バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3/5 NBA全試合結果&感想

今日は10試合が行われました。



バックス 73-91 キャブス

バックス(29勝35敗)

 ジェファーソン
  29点


キャブス(48勝12敗)
 プレーオフ進出決定!

 レブロン
  23点
   8リバウンド

 ウェスト
   8スティール


ウェストの8スティールはすごいですね。復帰してからのウェストは読みがよく、スティール狙いの飛び込みとかはあまりしないのに数字が上がってます。これはすごいことです。
フリースローの確率はバックスの方が良かったものの打った本数が倍以上違うので、優位にはなりませんでしたね。
そのフリースローもレブロンに偏ってるわけでもないですし、バックスがキャブスのチームオフェンスをファールしなければ止められなかったと言うことでしょう。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



サンズ 129-135 ヒート

TV観戦レポート参照



セルティックス 115-111 ネッツ

セルティックス(48勝14敗)
 プレーオフ進出決定!

 ピアース
  31点

 ロンド
  20点

 パーキンス
  17点
  13リバウンド


ネッツ(27勝34敗)

 カーター
  34点

 ハリス
  25点
  11アシスト


第4クォーターにネッツが猛追し、一時逆転しましたが、セルティックスが再逆転して勝利しました。
パーキンスに比べてロペスが今ひとつだったのが響いたんじゃないでしょうか。
例え地味でもインサイドの頑張りは大事ですからね。
同じ縁の下の力持ちタイプのセンターでも、ダブルダブルの数字を上げたパーキンスに軍配が上がりました。
ハリスは25点を取ったものの、あまり褒められた取り方じゃないですね。7/21では。
逆にロンドはハリスより数字は若干下だったものの、確率は9/14とかなりの高確率。こうしたところにも差が出ましたね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ホークス 105-109 ニックス

ホークス(34勝27敗)

 ホーフォード
  20点
  13リバウンド

 ジョンソン
  18点
   7リバウンド

 ウィリアムス
  17点
   8リバウンド


ニックス(25勝35敗)

 ハリントン
  20点
  10リバウンド
   4スティール

 ヒューズ
  23点
   3スティール

 リー
  14リバウンド


ホークスは残り4分で13点差をつけられていたものの、猛追して後一歩のところまでいきましたが時間が足りませんでした。
反撃が遅すぎましたね。
ニックスはここ最近、ガリナーリがすごく良い感じですね。
「+/-」で唯一二桁プラスですし、スリーも良く決めました。
今日はニックス全体でもターンノーバーが少なく、当たり日だったとも言えるでしょう。終盤に猛追されたのを除けば。
ホークスはパチュリアが8分しか出場してませんが、ケガでもしたのでしょうか。
それとも単にニックスのラン&ガンについていけなかっただけでしょうか。
情報がないのですが…

オフィシャルサイト ハイライトビデオ


ウィザーズ 83-88 サンダー

ウィザーズ(14勝47敗)

 ジェイミソン
  29点
  10リバウンド


サンダー(16勝45敗)

 セフォローシャ
  15点
   8リバウンド
   3スティール
   3ブロック

 コリソン
  10リバウンド


なんだか、サンダーはデュラントとグリーンが欠場してから調子が良いですね…
セフォローシャが良い感じに活躍してます。
チーム全体のバランスも良いですし、ひょっとして…
いやいや、二人とも若い選手ですから、長い目で見守りましょう。
ウィザーズはもう何も言うことはありません。いつも通りです。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ウォリアーズ 88-110 ブルズ

ウォリアーズ(21勝40敗)

 ランドルフ
  10リバウンド


ブルズ(28勝34敗)

 サルモンズ
  23点
   9リバウンド

 ノア
  17リバウンド(8オフェンスリバウンド)
   4ブロック


リバウンドで圧倒したブルズが大勝しました。
今日のウォリアーズはビエドリンシュ以外でランドルフとマゲッティーもリバウンドを取りましたが、他の選手は3以下。極端すぎます。
そもそもFG%の高いブルズの方がオフェンスリバウンドが7つも多いのですから、これではウォリアーズに勝てる要素はありません。
また、スリーもアテンプトがブルズの8に対して、ウォリアーズは21。
そして、成功数は同じ5…
悲惨ですね。
ウォリアーズに必要なのはリバウンダーなのか、それとも味方がリバウンドの体勢にはいるまで待つ忍耐力なのか。
後者のような気がしてならないんですが…

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



スパーズ 102-107 マーベリックス

スパーズ(40勝20敗)

 パーカー
  37点

 ダンカン
  19点
  12リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 メイスン
  23点


マーベリックス(37勝24敗)

 ノヴィツキー
  24点
  12リバウンド

 ハワード
  29点
   7リバウンド

 キッド
  17点
   7リバウンド
   9アシスト

 テリー
  17点
   3スティール


スパーズ相手にしてはマーベリックスのFG%がかなり高いですね。
スパーズのディフェンスが今日は機能しなかったと言うことでしょう。
ノヴィツキー、ハワード、キッドの三人が10本以上シュートを放ちながら60%を超えてますからね。
ここまで高確率でシュートを決められるスパーズは珍しいです。
さらにフリースローを多く与えてしまっており、厳しい展開です。
その割には5点しか差がついてないんですよね。この辺りがスパーズの強さと言うべきでしょうか。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ロケッツ 94-101 ジャズ

