バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/12 NBA全試合結果&感想

今日は12試合が行われました。



サンズ 92-109 キャブス

サンズ(28勝23敗)

 アマレ
  27点
   3ブロック


キャブス(40勝11敗)

 モー
  44点
   7アシスト
   3スティール

 レブロン
  26点

 ベン
  11リバウンド


ボッシュの代わりにオールスターに出場することになったモーが、まさにオールスター級の活躍でキャブスが圧勝しました。
モーの他にもレブロンも活躍、ベンがリバウンドで存在感を見せましたね。
サンズはアマレが活躍も、ナッシュ欠場が響いて惨敗。苦しい状況が続いています。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ナゲッツ 82-73 マジック

ナゲッツ(36勝17敗)

 カーメロ
  29点
   8リバウンド


マジック(38勝13敗)

 ハワード
  16点
  15リバウンド
   3ブロック


ナゲッツのディフェンスが冴えた試合ですね。と、言うかマジック、スリー打ちすぎ。
ハワードが38分出場しながら、7本しかシュートを打ってないのは少なすぎです。よほどマークがきつくてボールが入らなかったのか、ファールをされまくってシュートを打てなかったのか、数字だけでは判断がつきにくいですが…
まあ、FG%がひどい上にターンノーバーも多いので、これで勝てたら奇跡です。
ナゲッツのディフェンスにしてやられたのでしょうね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



グリズリーズ 87-91 76ers

グリズリーズ(15勝37敗)

 ウォリック
  31点
   8リバウンド


76ers(27勝24敗)

 ミラー
  24点
   9アシスト


接戦を76ersが制しました。
グリズリーズはゲイとアーサーをケガで欠いているのが痛いですね。
シーズン序盤に比べればチームの状態は良くなっていますが、ここにきて主力を欠いているのはきついと思います。
76ersはリバウンドこそ圧倒されましたが、FG%とターンノーバーで大きく上回りましたね。
これだけオフェンスリバウンドを取られながら、フィールドゴールアテンプトがそれほど変わらないのはすごいです。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



スパーズ 89-91 ラプターズ

スパーズ(35勝16敗)

 ジノビリ
  32点
   7リバウンド
   3スティール

 ダンカン
  20点
  13リバウンド
   7アシスト

 パーカー
  22点


ラプターズ(21勝34敗)

 バルニャーニ
  23点
   8リバウンド

 ウコック
  22点

 カポーノ
  21点

 ジャーメイン
  10リバウンド
   6ブロック

このところのジャーメインのブロックはものすごいです。
最後のパーカーのジャンパーもブロックして6ブロック。勝利に導きました。
ボッシュとカルデロン抜きでスパーズに勝ったのはすごいですね。
スパーズはbig3以外がことごとく不発だったのが響きました。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ウィザーズ 89-101 ボブキャッツ

ウィザーズ(11勝42敗)

 バトラー
  26点
   3スティール

 ジェイミソン
  23点
   9リバウンド


ボブキャッツ(21勝31敗)

 オーガスティン
  24点

 フェルトン
  15点
   8リバウンド
   9アシスト
   5スティール

 ラドマノビッチ
  21点

 オカフォー
  16点
  13リバウンド

 ディアウ
   7アシスト
   7ブロック
   7ターンノーバー(BAD)


ウィザーズに関してはもはや同じことしか言えません。負けパターンどころか試合内容が決まってしまってます。
ボブキャッツはオーガスティン、オカフォー、フェルトンの他に新加入のラドマノビッチが活躍。
まさかラリー・ブラウンがいきなりスターター起用するとは思いませんでした。
他に適当な人材がいないような気もしますが。
ディアウのスタッツはある意味見事。でも、スリー7とは言え、ターンノーバーが混ざるのはいけません。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ホークス 99-95 ピストンズ

ホークス(31勝21敗)

 ジョンソン
  27点

 ホーフォード
  15点
   7リバウンド

 マレー
  23点

 スミス
   7リバウンド
   7アシスト
   4スティール


ピストンズ(27勝24敗)

 アイバーソン
  28点
   3スティール

 マクダイス
  10リバウンド


この時点でピストンズよりホークスの方が勝率が高いのは、何年ぶりなんでしょうかね?
完全にとは言いませんが、もはやホークスの方がチーム力は高そうです。
ただ、ジョンソンが今日のように素晴らしい確率の時もあれば、ひどい時もあるので、チーム全体としても安定が課題の一つでしょうね。
ピストンズは最近、プリンスだけでなくスタッキーの元気もなくなってきましたね。
ラシードは著しく安定感が欠きますし、マキシールも成長が止まってます。
前コーチのサンダースでは優勝させることはできませんでしたが、現コーチのカリーHCはそもそも選手の起用法も含めてまだまだですね。
ヘッドコーチになって一年目ですから、大きな期待はなかったでしょうが、それでも5年連続カンファレンスファイナルに進んでいるチームを率いているにしてはお粗末な勝率です。
ビラップスとアイバーソンのトレードと言う大きな変化があったことを加味したとして、セルティックス、キャブス、マジックより下なのは理解できても、ホークスよりも下、76ersと同率なのはファンも許容範囲を超えているのではないでしょうか。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



