バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こだわりと利便性 & 看板設置

昨日、コーヒー豆を買いにお客様がご来店されました。
当店は基本的に豆は全てお取り寄せで、その場でお渡しはしていません。
焙煎をしていない以上「新鮮な豆をお渡しする」と言うこだわりを貫くにはストックしておくわけにはいかないのです。
ところがお急ぎだったようで「ないのなら良いです」とお帰りになりました…

豆の状態なら一ヶ月は美味しく飲めるので、多少ストックしておいてもいいかな?と頭をよぎることもあります。
今回のようなことがあると、お客様としても豆がすぐに手に入りませんし、当店としても売上を逃すことになります。
また、品質を度外視して消費期限と言う概念で考えれば、焙煎豆は半年~1年は大丈夫です。半年あれば、多少過剰にストックしていても売りさばくことは可能でしょう。
しかし、品質が落ちている事がわかっているのにお客様に商品をお渡しする、なんてことはわたしにはできません。
これはわたしのこだわりです。

必ず新鮮な豆をお渡しする。

ですから、当店が注文してから焙煎してくれる業者以外からは仕入れません。
お客様にお渡しするまでに3~5日かかってしまいますが、それでもこのこだわりを捨てるつもりはありません。
となれば、やはりストックしておく選択肢は消えてしまうのです。
ですが、利便性が欠けているのは確かなので、何か方法はないか…と考えてみると、わたしが焙煎するしかないんですよね…
でも、焙煎は抽出以上に技術と場所が必要です。当店が焙煎して販売するのは当分先の話…いや、そもそもそんな時が来るかどうかも疑問です。
当分はこだわりのために利便性を無視するしかなさそうです。



さて、今日は暴風で飛んだ看板の代わりが設置されました(≧▽≦)

全景
店全景.JPG

近景
店近景.JPG

看板アップ
看板アップ.JPG



わたしの自作看板に比べたら天と地の出来の違いです!
やっぱりプロの仕事は違います。
これで少しは店らしくなったかも。
今までは完全に外見は民家でしたからねぇ…
本当は二階部分にも大きな看板、もしくは横断幕でも設置したいんですが、そうするためにはもっと頑張って稼がないといけません。

とりあえず、これで本当に店かどうか疑っていた方には、店ですよ~とアピールできると思います。
雲城水と有機栽培豆を使用していることも掲げられました。
ちょっと感動しています(≧▽≦)


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/245-4cde74ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。