バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WIN OR GO HOME!

WIN OR GO HOME!
2007 NBA PLAYOFFS!


…と、言うわけでかなり盛り上がってきています。
去年もそうでしたが、怪しい人に間違われないように注意しなければなりません。

さて、「WIN OR GO HOME!」であるプレーオフ。
順当に優勝できたチームもあれば、まさかの敗北を喫したチームもあります。
敗北を喫したチームはシーズンが終わり、家に帰るしかないわけで、なかなかきっついフレーズだと思います。
さて、その「まさか」が毎年大なり小なり起きるのがプレーオフです。本当に順当かつ順調に優勝まで辿り着いたのは、72勝した96年ブルズと、プレーオフで1敗しかしなかった01年レイカーズくらいではないでしょうか。
わたしが観てきた中でも数々のドラマがありました。
それを紹介しましょう。



93年 連続ブロック!

 イースタンカンファレンスファイナル
 ブルズVSニックス GAME5

 2勝2敗で迎えたシリーズ。
 場所はニックスのホーム、マジソン・スクエア・ガーデン。
 このシーズン、ニックスはここまでホーム27連勝中で、絶対的な強さを誇っていました。
 試合は一進一退。残り30秒を切ってブルズの1点リードでニックスボール。
 ボールはスタークスからユーイング、そしてゴール下のスミスへ。
 決めれば逆転の場面!
 しかし、スミスのシュートはグラント、ジョーダン、ピッペン、ピッペンと4度阻まれ決まらず。ブルズボールとなって速攻!
 最後はブザーと同時にアームストロングのレイアップが決まり、3点差でブルズの勝利。
 シカゴで行われたGAME6にも勝利し、ブルズは2連敗の後4連勝。ファイナルへ進み、サンズを破って史上3チーム目の3連覇を成し遂げました。



94年 史上初!

 ウェスタンカンファレンスファーストラウンド
 ソニックスVSナゲッツ

 このシーズン、ソニックスはリーグ最高の63勝をあげていました。一方のナゲッツは42勝でギリギリプレーオフに進出。
 シリーズは大方の予想通り、ソニックスが先行します。GAME1は16点差、GAME2は10点差をつけてなんなく勝利。この頃のファーストラウンドは5戦制なので、後一勝でソニックスの勝利でした。
 ところが、ここからナゲッツは猛反撃! 3連勝でファーストラウンドを突破したのです。
 第8シードのチームが、第1シードのチームを破ったのはこれが史上初。
 ペイトン、ケンプの落胆した表情と、ムトンボの喜びの表情がまさに対照的でした。
 なお、この後ナゲッツはカンファレンスセミファイナルでジャズと対戦し、3連敗の後、3連勝しましたが、3勝4敗で敗れ、カンファレンスファイナルへは惜しくも進出できませんでした。



95年 ミラータイム!

 イースタンカンファレンスセミファイナル
 ニックスVSペイサーズ GAME1

 残り16.4秒でニックス6点リード、ペイサーズボール。
 まずはインボールを受けたミラーがスリーを決めます。
 その直後、ミラーがスティール! さらにわざわざスリーのラインまで下がってシュート!
 これが決まって同点!
 その後、さらにフリースローを二本とも成功させてこれが決勝点となりペイサーズが勝利しました。
 ミラーはこの時、16.4秒で8点をあげて逆転勝ちに貢献しました。
 前シーズンのニックス戦における第4クォーターだけで25点も含め、この頃からレジー・ミラーは終盤に異常に強い男として認知されました。
 そして、尊敬と畏敬の念をこめて、ミラータイムと呼ばれるようになりました。



95年 チャンピオンのハート

 前年のチャンピオンでありながら、47勝しかあげることができなかったロケッツ。プレーオフ開始前も、誰もロケッツが連覇するとは思っていませんでした。
 ファーストラウンドでは60勝をあげたジャズ相手に最終戦でなんとか勝利しましたが、カンファレンスセミファイナルでは、サンズ相手に1勝3敗の崖っぷちに追いつめられます。
 しかし、ここからオラジュワンを中心に猛攻撃をかけ、3連勝で逆転勝利! カンファレンスファイナルに進みます。
 ここではMVPのロビンソン率いるスパーズが相手。しかし、オラジュワンはロビンソンを子供のようにあしらい、ロードであっさりと連勝。勢いに乗ります。
 ホームでは連敗してしまいましたが、GAME5はロードで勝利。お互い、ロードでしか勝っていないため「ロードコートアドバンテージ」と言う言葉ができたほどです。
 ロケッツのホームで迎えたGAME6は、ロードのスパーズが勝つだろう、と揶揄されていましたが、ここでオラジュワンが大爆発。
 ロビンソンを19点に抑えながら、自身は39点をマーク。勝負所でオーリーがスリーを決めた事もあって、このシリーズ初のホームでの勝利をもたらし、ファイナルに進出しました。
 ファイナルでは若きシャックとジョーダンの後継者と言われたペニー率いるマジックが相手。GAME1では瀬戸際まで追いつめられます。
 ところが、一本でも決めれば4点差となり、勝利はほぼ間違いない状態でマジックのニック・アンダーソンがまさかのフリースロー4連続ミス!
 その直後、ケニー・スミスがスリーを決めて同点。オーバータイム。
 オーバータイムではオラジュワンが決勝点となるブザービーターティップインを決め、先勝。
 その後は勢いに乗ったロケッツと、崩れてしまった若きマジックの差は歴然で、4連勝でロケッツが優勝しました。
 50勝未満のチームが優勝したのは、これが史上唯一(短縮シーズンの98-99除く)です。
 ヘッドコーチのトムジャノビッチは言いました。
 「50勝にも満たなかったチームが、ここまでやるとは誰も思わなかっただろう。
  しかし、チャンピオンのハートをあなどるな」



