FC2ブログ
バスケファン店長のNBAブログ
福井県小浜市の「珈琲屋すいしょう(旧喫茶SVZ)」店長のブログです。 店やコーヒーのブログはアメブロで書いてます。 ここではNBAの観戦レポートや感想、ニュースなどを主に書いています。

最新コメント



プロフィール

すいしょうのマスター

Author:すいしょうのマスター
福井県小浜市で喫茶店を営業しているバスケ好きです。



最新記事



アクセス数



現在の訪問者数

現在の閲覧者数:



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スパーズVSジャズ TV観戦レポート

ウェスタンカンファレンス
 カンファレンスファイナル GAME4


会場 エナジーソリューションアリーナ(ソルトレイクシティー)


スパーズ

 パーカー
 フィンリー
 ボウエン
 ダンカン
 オベルト


ジャズ

 ウィリアムス
 フィッシャー
 キリレンコ
 ブーザー
 オクァー

以上のスターターで試合は始まりました。

ウィリアムスはウィルス性の胃腸炎にかかっていたそうですが、回復したんですね。



第1クォーター

 まずはダンカンのファールによるフィッシャーのフリースローでジャズが先制します。
 今日もダンカンは開始早々ファールです。
 序盤は双方にミスが見られます。なかなか点が入りません。
 ジャズはインサイドのダンカンにボールが入ると徹底的に潰しにかかりますね。しかも、ファールせずにターンノーバーを誘発する、上手いディフェンスをしています。
 ウィリアムスは薬を飲みながらプレーしていますね。胃腸炎は完治してはいないようです。
 ジャズは堅実なオフェンス、スパーズはオフェンスリバウンドを頑張り、展開は互角で進んでいきます。
 ただ、スパーズはフリースローをキッチリ決めれば少し差をつけているはずなんですが。
 21-20とスパーズが1点をリードして第1クォーターを終了します。


第2クォーター

 ジャズは1分も経たない内にファールを三つ犯してしまいます。
 しかも、ギリチェックがオーバーアクションでテクニカルファール。落ち着きたいところ。
 その隙をついてスパーズは連続得点し、7点差をつけます。
 両チームともディフェンスがすさまじいです。ファールすれすれの激しいディフェンスが展開されていて迫力があります。見応え十分。
 そして、そのディフェンスをかいくぐって得点も決めています。まさにプレーオフ。素晴らしい試合です。
 熟練度ではスパーズの方が上です。相手のミスをついて得点するのが実に上手く、わずかな乱れを見逃しません。
 しかし、ジャズもヘッドコーチが熟練の敏腕コーチです。すぐに修正します。
 ペースはややスパーズ寄りで、50-42と8点差で前半を終了します。



第3クォーター

 開始1分は両チーム得点がありません。ディフェンスがすごいです。
 そしてフィッシャーのジャンパーが決まり、6点差となります。
 しかし、ボウエンの連続得点でスパーズは11点差に突き放します。
 7点差で迎えた残り5:25、ブーザーがダンカンのダンクをブロック! 速攻でブーザーのジャンパー! 59-54! 5点差!
 さらに残り4:50、速攻からウィリアムスのジャンパー! 59-56! 3点差!
 展開としてはほぼ互角ですが、ジャズは無茶なパスが時折見えます。そうしたミスによるチャンスを絶対に見逃さないのがスパーズ。そのため、ジャズはなかなか追いつくことができません。
 残り1:42、ギリチェックのジャンパー! 1点差!
 残り54.8秒、パーカーがレイアップ! 再び3点差!
 しかし、残り38.9秒にウィリアムスが返してまた1点差!
 その後は守り合い、63-62と1点差で最終クォーターに突入します。


第4クォーター

 開始早々、ダンカンに対する厳しいディフェンス。フィッシャーが観客席に突っ込みますが、カメラマンの方が大丈夫ですか?
 ダンカンはフリースローを二本ともミス。1点差のまま。
 残り11:15、ジノビリとミルサップの接触プレーでミルサップのファール。
 オフェンスファールじゃないかとスローンHCが猛烈に抗議してテクニカルファールを取られます。
 テクニカルフリースローをフィンリーが決めて2点差、ジノビリがフリースローを1本決めて3点差!
 しかし、すぐにハープリングが返して1点差!
 この後ジノビリがスリーを一本決めますが、両チームともなかなかシュートが入りません。
 この時間帯になってもジャズはまだ無茶なパスが目立ちます。終盤にこういうプレーは命取りになりかねませんが…?
 4~6点差を繰り返しながら、いよいよ残り時間は5分を切ります。
 ジャズはオフェンスが淡泊になってきました。これでは点は取れません。
 逆にスパーズはダンカンがこの時間になってキッチリと決め始めました。ここに来て得たフリースローも6本中5本を決めています。
 7点差に開いた残り3:57、ジノビリのスリーにファール! スリーフリースロー! ジノビリは3本とも決め、10点差!
 残り2:34、ジノビリのレイアップ! 12点差! かなりオフェンスファールくさかったですが、ノーコール。
 そしてタイムアウトになりますが、走ってベンチに戻ろうとしたジノビリがフィッシャーと軽くぶつかります。
 すると、なぜかフィッシャーのテクニカルファール! さらにそれに猛抗議したスローンHCが二つ目のテクニカルファールで退場!
 テクニカルフリースローを二本ともスパーズが決め、14点差。
 それでも10点差に詰めますが、残り1:31にオクァーがファールアウト。オベルトがフリースローを一本決め、11点差。
 さらに52.1秒、ジノビリのスリーに激しくファールしたフィッシャーが、なんとテクニカルファール! 二つ目で退場となります。もはやここまで。



最終スコアは91-79でスパーズの勝利。
フィッシャーの二つのテクニカルファール、あれは二つともおかしいでしょう。
なぜ、テクニカルファールを取られたのかわかりません。何か言ってたわけでもなさそうですし。
それに対してスローンHCが抗議するのは当然で、テクニカルファールを取られたのもやむなしでしょう。あそこで抗議しなければヘッドコーチに対する選手の信頼は得られません。
精神的に乱れたジャズはシュートが全然入らなくなり、あっという間に点差が広がりました。
ただ、終盤はこれらが原因でしょうが、試合全体を見れば不用意なパスが多く見られました。
それをことごとく点につなげられていたので、結果的に自滅して負けたと言えるかもしれません。
スパーズは相手が乱れてもそれに付き合わず、自分たちのペースを貫いて勝利しました。
また、中盤外しまくっていたフリースローも、終盤にはダンカンが一本外しただけで、他は全て決めたのが大きかったですね。
終盤も同じ調子で外していたら、ヘッドコーチとフィッシャーが退場になったジャズに大逆転負けを食らっていたかもしれません。やはりフリースローは大事です。
オベルトが地味にオフェンスリバウンドで頑張っていたのも良かったですね。ダンカンが徹底マークされていた横で、しっかりとフォローしていました。
パーカーは今ひとつでしたが、ジノビリがその分頑張りました。



スパーズ 91-79 ジャズ

スパーズ(3勝1敗)

 ダンカン
  19点
   9リバウンド
   5ブロック

 ジノビリ
  22点
   3スティール

 オベルト
  11リバウンド


ジャズ(1勝3敗)

 ウィリアムス
  27点
  10アシスト
   3スティール

 ブーザー
  18点
   9リバウンド

 キリレンコ
   8リバウンド
   4ブロック


スポンサーサイト





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cafesvz.blog92.fc2.com/tb.php/464-ed010f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)