バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/7 NBAプレーオフ マジックVSセルティックス GAME2 TV観戦レポート

イースタン
カンファレンスセミファイナル GAME2

会場 TDバンクノースガーデン(ボストン)


マジック

 アルストン
 レディック
 ターコルー
 ルイス
 ハワード


セルティックス

 ロンド
 R.アレン
 ピアース
 デイビス
 パーキンス


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 いきなりデイビスがファールしてベンチに下がります。しかし、GAME1では代わりに出てきたスカラブリニが好調でした。吉と出るか凶と出るか…?
 マジックはターンノーバーが多いですね。2分で2つもしています。
 セルティックスはピアースがファール2つ目。ファールトラブルですね。代わりにマーブリーが出てきました。
 両チームとも、なんとなく上手く行ってないように見えます。セルティックスはシュートこそ入ってますが、調子が良いとは言えないですね。
 マジックはFG%がかなりひどいですね。ノーマークでも外しています。
 パーキンスがハワードを上手く守っていますね。全くボールを持たせてませんし、リバウンドも取っています。ハワードはせめてディフェンスリバウンドをしっかり取りたいところでしょう。
 ひどすぎるマジックの中でレディックだけが好調です。三連続スリーを決めるなどで、突き放されるのを防いでいます。
 21-26で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 マジックは締まりのないプレーをしてますね。気の抜けたターンノーバーもありますし、少しだけ確率は上がったものの、それでも35%に満たないFG。
 セルティックスはまだまだ調子を上げてきてないと思うんですけどね。
 それでこの様では、この試合は大差ですかね。
 マジックがこれだけ自滅してくれるとイヤでもセルティックスの調子が上がってきますが、そんな中、ピアースが一人だけファールトラブル。出てきたと思ったら早々にファールし、3ファールで再びベンチへ。何しに出てきたんでしょう…
 マジックはフリースローすら入りません。GAME1のようなアグレッシブさもないですし、アウェーで一勝もしたし、と今日は勝つ気がないのかもしれません。
 そう思ってしまうほどの腑抜けぶりです。真面目にやってるように見えない。特にハワード。
 46-61で前半を終了します。



第3クォーター

 いきなりデイビスのオフェンスファールによるターンノーバー。セルティックスもピリッとしませんね。
 点差は変わらず試合は進んでいきますが、接戦というより、ミス合戦。
 そしてピアースは4つ目のファールで早々にベンチへ。
 双方FG%が20%台。ひどいものです。
 かといってディフェンス合戦と言うわけでもなく、グダグダな展開です。
 中盤にはセルティックスのパスミスでターンノーバー、ハワードの3秒ヴァイオレーションでターンノーバー…いい加減にして欲しいですね。
 この状況を打開したのはセルティックス。
 ハウスの連続シュート、ロンドの連続ダンクで一気に突き放し、57-81と24点差とします。
 マジックにやる気がないですし、ここまでですね。
 残り48.6秒、シュートを決めたハウスがアルストンに体当たり、アルストンは思いっきり頭を叩いて応酬しました。ダブルテクニカルファール。
 よく、一発退場にならなかったですね…
 ブルズとのシリーズでのロンドの扱いと言い、選手のキャラによって扱いが違いすぎませんかね。
 アーテストがやってたら一発退場&出場停止だと思いますが。
 64-86で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 今日のマジックにこの状況を打開できるわけがありません。



最終スコアは94-112でセルティックスの勝利。
アルストンの行為はテクニカルファールで済まして良かったんでしょうか。
平手で軽くではありましたが、明らかに相手チームの頭を故意に叩いたわけですし。その前のハウスの体当たりも決して良いわけではありませんが、シュートを打った直後でアルストンがいるのがわからなかった可能性もありますしね。
いつからNBAは悪質な行為に対する処罰が甘くなったんでしょう。
80年代くらい激しい行為もOKと言うのであれば、アーテストやラシードが同じことをやっても当然同じ処分なんでしょうね。
試合の方は気合いが入っていた(一部空回りの選手もいましたが)セルティックスと、一勝をあげて安心しきっていたマジックの差が歴然と出ました。
ハワードなんて、全然インサイドにゴリゴリ行く気がありませんでした。
その結果、パーキンスや中に突っ込んできたロンドにやられ放題。
ハウスにもやられ放題、スカラブリニすら止められず。
マーブリーだけは我が道を行って悲惨な結果に終わってますけどね。
セルティックスはピアースのファールトラブルも関係なし。前半で勝負を決めたと言っても良いでしょう。
それでもR.アレンを40分以上プレーさせているコーチの慎重さに脱帽です。
リバースHCには温存すると言う概念はないのでしょうか。
さて、ブルズはGAME1で勝ち、ホーム初戦で気を抜いてGAME3で大敗し、あっさりとホームコートアドバンテージを返上しました。
今回のマジックはここで大敗を喫しました。
目を覚ましてホームに戻るのなら決して悪くはないのかもしれません。
ただ、それを狙うのならもう少し露骨に主力のプレータイムを削った方が良かったかもしれません。
ヴァンガンディーHC、まだポポビッチほどの剛胆さはなさそうですね。



マジック 94-112 セルティックス

1勝1敗


マジック

 ルイス
  17点
  10リバウンド

 ハワード
  12リバウンド


セルティックス

 ハウス
  31点

 ロンド
  15点
  11リバウンド
  18アシスト

 R.アレン
  22点

 パーキンス
  16点
   9リバウンド


オフィシャルサイト ハイライトビデオ



■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1490-6c0dd3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。