セルティックス 89-77 ホーネッツ

TV観戦レポート参照



ペイサーズ 110-122 バックス

ペイサーズ(21勝33敗)

 マーフィー
  23点
  10リバウンド

 グレンジャー
  26点

 ジャック
  21点

 フォード
  13アシスト


バックス(26勝29敗)

 ジェファーソン
  32点
   7リバウンド

 ベル
  20点

 セッションズ
  15点
   7リバウンド
  17アシスト

 モーテ
  11リバウンド


開き直ったかのようにシュートを打ちまくり、高確率で決めたバックスが快勝しました。
ペイサーズはバックス以上にフィールドゴールのアテンプトがありましたが、確率が悪くて大差をつけられてしまいましたね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



キングス 82-94 ロケッツ

キングス(11勝43敗)

 マーティン
  18点


ロケッツ(32勝21敗)

 ヤオ
  24点
  18リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 スコラ
  19点
  11リバウンド

 アルストン
  13アシスト

 バティエ
   5スティール


キングスはマーティンまで元気がなくなってきましたね。負け越しが確定したのが精神的にダメージが大きいのでしょうか。
リバウンドも悲惨です。ヤオとスコラの二人だけの合計と同じとは…
いくらミラーが欠場中とは言え、これはひどい。
ロケッツは最近、ブロックスとランドリーの元気がないような気がしますが、今日はスターター陣の活躍で危なげない勝利を得ましたね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



レイカーズ 109-113 ジャズ

レイカーズ(42勝10敗)

 コービー
  37点
   4スティール

 オドム
  19点
  19リバウンド(7オフェンスリバウンド)


ジャズ(30勝23敗)

 デロン
  31点
  11アシスト

 オクァー
  22点
   8リバウンド
   3スティール


レイカーズのディフェンスが崩壊してますね。ジャズのFG%が58.6%って高すぎます。
レイカーズは20本も多くのシュートを放ちながら、決めたシュートはわずか一本しか変わらず。フリースローで差をつけられて敗戦しました。
とは言え、レイカーズのFG%はムチャクチャにひどいわけではなく、ジャズがあまりにも高すぎただけです。
大いに課題が見つかった敗戦だと思います。
ジャズは特にデロンがすごいですね。70%超って。ガードとしては異常な数字です。それくらい調子が良かったと言うことでしょう。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



サンダー 92-106 ブレイザーズ

サンダー(13勝40敗)

 デュラント
  20点
   7リバウンド
   4スティール

 ウェストブロック
  21点
  12リバウンド(8オフェンスリバウンド)


ブレイザーズ(32勝19敗)

 ロイ
  22点

 アウトロー
  21点

 オデン
  16点
  10リバウンド
   3ブロック

 プリズビラ
  13リバウンド

 オルドリッジ
  10リバウンド


リバウンドとFG%が大きく上回ったブレイザーズが勝利しました。
特に、二桁リバウンド3人はすごいですね。
オデンはそろそろ本領発揮でしょうか。25分とそんなに長くない出場時間ですごい数字をあげています。
デュラントとの対決で燃えたのでしょうか。
そのデュラント、活躍はしましたがここ数試合と比べるとあまり良くありません。
他に活躍したのがウェストブロックだけという有様で、完敗です。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ニックス 124-128 クリッパーズ
      OT

ニックス(21勝31敗)

 ロビンソン
  33点
   9リバウンド
  15アシスト
   5スティール

 チャンドラー
  27点

 ハリントン
  19点
  11リバウンド

 リー
  17点
  12リバウンド

 ジェフェリーズ
  16点
  10リバウンド


クリッパーズ(13勝40敗)

 ゴードン
  30点

 ランドルフ
  22点
  15リバウンド

 ノヴァック
  23点
   7リバウンド

 ソーントン
  20点
   8リバウンド

 バロン
  20アシスト


相変わらず、ニックスはハイパーなディフェンスレスですね。
これだけ毎試合相手に50%以上の確率でシュートを許すチームもないでしょう。
その恩恵か、クリッパーズは30点が一人、20点超が3人、いずれも確率が5割以上。
そして、パスの出し甲斐があったのでしょう。バロンが20アシスト。
すごいですね。
ニックスはスターターの4人がダブルダブル、唯一外れたチャンドラーも27点。
しかし、勝てませんでした。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



今日のTOP10




ブログランキングに参加しています。
↓押していただくとランキングが上がるみたいです。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1356-dff582a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。