FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ホームコートアドバンテージ

NBAではホームコートで戦えることが非常に有利になります。
日本ならばそれぞれの応援席があり、東京ドームであっても阪神ファンがいたり、ナゴヤドームであってもヤクルトファンがいたりしますよね。
アメリカの場合、そうはいきません。
西端チームの一般の地元ファンが、東端での行われている試合など、見に行けるはずがありません。飛行機ですら何時間もかかるのですから。
同じ西、あるいは東同士の試合であっても、北と南で随分離れています。
よって、ホームコートは9割以上がホームのファンで埋め尽くされ、アウェーのチームには敵意剥き出しのブーイングを浴びせます。
その声援は時に、審判の判定をも左右し、相手チームのリズムを狂わせます。
また、NBAは世界で最もファンが近くで試合を観戦できるリーグとして有名です。
最も近い観客席は、コートからわずか50cmしか離れていません。
そんな近い距離からブーイングを浴びせられたらたまったものじゃありません。
また、シュートを決めた選手の名前がアナウンスされますが、アウェーの選手の場合は棒読み、ホームの選手が決めたらアナウンサーまたはDJが絶叫します。
選手紹介も、アウェーの選手の場合は大ブーイングの中、やる気のない棒読みで紹介されますが、ホームの選手は大歓声の中、プロレスのような派手さで紹介されます。
ホームでの試合は、これほどまでに有利なのです。
プレーオフでは勝率の高い方が地元で戦える試合が1試合多くなります。これがホームコートアドバンテージです。

特に応援がものすごい街は、
デトロイト
シカゴ
サクラメント
ニューヨーク
ダラス
の5つでしょうか。
特にすごいのはサクラメントで、他に娯楽がないので人々はキングスの応援に命を賭けていると言われています。
確かに、どんなチーム、街であっても成績がパッとしなくなるとファンは離れるものですが、サクラメントだけは10年ちょっと前の弱小時代も凄まじい応援っぷりでした。
テレビで見ててもやかましい、と思ったほどなので、実際にアリーナに行ったらもっとものすごいでしょう。
新婚旅行や会社の旅行などでNBAを見に行くとたまに聞きますが、上記の5つの街では相手チームの好プレーや得点に拍手を送らないことをお勧めします。
いかついおじさんにトイレに連れ込まれて、
「われ、ここがどこかわかっとんのか」
と英語でまくし立てられて袋だたきにされるかも。命の保証がありません。
…まあ、そんな事された話は聞いたことありませんが。
逆にロサンゼルスは大都市なので、他のチームの情報もよく入っているようで、ホームの応援にも熱心ですが、相手に対してもそれほど敵意剥き出しには感じません。ロサンゼルスが一番安全かも。
…シカゴやニューヨークも大都市のはずなんですけどね。
東の市民の方が気性が荒いと聞いたことがありますが、真相は定かではありません。
また、アトランタやニューオリンズは満席になることがほとんどない都市なので、隠れて相手チームを応援するなら穴場かもしれません。

世界バスケではリトアニア、ギリシャ、トルコ、アルゼンチンの応援団の声援がすごいような事を言われていましたが、NBAのコートではあれくらいの応援が普通です。
仮装やペインティングはみんながみんなしてはいませんが、騒ぎ方はあんな感じです。20000人の観客がみんなあんな感じで騒ぎます。
レギュラーシーズンでも世界バスケ準決勝や決勝の2倍、プレーオフならさらに3割増、ファイナルではさらに3割増で騒がしくなります。(数字はわたしの主観)
場内アナウンスが聞こえないほどの歓声が上がることもあり、すごい興奮っぷりです。

テレビ中継でもこの熱気が伝わってくるので、観ててすごく乗ってきます。
当店のお客様でも、何人かがわたしの影響でNBAを観るようになったのですが、皆さんが一番に目がいったのは華麗なダンクでも、派手なブロックでもなく、日本では考えられない超ホーム寄りの観客の騒ぎ方と、派手な場内アナウンスだとおっしゃいます。
わたしが試合中に大騒ぎするようになったのも、あちらの応援スタイルの影響です。