99年 ミラクルニックス

 このシーズンのニックスはケガ人が続出したことと、チームの魂と言われたスタークスとオークリーを放出したことでまとまりを欠き、第8シードでなんとかプレーオフに滑り込みました。
 ファーストラウンドの相手は第1シードのヒート。
 ケガ人の戻ってきたニックスは、元々第8シードのチームじゃないから、力の差はそれほど大きくない。とは言われていたもののヒート有利と見られていました。
 シリーズは一進一退。
 そして最終戦、一点差で負けている場面で、ヒューストンがブザービーターレイアップを決め、逆転勝ち! 史上二度目の第8シードが第1シードを破る快挙を成し遂げました。
 カンファレンスセミファイナルではホークスをあっさりとスウィープ。
 カンファレンスファイナルではペイサーズと対戦。1勝1敗で迎えたGAME3。
 残り数秒で3点差で負けている場面。ラリー・ジョンソンがアントニオ・デイビスのファールを受けながらスリー! これが見事に決まって4ポイントプレーとなり、逆転勝ち。
 勢いに乗ったニックスは4勝2敗でペイサーズを破り、第8シードのチームとしては史上初のファイナル進出を果たしました。
 ファイナルではスパーズに1勝4敗で敗れましたが、このシーズンのニックスはミラクルニックスと呼ばれ、ニューヨーカーのみならず多くのNBAファンを熱狂させました。



02年 オーリーの一発!

 ウェスタンカンファレンスファイナル
 レイカーズVSキングス GAME4

 00年、01年と連覇を果たし、シャックも全盛期を迎えていたため、レイカーズは黄金時代を迎えていました。
 しかし、このシーズンのキングスも負けないくらい強かった。ウェバー、ストヤコビッチ、ディバッツ、クリスティーなどを中心に、パッシングの上手い、見てて楽しいチームでした。
 レイカーズの1勝2敗で迎えたGAME4。残り数秒でレイカーズは2点差で負けていました。
 しかも、コービー、シャックと連続でシュートを外しキングス3勝目か!?と思われた瞬間、ディバッツが弾いたボールがスリーポイントラインの外にいたオーリーのところへ。
 オーリーは迷わずスリーを打ち、ブザーと同時にリングに吸い込まれ逆転勝ち!
 この頃から、優勝したければオーリーを取れ、と一部で言われるようになりました。
 ちなみに、ロケッツで優勝したシーズンも何度かクラッチスリーを決めていますし、05シーズンでもピストンズの勝利目前で逆転スリーを決めてデトロイトのファンたちを黙らせました。
 恐るべし、ロバート・オーリー



他にもいろいろとドラマはありました。
今シーズンはどんなドラマが生まれるのでしょうか。
それとも、開幕4連敗をした以外は圧倒的な強さを誇ったマーベリックスが順当にあっさり優勝し、ドラマチックな展開はなし、の可能性もあります。

何度も言いますが、明日、開幕です。



WIN OR GO HOME!
2007 NBA PLAYOFFS!



スポンサーサイト


コメント

SVZのマスターさんこんにちは(*^-^*)



呼んでいるとわくわくしますね。

NBAの歴史には数々のドラマがあるんですよね

今シーズンはどんなドラマが生まれるんでしょう?
[2007/04/22 22:59] URL | まゆ #79D/WHSg [ 編集 ]

まゆさん、こんばんは♪



>呼んでいるとわくわくしますね。

>NBAの歴史には数々のドラマがあるんですよね

>今シーズンはどんなドラマが生まれるんでしょう?



 ほとんどの年でプレーオフには何かが起こっています。

 本当に楽しみです。

 今日はマジックがピストンズに詰め寄りましたが、まさかの勝利を収めるには、経験があまりにも不足してるかな~と思いました。
[2007/04/22 23:52] URL | SVZのマスター #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/432-0b6a04ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。