バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NBAファイナル GAME3

これはヒート優勝かな、と感じました。
サンダーはヒートに比べると修正する点が多く、それが改善できれば寄せ付けないでしょうが、このシリーズ内にできるとはちょっと思えません。
デュラントがGAME2に続いてファールトラブルに陥ったのも少し情けない。
仕方のないファールではなく、余計なファールもしてましたからね。
また、ヘタレブロンが乗り移ったかのような、第4クォーターでの失速ぶり。
競ってる終盤でフリースローを二本とも外すなんて、デュラントタイプのエースは許されない。
あれが全てと言っても過言ではないでしょう。あそこでデュラントがフリースローを外したのが敗因です。

逆にレブロンは完全にチキングから脱却しましたね。
一番最後のフリースロー、一本目を外したところにややその気は残ってますが、一本決めればOKの場面だったので、二本目を決めて問題なし。
その前のフリースローは二本とも決めたのは、まさに脱却の証かもしれません。
チキングのヘタレブロンとはもう呼べないかもしれません。
以降の試合ではどうかわかりませんが。


サンダーは負け方がひどすぎました。
前半はせっかくブロックやナイスディフェンスをしても、リバウンドなどのフォローができない。
終盤は大事なところでシュートが入らないだけならいざしらず、プロと思えないミスを連発。
試合全体では、得意のフリースローがことごとく入らない。
フィッシャーとセフォローシャ以外、ろくなプレーをしてませんでしたね。
フィッシャーがあそこまで頑張らなければならないようでは話になりません。
彼らの献身的なプレーを見て、何かを感じ、奮起することができないようなら、デュラントもウェストブロックもハーデンもチャンピオンになる資格はない。

ハッキリ言ってヒートのバスケは面白みの欠片もない。
しょせんは個人能力を駆使したごり押しバスケだと、わたしは思うから。
こんなバスケに、チームに、絶対にチャンピオンになって欲しくない。
でも、チャンピオンのスピリットを持っているのは、今シーズンはヒートだと思う。
GAME2のなんとかなるさ感、GAME3の不甲斐なさ、これらを踏まえるとサンダーにまだチャンピオンリングは早い気がする。

大事なところでフリースローを決められないエースでは優勝には到達できません。
シャックのような規格外は別にして。
ここまでのレブロンがまさにそうでしたからね。
レブロンも大事なフリースローをいくつ落として、苦渋を舐めてきたか。
戦術、スリーの確率、ディフェンス、いろいろな要素が絡み合うでしょう。
ですが、それよりもなによりも、GAME4をサンダーが取ろうと思ったら、フリースローをキッチリ決めなければなりません。
どんなに難しいシュートをねじ込もうが、グッドディフェンスをしようが、しょせんはフリースローの入らないチームは勝てないのです。
普段の確率であれば、サンダーはフリースローであと5点は取れたはず。
それを積み重ねていれば試合展開はかなり変わったはずです。
逆にヒートは去年のファイナルなら、フリースローをあと7本くらい落としていたはず。
それを決めたから踏ん張れたわけですよね。

GAME4、フリースローが重要な鍵を握るでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/1893-9def7cca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。