バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/6 NBA ヒートVSホーネッツ TV観戦レポート

会場 ニューオリンズアリーナ(ニューオリンズ)

ヒート

 アローヨ
 ウェイド
 レブロン
 ボッシュ
 アンソニー

ホーネッツ

 ポール
 ベリネーリ
 アリーザ
 ウェスト
 オカフォー

以上のスターターで試合は始まりました。


第1クォーター

 ポール、ベリネーリのバックコート陣、いいですね。
 パスも出せますし、点も取れます。バランスがいいですね。
 ヒートは相変わらず、外でボールを回して最後にボールを持った選手がそのままシュートを打つか、突撃するかの二択。
 選手の個人能力のみに頼ったオフェンスですね。
 ホーネッツはしきりにウェストと交代で出てきたルーキーのジェイソン・スミスにボールを集めています。
 NBAに早く慣らすためでしょうか。
 スミスも粗いプレーがところどころ見られるものの、期待に応えてダンクも含めた6点を奪取します。
 ルーキーの頑張りに触発されたホーネッツが圧倒。
 ポールは既になんと9アシスト。すごいですね。
 17-29で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 最初の得点はまたしてもスミス。アリーザのミスシュートを押し込み、ファールももらいました。
 ボーナススローは外したものの、ルーキーの奮闘は盛り上がりますね。
 ヒートはイルガウスカスとジョーンズが好調。
 ジョーンズは開幕戦からずっと好調を維持していますね。
 また、ハウスが闘志あふれるプレーを見せています。今のところヒートで一番目立っているのはハウスですね。
 残り4分を切って、ウェイドの活躍で一時点差を詰めましたが、ホーネッツはここから好ディフェンスを展開。
 ディフェンスからの速攻を決め、再び点差を広げました。
 41-50で前半を終了します。


第3クォーター

 アリーザはレブロンをよく抑えてますね。さすがに完全に抑えることはできてませんが、苦しいシュートを打たせることに成功しています。
 また、自分一人で抑えようとせず、チームメイトが後ろに控えている道は空けて誘い込むなど巧妙なディフェンスも見せてますね。
 ポールは目を見張るプレーを随所で見せますが、ミスも多いですね。それもうかつなミスなので、落ち着いたプレーをしたいところ。
 終盤、ホーネッツがスティールからの速攻を連発。一気に突き放すかに見えましたがヒートも踏ん張ります。
 最大13点差まで広がりましたが、一桁差に戻しました。
 64-72で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 イルガウスカスは相変わらず好調。今日はシュートを落としていないんじゃないでしょうか。
 そのおかげでヒートは6点差に迫ります。
 ホーネッツは再びスミスがハッスルプレー。ハスレムとボールを取り合ってジャンプボールに持ち込むなど、チームとファンを盛り上げます。
 そのジャンプボールもものにし、ホーネッツチャンス。と思いきやウェイドのスティールからの速攻。ファールでなんとか止めました。
 残り6分を切ってウェイドが調子を上げてきました。シュートもパスも効果的になってきましたね。
 ウェイドとハスレムの活躍でヒートが3点差に迫ると、ゲームが白熱してきました。
 ホーネッツもここに来て確実にシュートを決めます。なかなか逆転させません。
 ウェイドがボールを持つとヒートは上手くオフェンスできますね。
 レブロンが突撃すると失敗してます。ボッシュはいるのかいないのかわかりません。
 残り3:35、ウェイドがスリーフリースローを全て決めて1点差!
 ホーネッツは点を返せませんが、ポールがレブロンからスティール!
 そこからのオフェンス、オカフォーがショットクロックぎりぎりでショット! 3点差!
 残り2:08、ポールがカウントワンスローを決めたかと思いきや、オフェンスファール!
 ハスレム、値千金のディフェンスでした。
 そのコールに抗議したポールがテクニカルファール。
 フリースローをウェイドが決めて2点差!
 残り1:32、ウェストがフリースローを一本決めて86-89! 3点差!
 残り1:27、レブロンが突撃しますが、ファールで止められます。
 フリースローを二本とも決めて88-89! 1点差!
 ポールが少し無茶をしすぎです。自滅に近い形でミスショットし、ヒートのオフェンス。
 アリーザが早すぎるファールをしてしまい、レブロンがフリースロー。
 二本とも決めて90-89! ヒート逆転!
 残り50.2秒、ベリネーリのシュートに対してジョーンズがファール。フリースロー。
 二本とも決めて90-91! 再び逆転!
 残り35.6秒、こぼれ球の取り合いとなり、ボールはラインを割ってホーネッツボール!
 ちょっとウェイドがかわいそうでした。
 残り14.3秒、アリーザがポールのアシストでスリー! 90-94! 4点差!
 今度はポール、ちゃんとボールを回しました。
 また、アリーザもこのまま押し切られていたら、レブロンに対するファールが敗因と言っていいほどでした。挽回しましたね。
 残り7.5秒、レブロンが突撃するも止められます。
 しかし、フリーになったボッシュがまさかのスリー! 93-94!
 打つしかない状況でよく決めました。
 もうヒートはファールゲームに行くしかありません。
 フリースローはウェスト。
 一本目…成功。二本目…成功! 93-96! 3点差!
 ホーネッツはなんとしてもスリーは防ぎたいところ。
 ヒートがボールを託したのはハウス!
 しかし、シュートは外れ、試合は決しました。


