェンスを期待するなら、かなり本腰入れて仕込まないと残念な結果になりそうです。

モリソンとシャノン取得に関しては、私は全く興味のない選手達だったので、何も分かりませんが、このトレードはラドマノ&モリソンが主体ではなく、シャノン獲得のためのラドマノ放出だ、なんて言われています。(本当は今年がコントラクト・イヤーになるオドムのことを考慮に入れた、サラリーキャップ調整ですが)確かに、フィッシャーも年を重ねてきていますし(でも、体調管理は誰よりもシッカリできてますが)悪い話ではないように思います。しかし、スン、ファーマー、シャノン、フィッシャー、そして時々ブヤチッチ、、、どんだけボールハンドラーが増えるんでしょう。プレイタイム強奪合戦になりそうです(笑)
[2009/02/10 08:34] URL | LA好き #- [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。

まあ、ラドマノビッチはコーヒーを運んでいたら滑って転んだ、実はスノーボードで転倒して大ケガしました、のバカ野郎ですからね。
確か、スノーボードは禁止事項に入っているはずです。

あれ以来、コーチ陣やフロントの印象も悪かったんじゃないでしょうか。
それに、おっしゃるようにディフェンスをする気がなかったですからね(笑)

ラリー・ブラウンに鍛え直されるか、改心しなければ干されて終わりでしょうね。

シャノンは良い選手ですよ。運動能力があって、見栄えの良いプレーをしますし、堅実さもあります。
ただ、安定感はないように思いました。

ファーマーと比べたらシャノンの方が良いように思いますが、外はファーマーの方が上ですね。
出場時間は熾烈になりそうですね~



同じ内容のコメントが二つあるので、一つは消しておきますね。
[2009/02/10 23:10] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1351-d903bb71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。