バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/22 NBAプレーオフ ナゲッツVSレイカーズ GAME2 TV観戦レポート

ウェスタン
カンファレンスファイナル GAME2


会場 ステイプルズセンター(ロサンゼルス)


ナゲッツ

 ビラップス
 ジョーンズ
 カーメロ
 マーティン
 ネネ


レイカーズ

 フィッシャー
 コービー
 アリーザ
 ガソル
 バイナム


以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 双方、まずは様子見ですかね。少し重苦しいです。
 ディフェンスはナゲッツの方が良いように見えます。
 しかし、ジョーンズがあっという間に4ファール。コービーをマークするのは並大抵じゃないですね。…一つはバイナムに対してでしたが。
 今日はガソルが目立ってますね。GAME1の前半は空気みたいでしたが、オフェンスでもディフェンスでも活躍しています。
 ナゲッツは最初のシュートは防ぐんですが、その後のフォローアップを防げませんね。せっかくのナイスディフェンスも台無しです。
 オフェンスでもマーティン以外が沈黙。非常に流れが悪いです。
 またしてもビラップスは最初のフリースローを失敗。今日は一本だけでしたが、らしくないですね。
 とにかく今日のレイカーズはオフェンスリバウンドを取りまくっています。これだけ取られるナゲッツは珍しいですね。
 それでも思ったより点差は開かず、23-31で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ナゲッツはインバウンドパスをミスするなど、見事なほどに集中力を欠いてますね。
 動きにもキレがなく、ひどいものです。
 そんな状態ですから余計なファール、不用意なパスも嵩んでいき、どうしようもない状態になりつつありますね。
 なにかきっかけを作らないと、前半で勝負がついてしまいますよ。
 タイムアウトを取ると、カーメロが調子を上げてきました。
 3連続シュートで一桁差に詰め寄ります。
 しかし、序盤とは打って変わってディフェンスがガタガタです。
 レイカーズのパスワークが良いのもありますが、それにしてもノーマークのシュートを許しすぎですね。
 ナゲッツはもう、諦めたんでしょうか。本当に腑抜けのようなプレーをしています。
 パスもまともにだせない、キャッチもできない、ボールを取りに行かない、ゴール下に相手がノーマークでいても全員知らん顔でディフェンスにも行かない、フリースローもまともに決められない。
 そんな中、まともなのがマーティンとクレイザ。二人だけしっかりとプレーしています。
 こんな内容で、なぜか点差を詰められていくレイカーズ。
 レイカーズが情けないのか、ナゲッツが調子のでないフリをして油断を誘っているのか…?
 終了間際、ビラップスがインバウンドでコービーの背中にボールを当て、キャッチしてそのままレイアップ! 昔、ピッペンもやってましたね。
 このシュートでなんと54-55と1点差で前半を終了します。
 内容的にレイカーズが15点差をつけていてもおかしくなかったですが…