ちなみに当店のSVZで観るバスケは圧巻です。
80インチのスクリーン、8個のスピーカーによって生み出される臨場感は迫力満点です。
…チューナーをつないでないので、録画したテープかDVDしか観られないのが難点ですが。
SVZが何かは、15日の日記、もしくは当店のHPを参照してください。
最後に宣伝しちゃいました。


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんばんは(*^-^*)



私もNBAの放映を見てホームとアウェーの

ものすごい応援の差に最初は驚きました(@_@;)

日本の野球みたいなイメージを持っていたので

確かにアメリカは広いからそうそう行けないですよね。

ファンのみならずアナウンサーまで言い方が違うので本当にびっくりです(*_*)



SVZで観るバスケすごい迫力があるんでしょうね!!!

ご近所だったら私も行って試合を見てみたかったです。私も家で見るときはわーわー、きゃーきゃー

いってしまうので窓は閉めて応援しています(^○^)
[2006/09/18 21:33] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは。



本当にすごいですよね。あの差は…

わたしも初めて見た時は、どっち側がホームの応援なのかな?って感覚で観てたら、全部ホームの応援でした。

特にニューヨークでのニックスVSブルズ、さらにはプレーオフだったので、そのあまりにも恐ろしい応援ぶりに鳥肌が立ちました。

次の試合はシカゴに移動して、これまた恐ろしい応援ぶりに、ビビりました。

シュートを決めた時もニューヨークなら、

「ジョーーーン、スタァークス!!!!!!!!」

シカゴでは、

「ジョン・スタークス(ボソッ)」

みたいな感じですね。

スポーツでここまで熱狂するものなのかと、カルチャーショックでした。

地元のテレビ局とかだと、アナウンサーから解説まで全部地元びいきですし、すごいです。



窓を閉めないと騒げませんよね。

ご近所に聞かれたら恥ずかしい…

SVZは防音なので騒ぎ放題です。

スパーズVSマーベリックスのGAME7はSVZで観たんですけど、それはそれは盛り上がりました。

全方向から音が出るようにしてあるので、まさにスタジアムにいるようでした。

観客と一緒になって騒ぐと楽しいですよねぇ…
[2006/09/18 22:42] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]

どっちに書こうか悩んだんですけど、せっかくなので新しい方に。

シャーロット・ボブキャッツが出来たことは知りませんでした。

ホーネッツがウェスタンに変わったのは知ってますよー。

ブルズの試合しか見てなかったので偉そうなこと言えないですけどね。現役の時はインターハイ制覇だけしか

頭になかったんで、試合見ててもどうしてもディフェンスの位置関係とかばっかり見てました。

ブルズの試合に関してはそういうの抜きに見れたので好きでした。

今のほうが純粋に楽しんで見られるかもしれませんね~。

うちも大画面だったらいいのに…
[2006/09/18 22:54] URL | mike3886 #79D/WHSg [ 編集 ]

mike3886さん、こんにちは。



ボブキャッツはまだできて間もないので苦戦しています。

でも、順調にチーム力を伸ばしているので、今後が楽しみです。



NBAの試合はディフェンスとか、ボールを持っていない時の動きとかは特に勉強になりますよね。

でも、日本の指導者というか、部活の顧問の多くは、

「NBAなんか観るな! あれは別物だ! 参考にならん!」

と叱る人も少なからず存在するようです。

わたしも社会人になってから、チームの先輩に言われたことがあります。

こんな事を言う人こそ、NBAの派手な部分しか見ていないと思うんですが…

これも日本がバスケ後進国である理由の一つかもしれません。



大画面も良いですけど、音も重要ですよ~。

画面が25インチくらいでも、2~3万のホームシアターセットをつけると迫力が全然違います。

…スピーカーのセットが面倒ですが…
[2006/09/19 10:10] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/22-07181609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
[2016/12/04 03:14]