FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



マジックVSサンズ TV観戦レポート

マジック
 ネルソン
 ヒル
 ターコルー
 バティエ
 ハワード

サンズ
 ナッシュ
 ベル
 ディアウ
 マリオン
 アマレ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 まずはマジックのネルソンのスリー、スティール、レイアップから始まります。
 サンズはベルが好調。いきなりスリーを二本決めます。
 お互いシュートが好調で、開始4分で14-12と高得点で試合が展開されます。
 サンズはハワードがボールを持つとすかさずダブルチームにいきます。そのため、ネルソンやターコルーが比較的フリーになりやすく、マジックのシュートが高確率できまる要因のようです。
 サンズが高得点なのはいつものこと。
 中盤、ややシュートが入らなくなってきます。両チームのディフェンスが良くなったわけではありませんが、まあ、序盤の確率で最後まで行ったらすごいことになるので、当然と言えば当然でしょう。
 第1クォーターは25-30とサンズが5点リードして終了します。


第2クォーター

 マジックは控えのボーガンスやミリチッチが活躍し、同点に追いつきます。
 しかし、サンズはジェームス・ジョーンズの3本のフリースロー、バルボサのスリーで再び突き放します。
 タイムアウトを取ったマジックは、インサイドにボールを集めます。ミリチッチ、アウトローと連続でシュートを決めて得点を重ねます。ただ、この時間帯、スターターは一人も出ていないので無理に追いつくつもりはないようです。
 それでも残り6:30に逆転に成功し、サンズはすぐさまナッシュをコートに戻します。
 ナッシュが入るとサンズのオフェンスはスムーズです。得点が楽に入っています。マジックもシュートを決めて突き放されませんが、苦しいシュートが多く得点ほど競っているように見えません。
 その印象通り、マジックは苦しいシュートの連続なので徐々に入らなくなります。対してサンズは得点を重ねていくので、いつの間にか点差は9点まで開きます。
 そして、残り0.8秒でマリオンがシュートを決め、49-60とサンズが差を11点に広げて前半を終了します。
 両チームともこのクォーターは控え中心でプレーしていましたが、サンズが流れが悪くなってきたらすかさずナッシュやディアウをコートに戻したのに対し、マジックは流れが乱れきってからヒルやハワードを戻しました。この差が出たと思います。



第3クォーター

 まずはアマレのシュートで後半が始まります。
 残り10:21、アマレは不必要なオフェンスファールで4つ目となり、ベンチに下がります。
 しかし、サンズは一切崩れません。ディアウ、ナッシュと立て続けにシュートを決め、55-71と一気に16点差をつけます。
 マジックもネルソンのスリーやヒルのレイアップで追いすがりますが、サンズの勢いは止まりません。逆に差は広がっていき、60-78となります。
 マジックはミリチッチがマリオンのシュートをブロックし、直後にネルソンがジャンパーを決めるなどで勢いに乗るかと思われましたが、サンズはディアウからのパスをマリオンが豪快にアリウープ!
 マジックはここが踏ん張りどころで、ディフェンスをしっかりして、点差をなんとか12点差くらいまで縮めて第4クォーターに突入すれば逆転の芽はあります。
 しかし、縮めてもすぐに返されてしまうので全然差が縮まりません。
 ところがサンズ、余裕を出し過ぎたのでしょうか。残り4分を過ぎた辺りからミスを連発し、ネルソンがそれをキッチリ得点につなげて77-85と一気に8点差に詰め寄ります。
 サンズはネルソンが止められません。ただ、マジックもネルソン以外があまり良くありません。
 点差が8~11点付近をウロウロしながら試合は進んでいきます。
 終盤になってもサンズはミスが目立ち、マジックが盛り返して83-90と7点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 サンズはここまで各クォーター30点ずつ取っています。狙っているわけではないでしょうが、ここまで揃うと面白いですね。
 残り9:56、アマレに続いてマリオンが5ファールでベンチに下がります。サンズは優位に試合を進めていますが、ファールトラブルは辛いですね。
 しかし、今日はディアウが得点にアシストに好調で、レイアップを決めて点差を12点に広げます。
 ところがタイムアウト明け、ドゥーリングがスリー、スティール、ダンク、と立て続けに決めて一気に差を5点縮めて再び7点差とします。
 さらにディアウがオフェンスファールでマジックボール。マジックにチャンスが見え始めます。
 マジックはシュートを決め切れません。しかし、ディフェンスではなんとか踏ん張り、7~10点差で試合は進んでいきます。
 抜け出したのはマジック。残り4:22にターコルーがジャンパーを決め、98-102と4点差に迫ります。
 さらに残り3:46、ターコルーがジャンパーを沈め2点差…と思われましたが、なんとオフェンスファールでノーカウント。4点差のままタイムアウトを取ります。
 残り3:00、ディアウがジャンパーを決め、98-104と再び6点差。しかし、残り2:30、ネルソンがスリーを決めて再び3点差!
 残り2:13、リバウンド争いでなんとアマレがルースボールファールで5つ目! 会場からは大ブーイングが起こります。
 しかし、マジックはこの絶好のチャンスで攻め切れません。ターコルーやハワードのシュートはことごとく外れます。
 サンズも追加点をあげることができず、残り42.5秒でも得点は変わらず。101-104でマジックボールです。
 タイムアウト明け、ヒルのシュートをマリオンが後ろからブロック! 貴重なブロックです。
 時間がないマジックはファールするしかありません。しかし、よりによって相手がナッシュ。当然のごとく二本とも決められ101-106と5点差になり、万事休す。



最終スコアは101-107でサンズの勝利。
終盤、明らかに息切れしたサンズでしたが、なんとか耐えました。地味ではありましたがディアウがよく踏ん張りましたね。
アマレとマリオンがファールトラブルに陥りながらも大崩しなかったのは彼の活躍が大きいと思います。
マジックは苦しいシュートが多く、ネルソンとドゥーリングが頑張りましたが、いまいち乗り切れない試合でした。
乗り切れずにサンズ相手にここまで詰め寄ったのですから、大したものと言えば大したものなんですが…ハワードが苦手のアマレ相手にほとんど何もできなかったのが痛いですね。



マジック 101-107 サンズ

マジック(22勝16敗)

 ネルソン
  26点(9/15)


サンズ(28勝8敗、9連勝)

 ディアウ
  19点(9/12)
   9リバウンド
  11アシスト

 ナッシュ
  23点
   8アシスト

 マリオン
  16点
   7リバウンド
   5スティール

 アマレ
  10リバウンド


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/275-67ba279b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)