第3クォーター

 相変わらずパス及びパスキャッチが上手くいかないナゲッツ。なぜ、こんな状況で接戦に…?
 残り11:23、カーメロのジャンパーで同点!
 不思議な展開です。ナゲッツ、とんでもなく調子悪いですけど…
 ただ、カーメロは完璧に復調しましたね。出だしこそ1/6でしたが、その後は高確率で決めています。これが一つの要因ですね。
 また、ガソルの得点とオフェンスリバウンドがピタッと止まってます。
 セカンドチャンスポイントはほとんどなくなりましたね。
 逆にナゲッツはしつこくオフェンスリバウンドに絡むようになりました。
 レイカーズはインサイドが攻めきれないので、外一辺倒になりかけてますね。入っているから良いですが…
 コービーとガソルが徹底的に抑えられてしまっている中、活躍を始めたのがアリーザ。
 豪快なダンク、フリースロー、レイアップと立て続けに決めてペースを引き戻そうとします。
 アリーザの活躍でレイカーズは7点リード。ナゲッツは思わぬ伏兵の活躍に戸惑ってますね。
 しかし、アンダーセンとビラップスの活躍で再び2点差に戻ります。
 今日はネネの調子が最悪です。ボールは手についてないですし、シュートも入りません。
 アンダーセンも自慢のディフェンスが今ひとつですね。ガソルに圧倒されてます。
 それでなぜ、ここまでの接戦になっているのかわかりません。
 そんな中、カーメロが何故か笑顔を浮かべてるんですが…
 でもプレーは激しく、残り40.0秒、執念でリバウンドをもぎ取り、ルースボールファールも受けてフリースロー。
 二本とも決めて80-81と1点差に迫り、そのまま最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 ガソルが一本、ビラップスが二本、フリースローを決めて同点となります。
 残り10:45、クレイザのスリー! 85-82! とうとうナゲッツ勝ち越し!
 ここに来てフリースローを外さなくなったビラップス。逆にミスが出始め、リバウンドが取れなくなったレイカーズ。
 カーメロも良いパス、リバウンドをしています。ナゲッツが5点をリードしました。
 レイカーズも反撃し、1点差となります。
 残り7:13、オドムがフリースローを二本決めて91-92と再逆転に成功します。
 フリースロー合戦になってきました。こうなると一本一本が重要ですよ。
 ナゲッツの方が確実に決めてますね。レイカーズはガソルが三本、ブラウンが一本外しました。
 残り4:26、今度はネネのフリースロー。二本とも決めて97-95とナゲッツがリードします。
 次のナゲッツオフェンスで、ナイスディフェンスを見せたアリーザが速攻を仕掛けますが止められてフリースロー。しかし、一本を外します。
 ナゲッツ1点リード。
 残り2:22、ビラップスのレイアップは外れますが、カーメロが意地でオフェンスリバウンドを奪い、シュート! 99-96! 3点差!
 残り1:59、コービーのスリー! 99-99! 同点!
 残り1:44、ビラップスがガソルからファールを受け、フリースロー。二本とも決めて101-99、2点差!
 残り45.3秒、コービーのジャンパー! 101-101!
 残り29.6秒、ビラップスのレイアップミスをネネがフォロー! マーティンに見事なパスを出して得点! 103-101!
 残り18.6秒、ビラップスとネネのナイスディフェンスでジャンプボール!
 しかし、ガソルとビラップスでは…
 それでもボールを保持したのはナゲッツ! レイカーズはファールするしかありません。
 ビラップスのフリースロー! 二本とも決めて105-101! 残り時間は13.7秒!
 カーメロが足を痛めたようで非常に痛そうです。が、残り時間はわずか。
 残り7.9秒、マーティンがガソルにファール。半分わざとでしたね。
 ガソルはフリースローを二本とも決め、2点差!
 ここからレイカーズはファールするのに3秒もかかってしまいました。しかも相手はビラップス。
 しかしビラップスは一本を外し、3点差!
 残り4.3秒、まだチャンスはあります。
 レイカーズの最後の攻撃は、フィッシャーがエアボールで試合終了です。



最終スコアは106-103でナゲッツの勝利。
あの前半のボロボロな状態でよく勝てましたね。
それでも前半終了時には1点差となっていた、なんとも不思議な展開。
ここからナゲッツはすごかったですね。なにがすごかったって、フリースロー。
第4クォーターだけを見ると、ナゲッツ 13/14、レイカーズ 9/14です。
これをみてもフリースローがいかに大事かわかります。
ビラップスが最後に一本を外したのはまずかったですが、それ以外は他の選手も含めてパーフェクト。
レイカーズはガソルの三本を始め、ブラウンが一本、アリーザが一本、外しましたからね。
また、カーメロのオフェンスリバウンドからのフォローシュートも素晴らしかったです。
レイカーズもガソルがやってましたが、第1クォーターに集中していました。
それに対してカーメロのフォローは第4クォーターに集中していましたし、重要な局面でエースとしての役割を果たしましたね。
ターンノーバーも、ナゲッツがひどい有様に感じたんですが、終わってみると一つしか変わらないのですね。
リバウンドもボールをキープし切れてないように見えましたし…
結果的に、序盤にミスやフリースローミス、リバウンドを取られると言ったマイナス面が強調されたナゲッツ。
逆に、終盤にフリースローミスやリバウンドを取られると言ったマイナス面が出てしまったレイカーズ。
この差が勝敗に繋がってしまいましたね。
フリースローはカーメロとビラップス、合わせて7本ミスしていますが、第4クォーターにはミスは一本だけです。
よく立て直したな、と思います。
これでホームコートアドバンテージはナゲッツに移りました。
そして、次戦はデンバーでの試合。さて、どうなるでしょうか。



