バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/1NBAマーベリックスVSウルブズ観戦感想

会場 ターゲットセンター(ミネアポリス)

マーベリックス 82-99 ウルブズ

マーベリックス(1勝4敗)

 ノヴィツキー
  21点


ウルブズ(1勝3敗)

 ラブ
  25点(3P 5/6)
  17リバウンド(7オフェンスリバウンド)

 ウィリアムス
   7リバウンド
   3スティール


とにかくラブがすごい試合でした。
ノヴィツキーのお株を奪うスリー攻勢。流れが悪くなった時にことごとく決めて、マーベリックスに流れを渡しませんでした。
また、いい味を出していたのはデリック・ウィリアムス。リバウンドによく飛び込み、チームを活気づけていましたね。
そして注目のルビオは、第4クォーターにいいプレーを連発していましたね。弱点と言われていたジャンプシュートも決めていましたし、パスも冴えていました。
しかし、ルビオの正念場はここから。様々な角度から研究されてきて、対策を練られた時にどう対応していくのか。ジャンプシュートも苦手との評価だったのであまり警戒されてなかった部分も見えました。
それもしっかりとチェックされるようになった時、どうするかですね。シュートが決められないパッサーはNBAでは通用しません。しかし、それを乗り越えることのできる選手だと感じました。
マーベリックスはまだ寝てますね。
ベテラン勢の調整もまだキッチリできてませんし、新メンバーとのコミュニケーションも上手くいってるとは思えません。
動きが鈍く、集中力もあるように見えませんでした。
プレーオフに出られればそこで…と思ってるかもしれませんが、この調子だと寝てたらいつの間にかレギュラーシーズンが終わってた、起きた時には手遅れだった、と言う事態ににもなりそう。
ここから10試合程度で勝率を一気に上げないと、そのままズルズル崩れていくこともありそうです。
リバウンドに対する意識があまりにも低すぎます。まともに相手と競り合いに行ってるのはカーターだけでした。
チャンドラーがいないとかそう言う問題ではありません。意識の問題。取りに行っても取れない、のではなく、カーター以外は取りにも行ってない。ガードのカーターだけが取りに行ってどうする。
外のシュート主体のチームがリバウンドを取りに行かないなんてお話になりません。
今のマーベリックスには王者の風格や余裕ではなく、一度成り上がったが故の慢心が見て取れます。
真の王ではなく、ただの成金。
ここから変貌するには、彼らの意識と自覚にかかっています。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1887-07b98920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。