最終スコアは93-96でホーネッツの勝利。
ホーネッツは全勝を継続中。
バックコート陣を中心に攻め、オカフォー、ウェストなどのインサイド陣がブルーワーカー的な働きをしています。
明確な役割分担がなされているのが強さの秘訣でしょうか。
ポールが時々突っ込みすぎたり、ボールを持ちすぎたりしてますが、まあポールですからOKでしょう。
ヒートが単調なオフェンスを繰り返していた序盤に大差をつけたのが良かったですね。
後半の戦いぶりは観ていて危なっかしく、序盤のリードがなかったら勝ちはなかったでしょう。
全勝継続中とは言え、地力や底力を感じる内容ではなかったので、勝って兜の緒を締めなければこの調子は続かないでしょう。
ヒートは序盤が響きましたね。
中盤からはウェイドがボールを回すようになり、特にレブロンがベンチにいるとコンビネーションプレーが機能していたと思います。
今日のレブロンはトリプルダブルに近い活躍をしていますが、今ひとつ空回りであまり評価できる内容ではなかったですね。
ウェイドを立てて裏方でいようとしていたのかもしれませんが、時々思い出したかのように突撃して自爆していたので裏方なら裏方に徹するべきだと思います。
とは言え、今日はフリースローを決めていたのでチャラですね。
ボッシュは最後のスリー以外は相変わらず空気。リバウンドが1て。
ハウス、ジョーンズ、イルガウスカスの方がよほど目立ってます。
ハスレムがスターターの方がいいんでない?
ただ、今日の後半はウェイドを中心にまとまったプレーをしていたと思います。
問題はやはりレブロンとウェイドの共存。
これまで、どちらも同じような役割をしてきたために、完全に被ってます。
今日のようにウェイドを中心にするとレブロンがやりにくそうで、レブロンを中心にするとウェイドがペースを掴めないんですよね。
まとまってくると今以上にチーム力が上がりそうですが、そうなるとレブロンかウェイドのどちらかが出しゃばらないようにする必要があり、そうなるとレブロンでなくてもっと安い選手の方が良かったのでは?と言う話になってくるでしょう。
既にボッシュは、安いブルーワーカーを取った方がバランスが良いのでは…と言うような状況になってます。
少なくともわたしの観た三試合、いずれも中堅クラスのリバウンダーがいた方が良いのでは、と思えるようなことしかしてません。
中堅クラスのリバウンダーほど中にいかないのでハスレムがベンチにいる時間帯は、レブロンやウェイドのミスをフォローできないんですよね。
このままではボッシュの価値が著しく低下していきそうな気がします。
ボッシュの代わりにハスレム、またはヴァレイジャオ(キャブス)、ヒクソン(キャブス)、ヒバート(ペイサーズ)、ノア(ブルズ)みたいな選手がいた方が絶対にヒートは強いです。
で、彼らは誰一人としてボッシュほどのサラリーが必要な選手ではありません。
思うように勝てなければ、ボッシュ不要論が出てきそうな気がします。


ヒート 93-96 ホーネッツ

ヒート(4勝2敗)

 ウェイド
  28点
  10リバウンド
   7ターンノーバー(BAD)

 レブロン
  20点
   7リバウンド
  10アシスト
   3スティール


ホーネッツ(5勝0敗)

 オカフォー
  26点
  13リバウンド

 ポール
  19アシスト
   5スティール

 ウェスト
  15点
   7リバウンド


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1847-eb351cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。