FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



マジックVSクリッパーズ TV観戦レポート

マジック
 ネルソン
 ヒル
 ターコルー
 バティエ
 ハワード

クリッパーズ
 リビングストン
 モーブリー
 トーマス
 ブランド
 ウィリアムス

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはハワードとブランド、それぞれ世界バスケのメンバーが好調です。高確率でシュートを決めます。
 クリッパーズはディフェンスが緩く、ハワード、バティエ、ターコルーにあっさりと抜かれてレイアップやダンクを許します。
 逆にマジックのディフェンスは良く、クリッパーズはなかなか攻められません。ただ、シュートミスをウィリアムスが巧みにフォローして得点を重ねます。
 お互い高確率でシュートを決めていくので、どんどん得点が伸びていきます。試合のテンポ自体は速くないので、ハイスコアゲームと言うほどではないのですが。
 ブザーと同時にブランドのジャンパーが決まり、29-35とクリッパーズが6点をリードして第1クォーターは終了します。


第2クォーター

 クリッパーズは第1クォーター終盤からキャセールとケイマンが出てきて流れが良くなりました。逆にマジックはいまいちシュートが決まらなくなります。それでも確率は50%を超えているんですが、クリッパーズが70%近いので悪く見えます。
 クリッパーズは相変わらず好調、マジックは少しずつ崩れ始めます。ドゥーリングが頑張りますが、チーム全体で得点を重ねるクリッパーズに引き離されていきます。
 残り5:10、マゲッティーのフリースローが二本とも決まり、40-55とクリッパーズが大きくリードします。
 とにかくクリッパーズはシュートの確率が異常に良すぎで、モーブリー以外は全員50%以上です。ここまで良すぎると逆に後半に崩れそうな気がしますが…
 結局、これほどまでに高確率で決められるのはマジックのディフェンスが悪いと言うこと。序盤はクリッパーズの方がディフェンスが雑に感じましたが、マジックのディフェンスの方が崩れました。
 前半は49-66とクリッパーズが大量リードで終了します。



第3クォーター

 いきなりマジックがスパート。バティエ、ヒル、ターコルーが次々とシュートを決め、4分と経たない内に一気に60-70と10点差に縮めます。
 さらに残り7:22、ヒルからミリチッチにナイスパス! ダンク! 8点差!
 クリッパーズもなんとか得点を重ねますが、ハワードがスピンムーブからダンク! さらにアリウープ! 好プレーを連発し、67-76と9点差となります。
 クリッパーズはブランドが好調、残り4分の時点で既に27点、しかも11/13と、とんでもない高確率。フリースローも全て決めています。
 それに支えられてか、トーマスやキャセールも好調を維持して立て直し、点差を維持します。
 スパートをかけて一気に追いつきたかったマジックですが、なかなか崩れないクリッパーズ相手に自分たちがミスを連発し始めます。また、キャセールと、ブランドまたはケイマンとのピックアンドロールが全く止められません。
 結局、75-88とクリッパーズが13点リードして最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 マジックはいきなりパスミスから始まります。悪い流れです。
 一旦は10点差に迫りますが、トーマスにスリー、ジャンパーと立て続けに決められ点差は15点に広がります。
 残り7分を切って、マジックはメンバーをほぼスターターに戻しますが、クリッパーズを崩すことはできません。パスにシュートに活躍するキャセール一人に翻弄され、為す術がありません。
 95年のファイナルでブライアン・ヒルHCが率いたシャック擁するマジックも、控えから出てきた2年目のキャセール(当時ロケッツ)に好き勝手にされて、為す術なく完敗した試合(GAME2)がありましたが、ブライアン・ヒルHCのディフェンスシステムはキャセールにとってカモなのでしょうか。



最終スコアは91-116でクリッパーズの勝利。
とにかくクリッパーズの超高確率ショット。チームで60%を超え、ブランドが12/14、キャセールが6/8、トーマスが7/11(スリー5/7)と尋常な数字ではありません。
マジックのディフェンスが緩かった気もしますが、それ以上にクリッパーズのシュートが好調でしたね。これだけ決められたらどうしようもありません。



マジック(13勝5敗)

 ハワード
  16点
   7リバウンド


クリッパーズ(8勝8敗)

 ブランド
  31点(12/14)

 トーマス
  20点(7/11)

 キャセール
  13点(6/8)
   9アシスト

 マゲッティー
  17点


スポンサーサイト





コメント

SVZのマスターさんこんばんは(*^-^*)



クリッパーズの今日のオフェンス力はすごかったようですね(*^o^*)

マジックも負けちゃいましたね(>_<)

ピストンズも負けて連勝ストップ

残るはマブス、マブスを破るチームはどこか

でも当分勝ち進むのかな~

[2006/12/04 20:17] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは♪



>クリッパーズの今日のオフェンス力はすごかったようですね(*^o^*)



 ものすごかったですね。全然外れる気がしませんでした。

 特にブランドはこれでもかと言うほど入ってました。インサイドのプレーはそれほど多くなかったんですが、それでも入ってましたね。



>残るはマブス、マブスを破るチームはどこか

>でも当分勝ち進むのかな~



 少なくとも東のチームに負けるような気がしないですね。

 最初に4連敗したのが油断大敵と、思いっきり気を引き締めたのかもしれません。

 なにしろ前のキングス戦は大勝してるにもかかわらず、エイブリー・ジョンソンは気に入らないようなコメントを出していましたから…

 あまり序盤から気を引き締めすぎても息切れすると思いますが、はてさてどうなりますか…
[2006/12/04 23:11] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/233-dcc3706f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)