ナゲッツ 106-103 レイカーズ

1勝1敗


ナゲッツ

 カーメロ
  34点
   9リバウンド

 ビラップス
  27点

 クレイザ
  16点
   8リバウンド

 マーティン
  16点
   3スティール


レイカーズ

 コービー
  32点

 ガソル
  17点
  17リバウンド

 アリーザ
  20点
   4スティール


オフィシャルサイト ハイライトビデオ




■□■□■□■□■□

自然食品と魚介類・牛肉の通販をしています。

自然食品は有機または無添加で安心・安全・なにより美味しい!
魚介類・牛肉は業務用の卸問屋から直接お届けするのでお安くなっております!

喫茶SVZネット通販部門

よろしくお願いします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

NBAの話ができる方、特に周囲にNBAの話ができる人がいない!とお嘆きの方にご来店いただこうキャンペーン実施中!

平成の名水百選の一つ「雲城水」を使用しています。
コーヒーの出前・周回・お持ち帰りも承っています!
詳しくは当店のホームページをご覧ください。

喫茶SVZのホームページ

営業時間

 平日・土曜
  10:00~11:30
  13:30~20:00

 日曜・祝日
   8:30~18:30

定休日:火曜日

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

ナゲッツファンの僕としては、この試合を観終わったとき思わずガッツポーズをしてしまいました。
第2クォーター序盤までは正直グダグダで観てられなかったですが、ウォルトンがメロにマッチアップしたあたりから、ナゲッツが一気にたたみかけましたね。急にナゲッツのギアが入ってレイカーズが面くらったような印象でした。

あと4クォーターのビラップスは流石ですね!早めに相手のファールを誘っておいて、終盤大事なところでフリースローに繋げていくあたりが憎いです。

これでアンダーセンが目立ってくれれば言うことなしですが、ガソル相手ではちと厳しそうですね。このシリーズに関しては、JRも無鉄砲にシュートを打つよりも地味な方がかえっていい気もしますw
[2009/05/22 23:45] URL | ken #- [ 編集 ]

kenさん、こんにちは。

貴重な勝利でしたね~
確かに第2クォーター序盤まではホントに悲惨でしたから、そこから巻き返したのはすごいですよね。
多分、ビラップスのリーダーシップでしょう。
カーメロも、オフェンスだけでなくディフェンスやリバウンドで体を張るようになってますし、本当に強いチームになったと思います。

ビラップスはフリースローに自信を持ってますからね。
このシリーズは、二試合とも最初は外してますが(^-^;)
無理にシュートを決めるためのドライブじゃなくて、ファールをさせるためのドライブなのがすごいですよね。

アンダーセンはガソルのターンについていけてないですよね。
後ろからブロックしたりもできてないですし。
でも、ガソルはガソルでネネまたはマーティン相手にかなり苦戦してますから、アンダーセンにはバイナムやオドムを止めてもらったらいいのではないでしょうか。

JRはケガしてますからねー
多少無鉄砲なのは彼のスタイルですから、それが鳴りを潜めすぎると起爆剤にもならないので、多少はスタイルを取り戻した方がいいと思いますが…
暴走されるとそれはそれで困りますよね(^-^;)
[2009/05/23 21:33] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1513-f07bca88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[CF] Beat L.A. GAME 2

NBA - livedoor Blog 共通テーマ(Photo by Ziming?)初戦に敗北し、なおかつ怪我人続出で満身創痍のNuggetsが挑むGame2ではどんなドラマが待ち構えているのか? [追記:5/23夜 Game2の動画]
[2009/05/23 20:23] Go! Denver Nuggets!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。