ロケッツ(39勝23敗)

 アーテスト
  25点

 ヤオ
  19点
   7リバウンド
   5ブロック


ジャズ(38勝23敗)

 デロン
  26点
  14アシスト

 ブーザー
  20点
  17リバウンド

 ブリュワー
  19点
   4スティール

 オクァー
  16点
   8リバウンド


ブーザーが復帰後初の大活躍ですね。その分、ミルサップの活躍の場がなかったようですが。
それにしてもブーザーはヤオが相手だと滅法強いですね。あれだけ身長差があってここまでやるとは…
また、デロンも大活躍でした。二枚看板がこれだけ活躍すると負けませんね。
ロケッツはリバウンドが取れませんでした。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



ペイサーズ 105-107 ブレイザーズ

ペイサーズ(27勝37敗)

 ダニエルズ
  28点
   3スティール

 フォード
  24点
   8リバウンド

 マーフィー
  13リバウンド


ブレイザーズ(38勝22敗)

 ロイ
  28点

 オルドリッジ
  21点
   7リバウンド

 アウトロー
  21点

 プリズビラ
  12リバウンド(8オフェンスリバウンド)


第4クォーターが始まると同時にチーム一丸となった猛攻を見せ、ブレイザーズが逆転勝ちしました。
逆転してからは、同点にはされたも一度も再逆転はさせませんでしたね。
残り8分を切ってから2分の間に、フェルナンデス1本とブレイク2本の合計3本のスリーを一気に決めています。この間、ペイサーズは無得点。
ブレイザーズはホームでは勢いと粘り強さが非常に強く、そう簡単に負けないんですよね。
ペイサーズは今日の負けでプレーオフが少し遠のきました。
これだけの接戦、なんとしてもものにしたかったですね。

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



グリズリーズ 118-95 クリッパーズ

グリズリーズ(16勝44敗)

 ゲイ
  35点
   8リバウンド

 ガソル
  20点
   8リバウンド
  10アシスト
   3スティール
   3ブロック


クリッパーズ(15勝47敗)

 ソーントン
  25点

 バロン
  16点
   7アシスト

 ジョーダン
   9リバウンド
   4ブロック


ゲイの得点とガソルのオールラウンドな活躍でグリズリーズが圧勝しました。
FG%と3P%が50%を超え、フリースローも高確率。その上ターンノーバーが少ないのですから負けるわけがありませんね。
クリッパーズはキャンビーが12分しかプレーしてませんが、ケガでしょうか?
バロンもパッとしませんね…

オフィシャルサイト ハイライトビデオ



今日のTOP10




ブログランキングに参加しています。
↓押していただくとランキングが上がるみたいです。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
  10:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

なんと、東は既に強豪2チームがプレーオフ進出決定ですか~。西はいつものごとく混戦ですがね。ウェスタンカンファレンス首位と2位の差はこれからみるみるうちに縮まってくるんでしょうから、緊張です。はぁ~。贔屓チームのことばかりで申し訳ないんですが、我がレイカーズはホームコートアドバンテージをプレーオフ&ファイナルまで貫くという目標をシーズン序盤から掲げてますから、全体で首位にならなければ意味がありません。(そんな高望みな・・・って感じしますが)ホームコートじゃなきゃファイナル優勝は難しいという現実を学んじゃったんですね~。

スパーズはほんと、平均年齢がどうだの、新しい風が必要、云々と騒がれていますが、プレーオフになった途端、脅威のチームですからね。

今後もすさまじいPASSIONを持って、応援します!!(笑)
[2009/03/07 09:21] URL | LA好き #- [ 編集 ]

LA好きさん、こんにちは。

東は上位3チームと他があまりにも差がありますからね~
早期決定も致し方ないと思います。

西は相変わらず混戦ですね。でも、昨シーズンほど全チームが強豪って感じがしないですね。
レイカーズを除いて、各強豪チームがワンランクダウンしたので、やっぱり接戦って感じます。
若いブレイザーズと、PGが代わったナゲッツはまた事情が違いますけどね。
それでも西がレベルが高いことには変わりないので、レイカーズが東の上位チームに勝率で上回るのは非常に厳しいですよね。

スパーズはプレーオフではホントに変わりますからね~
ただ、今シーズン通しての感想は外のディフェンスが相当に甘い。ですから、フィッシャー、ブヤチッチ、ファーマーなどが頑張ってスリーをたくさん決めてくれると楽になるんじゃないかな、と思います。ああ、モリソンも。

安定したシューターのいるチームには、今シーズンのスパーズは案外もろいような気がします。
ですから、レイカーズより先に、外が武器のブレイザーズやセンターもスリーを打ってくるジャズと当たったりすると、あっさりと敗退する可能性もあると思います。
外は水物なので、ブレイザーズやジャズがプレーオフで安定した確率で決められるとは限りませんけどね。
[2009/03/07 17:43] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1398-ee61b78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。