FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ピストンズVSマーベリックス TV観戦レポート

ピストンズ
 ビラップス
 ハミルトン
 プリンス
 ラシード
 モハメド

マーベリックス
 ハリス
 テリー
 ハワード
 ノヴィツキー
 ダンピアー

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 ペースは完全にピストンズです。ビラップスがややターンノーバーが多いですが、安定しています。
 マーベリックスはいまいち調子がでません。大崩するわけではありませんが、得点が伸びません。
 第1クォーターは29-20とピストンズが9点をリードして終了します。


第2クォーター

 ピストンズはチームプレーが素晴らしく、流れるような連係プレーが随所に見られます。
 マーベリックスはどちらかと言えば個人プレー。ディフェンスは良いのですが、オフェンスが停滞気味です。
 残り4:58、ハリスからのナイスパスをテリーがカウントワンスロー。さらにハリスからダンピアーにナイスパス! イージーショット。
 見事にオフェンスを修正し、14点差をあっという間に8点差に縮めます。英語はよくわかりませんが、リポートでオフェンスに対する修正がタイムアウトの時にデル・ハリスACからあった、ような事を言ってました。
 それにしてもラシードはノヴィツキーに対するディフェンスが上手いです。ダンカンに対しても良いディフェンスをしますし、オフェンスも良いですが本当に優れたディフェンダーです。ブロックしたりスティールしたりするわけではなく、シュートにいかせないボールを持たせない。上手いですね。
 マーベリックスはバラバラだったオフェンスを見事なまでに立て直しましたが、それで一気に崩せるほどピストンズは甘くありません。
 52-44と差が1点だけ縮まり、ピストンズが8点のリードで前半を終了します。



第3クォーター

 まずはノヴィツキーのポストプレーから始まり、点差は6点となります。
 一方、ピストンズはゴール下でモハメドがハッスルプレーを連発します。そのおかげで59-48と11点差に広がります。
 ピストンズがチームで得点を重ねていくのに対し、マーベリックスはノヴィツキーが爆発。次々にシュートを決め、アシストも見せます。
 点差が停滞していた時にラシードがこの試合4本目のスリー! 点差は13点に広がります。
 さらに残り5:01、ラシード5本目のスリー! 70-54! 16点差!
 ところがマーベリックスは慌てません。ボールをしっかりと回してジョンソンのレイアップ。ノヴィツキーからジョップへのアリウープ、と落ち着いて決めて12点差に縮めます。
 ここでなぜか中継はサンズVSネッツに変更。確かに終盤3点差の激戦で、残り2.1秒でのナッシュの同点スリーが決まったのを観られましたが、これは一体…変わったことをします。
 中継が戻った時、得点は74-60になってました。
 リバウンドが34-23と、珍しくマーベリックスが全然リバウンドを取れていません。いつもならノヴィツキー、ダンピアー、ジョップの3人で25くらい取ってるんですが…
 第3クォーターは76-60と16点差で終了します。


第4クォーター

 マーベリックスに不用意なパスが見え始めます。さすがに焦り始めたのでしょうか。
 しかし、立て直します。辛抱強くシュートを決め、ディフェンスを踏ん張り、12点差で迎えた残り8:31、ジョージがファールを受けながらアクロバティックなレイアップを決めて10点差!
 ピストンズはたまらずタイムアウトを取ります。
 そしてフリースローも決めて9点差!
 次のディフェンスも踏ん張り、リバウンドも奪いますが、ジョージが不用意なパスを出し、ビラップスがスティール! レイアップを決めて再び11点差!
 それにしてもマーベリックスはリバウンドが取れません。これだけオフェンスリバウンドを奪われてしまうマーベリックスは久しぶりに見たかもしれません。
 残り5:04、またしても不用意なパスをビラップスがスティール。レイアップを決めて16点差に広がります。
 ピストンズのディフェンスももちろん良いんですが、マーベリックスのパスが不用意すぎます。観てて「あ、取られる」とわかるパスが一つや二つではありません。明らかに集中力を欠いているように感じます。
 残り1:38、ノヴィツキーのスリーで7点差に迫りますが、ちょっと遅かった気もします。観客も半分くらい諦めて帰っています。ここから逆転したらものすごいですが。
 残り1:20、テリーがスティール! レイアップをファールされてフリースロー。一本決めて6点差!
 残り53.8秒、ラシードのシュートをノヴィツキーがクリーンブロックしたようにも見えましたがファール! フリースロー! 一本目は外れて6点差のまま。二本目に外れて点差変わらず!
 しかし、残り42.0秒でのノヴィツキーのスリーは外れ、逆にプリンスがカウントワンスロー。残り36.3秒で再び9点差になります。



最終スコアは92-82でピストンズの勝利。
終盤はやや乱れましたが、ピストンズのオフェンスは終始流れるようで美しかったです。パスが上手く通り、ディフェンスはカバーしあう、まさにチームバスケット。観てて楽しいです。
一方、マーベリックスもノヴィツキーを中心にそんなバスケをするチームですが、今日は不用意なパスを連発し、リバウンドも取れませんでした。
特にリバウンドはダンピアーとジョップの影の活躍が12連勝の原動力でしたが、今日はダンピアー6、ジョップに至っては0と散々でした。
これだけ流れが悪い中、最後に勝つチャンスがあるところまで挽回したのはさすがですが、今日はちょっと悪すぎました。



ピストンズ 92-82 マーベリックス

ピストンズ(12勝7敗)

 ラシード
  19点(スリー5/8)
   9リバウンド

 ビラップス
  12点
  11アシスト
   5スティール

 プリンス
  20点
   7リバウンド
   3スティール


マーベリックス(13勝6敗)

 ノヴィツキー
  29点(9/15)
   9リバウンド

 ハワード
  12点
  12リバウンド


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんばんは(*^o^*)



今日はマブスVSピストンズ戦の放映だったのね

いいなぁ

ピストンズは相変わらずの強さを保っていますね。

チームプレーがすごくうまくいっているんですね。



今日はネッツVSサンズもOTまでいって

すごく盛り上がった試合だったようですね。

ナッシュはキャリアハイをだしたし、

サンズも出足は不調だったけれどすっかり

元気ですね。



ヒートVSキングスも接戦で、今日はどの試合も

見応えがあったみたいね。



いったい今シーズンファイナルに進むチームは

どこになるのでしょう?楽しみです(^○^)
[2006/12/08 19:22] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは♪



>今日はマブスVSピストンズ戦の放映だったのね

>いいなぁ



 ちょっとマーベリックスが集中力を欠いていたので、見応えは十分ではありませんでした…



>ピストンズは相変わらずの強さを保っていますね。

>チームプレーがすごくうまくいっているんですね。



 今日は特に上手くいった日じゃないですかね。

 いつもいつも、ああは上手くいかないんじゃないかな~と思います。



>今日はネッツVSサンズもOTまでいって

>すごく盛り上がった試合だったようですね。

>ナッシュはキャリアハイをだしたし、

>サンズも出足は不調だったけれどすっかり

>元気ですね。



 得点がすごいですよね。

 90年以来のハイスコアゲームだとか。

 ただ、ホームのネッツが負けたので、観客は最後静まりかえってました。



>いったい今シーズンファイナルに進むチームは

>どこになるのでしょう?楽しみです(^○^)



 全然わかりませんね。

 西はなんとなくやっぱりスパーズかマーベリックスかな~って気がしますが、東は全くわかりません。

 個人的にヒートはないような気がします。
[2006/12/08 20:39] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/224-ddd2a59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)