FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ホークスVSキャブス TV観戦レポート

ホークス
 ジョンソン
 クラクストン
 ウィリアムズ
 スミス
 パチュリア

キャブス
 スノウ
 ヒューズ
 レブロン
 グッデン
 イルガウスカス

以上のスターターで試合は始まりました。

今日も放送は9:00から。こんな早く店に来ないって。
…ま、生中継の放送スケジュールに文句を言ってもしょうがないんですが。文句があるならNBAに言えって言われそうです。無理。
ちなみに9:00にまだ店に来てないって、一般の会社と比べるとえらく遅い出社だな、と思われそうですが、買い出しとかその他いろいろあるので、家を出てから店にたどり着くのに時間がかかるのです。
さてさて、おかげさまでまた前半はほとんど観られませんでした。
前半は38-37でキャブスの1点リード。リードはしててもシュート確率が29%とひどい有様です。
オフェンスリバウンドと、ホークスのターンノーバーの多さに救われていた感じです。
しかし、キャブスの方もレブロンが派手なダンクを決めたと思ったら、パッサーだったデイモン・ジョーンズがルーを突き倒してオフェンスファールを取られてノーカウントになったりと、接戦なのに観てて面白くない試合の典型、ミス合戦でした。
前半終了間際、ゴール付近でジャンプボールがあったのですが、ジョー・ジョンソンはそれを直接ゴールに弾きます。入りましたが、当然ヴァイオレーションでノーカウント。キャブスボール。…一体何を考えていたのでしょう? パスのつもりが入ってしまったのではなく、明らかに狙ってました。

後半、いきなりキャブスの調子が戻ります。
レブロンを中心に得点が次々と入っていき、あれよあれよと言う間に差がついていきます。
ホークスもパチュリアとルーが粘り、第3クォーターはキャブスの5点リードで終わります。
第3クォーターのキャブスのシュート確率はなんと62%!
前半の不調は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。
第4クォーターも流れは完全にキャブス。ただ、ホークスも粘って差が7点以上になかなか広がりません。
残り3:14、ホークスはルーのタッチダウンパスをチルドレスがファールを受けながら決めてカウントワンスロー! フリースローは外れますが、パチュリアがリバウンドを頑張ってアウトオブバウンズ。審判が三人とも誰が出したかわからなくてジャンプボールになりました。
こんなシーンは初めて観ましたが、審判も人間なんだな~としみじみ思ったり。これが試合終了間際ならビデオ判定になってたかもしれませんね。
試合は80-83で残り3分を切ります。
残り2:01、スミスを止めに行ったレブロンが転倒し、その隙をついてドライブしようとしたスミスの足を掴んで倒したかに見えましたが、審判の判断は不可抗力でノーファール。スミスはなんとかタイムアウトを取ってターンノーバーを免れます。
そのタイムアウト直後、ホークスのジョンソンがスリーを決め、同点!
キャブスファンで埋め尽くされたクイッケンローンズアリーナの観客から悲鳴が聞こえます。
さらに残り1:10、ルーが切り込んでチルドレスにナイスパス! 86-84と逆転します。
ここに来て、前半の不調が戻ってきてしまったキャブス。シュートが入りません。
リバウンドもホークスに抑えられ、ルースボールファール。ルーにフリースローを与えてしまいます。
しかし、ルーは二本ともミス! 点差は2点のまま試合は最終盤に向かいます。
残り39.4秒、ヒューズが貴重なスリーを決めて86-87! 再逆転! タイムアウト、ホークス!
タイムアウト明け、キャブスは素晴らしいディフェンスを見せます。ホークスはシュートにいけない!
ムリヤリ放ったスミスのシュートは大きく外れ、リバウンドはグッデン。ホークスは当然ファールするしかありません。
残り14.3秒、プレッシャーのかかるフリースローを、グッデンは二本とも決めて86-89の三点差!
ホークスの選択したプレーは、スリーを狙うのではなく、二点を取ってすぐに相手にファールする作戦でした。
ホークスがファールしたのはレブロン。
レブロンはフリースローがあまり得意ではなく、ここまでも3/7で良くありませんでした。
そしてこの大事な場面、二本とも決めれば再び3点差の場面でレブロンは一本しか決めることができず2点差。
ホークスにリバウンドを抑えられ、一瞬の隙をついて切り込んだルーがレイアップ! 同時にブザー!
同点! オーバータイム!
アリーナは静まりかえります。
ルーは一瞬スリーを打ちそうな素振りで、ディフェンスの名手、ヒューズを抜き去ってレブロンを超えて見事にシュートを決めました。

