FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



3/3 キャブスVSヒート TV観戦レポート

会場 アメリカンエアラインズアリーナ(マイアミ)


キャブス

 モー
 ウェスト
 レブロン
 ヴァレイジャオ
 イルガウスカス


ヒート

 チャーマース
 ウェイド
 ムーン
 ハスレム
 ジャーメイン


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ヒートのインサイドが調子良いですね。キャブスもヴァレイジャオが点を取っていて、インサイドの争いになってます。
 外のシュートはお互い不調で、先に立て直したのはキャブスでした。レブロンが二本のスリー、モーがジャンパーを決めて4点のリードを奪います。
 キャブスはディフェンスも良くなりました。ヒートはウェイドの強引なドライブ以外での得点がほぼなくなってます。攻めあぐねてますね。
 一時キャブスが10点をリードしましたが、ウェイドの活躍で30-26と点差を詰めて第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 今度はヒートのディフェンスが良くなりましたね。キャブスは点が取れません。
 しかし、ヒートのオフェンスもチャーマースのスリーが決まるだけで他の選手の点が伸びません。
 それでもチャーマースそしてビーズリーの活躍で37-38と逆転しました。
 一時ヒートが勢いに乗り5点差をつけますが、キャブスがしっかりと盛り返し再逆転に成功します。
 ヒートの勢いも衰えず、展開は互角。
 58-55で前半を終了します。



第3クォーター

 出だしはほぼ互角で、ヒートが優位にも見えましたがキャブスが一気に得点を重ねて逆に差を広げます。
 勢いは明らかにヒートの方にあるんですけどね。それでも展開は互角。キャブスもなかなか逆転を許しません。
 残り3分を切った辺りから、ヒートが遂にリードを奪うようになります。
 しかし、展開は依然として一進一退。逆転を繰り返しています。
 ウェイドはますます勢いを増してきました。逆にキャブスは今ひとつシュートが決まらず、徐々に差が開いていきます。
 76-82で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ヒートのディフェンスが目に見えて良くなりました。キャブスは攻め手がありません。
 さらにムーンやチャーマースがシュートを決め始め、差が広がり始めます。
 後半に入ってずっと存在感のなかったレブロンの活躍が始まりましたが、ウェイドはそれを上回っています。
 パブロビッチのパスをスティールしてダンク! 11点差!
 ウェイドの読みも良かったですが、パブロビッチのパスも見え見えすぎましたね。
 しかし、ここからキャブスが怒濤の反撃。ビックリするほどあっという間に3点差になりました。
 この間にチャーマースがタイムアウトを請求したものの、ディフェンスが激しすぎて認められずにターンノーバーに繋がるシーンがありました。少し微妙な判定でしたね。
 結局、12-0のランを見せてキャブスが逆転! ものすごいですね。
 さらにレブロンが連続スリーを決めて一気に5点リード。さっきまでの11点差はなんだったんでしょう。
 3点差で迎えた残り42.7秒、レブロンがドライブしていきジャーメインの頭の上からダンク! 5点差!
 これが試合を決定づけましたね。



最終スコアは107-100でキャブスの勝利。
ウェイドにスティール→ダンクを決められて11点差にされてからの、キャブスの反撃はすごかったですね。
点を取ったレブロンやモーも良かったですが、それ以上にすごかったのがイルガウスカスとヴァレイジャオのディフェンス。
彼らのディフェンスが何度ヒートの攻撃を凌いだことか。また、バックコートではウェストのディフェンスも光りました。
今日のキャブスの逆転劇は三人のディフェンス抜きには語れません。
オフェンスはレブロンとモーが、ディフェンスは三人が、見事に役割分担されて逆転勝利を引き寄せました。
もはやキャブスは完全にレブロンのワンマンチームではありません。
ヒートもウェイド以外の選手が悪いわけではないのですが、ちょっと頼りすぎてるように見えます。
ジャーメインは良かったですけどね。
コーチの方針ではあるんでしょうが、これだけウェイド一人に頼り切ると、ニックスには勝ててもキャブスには勝てない、とまさに直近の試合結果通りになるでしょう。
ワンステップアップするポテンシャルは十分にあるチームです。
それを発揮するには、他の選手がもっと自立(?)する必要があるでしょう。
現状は数年前のキャブスのようです。ウェイドがあまりにもすごいので、ある程度は勝てますが、真の強豪には勝てない。
ヒートにはいい若手がいっぱいいます。彼らの成長をもっと促すべきでしょう。



キャブス 107-100 ヒート

キャブス(47勝12敗)

 レブロン
  42点
   8リバウンド

 モー
  30点
   7リバウンド
   7アシスト

 ウェスト
   5スティール


ヒート(31勝28敗)

 ウェイド
  41点
   7リバウンド
   9アシスト
   7スティール
   8ターンノーバー(BAD)

 ジャーメイン
  16点
   8リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ブログランキングに参加しています。
↓押していただくとランキングが上がるみたいです。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト




テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1393-f4aca144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)