バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんかムチャクチャ…

まだ成立してませんし、どこに行くかもハッキリしないのですが、ハワードとポールの移籍は決定的のようですね。
配分率だけが取り沙汰されていましたが、こういう流れ(レブロンに始まったスーパースター一極集中)を抑制することも今回の話し合いの目的で、ロックアウトにまで至っていたんじゃないの?と思います。
最終的に配分率のことばっかりに争点が集まってしまって、もう一つの大きな課題だった戦力の分散については何一つ変わっていないと思います。
この状況(ルール)で最短で6年は行くわけか…
やっぱり、今シーズンは潰してでもじっくり話し合うべきだったのでは。

開幕が決まった直後は、なんだかんだ言いながら楽しみだったのですが、一気に白けました。
これでポール&ハワードが揃ってレイカーズに行くとか、レイカーズでなくても同じチームに集うとかだったら、より一層白けるでしょう。

オーナー側の強硬派筆頭で、一気に株が急落し敵を増やしまくったマイケル・ジョーダンの方が正しかったんじゃないの?とすら思います。
ジョーダンを始めとするスモールマーケットのオーナーたちはこの流れもなんとかしたかったわけですから。

まー、それでもキャブスオーナーのギルバートは昨年に引き続き醜さ全開ですが。もう、こういうキャラになりましたね。


チャンドラーをニックスに放出したマーベリックス。
ハワード獲りの中に入ってるようですから、それを見越してのチャンドラー放出だったのかも。
個人的には今年も優勝を狙って欲しいですが、スーパースターはノヴィツキー一人の正統派(?)路線で、またしてもお友達大集合の安易チームを粉砕して欲しい物です。
ハワードが入ってしまったらもう、お友達集合チームではないものの、素直にマーベリックスは応援できなくなる気がします。わかりませんけど。
現時点で可能性の高いオドム入りまでで止めといて欲しいですね。
幸い、ヘイウッドもいるわけですし、そこまでインサイドの駒が足りてないわけでもないですし。

で、そのチャンドラーを獲得するためにビラップスを放出したニックス。
当然、ビラップスは激怒。
NBAファンの間でもあまりにも扱いがひどい、とビラップスに同情的な意見が広がっています。
ニックスに報復することができて、優勝も狙えるチームを望んでいるそうですが、それだとヒートが最有力候補になりますし、本人も可能性を否定していません。
ビラップスのヒート入りはマジで勘弁。
ヘッポコ3人衆を真のbig3に変貌させてしまいかねない。
おまけにビラップスなら3人がファイナル終盤での体たらくになった時、冷静に自ら点を取りチームを立て直すことができるようになってしまいます。
96年ブルズの記録を更新する勢いになっても不思議じゃありません。マジ勘弁。
わたしはあの3人が一緒にいる間は一度でも優勝して欲しくないので。
でも、ビラップスが入ったら(好きな選手なので)ヒートを思いっきり嫌うこともできなくなる。マジ勘弁。


この他にも動きが大量にあって、把握しきれてません。
とりあえずポールはクリッパーズが有力なようです。バトラーが入りましたし、ゴードンやグリフィンもいるので面白いチームになりそうです。これなら歓迎。
ハワードはクリッパーズに行くことはないでしょう。順当にネッツかな?
ビラップスは…もしかすると彼の決断が今シーズンの優勝を決めるかも。
チーム次第でそこまでの影響力を持つと思ってます。
ニックスはビラップスを放出したことを後悔することになるでしょう。
昨シーズン、ビラップスがいなかったらプレーオフに行けたのかな?
ビラップスがケガをした瞬間、堰を切るようにチームが崩壊してしまったのを忘れてしまっているようです。
GAME1でビラップスが(ケガで)途中退場するまでは勝ちそうな流れだったのに、いなくなったらなんの対処もできなかった。
その後もズルズルと…と言う展開でした。
GAME1でビラップスが最後までプレーできていたら勝っていて、シリーズを勝ち抜けたかどうかは別にしてもっと激戦のシリーズになっていたかもしれません。
残念ながらカーメロやアマレにはそんな力はなかった。
当然、チャンドラーにもない。彼は良いPGに活かされるタイプだから。
ビビーではビラップスの代わりは務まりません。5年前ならわかりませんが。

ビラップスがヒートに行ったら…今シーズンもイーストはヒートで決まりでしょう。
ファイナルは対戦相手との相性次第ですかね。

ビラップス…ヒート行きだけはやめてー
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1880-e5994806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。