FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ウィザーズVSキャブス TV観戦レポート

ウィザーズのスターターはアリーナス、スティーブンソン、バトラー、ジェイミソン、トーマス。
キャブスのスターターはスノウ、ヒューズ、レブロン、グッデン、イルガウスカス。
ケガ人のいるチームが多い中、両チームともベストメンバーで開幕戦に臨めたと言えるでしょう。

第1クォーターは様子見の様相でした。どちらかが走るわけでもなく、ミスが続くわけでもなく、淡々と試合が進んでいた印象があります。
第2クォーターに入ると、いったんはウィザーズペースになったかに見えましたが、キャブスのヒューズが立て続けにシュートを決め、勢いに乗ります。
ウィザーズはなかなかシュートが入りませんでしたが、トーマスとバトラーのハッスルプレーでつなぎ、前半はキャブスが2点をリードして終了します。
前半はキャブスが活躍すべき選手が活躍していたのに対し、ウィザーズはアリーナスが不調で無得点でした。その分、バトラーとトーマスが頑張って接戦になったと言えるでしょう。

後半に入ってもアリーナスの得点が入りません。代わりにトーマスがオフェンスリバウンドでフォローしたり、イルガウスカスをブロックしたりと、チームを盛り上げます。
キャブスもヒューズが相変わらず絶好調。開始当初は淡々としていた試合が徐々に白熱してきます。
アリーナスはシュートが入らない分、アシストで貢献します。第3クォーター残り7分の時点で、0点6アシスト。ポイントガードとしてはおかしくない数字です。アリーナスと言う選手にしてはおかしいですが。
キャブスはヒューズがどんどんとシュートを決め、4点差をつけ、さらに、グッデンのブロックからレブロンのダンク、ヒューズのスリーで一気にキャブスが突き放します。
第3クォーター残り3分30秒付近で、アリーナスはようやく初得点をあげますが、キャブスはヒューズのスリーでお返し、差は広がります。
ヒューズがとにかく絶好調で、この後もシュートを決めて、10/12の83.3%。ガードのシュート確率ではありません。解説者はダイナマイトと表現していました。
ウィザーズもバトラーが踏ん張り、アリーナスのナイスアシストなどで、6点差に縮めて第3クォーターを乗り切ります。
しかし、第4クォーター開始早々、今度はジョーンズのスリーが炸裂。差は9点に。
ところが残り6分強でヒューズが負傷し、ロッカーへ下がります。
ウィザーズはその隙をつき、ジェイミソンのブロックとアリーナスの素晴らしいアシストで4点差に詰め寄ります。
さらにダニエルズのフリースローで同点。
レブロンのスリーでキャブスは再びリードしますが、シュートが全然入ってなかったアリーナスがスリーをようやく入れてまた同点。
残り3分を切って、試合は振り出しに戻り、ヒューズが治療から帰ってきます。
ワンゴールずつ決めて、残り2分で91-91。
リバウンドをもぎ取ったバトラーが倒されながらもボールを抱え込み、グッデンとバレイジャオに囲まれながらタイムアウトを請求。認められてウィザーズのタイムアウト。勝ち越しのチャンスを掴みます。
このチャンスにジェイミソンがキッチリと決めて、勝ち越し!
しかし、ヒューズがダンクを決めてまたも同点、さらに残り50秒を切ったところでレブロンのレイアップで93-95!
残り36.6秒、ジェイミソンはフリースローを得ますが、一投目をミス、二投目を決めて94-95となります。
残り18.2秒、ヴァレイジャオのフリースローは一投目のみミスで94-96!
残り6.1秒で逆転をかけて放たれたヘイズのスリーは外れ、ヴァレイジャオがリバウンド。ウィザーズはわざとファールしてフリースローになります。
二投目を決めて94-97の三点差。ウィザーズは最後の20秒タイムアウトを取ります。まだ望みはある。
しかし、ジェイミソンのスリーは外れ、ゲームセット。
キャブスが激戦を制しました。

印象としてはとにかくヒューズ。彼がすごかった。最終的に11/15の27点に加えて9リバウンド、5アシスト。ものすごい活躍です。
キャブスはとにかくフリースローが入りませんでした。レブロンに至っては第3クォーター途中で初めて決めたほどで2/6、ヒューズでさえ2/5、ヴァレイジャオが5/9、グッデンが0/2…ひどいです。
ウィザーズはアリーナスの不調が響きました。アシストは11と良い数字をあげましたが、シュートは2/12…やはりチームは彼の得点を期待しているでしょう。バトラー、トーマス、ヘイウッドが頑張っていましたが、アリーナスのシュートがあれだけ外れるとチームの構想が根本から変わります。

ウィザーズ 94-97 キャブス

ウィザーズ
 バトラー   23点、6リバウンド
 ジェイミソン 20点、2ブロック
 トーマス   14点(7/7)、2ブロック

キャブス
 ヒューズ   27点(11/15)、9リバウンド、2スティール
 レブロン   26点、10リバウンド、2ブロック
 グッデン   14点、11リバウンド


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/163-cb9c9cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)