バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/10 NBA ピストンズVSブレイザーズ TV観戦レポート

会場 ローズガーデン(ポートランド)


ピストンズ

 スタッキー
 ハミルトン
 プリンス
 デイ
 ベン

ブレイザーズ

 ミラー
 ロイ
 バトゥム
 オルドリッジ
 キャンビー

以上のスターターで試合は始まりました。


第1クォーター

 まずはブレイザーズが先手を取ります。
 シュートを易々と打ってますね。
 ピストンズは強力ディフェンスで優勝したメンバーの三人がスターターなわけですが、全く面影がないですね。
 プリンスは好調ですが、単発ですね。
 オフェンスでも全員バスケを展開していた頃の面影がありません。
 一方のブレイザーズはベンチ選手を含めて多角的な攻撃を展開。どんどんシュートを決めていきます。
 25-36で第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 マグレディーが出てきました。
 二本のシュートを決めましたが、流れが変化することはないですね。
 もう、試合の流れに影響を与える選手ではなくなっているということでしょうか。
 代わりに流れを変えたのはゴードンとヴィラヌエバ。
 粘り強く点を重ねていき、徐々に点差を詰めて3点差に迫ります。
 ブレイザーズは突然シュートが入らなくなりましたね。特にピストンズのディフェンスが良くなったようには見えませんが…
 ところが、終盤に差しかかるとオルドリッジが突如復調。次々と好プレーを見せます。
 そのおかげでブレイザーズは再び差を広げ、45-53で前半を終了します。


第3クォーター

 開始からブレイザーズが一気に走ります。
 あっという間に差を二桁に広げ、ペースを掴みます。
 バトゥムとキャンビーのコンビ、なかなか良いですね。
 しかし、センターのキャンビーが、フォワードのバトゥムにナイスパスを連発するとは一体…
 まあ、キャンビーは昔からトップからゴール下へのアシストパスが上手いですが。
 ピストンズはスタッキーの個人プレーしか点を取る術がありません。
 スタッキーの得点力は大したものですが、彼はPG。一人で突撃して点を取るのが仕事ではない。
 ハミルトン、ゴードンと得点力のある選手たちの特性を完全に消し去っているのは残念ですね。
 63-74で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 試合のペースは完全にブレイザーズですが、どうも勢いに乗れませんね。
 自分たちで流れに乗り切れないようにしている感じ。上手く表現できませんが…
 ピストンズはピストンズで、その相手の隙をつくこともできません。
 そんな流れを変えたのはフェルナンデスとカミングハム。ハッスルプレーやダンク、ファーストブレイクでチームを盛り上げました。
 完全に勢いに乗ったブレイザーズが残り5分を切って25点差に広げ、一気に勝負有り。
 残り50.7秒にはスタッキーが足を痛めたようで、ベンチに下がりました。踏んだり蹴ったりですね。


最終スコアは78-100でブレイザーズの勝利。
昨日の試合(セルティックスVSマーベリックス)を観てからだと、正直、粗くて面白くない試合でした。
大差と言うこともあったんですが、ブレイザーズは前半でこれくらいの点差をつけてもおかしくありませんでした。
それくらい流れはブレイザーズにありましたし、ピストンズはひどかったですから。
ビラップスがいた頃は強豪だったピストンズは完全に崩壊。優勝メンバーの内三人が残っているのに。
とにかくハミルトンとゴードンを活かせるPGが必要です。
スタッキーは自分で点を取りにいってなんぼの選手です。ずっと言い続けていますが、ハミルトンとの相性が最悪です。
劣化版アイバーソンみたいな選手が、走り回ってパスを受けるタイプのハミルトンとあうわけがない。
また、ある程度ボールを持って調子を上げるゴードンともあいません。
マキシールは完全に伸び悩み。ミルサップ(ジャズ)にはなれそうにないですね。
デイとヴィラヌエバはまあまあ、良いんじゃないでしょうか。
マグレディーは…いてもいなくてもあまり変わらないような。
もう、随分長いこと低迷してますし、そろそろデュマースGMも手を打たなければならない時期に来てるんじゃないですかね。
ブレイザーズは若くて将来性豊かではあるものの、まだまだ優勝に手が届きそうな雰囲気ではありません。
もっとも、対戦した相手が口を揃えて「ロイが本調子ではない」と言ってるので、彼が本調子に戻ったらどう変貌するか、楽しみではありますが。
プリズビラやオデンもその内帰ってくるでしょうし、その時にどうなるかですね。
今日の戦いぶりではプレーオフ進出が精一杯でしょう。
フェルナンデスは良かったですね。
帰国だトレードだと随分と揉めてますが、バスケにはしっかりと集中しています。このプロ意識は良いです。
バトゥムも順調に伸びてきてます。
ただ、それでももう一声、何かが足りない気がします。


ピストンズ 78-100 ブレイザーズ

ピストンズ(2勝6敗)

 デイ
  15点
   8リバウンド


ブレイザーズ(6勝3敗)

 オルドリッジ
  19点
  17リバウンド


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
喫茶SVZのホームページ (PC用)
 (営業時間・定休日・メニュー・サービス等が掲載されており、ネット通販もしています)
喫茶SVZモバイル (携帯電話用)
 (PCからアクセスされた場合は強制的にPC用に飛びます。
  また、通販をご利用の方は携帯電話からでも上記PC用のアドレスにアクセスしてください)
コーヒーブログ
 (店やイベントの情報、店長の日常を記しています)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント

こんばんわー

おっしゃるとおり、デトロイトは今年もダメですね。スタッキーで行くならいくで、コーチがもうはっきり決めないといけない、でも決められない。
スタッキーを切る方が早い気もしますけども。
なんだか、寂しい試合でした。

バトゥムは昔のテイションを見てる感じです。ロイはいつもそんなふうに本調子でないと言われてる気がしますね、ルディのほうが僕は好みです。
ブレイザーズ、決め手にかけるんですよねぇ、ロイがその答えだとファンはみんなそう思ってるんでしょうかね?

[2010/11/10 22:02] URL | びょん #- [ 編集 ]

びょんさん、こんにちは。

良くも悪くもスタッキーをなんとかしないとピストンズは浮上できそうにないですね。
とにかくハミルトン、そしてゴードンとの相性が悪すぎます。
マグレディーもゴードンタイプですしね…
ヴィラヌエバは悪くなかったですけど。

バトゥムはいいですね!
ただ、プリンスほどディフェンス力はないような。
ロイはコービーにも、ウェスタンで一番ディフェンスしにくい選手、と言われてますからね。
ただ、健康であれば、の注釈はつくでしょうが。
なんとか健康を取り戻して欲しいものです。
[2010/11/11 13:31] URL | SVZのマスター #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1849-981b928e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。