バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/26 NBAプレーオフ スパーズVSマーベリックス GAME4 TV観戦レポート

ウェスタン
ファーストラウンド GAME4


会場 アメリカンエアラインズセンター(ダラス)


スパーズ

 パーカー
 フィンリー
 ボウエン
 ダンカン
 ボナー


マーベリックス

 キッド
 バレア
 ハワード
 ノヴィツキー
 ダンピアー


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 両チームとも快調な出だしです。より調子が良いのはスパーズ。チャンピオンの頃のような見事なローテーションで試合を進めています。
 しかし、今日はダンカンのフリースローが外れ日です。初っぱなから1/4、これは良くないですね。
 マーベリックスはスパーズの強力なディフェンスの前に上手くオフェンスができていません。
 それでも点差は互角、残り6:11にはテリーが速攻からレイアップを決めて逆転します。
 この流れで逆転されるのはスパーズまずいですね。明らかにスパーズペースなのに…
 マーベリックスはターンノーバーが多いですね。スパーズのディフェンスが良いのもありますが、勝ち星が先行して余裕を持ちすぎじゃないでしょうか。アグレッシブさを感じません。
 そこをついてスパーズが7点のリードを奪いますが、マーベリックスが猛反撃。オフェンスリバウンドを取りまくり、外しても外してもシュートを打ちます。
 怒濤の攻撃でマーベリックスが再逆転。
 29-32で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 スパーズはパーカーの孤軍奮闘。すごい活躍を見せていますが、一人の活躍がいつまでも通用するはずがありません。
 ライトに連続でレイアップをブロックされ、勢いが止まります。
 マーベリックスも決して調子が良いわけではないのですが、ディフェンスがしっかりしているので徐々に点差を開いていきます。
 マーベリックスが一気に走りそうな雰囲気でしたが、テリーが速攻でのレイアップをミスし、そこをついてパーカーが連続スリー!
 テリーが決めていれば11点差だったのが、実際には3点差に迫りました。
 パーカーが再び勢いに乗ってきました。また、ハワードがミスを連発しています。
 試合は一進一退。逆転を繰り返すようになりました。
 スパーズはFG%の高さ、マーベリックスはFT%の高さで踏ん張ってますね。
 前半だけで31点をあげたパーカーに引っ張られ、55-51とスパーズがリードして前半を終了します。



第3クォーター

 マーベリックスは初っぱなからスリー攻勢で一気に逆転します。
 スパーズは相変わらずダンカンのフリースローが入りません。50%は維持していますが…
 キッドはバレアにゲームコントロールを任せて、自身はパーカーへのディフェンスに集中していますね。
 さすがに前半あれだけやられると屈辱でしょう。
 その影響と、パーカーもパスに意識を向けていることで、パーカーの得点は第3クォーター半ばまでで2点のみです。
 パーカーの点が止まると、スパーズの点もなかなか入らなくなりました。
 ダンカンはいつも通り堅実ですが、それだけではなかなか伸びません。
 マーベリックスはハワードが立て続けにシュートを決めて、7点差まで広げます。
 ダンピアーがファールトラブルでベンチに下がってから、代わりに出てきたホリンズが地味に良い仕事をしています。
 オフェンスリバウンドや、しつこいディフェンスでダンカンをイラつかせ、ブロックでゴール下を支えています。
 残り1:00、キッドがジャンパーを沈め10点差!
 スパーズが1点だけ詰め、71-80で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 先手を取ったのはマーベリックス。ライトのカウントワンスローで12点差に広げます。
 そこでスパーズはベンチに下げていたパーカーとダンカンをコートに戻しました。
 ここからが勝負です。
 残り10:06、キッドのシュートフェイクに対して見事に引っかかったウドカがファール。
 スリーフリースローかツースローか、ずいぶん長くオフィシャルがビデオチェックをし、最終的にツースローになりました。
 観客は不満そうでしたが、ラインを踏んでいましたからね。
 パーカーが再び爆発。連続でジャンパーを決め、点差を縮めます。
 ここに来てダンカンがフリースローを二本ともキッチリと決め、3点差に詰め寄ります。
 マーベリックスはフリースローは良いんですが、フィールドゴールが決まりません。
 残り4:20、キッドのジャンパーがまたも外れたと思いきや、ホリンズがフォローアップダンク!
 しかし、興奮しすぎて雄叫びを上げ、リアクションも大きかったためにテクニカルファール…若いですね~
 残り3:42、パーカーがスティールから速攻でファールを受けます。
 ところがそれで得たフリースローを二本ともミス! ここに来て疲れが出てきたのでしょうか。
 残り2:06、ドライブしたハワードに対してダンカンのファール。5つ目! これはきつい。
 直後、5点差にされてやや焦ったのかパーカーがいきなりロングスリーを放ち、当然のごとく外れ。無謀なシュートでした。
 残り39.9秒、ここまで徹底マークされて全く活躍できていなかったノヴィツキーが意地のレイアップ! 90-97! 7点差!
 ここからスパーズは1点も取れず、試合は終了しました。



最終スコアは90-99でマーベリックスの勝利。
スパーズはパーカーがチームを引っ張り、パーカーが試合を壊しましたね。
前半の見事な活躍は不振のチームを救い、逆転する原動力となりました。
しかし、後半は大失速。さらに最後にフリースローを二本とも外し、まだ2分あり、たった5点ビハインドだった状態で、正気の沙汰とは思えない早打ちロングスリー。PGのやることとは思えません。
また、パーカーとダンカン以外のメンバーが大不振。フィンリーもメイスンもひどいものでしたね。
逆にマーベリックスは一丸となってプレーしていました。
ノヴィツキーは苦しんでいましたが、キッドがオールラウンドに、ハワードが得点に、ダンピアーとホリンズがオフェンスでもディフェンスでもリバウンドで、ライトやバレアも主力のミスをフォローしていました。
テリーは後半、ほとんど活躍できませんでしたが、前半はまずまず。
とにかく全員が目立っていました。
気になったのはバスが今ひとつだったのと、パスミスがやけに多かったこと。
これが良ければもっと差がついていたでしょう。
マーベリックスが王手をかけました。次の試合はサンアントニオで行われます。



スパーズ 90-99 マーベリックス

マーベリックス 3勝1敗


スパーズ

 パーカー
  43点
   4スティール

 ダンカン
  25点
  10リバウンド
   7アシスト


マーベリックス

 ハワード
  28点

 キッド
  17点
   7リバウンド
   7アシスト

 ノヴィツキー
  13リバウンド

 ホリンズ
   8リバウンド
   3ブロック


オフィシャルサイト ハイライトビデオ




ブログランキングに参加しています。
↓押していただくとランキングが上がるみたいです。


■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1470-bd8dafb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。