バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NBAファイナル GAME1

前半のプレーを見た時、サンダーは調子悪いというより硬いなーと思ってました。
フリースローすら50%の確率でしたからね…
それでも前半で勝負が決まるほど大差がつかなかったのは、デュラントだけはキッチリとシュートを決めていたのとフィッシャーの存在が大きいでしょう。
特にフィッシャーは、サンダーの若い選手たちにファイナルで戦う姿勢と気持ちの持ち方を実践していたように感じました。
普段は見せないようなドライブもしていましたし、ファイナルではこれくらい強気で、攻め気でいかないとダメだ!と見本を示していたんじゃないでしょうかね。想像ですが。
そんな硬さのあるサンダー相手に、あまり点をつけられなかったヒート。
これは硬さが取れたら一気にサンダーが走るだろう、と思っていたら、本当にそうなりました。

とにかく、素直にデュラントがすごい。
信じがたいパフォーマンスでしたね。

レブロンも、昨シーズンほど情けないプレーはしていませんでしたが、セフォローシャにある程度押さえられたのが痛い。
ですが、今日に関してはレブロンは責めるべきところは何もないでしょう。
それ以上に、バティエ以外の周りが悪かった。
ウェイドはいたの?って感じでしたし、ボッシュはその他大勢になってましたし、その他の選手は何をしていたのかわかりません。チャーマースは少し闘志を見せてましたか。

サンダーもみんながみんな調子が良かったわけではありません。
パーキンスは空気でしたし、イバカとハーデンはカンファレンスファイナルほどのすごみがなかった。

それでこの結果ですからね…

チーム力に関しては間違いなくサンダーの方が上でしょう。
しかし、それをも粉砕する力があるのが、ヒートのBIG3なわけで。
レブロンだけがこの調子、あるいはウェイドが多少復調してもレブロンが昨シーズンのようになってしまったら、ヒートに勝ち目は一切ありません。
サポーティングメンバーの力はサンダーの方が上なのは明白ですから。

スウィープもあるかもしれませんね。
そう感じずにはいられないGAME1でした。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1890-13f6d903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。