バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小浜病院の大失態

今日の福井新聞に小浜病院の重油漏れ事故が大きく取り上げられていました。
病院で使用していた重油の配管が破損していて、土壌に漏れていたとの事。
しかも、発表されたのが昨日で、発見されたのは一ヶ月以上前なので、重油による周辺土壌への汚染などの懸念があったにもかかわらず、流出の事実さえ知らされていませんでした。
また、この配管の点検は1981年3月から行われていなかったそうで、危機管理意識の低さを露呈しています。福井新聞も、この意識の低さを痛烈に批判していました。

この周辺では井戸水を使用している家庭はないそうですが、約200m離れた所にある自販機は井戸水を使用して製品を製造しているタイプだそうです。
病院の食事も地下水と上水道を混合して使用しているそうで、病院食に油の混じった地下水が使われていた可能性もあります。

また、当店でも使用している雲城水も小浜病院からそれほど距離もなく、影響が心配されています。
雲城水の管理人さんは、
「病院は環境に影響はないと言っているらしいが、地下水はデリケートな資源。利用者の不安を完全にぬぐい去るためにも市民への説明や報告は絶対に必要」──福井新聞より引用
と憤っておられます。
わたしも同意見です。
環境に影響がない=飲んでも害はない、かもしれません。
ですが、飲む人に対する健康被害が出なくても、名水と言えるほどの品質を保てるかどうかは別問題。
「天からの恵み」「美しい水」などキャッチフレーズを掲げて、豆腐や酒を販売している一番町の人たちから見れば大きな問題です。
当然、当店も雲城水使用のコーヒーと看板を掲げている以上、到底黙認できる事象ではありません。

雲城水は20kmほどの距離を100年の年月をかけて水源から地下を通ってやってくる水です。
また、重油が流出したのは地下とは言え、配管を通す程度の深さで、雲城水が通っているのは30m以上の地下深くです。
おそらく、1年や2年ではなにも起こらないでしょう。
実際、今日も汲んできましたが、いつも通り臭いもなく、味も良好。飲んでもお腹が痛くなることもありません。
しかし、5年とか10年とか経った時、なんだか美味しくなくなった、臭いがする時がある、などと言う事態が発生しかねません。
そうならないためにも、市と病院には厳正なる調査と検査を要求したいものです。

流出の事実が公表された今、動かなければならない気がします。
10年経って影響が出た時に文句を言っても通らないかもしれません。
今、何か動きを起こさなくては…

しかし、小浜市は御食国(みけつくに)の看板を掲げて全国にも食の街とアピールしています。
食の基本は何を言っても水。町の中心部の湧き水に問題があれば、食の街などととても謳えなくなる、重大な事態です。
小浜市も小浜病院も、この問題を軽く見すぎています。
一時間に渡って、謝罪し続けたそうですが、謝罪など一度で結構。

謝罪だけでは事態は何も変わらない。

後は、状況説明、現状の調査、今後の環境への影響の予測、これらを全て明るみにすべきです。


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/376-9dd68bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。