バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネッツVSラプターズ TV観戦レポート

イースタンカンファレンス
 ファーストラウンド GAME2


会場 エアカナダセンター(トロント)



ネッツ
 キッド
 カーター
 ジェファーソン
 モーア
 コリンズ

ラプターズ
 フォード
 パーカー
 グラハム
 ボッシュ
 ネストロビッチ

以上のスターターで試合は始まりました。



第1クォーター

 カーターがボールを持つとすごいブーイングです。そして、シュートを外すとすごい歓声です。トロントでは嫌われてますね~
 先制点を上げたのはラプターズ。ボッシュがジャンパーを決めます。
 両チームともシュートがなかなか決まりません。ミスやターンノーバーも目立ちます。
 残り7分を切って5-4のロースコアゲームです。
 両チームともハーフコートオフェンスでじっくり攻めているので、シュート試投数が少ないのもありますが、確率も悪いです。
 そんな調子で双方得点が伸びない中、パーカーがブザーと同時にスリー!
 12-14とラプターズが2点をリードして第1クォーターは終了します。


第2クォーター

 残り8:35の時点でネッツのフィールドゴールは36%、ラプターズは26%!
 ひどい数字です。
 しかし、ディフェンスとリバウンドをしっかりとしているラプターズは、カルデロンがシュートを決めて18-22と4点をリードします。
 それにしても双方ホントにシュートが入りません。
 残り2:33にナックバーがスリーを決めてようやくネッツは30点目。ラプターズは28点…
 残り1:22、ボッシュがモーアのファールを受けながら豪快にダンク! 30-30! 同点!
 ワンスローも決め、30-31と再び逆転。これでイヤな雰囲気を振り払えるといいんですが…
 このダンクの後、なぜかネッツもよくシュートが決まるようになり、36-33とネッツが3点リードして前半を終了します。



第3クォーター

 まずはボッシュがジャンパーを決めて36-35、1点差。
 しかし、ネッツはジェファーソンがすかさず返します。
 前半の入らなさっぷりは何だったんだと思うほど、両チームのシュートが入り始めました。
 2分少々経った時点で既に第3クォーターだけなら4-8。第1クォーターは12分で12-14だったわけですが。
 ラプターズが波に乗り始めました。
 残り8:34にはボッシュがフリースローを一本決めて40-45。ラプターズが5点をリードします。
 しかし、カーターがジャンパー、ダンクと沈めて44-45! 1点差!
 両チームとも、本当にシュートがよく入るようになってきました。
 残り3:55にはジェファーソンがフリースローを二本決めて55-54とネッツが逆転します。
 すかさずピーターソンが返したように見えましたが、モーアがナイスディフェンスでオフェンスファールを奪います。
 ラプターズに傾いていた流れがネッツに行きかけています。
 なんとか打開したいところでしょうが、ネッツのディフェンスが硬くなってきました。
 ラプターズのシュート確率が落ちてきています。また、リバウンドも取れなくなってきました。
 残り41.5秒にはコリンズがフリースローを二本決めて63-58。徐々にネッツがリードを広げていきます。
 それでもバグニャーニが終了ギリギリでジャンパー! …に見えましたが、コンマ1秒ほど手からボールが離れるのが遅くノーカウント。
 63-58のまま最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 まずはパーカーが決めて3点差。
 そして残り11:00、ボッシュがブーンとライトにファールをされながらシュート! カウントワンスロー!
 フリースローも決めて63-63! 同点!
 さらに残り10:34、ボッシュがジャンパー! 63-65! ラプターズ逆転!
 残り9:58、ボッシュがジェファーソンを豪快にブロック! そしてパーカーのスリー! 63-68!
 エアカナダセンターの興奮は最高潮です。
 しかし、ネッツも崩れません。
 一本を返し、さらに残り8:32にはナックバーがカウントワンスローで同点!
 残り7:09、カルデロンからボッシュへアリウープ! 68-70! 2点差!
 試合は同点、逆転の繰り返し。緊迫した状態で試合が進みます。
 そんな中、ネッツ1点リードで残り3:43、キッドのスリー! 78-74! ネッツのリードは4点!
 ラプターズも負けていません。2点ビハインドの残り2:43、フォードのスリー! 逆転!
 さらにパーカーのスティール! 速攻はなりませんでしたが、カーターのルースボールファールでフリースロー。
 一本決めて78-80とラプターズ2点リード!
 残り2:10、ジェファーソンがレイアップ! 80-80! 同点!
 残り1:44、ボッシュがレイアップ! 80-82! ラプターズリード!
 残り1:03、パーカーがジャンパーを沈めたように見えましたが、ショットクロックヴァイオレーション。ノーカウント。
 ネッツボール、タイムアウト。
 残り46.6秒、ジェファーソンのスリー! 83-82! ネッツ逆転!
 残り39.5秒、フォードがファールを受けてフリースロー。二本とも決めて83-84! 再び逆転!
 残り20.8秒、逆転を狙ったジェファーソンのシュートはミス! リバウンド、パーカー!
 ネッツはすぐにファールして、フォードのフリースロー。二本とも決めて残り15.2秒でラプターズ、3点リード!
 タイムアウト明け、すさまじいディフェンスコールの中、ナックバーがスリー! ミス! リバウンド、パーカー!
 ネッツはすぐにファール。残り8.1秒。
 パーカーはフリースローの一本目をミス! 二本目は決めて4点差!
 タイムアウト明け、カーターがすぐにスリーを打ちますが、それもミス!
 ネッツはなおもファールゲームを仕掛けますが、フリースローをキッチリ決められ6点差。勝負有り。



最終スコアは83-89でラプターズの勝利。
前半は勘弁してくださいと言いたくなるほどシュートが入らず、重苦しい試合でしたが、後半は一転して見応え十分の好試合になりました。
両チームとも40%強という、低いシュート確率ですが、前半が両方40%以下、ラプターズに至っては30%を切っていたので、持ち直したと言えるでしょう。
ラプターズはボッシュが素晴らしい活躍を見せ、パーカー、フォードも良い動きをしていました。
特にフォードは、最終盤に重要なフリースローを4本ともキッチリ決めたのがよかったですね。
また、ベンチからでてきたピーターソン、カルデロン、バグニャーニも自分たちの役割をこなしていました。
ネッツはナックバーとキッドは良かったですが、他の選手がいまいち。
カーターが19点を取ってチームのリーディングスコアラーでしたが、確率33.3%は悪すぎます。
あのブーイングの中ではやりづらいのでしょうか。
また、ナックバー以外のベンチメンバーがほとんど活躍できなかったのも痛手でした。



ネッツ 83-89 ラプターズ

ネッツ(1勝1敗)

 カーター
  19点
  11リバウンド
   3スティール

 キッド
  11リバウンド
   7アシスト


ラプターズ(1勝1敗)

 ボッシュ
  25点
  13リバウンド

 パーカー
  26点
   8リバウンド
   4スティール


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/424-2bbe39bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。