バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オベルト、引退

スパーズの黄金時代後半において、地味にダンカンをサポートしていたアルゼンチン人のファブリシオ・オベルトが再発性心悸亢進と言う心臓の病気のため、引退を発表しました。
最近はあちこちのチームを渡り歩き、あまり出場時間が得られてませんでしたが、全盛期はスパーズだけでなくオリンピックでもジノビリと共にガッツのあるプレーを見せていました。

ケガでも衰えでもなく、病気が原因で引退なのは寂しいですね。
近年ではジェイソン・コリアーが心臓の病気で亡くなり、カティーノ・モーブリーが引退を余儀なくされました。
そう言えばモーブリーも心臓の病気です。
引退選手ではケビン・ダックワースも44歳の若さで心臓の病気で亡くなってますね。
体の大きな人間は心臓も大きく、故に負担が大きいとか、NBAのような強いストレスを受けるところは心臓に大きな負担がかかるとか、いろいろと言われていますが、心臓などの重要な器官はしっかりとケアしないといけませんね。
その点、NBAは年に一度の心臓検査を義務づけているので、悲しい事故にはなりにくいかもしれません。
モーブリーもその検査で疾患が想像以上に進んでいることが見つかったわけですし、今回のオベルトもそうなのかもしれません。
コリアーの急死と、エディ・カリー(ニックス)の疾患発見によってリーグが心臓検査を強化したわけですが、そう考えるとコリアーの死は無駄ではなかったのかもしれません。
ですが、これからどれだけの選手の死を食い止められようと、コリアーが帰ってくるわけではありませんし、二度と悲しい事故が起こらないことを望みます。

命より大切なスポーツなどありません。
オベルトの決断は、本人は辛く悔しいだろうし、ファンは寂しいでしょうが、それでもこの状況でバスケを続ける選択をするなんてあり得ません。
オベルトの今後の人生に幸多いことを祈ります。

お疲れ様でした!


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1845-6465f397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。