オーバータイム、先手を取ったのはホークス。すぐにレブロンが返しますが、またしてもルーに決められます。しかもスリー!
キャブスはフリースローすら入りません。とうとう地元ファンからブーイングを浴びせられます。
おまけにジョンソンのカウントワンスローを決められ、差は広がる一方です。
それでもまだフリースローが入りません。レブロンがまたしても外し、ブーイング。二投目はなんとか決めますが、ジョンソンにスリーでお返しされ、点差はとうとう8点。
残り1:42、レブロンのシュートをグッデンが何度も何度もティップしてようやく得点。スカッと決めることができません。
第4クォーターとオーバータイムのここまで合わせて、キャブスのフリースローはなんと9/20で50%以下! ひどい数字です。
ホークスもフリースローはひどい有様でしたが、終盤は比較的キッチリ決めていましたし、スリーは高確率でした。この差がでましたね。

最終スコアは104-95でホークスが勝利。
とにかくレブロンが重要なフリースローを決められなかった印象です。二投とも外すことはあまりありませんでしたが、やはりエースとして終盤はキッチリ決めたかったところでしょう。
マジック、バード、ジョーダン、アイザイア、オラジュワンなどのレジェンドと呼ばれる域に達するには、フリースローは不可欠です。
彼らはスーパースターであるが故に厳しいディフェンスにあい、フリースローをたくさん得て、それを決めてきたからこそ恐れられたのです。
シャックのようにファールを受けてもビクともしない規格外の選手でない以上、レブロンはフリースローをもっと高確率で決められるようにならなければなりません。
「レブロンがボールを持った。でも、ファールすれば安心」
と思われるような選手では、今以上に上に行くことはありません。
今日のキャブスはレブロンが34点、グッデンが21点、14リバウンドをあげ、オフェンスリバウンドがホークスの4倍、ターンノーバーも11個とミスがかなり少ない。でも勝てなかった。
勝てたはずなのにオーバータイムに持ち込まれて、突き放された。
キャブスにとってはきつい敗戦です。
一方のホークスは、序盤から中盤こそひどい出来でしたが、終盤は良いプレーが随所に出て、チームとしてまとまっていると感じさせるプレーもありました。
これまたルーが第4クォーター残りわずかの時にフリースローを二本とも決めていれば、もっと楽に勝てたかもしれませんでした。課題はありますね。
この試合は、両チームにとってフリースローがいかに大事かを痛感させた試合ではないでしょうか。

ホークス 104-95 キャブス

ホークス(3勝1敗、3連勝)

 ルー
  19点(8/11)
  11アシスト
  第4クォーターにオーバータイムに持ち込むブザービーター

 ジョンソン
  25点
   8リバウンド
   5アシスト

 スミス
  15点
   7リバウンド


キャブス(2勝2敗)

 レブロン
  34点
   7リバウンド
   6アシスト
   2スティール

 グッデン
  21点
  14リバウンド

 イルガウスカス
  10リバウンド


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんばんは(^○^)



今日はキャブス戦を見れたんですね。スカパーのない私は今日も我慢(T_T)

スポーツセンターUSAで昨日の試合のハイライトシーンを見て

明日のBSの76ers戦を楽しみにしているところです。



ナッシュの髪の毛は切り立てを見たときは本当にショック(>_<)

すごく老けて見えましたよね。最近はその頃よりは伸びてなんとかさまになってきました。

サンズも不調ですね。



点差がない時の試合では本当にフリースローをきっちり入れてこないと

命取りですよね。マブスはフリースローみんな結構上手ですよね。

スパーズは今ひとつ…ここを克服していかないとと思っています。

今日の試合はオーバータイムとはわくわくでしたね。

レブロンにとってもフリースローは課題ですね(*^▽^*)

[2006/11/08 18:39] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん



>今日はキャブス戦を見れたんですね。スカパーのない私は今日も我慢(T_T)



 今シーズン、キャブスを観るのはどうも楽しいとは思えないですね。

 と、言うのもレブロンを初めとする選手たちがフリースローのミスが多く、結果として試合が締まってないです。

 レブロンにしてもキャブスにしても昨シーズンよりもう一歩上に行くには、フリースローや他のミスを少なくしないと難しいでしょうね。

 明日のリーグパスはナゲッツVSニックスです。11:00からなので余裕があります(^▽^)



ナッシュは…ホント、老人に見えましたよね。

サンズはマリオンがいまいち乗れてないように思えます。

わたしはサンズの鍵を握っているのはナッシュでもアマレでもなく、マリオンだと思っているので、彼が安定した活躍を見せないと厳しいでしょうね。



フリースローは日記でも上でも書いたように、地味ですけど重要です。

シャックやチェンバレンのような規格外のセンターであれば、フリースローが下手でもまだ許されますが、レブロンのようにフォワードであれば、致命的な弱点になりかねません。

彼は完成されているようで、まだまだ向上の余地はありますよね。



マーベリックスはジョップとダンピアーの二人以外はみんな上手いですよね。

特にノヴィツキーとスタックハウスは勝負所では外さないイメージがあります。

スパーズは…パーカーやジノビリでさえ勝負所で時々外しますよね…



今日でちょうど今シーズンの試合、10試合を観戦しました。そろそろ観る目が戻ってきましたよ~
[2006/11/08 23:54] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/149-18c6d0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)